寿がきや食品「冬季限定 コク塩ラーメン」



昨日、今日とあったかい兵庫県某ど田舎です。こういう季節になってくると、アホなアナウンサーが「小春日和」という言葉を使い始めますが、小春は陰暦10月の異名ですからねw 秋に使ってください。他にも「確信犯」「役不足」「リーズナブル」「にやける」など、ほんとに間違って使っている人が多いです。自分もたまーにありますけどw リーズナブルとか。(※リーズナブルは低価格という意味ではなく合理的であるさま) 言葉って難しいですよねー。気をつけよ。

さて、本日の一杯は、寿がきや食品の『冬季限定 コク塩ラーメン』です。寿がきや食品の冬の定番商品ですね。2014年で7年目だそうです。2013年版も食べましたが、典型的なガツン系の塩ラーメンで、刺すような塩気と香辛料によるスパイシーさが印象的でした。ただ、この強い塩気が自分には鬼門なんですよね…。こいつ結構ツッパリ系なんッス(苦笑)





は、『スープによく絡む口当たり滑らかなノンフライ中細めん』とのこと。寿がきや食品らしいしっとりとした口当たりで、独特のコシと粘り気のあるノンフライ麺です。いつも具材が貧弱な寿がきや食品ですが、この麺のクオリティ維持と、本格感のあるスープにコストを持ってかれてるんだろうな、と思えるようなノンフライ麺ですね。今回は麺の小麦っぽい甘さとスープの強い塩気がマッチしていて…と、書きたかったのですが、自分には塩気が先行してしまいましたorz 大きな驚きや変化はないノンフライ麺ですが、この麺けっこう好きなんですよね。

スープは、『豚骨、鶏ガラをじっくり炊き出し、背脂をたっぷり使用したコクのある濃厚塩ラーメンスープ』とのこと。塩気強めのガツン系塩スープで、そこにちょっと多めの油脂感と香辛料のスパイシーなパンチが加わるという分かり易い仕上がりです。わりと塩気が刺してくるようなタイプなので、その塩加減が人を選ぶターニングポイントになってきますが、小難しいスープではありません。明確な豚脂の風味、香辛料による複雑味のあるアクセントによって、単調な仕上がりでないのも好印象。分かり易く、でも無難じゃない、そんな塩スープです。季節の定番品だけあって、なかなかよく出来てますよね。ベース自体にもきちんと動物系のコクがあって、ど安定な塩スープでした。個人的には塩の角をとって、もっと塩特有の甘味を前に持ってきたほうが、より万人ウケすると思うんですけど、如何でしょう(笑) 2013年版と比較すると、ちょっとスパイス感が強まって、体感的な油脂感も高くなったような気がしました。栄養成分の数値を見ても、脂質が11.6gから13.1gに増えてますし。塩気も強くなってる気がしたんですけど、これは私の体調の問題ですかね…ほんと麺を食べてるときですら塩っぱくてorz スパイス感や豚脂の風味は後からお湯を足しても薄まることはないので、規定量守って塩気がツラい人はお湯を少し足すと素直に楽しめると思います。

かやくは、『チャーシュー、ハクサイ、3種のネギ(白ネギ、青ネギ、焦がしネギ)、フライドガーリック、赤唐辛子』とのこと。いつも具材は貧弱な寿がきや食品ですが、今回は白菜と豚脂風味フレークが頑張っていたので、及第点でしょう。チャーシューはいつものアレですけど(苦笑) 白菜は厚みがあって、そこそこ存在感がありますね。豚脂風味フレークは、全国麺めぐりシリーズの「尾道ラーメン」に入っていたものと似ていて、噛むと豚脂というよりも肉っぽい食感で、なんか肉具材が2種類入ってる感じでお得でしたw 焦がしネギとフライドガーリックも効果的ですね。焦がし系&フライド系の芳ばしさがスープに複雑味を生み、明確なアクセントとなっていました。赤唐辛子については私にコメントさせないでくださいw

(標準は★3です)

相変わらずスパイシーでガツン系の塩ラーメンでした。繊細なタイプの塩ラーメンは食べる側の味覚によって大きく左右されるところがありますが、この塩ラーメンは分かり易い仕上がりなので、刺してくるようなトゲのある塩気が受け入れられるのであれば、ガツンと楽しめる一杯だと思います。でもこんなに塩っぱかったかなぁ…このへんは体調の問題だったのかもしれませんが、自分の場合、麺を食べてるときですら塩っぱいなぁ…と感じてしまったので、もう思いっきり苦手系だったんですけど(苦笑) 冬季限定ということで油脂感多めの熱々スープだったり、白菜で季節感があったり、複雑味のあるスパイス感とか、そういったポイントは素直に評価したいと思います。麺も相変わらずおいしかったし、塩ラーメンはこのくらいガツンと塩気がないと、って人もいると思いますし、うん。というわけでこの総評。個人的好みを評価対象に加えたら★2+…w でもそれぞれの要素はきちんとしていたので、兎にも角にも自分には塩気だけが壁でした。塩のエッジが効いていて、スパイシーでこってり感のある塩ラーメンが好きな人にとっては間違いのない一杯だと思います。個人的にこのカップ麺の再食はありませんが、今年の冬も食べちゃうんだろうなぁ…きっと。もし塩っぱかったら途中でお湯足してレビューしますw

