エースコック「池袋大勝軒 ワンタン中華そば」



本日の一杯は、エースコックの『池袋大勝軒 ワンタン中華そば』です。エースコック×大勝軒、安定感ありますよねー。ところでエースコックのタテ型製品ですが、毎度いつも後入れの小袋が粉末スープで粉まみれになってて手が汚れ…って、あれ?な、な、な・・・!別添の小袋がフタの上に…!!これ意識してない人からしたら、だから?って感じだと思うんですけど、自分には結構な衝撃でしたw 思わずロゴを再確認w 小袋フタの上に貼れたのかエースコックww





は、『適度な弾力を持つ、食べ応えのある太めん』で、『めんに適度な味付けをし、スープと相性良く仕上げ』たとのこと。がっしりとした食べ応えのある麺です。プリッとした歯切れの良さが印象的で、タテ型の麺にしてはなかなかのクオリティ。なんですけど、今回はスープが素朴で繊細だったので、ちょっと麺の主張が勝ってしまっているというか、油揚げ麺特有の風味がスープとぶつかってしまっているような感じでした。麺自体の出来は上々なんですけどね。食べ応えという観点から見ると、そこはしっかりクリアしてると思います。

スープは、『醤油ベースにポークとチキンの旨味を利かせ、鰹やいりこなどの魚介エキスをバランスよく組み合わせたコク深いスープ』で、『ガーリックやジンジャーがアクセントの、食欲をそそる味わいに仕上げ』たとのこと。とても素朴なスープです。醤油ダレの主張も優しい感じで、塩気よりも旨味で食わせるタイプですね。後入れの調味油によるクセのない鶏油のコクが印象深く、素朴ながらもあっさりし過ぎていないのがポイント。ほんのり魚介の風味でスープに奥行きが生まれていたし、隠し味的なメンマパウダーも効果的。この風味によって中華そば的な素朴な雰囲気がグッと高まってました。ジンジャーはそこまで効いてなかったんですけど、ガーリックは程よく効いていて、良いアクセントになってます。奇抜さこそありませんが、、懐かしさを感じるような優しい味わいでした。麺の項目でも書きましたが、スープが優しかっただけに、油揚げ麺臭がちょっと野暮でしたね。

かやくは、『味わい豊かなワンタン、程良く味付けしたメンマ、彩りの良いなると、ねぎ』とのこと。ワンタンはさすがエースコック、おいしいです。つるんと口の中に滑り込んでくるようなつるみがあって、油っぽさも気にならなかったし、むしろその適度な油脂感がコクを生んでいるように思えました。餡の味付も濃すぎず薄すぎず。ただ湯戻し直後の段階だと、まだ餡が少しシャリッとしてるので、途中から食べ始めるのがいいです。ちなみにワンタンは4つ入ってました。メンマは小ぶりだったんですけど、コリコリとした食感と特有の風味があっておいしかったです。ナルトも小ぶりながら、意識的に食べるときちんと練り製品でした。

(標準は★3です)

麺、スープ、具材、それぞれ単体としてみると完成度は高かったのですが、素朴な味わいのスープと油揚げ麺臭がぶつかっているような印象を受けたので、そこだけが残念でしたね。でも暴力的なほどではなかったので、気にならない人は気にならないと思います。麺が違えば受ける印象も変わっていたのかもしれませんが、大勝軒の再現モノは食べ応えも重要なポイントなので、やはりスープ側で調整するのがベターでしょうね。っていうか「タテ型BIGカップ・エースコック式サブオールインワンタイプ」ではなかったという衝撃が未だ・・w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:池袋大勝軒 ワンタン中華そば
製造者:エースコック
内容量:100g (めん80g)
発売日:2014年11月24日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:190円 (税別)
JANコード:4901071278083

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (100g) あたり

エネルギー:453kcal
たん白質:10.1g
脂質:19.0g
炭水化物:60.3g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:210mg

(食塩相当量:6.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(食塩、しょうゆ、でん粉、鶏・豚エキス、砂糖、香味油、鶏油、植物油脂、豚脂、魚介エキス、たん白加水分解物、ポークコラーゲン、大豆たん白、オニオンパウダー、酵母エキス、香辛料、メンマパウダー、発酵調味料、コンブエキス)、かやく(ワンタン、なると、メンマ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、甘味料(ソルビット)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、さば、ゼラチン、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・えび・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

