明星食品「明星 ぶぶか大盛 にんにく醤油豚骨らーめん」



知らない間にうまい棒からニューフレーバー、「やきとり味」が出てました。近所のスーパーを探し回ってもどこにもなかったので、ネットで大人買いw まず開封した段階から香りが強く、実際の味も濃い目です。食感は「たこ焼味」と同じハードタイプ。甘辛い焼鳥のタレっぽい味だったんですけど、ザラメを焦がしたような甘味が結構強めでした。某おばあちゃんの煎餅を芳ばしくした感じw この甘味が好みの分かれどこかもしれませんが、焼鳥を思わせるようなスモーキーな風味があったので、なんとなく焼鳥っぽかったり。でも煎餅っぽいなー、っていうイメージの方が強かったですね。もうちょっと甘さ控えめだったらよかったのに。やきとり味ですが、ビールよりも焼酎の方が合う感じでした。このブログは駄菓子ブログではないですw

さて、本日の一杯は、明星食品の『明星 ぶぶか大盛 にんにく醤油豚骨らーめん』です。2014年2月にも「ぶぶか」のラーメンメニューを再現したカップ麺、「にんにく豚骨らーめん」が発売されていました。かなりニンニク推しの思い切った製品で、印象に残るカップ麺だったんですよね。今回も楽しみです。





は、『「らーめん専門店 ぶぶか」の“とんこつらーめん”を参考に、表面はしなやかで、中心部は硬めに仕上げた、しっかりとした食感のストレート油揚げ麺』とのこと。グループ会社である日清食品のストレート麺を思わせるような縮れの少ないしなやかな油揚げ麺で、食感はプリッと歯切れの良いパッツン系。この食感は素晴らしいですね。明星食品は基本的にパッツン系のノンフライ麺を作ることに長けていますが、油揚げ麺でも見事にその技術力を遺憾なく発揮しています。スープとの相性もバッチリ。スープや具材がジャンクな路線なので、油揚げ麺というのも良い方向に作用していたし、麺単体として見てもクオリティの高い油揚げ麺だったので、素直に楽しめました。大盛で食べ応えもあり、後半までヘタレることがなかったのも好印象。これ量産希望です。

スープは、『乳化感たっぷりのポークベースに、きりっとした醤油を加え、ガーリックを強烈に効かせて濃厚さと香りの良さを演出した、醤油豚骨スープ』とのこと。うーん・・このきりっとした醤油ってのが…(苦笑) まず前作と比べると、醤油ダレのキレが加わることによって、幾分すっきりとした印象を持ちます。で、ガーリックは控えめになりましたね。それでも既存の製品の中ではガーリック効いてる方かと思いますが、前作の「にんにく豚骨らーめん」ほどのパンチは感じられませんでした。乳化感たっぷりと謳っている豚骨もボヤけてたし、もっと豚骨のまろやかさとか油脂感、ガンガンにガーリックが効いた押しの強いインパクトの塊みたいなスープを想像していたので、ちょっと拍子抜け。もちろんそれなりにパンチはあるんですけど、スープは前作の方が良い意味で極端だったし、振り切ってたよなぁ、と。自分には醤油のキレが蛇足に思えてしまって、正直邪魔でしたw

かやくは、『ジューシーな歯ごたえのダイス肉をメインに、大粒のフライドガーリックを組み合わせてアクセントを付け、メンマ、タマゴで彩りを添えた組み合わせの具材』とのこと。前作と比較すると、チャーシューチップがダイスミンチに変更され、タマゴが追加されています。何と言ってもキーマンは、大粒のフライドガーリック。まーアクセントなんて生易しいもんじゃありませんw 単体で口に放り込むと特有の苦味を感じるほどで、スープにもガシガシ影響しています。もちろん今回の場合、これは大きなプラスポイントですよ。っていうか思ってたよりもスープ側のガーリックがおとなしかったので、このフライドガーリックがなかったらインパクト不足だったかもしれません。チャーシューチップからダイスミンチへの変更ですが、これは非常によろしいですね。こういう製品には存在感の薄い中途半端なチャーシューチップを入れるよりも、存在感のあるダイスミンチを入れてくれた方が分かりやすいし、全体的なテイストがジャンクに仕上がっているので、ダイスミンチで正解、って感じでした。メンマもタマゴも存在感があって良かったです。

(標準は★3です)

スープが豚骨から豚骨醤油になったことで、ちょっとボヤけた印象になってしまっていたのが残念でした。前作のインパクトが印象深かっただけに、ちょっと期待し過ぎていたのかもしれません。具材のフライドガーリックによって、それなりにインパクトのあるカップ麺ですが、そこまでニンニクが幅を利かせることもなく、どちらかというとフライドガーリックで個性を持たせつつバランス感に重点の置かれた仕上がりでした。ただ、具材のフライドガーリックのパンチは間違いなく食後に響いてくるので、食べる際のTPOは考慮したほうがいいでしょうw もっとスープ自体にもガーリックを強烈に効かせて欲しかったところですが、油揚げ麺・ガーリック・ダイスミンチという組み合わせから、それぞれの方向性は定まっていたし、そこは評価したい部分ですね。もっとニンニクが幅を利かせていたら、ババーンと★6くらい付けたかったです。次回作に期待ですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 ぶぶか大盛 にんにく醤油豚骨らーめん
製造者:明星食品
内容量:115g (めん85g)
発売日:2014年11月24日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4902881418263

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (粉末スープ・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (115g) あたり

エネルギー:541kcal
たん白質:12.1g
脂質:27.7g
炭水化物:60.9g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:2.1g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:199mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:541kcal (めん・かやく:471kca / スープ:70kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:2.1g / スープ:5.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵粉)、スープ(食塩、ラード、糖類、豚・鶏エキス、しょうゆ、香味油、デキストリン、たん白加水分解物、粉末油脂、ねぎ、香辛料、酵母エキス、植物油脂、香味調味料)、かやく(味付豚肉、フライドガーリック、味付卵、味付メンマ)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、酒精、乳化剤、加工でん粉、カロチノイド色素、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE)、膨張剤、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
ちょっとインパクトに欠けているんですね。ただ、写真はバッチリですよ^^

夜食テロだーーーー
No title
この商品もやっぱり明星らしさがなくなって
おとなしめに変更ですか・・・(>_<)
やっぱりその「振り切った」系は売れないのかな?
当然しっかりマーケット分析はして開発されているだろうから
つまり、それが今のトレンドということなんですね。
Re:カブトムシさん
「にんにく豚骨ラーメン」のときのインパクトが残ってるので、
必然的にこの評価に落ち着いてしまった感じです^^;

写真ありがとうございます!
夜食テロはカブトムシさんの匙加減ww
Re:たういさん
前作は結構振り切ってたんですけどねぇ…。
やはり最近は一般受けされるような路線が多いです。

豚骨でも「クセのない」とか「すっきりと」みたいな
マイルド系が主流みたいになってきてますし^^;

もうちょっと攻めてもらいたいですね!

管理者のみに表示

トラックバック