勝手に激辛アレンジ

辛味を効かせると塩分濃度を控えめに感じる傾向にあるので、それを利用して食べようと思ったのですが、全くもって誤魔化せませんでしたw 如何せん塩気がストレート過ぎるんですわ…。単純にカプサイシンでエッジが増しただけで、唐辛子と食塩による味覚と痛覚へのWアタック状態w でも塩ラーメンだし、このくらいガツンとしてないと、って人もいるんだと思います。うん。っていうか単純にお湯を足せば解決することだと思うんですけどねw 今年の冬こそ教訓を活かします(笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:冬季限定 コク塩ラーメン
製造者:寿がきや食品
内容量:109g (めん65g)
発売日:2014年12月15日 (月)
発売地区:全国 (沖縄除く)
希望小売価格:227円 (税別)
JANコード:4901677081575

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (かやく・液体スープ・後入れかやく入スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) あたり

エネルギー:361kcal
たん白質:8.6g
脂質:13.1g
炭水化物:52.2g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:2.2g)
カルシウム:182mg

(食塩相当量:7.1g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、動植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、乳糖、香辛料、野菜エキス、オニオンパウダー、香味油、ゼラチン、ポークプロテイン、砂糖、たん白加水分解物、イカエキス、酵母エキス)、かやく(チャーシュー、白菜、豚脂風味フレーク、ねぎ、フライドガーリック、唐辛子)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、香料、増粘多糖類、着色料(クチナシ、カラメル)、酸化防止剤(V.E、V.C)、リン酸塩(Na)、酸味料、カゼインNa、(原材料の一部に卵、牛、ごまを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・いか・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
いや~~ノンフライいいですよね~~♪
ノンフライが好きです(≧▽≦)
カロリーも低いもん♪

冒頭記事って~~これって~~!!
私にガッツリあてはまるじゃないですか!!
また減点ですかっ先生!!(ノД`)・゜・。
いや~~リーズナブルって使ってましたね・・・
う~~ん・・・ホンマ言葉って難しい・・・
また教えて下さいね(≧▽≦)恥ずかしいですもんね♪

お勉強ありがとうです♪
( ╹ਊ╹){ ぼんじりです☆w

“ぼんじり”とは、鶏の尻尾に当る三角形の部分で、尾骨の周りを覆っている、ほんのわずかしか取れない希少なお肉です。
鶏の中でも最も脂がのっている部位の一つで、ジューシーでとろけるような口当たりは絶品。
鶏の“トロ”とも言えるジューシーな焼鳥なんです。もともと希少なお肉であったのですが、最近ではテレビや雑誌で取上げられており人気も高まっており原料が少なく、なかなかお目にかかれない焼鳥になっています。

よっしゃ☆
って、おい...w
No title
あちゃ~、激辛アレンジが・・・
まあ、たまにはこういうのも。

ジョロキア入りキムチ辛いです。
Re:yukiさん
ノンフライ=低カロリー・低脂質!
しかしノンフライ麺のカップ麺はスープ頑張るので、
スープ側のカロリーや脂質が高くなる傾向にあるため完飲注意。

「リーズナブルですよー」
って推してくるアパレル店員なんかがよくいてますけど、
その服が合理的かどうかはこちらが決める事ですからね(笑)

「役不足」と「力不足」を混同している人が多かったり、
いざという時に恥をかかないよう、日々、気をつけてます。
Re:カリメロ
ボンジリの解説ありがとう。

説明だとボンジリは稀少みたいだけど、
ボンジリの無い焼鳥屋は断固として認めません。
Re:カブトムシさん
お湯で薄めるべきでしたw

キムチにはジョロキア系の唐辛子よりも、
風味の強い唐辛子を大量に入れることをお勧めします。
No title
あほなアナウンサーと同レベルでしたw
完全にチリチリはなんも知らずに使っている言葉ばかりで冷や汗たらたらですw
役不足くらいでしょうかまともに知ってたのw

ボキャブラリー増やしたいなあ。。
Re:チリチリさん
自分もボキャブラリー増やしたいです…(切)

日本語ってムズカシイですよねー。
ぽんぽん新しい言葉も生まれてきますし。ついていけないw

管理者のみに表示

トラックバック