日清食品「日清そば屋のカレーメシ」



昨日、蕗の薹(ふきのとう)を摘んできて天麩羅にして食べました。やっぱり旬のものはおいしいですね。自生の蕗の薹を摘んできて、それが当たり前のように天麩羅になって食卓に並ぶ。都会じゃ考えられないことでしょう。旬の素材をパッと摘んでカラッと揚げてサクッと食べる!ど田舎の醍醐味です。最寄りの駅やコンビニまで行くのに車で30分はかかるようなど田舎ですが、こういうのって幸せだな、って改めて思いました。都会もいいけど、田舎もね。それから友人がイカナゴの釘煮を届けてくれたんですけど、これがまた絶品でねぇ…ほろ苦い蕗の薹の天麩羅に、ちょっと濃いめで絶妙な味付の釘煮のコンビネーション。酒が進む進むw 春ですなーw

さて、本日の一杯は、日清食品の『日清そば屋のカレーメシ』です。「そば屋のカレー」こう言われると何だか妙においしそうに聞こえてしまうのは自分だけでしょうかw 自分はどちらかというとスパイシーでドロッとしたカレーが好みなのですが、そば屋のカレーは和風だしが効いてるイメージなので、好み的には対極的。でも「そば屋のカレー」って言われたら無条件でおいしそうw ライスとの相性よさそうですね。安定感ありそうです。





ライスは、『米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん』とのこと。いつものごはんですね。調理直後だと少し芯が残っているので、調理後にそのまま3~5分くらいじっくりと蒸らすのがオススメ。少し冷めてしまいますが、炊飯器もびっくり、ふっくら炊き上がったような食感になりますよ。そもそも調理直後は熱すぎて猫舌の自分には厳しいので、いつも必然的に蒸らしてますw じっくり蒸らす場合、ほんのちょっと気持ち水を多めに入れて調理するといいです。

ルゥは、『スパイスの中にカツオと昆布のだしを利かせた、うまみのあるカレールゥ』とのこと。和風だしが前面に押し出されたマイルドカレーを想像していたのですが、思ってたよりもスパイス感がありました。そのスパイス感からカレーとしての本格さがありながら、しっかりと効いた和風だしで日本人が手放しでおいしいと思えるようなカレー味です。これいいですね。スパイス感と和風だしの兼ね合いが絶妙で、かなりおいしい。動物系のコクと旨味もきちんとあって、そのあたりも手抜かりありません。日清食品が出すカレー南蛮そば系のカップ麺と味付の方向性が似てました。なんかご飯との安定感すごかったですw

具材は、『鶏肉、ネギ、ニンジン、タマネギ』とのこと。全体的に具は貧弱ですが、これは日清のごはんシリーズの宿命だと思って受け入れ、自分は大きく減点しないようにしています。あれですね、寿がきや方式w 鶏肉がもうちょっと目立ってると嬉しかったかなぁ。ほんと存在感が無なかったので…w タマネギはルゥの下支えになっている感じで効果的でした。そして単体で見ても食感がシャキッとしていて、きちんと存在感があります。カレーとタマネギの相性は言わずもがなですな。

(標準は★3です)

フタを開けた瞬間からめっちゃイイにおいしますよw 和風だしがしっかりと効いていて、日本人がすんなりと受け入れられるような安定感のある味付なんですけど、決して無難ではありません。カレーらしいスパイス感と和風だしが絶妙にマッチしていて、和風だしカレーライスとしてひとつの完成系にあるような仕上がりでした。何かしら具材に一捻り欲しかったところですが、不満要素は若干だったので、ズバッと★6+です。これは是非また再販してほしいですね。気に入りました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清そば屋のカレーメシ
製造者:日清食品
内容量:121g (ライス86g)
発売日:2014年12月01日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4902105096628

麺種類:-
容器材質:紙
必要湯量:260㎖
調理時間:電子レンジ加熱500w 約5分30秒
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (121g) あたり

エネルギー:478kcal
たん白質:9.1g
脂質:10.4g
炭水化物:87.1g
ナトリウム:1.3g

(食塩相当量:3.3g)

原材料名:ライス(米(国産)、加工油脂、食塩)、味付けの素(動物油脂(豚、牛)、糖類(砂糖、麦芽糖、ぶどう糖)、醤油、小麦粉、魚介エキス、ポークエキス、香辛料、カレー粉、オニオンパウダー、たん白加水分解物、チーズパウダー、香味調味料、ピーナッツバター、粉乳、魚介調味油、香味油、昆布エキス、ソース、トマトパウダー、野菜調味油、酵母エキス、卵粉)、玉ねぎ、味付鶏肉、ねぎ、人参、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、カラメル色素、乳化剤、リン酸塩(Na)、増粘剤(タラガム)、香料、クチナシ色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、アナトー色素、パプリカ色素、(原材料の一部にさば、ごま、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・落花生・豚肉・鶏肉・牛肉・さば・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
日清のレンチンカップは自分は
レンチン→かき混ぜ→再レンチン20秒位
の基本調理でやっています。
やっぱり蒸らすにしてもかき混ぜは入れたほうがいいですね!
味も和風が効いて、商品名らしい仕上がりになっていましたね!
No title
これ、この類のカップヌードルごはんは食べたんですが、それ以来食べてないですねー。なにより取扱いが少ないw
難しいですな。
Re:たういさん
自分は調理直後に掻き混ぜてから撮影、
再度フタをして蒸らし3分。ですね。

> レンチン→かき混ぜ→再レンチン20秒位
これいいですね!効果ありそー。今度真似してみます^^
Re:カブトムシさん
日清のごはんシリーズ、ネットでは取り扱い少ないんですね。
箱売りならあるんでしょうけど、新製品系は1個で十分でしょうし^^;

日清のごはんシリーズはスーパーにもよく並ぶので
母上に頼んでみては?チリトマトヌードル味が最近出ましたし^^

管理者のみに表示

トラックバック