こんばんは!
確かに言われてみれば、いつもオールインワンタイプですよね!全然意識してなかった!!(笑)

大勝軒は、美味しさとガッツリ感のバランスが難しいですよね〜作る側もそのせめぎ合いが大変そう。
No title
ふむ・・・

実はですね・・・食った事ないんですw

食べないといけないですよねー。

関係ないんですが、カップ麺を
たくさん食べ始めた頃すきだったのは
でかまるのもやし味噌です(関係なし)

写真の腕組みに圧倒され
ぽちれない・・・(´・ω・`)
No title
ありゃりゃ~、自分も衝撃を受けました(^_^;)
あの・・・、
「エースコック式サブオールインタイプ」がなくなってしまうのか??
それなら名づけた自分が大ショック(笑)!!
しかし大勝軒のカップはホントに安定していますね。
今回はワンタンも入って一層豪華です!
No title
takaさん、こんばんは!

このカップ麺は各要素を単体で見ると
どれもよくできていただけに、麺とのバランスが少し残念でしたね!

カップ麺好きならやっぱりエースコックの
縦型特有のスープの入れ方は気になりますよね!(●・ω・)

このカップ麺でふたに貼り付けるスタイルだったことから、
「ついにエースコックもふた貼り路線になったか」と思っていたら、
他の商品ではやっぱりカップの中で粉まみれになってました(笑

そうするとなぜこのカップ麺だけふた貼りだったのか謎ですが!(゚◇゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
僕もこれ食べましたが、麺はかなり好み
だったと記憶してます。

ただ、おっしゃるように特有の臭いが
鼻につきましたね...

全体的にカップ麺としては、完成度が
高いと思いましたが...
Re:ねんごろさん
エースコックのタテ型の製品で小袋が付く場合、
ほぼ確実に小袋はカップの中に先入れなので、
いつも粉末スープで粉まみれに・・^^;

たういさん的に言うところの
「エースコック式サブオールインワンタイプ」ですね。
これが覆されたので、自分的にはかなり衝撃でしたw

でもこれ以降の製品は再び先入れ粉末スープまみれ^^;
一体どうしたエースコック!って感じでした(笑)

大勝軒の再現モノのカップ麺はいつも大盛なんですよね。
比較的いつも安定して仕上がっているので、
安心して食べられるシリーズのひとつです。
Re:カブトムシさん
エースコック×大勝軒はちょいちょい出てくるので、
またリリースされたら食べてみてください^^

でかまるのもやし味噌は安定感ありますね!
しゃっきり生タイプもやしがたまらんです。

山岸一雄さんの腕組み写真、自分は好きですよ。
よくある写真と違って偉そうに見えませんし、
この愛嬌のある笑顔、好きですねー(笑)
Re:たういさん
こーれは衝撃でしたねw

たういさん命名の「エースコック式サブオールインタイプ」が
まさか覆されるとは思わなかったです^^;

でもこの製品以降は再びエースコック式サブオールインワンw
なぜこの製品だけフタ上に貼り付けてあったのか本当に謎ですw

大勝軒のカップ麺は安定感ありますね。
大盛にワンタンで食べ応えがあって大勝軒らしさがありました^^
Re:かーとさん
そうなんですよ。
それぞれの完成度が高かっただけに、
麺とスープとのバランスだけがネックだったんですよね。

それでも嫌味なほどではありませんでしたが^^

自分もついにフタ貼り路線に移行したかと思いきや、
他の商品では今まで通り粉まみれになってるみたいですし、
ほんとに謎でしたね(笑) 試験的なものだったのでしょうか。

今後のフタ上か粉まみれかの動向も気になりますが、
次の大勝軒とのタイアップ商品も気になるところです。

そろそろ正統派のつけ麺を出してほしいですね!
Re:ハシダ・メンさん
エースコックの油揚げ麺も完成度が高くなってきましたよね!
やはりカドメンの開発が大きく影響していると思います。

エースコックの油揚げ麺特有の風味自体は結構好きなんですけど、
スープが繊細だとマスクしてしまうので、そこはマイナス点ですね^^;

でも要所要所押さえるところはきっちりと押さえていたし
カップ麺の完成度としては決して低くはなかったと思います!

管理者のみに表示

トラックバック