寿がきや食品「全国麺めぐり 尾道ラーメン」



「シメイ」というビールがあります。私のお気に入り。中でもブルー。少し値は張りますが、ちょっと特別な日に栓をあけ、ひとり静かな部屋でゆっくりとビールと向き合い、時間をかけて温度の変化を楽しみながら、ビールとのひとときを楽しむのが至福のとき。で、昨日は特別な日でも何でもないのに1本空けちゃったんですけどw おかげで特別な日になりました。

さて、本日の一杯は、寿がきや食品の『全国麺めぐり 尾道ラーメン』です。全国麺めぐりシリーズ、今回は広島の尾道ラーメンですね。戦前から親しまれている中華そばをルーツとし、鶏ガラの醤油スープをベースに小魚のダシを加えた独特な風味と、背脂ミンチが特徴のご当地ラーメンだそうです。さらに今回は尾道ラーメンの有名店、「壱番館」監修だとか。これは期待できそうですね。





は、『口当たり滑らかなノンフライ細めん』とのこと。とてもしっとりとした口当たりで、噛むともっちりとした強い粘り気を感じます。寿がきや食品らしいノンフライ麺ですね。寿がきや食品のノンフライ麺の特徴ともいえる独特の強いコシと、角刃の立体的な歯触りが印象深く、相変わらずクオリティの高いノンフライ麺でした。時間の経過によってスープとじわじわ馴染んでいき、でも早々に湯伸びしてしまうことはないので、その変化を楽しみながら食べるのもオツな麺ですよ。スープの油脂感が麺の表面をコーティングしてくるので、麺を食べていても動物系の旨味がしっかりと感じられ、取り合わせ的にも問題なくおいしかったです。

スープは、『鶏ガラ、豚骨ベースに小魚、野菜エキスを加えたコク深い味わいの醤油ラーメンスープ』とのこと。なかなか雰囲気は醸し出せているのではないでしょうか。すっきりとした鶏ガラベースで、タレの醤油感が強く、鋭くキレのあるスープです。小魚だしは魚介がガンガン攻めてくるようなタイプではなく、あくまで下支え的な感じでした。そこに動物油脂が加わることによって、コクが深まり厚みが増します。かなりキリッとした醤油のキレがあるのですが、動物油脂のまろやかさがそれをカバーし、醤油のシャープな印象を残しつつ、角を立たせすぎないように上手くバランスがとれていました。やや醤油特有のクセを感じるくらい醤油のコクは濃かったのですが、嫌味に感じてしまうほどではなかったです。醤油感の強いキリッとしたスープが好きな人は、しっかり満足できるのではないでしょうか。

かやくは、『背脂風味フレーク、ネギ、メンマ』とのこと。相変わらず具材の貧弱さが否めない寿がきや食品ですが、今回は背脂風味フレークが目を引きますね。噛むと背脂というよりも肉っぽい食感で、スープを飲むと意識しなくても口の中に入ってくるため、なかなか存在感がありました。中途半端に汎用のペラッペラなチャーシューを入れるよりも、それを除けてでも背脂風味フレークをたっぷり入れるという判断は正しかったと思います。メンマは再現度が高く、特有の発酵感がきちんとあって好印象でした。

(標準は★3です)

醤油感の強い輪郭のある醤油スープで、動物系の旨味もしっかりとあり、背脂風味フレークで背脂ミンチを演出するなど、有名店監修なだけあって、きちんと尾道ラーメンの特徴は再現できているのではないでしょうか。醤油のクセを感じるほどの主張に抵抗を示す方もいらっしゃるかもしれませんが、逆にそういったキリッとしたスープが好きな人は手放しに楽しめると思います。自分は醤油ダレの主張が強いスープは苦手なのですが、今回は素直においしいと思えました。もうちょっと小魚だしの主張が強くても良かったような気もしますが、押さえるべき特徴はきちんと捉えていると思います。麺も相変わらずおいしかったですし、具材の貧弱さも背脂風味フレークのおかげで今回はそこまで気になりませんでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:全国麺めぐり 尾道ラーメン
製造者:寿がきや食品
内容量:120g (めん65g)
発売日:2014年11月17日 (月)
発売地区:全国 (沖縄除く)
希望小売価格:227円 (税別)
JANコード:4901677081568

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:2袋 (かやく・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (120g) あたり

エネルギー:410kcal
たん白質:10.0g
脂質:15.1g
炭水化物:58.7g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:2.2g)
カルシウム:182mg

(食塩相当量:7.4g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(動物油脂、しょうゆ、たん白加水分解物、水あめ、砂糖調製品、発酵調味料、チキンエキス、香味油、魚介エキス、食塩、ガーリックエキス、ビーフエキス、オニオンエキス、砂糖、デキストリン、酵母エキス、香辛料)、かやく(豚脂風味フレーク、ねぎ、メンマ)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、クチナシ)、増粘剤(加工デンプン、グァーガム)、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、ソルビット、酸化防止剤(V.E)、香辛料抽出物、酸味料、(原材料の一部に乳成分、豚を含む)

アレルギー物質:乳・小麦・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
なつかしい^^
よく尾道ラーメン食べてました。

そういえば・・・
ビールは銀河高原ビールがおすすめです。とてもおいしいので飲んでみてください。取り寄せになりますがw
Re:カブトムシさん
本場の尾道ラーメンを本格的に食べ比べたことはないんですけど、
平均的な特徴はきちんと捉えられていたと思います。

「銀河高原ビール」ドイツ純粋令に基づいたヴァイツェンビールですよね。
比較的飲みやすいので、どちらかというと女性に好まれるでしょうか。

銀河高原ビールもたまに飲むとライトでおいしいですが、
自分はトラピストやスタウトなんかのズッシリ系が好みですw

管理者のみに表示

トラックバック