エースコック「タテ型 飲み干す一杯 鶏南蛮そば」



「タテ型 飲み干す一杯 豚汁うどん」に続きまして、本日二杯目のカップ麺は、エースコックの『タテ型 飲み干す一杯 鶏南蛮そば』です。これたしか前にも食べたよなー、と思って旧ブログの記事を漁ってみると、食べてました。前回は映画「ジャッジ!」とのタイアップ商品としてリリースされていて、発売日は2014年1月6日。ただ、この製品と前回の製品、栄養成分表の数値が全く同じなんですよねw というわけで記事にしようかなぁ…どうしようかなぁ…って悩んだんですけど、このブログでは初登場ですし、せっかくなので。





は、『風味豊かで歯切れの良いそば』とのこと。若干ヤマイモパウダーで誤魔化してる感がありますが、きちんと蕎麦らしい風味と香りを感じることのできる麺です。食感はややボソッとしていて、あまりコシはありません。実際、こういったボソッと系の蕎麦は存在しますし、この食感が歯切れの良さを表しているとも捉えられるので、このあたりは好みの問題になってくるでしょう。それから鶏・豚エキスなどで味付が施されているので、麺自体にも旨味がありました。それが功を奏し、つゆとの一体感も高かったです。麺に縮れがあることと、味付麺という点が明らかにインスタントなんですけど、そういった方向に焦点を絞るというのもアリかなと思います。たまーにこういう蕎麦が食べたくなるんですよねw

つゆは、『昆布や鰹のだしをしっかり利かせた味わいに、別添液体スープで鰹の旨みと鶏油のコクを加える事で、飲み干したくなるつゆに仕上げ』とのこと。昆布と鰹のだしがしっかりと効いているのですが、醤油の主張も結構あります。ちょっと飲み干すには濃すぎるかなぁ。わりと太めな蕎麦つゆでした。鶏油はふわっと香るくらいで、ガツンとパンチがあるわけではなかったんですけど、味のピントは合っていたと思います。

かやくは、『程良く味付けした鶏肉、かまぼこ、ねぎ』とのこと。ネギの量が多いことには好感が持てましたが、鶏肉は少なく、かき混ぜたら存在感がなくなってしまいました。意識的に食べてもどうこうといった具材ではなかったです。鶏南蛮なので、もうちょっとメイン具材としての華が欲しかったですね。

(標準は★3です)

後入れの液体スープは油脂も多めだったんですけど、そのわりに鶏油が幅を利かせているわけでもなくて、あくまでふわっと香る程度。鶏油の存在感がなかったわけではないのですが、もうちょっと尖らせてもいいかもしれませんね。タテ型のカップ蕎麦としての出来は決して悪くありませんが、取り立ててどうこうというインパクトはありませんでした。でもきちんとつゆのフォーカスは絞ってあったので、このシリーズのコンセプトは打ち出せていたと思います。ただ、自分にはちょっとカラくて飲み干せませんでした…w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:タテ型 飲み干す一杯 鶏南蛮そば
製造者:エースコック
内容量:70g (めん55g)
発売日:2014年11月18日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071226992

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:320㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (70g) あたり

エネルギー:317kcal
たん白質:9.3g
脂質:14.3g
炭水化物:37.8g
ナトリウム:1.6g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.1g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.21mg
カルシウム:139mg

(食塩相当量:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、鶏・豚エキス、砂糖、ヤマイモパウダー、野菜エキス)、スープ(鶏油、しょうゆ、食塩、糖類、魚介エキス、豚脂、鶏エキス、酵母エキス、コンブエキス、たん白加水分解物、植物油脂、唐辛子、醸造酢、全卵粉)、かやく(味付鶏肉、ねぎ、かまぼこ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、香料、リン酸三ナトリウム、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、乳成分、さばを含む)

アレルギー物質:小麦・そば・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・やまいも

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

エースコック
takaさん、こんばんは!

エースコックってときどき、リニューアル販売をうたいつつ、
パッケージだけが変わって栄養成分等は全く同じケースがありますよね;

以前にJANJANの紹介でそれが何度かあって記事を書くのに困りました(;・ω・)

エースコックのそばは他のメーカーと比べると
あえてぼそぼそ感を出している感がありますね!

それがそばっぽさを強調してくれることもありますし、
物足りないときもあったりと、場合によりけりですが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
あれ?これ食べたっけなあ?
最近頭が・・・www

検索すればいいんですけどねw

あ、ちなみに豚汁は
とんじるです。
うちの中ではですけどね。

ぶたじるって呼ぶところも
結構あるみたいですよねー。
家によって違うみたいで。
あと地方も?
No title
かまぼこの並べ方がスゴい!(^O^)/
製品名通り、スープは無難にできていると思います。
関西人にはチョイ濃いけど・・(^_^;)
麺はちょっとモサモサな感じ。
でも価格考えたらまぁ及第点の製品ですね!
No title
「飲み干す一杯」のシリーズは、
廉価版タテカップの中でも、かなり僕は
認めてる方なんですよね...

本当にいろんな種類が出てるんですね...
僕の買い漁ってる激安スーパーでは
お目にかかった事がありませんわ...
Re:かーとさん
> エースコックってときどき、リニューアル販売をうたいつつ、
> パッケージだけが変わって栄養成分等は全く同じケースがありますよね;
そうなんですよ…今のところそれっぽいのは避けてるんですけど、
今回のように当たってしまうと記事にするのに困るんですよね^^:

かといってこのブログで紹介していたら引用もきくのですが、
旧ブログで記事にしていたため、それ引っ張り出すのも…って(笑)

エースコックの蕎麦は敢えてボソッと系にしてありますね!
仰る通り場合によりけりですが、これはこの路線でいいと思います^^
Re:カブトムシさん
検索かけてみたらカブトムシさんも実食されてますね^^

まだ自分のネット環境が整っていなくて、
訪問できなかった時期に記事にされてました。

自分も「とん汁」ですねー。
ぶた汁って言われるとかなり違和感がw
境界線がどのあたりなのか暇なときに調べてみます。
Re:たういさん
ありがとうございます!
相変わらずスーパーやらせ写真ですw

良くも悪くも無難だったので、
もうちょっと鶏油のインパクトや鶏だしの要素があったら
個性が出て良かったんじゃないのかなー、と思いました。

ブロ友のかーとさんもコメント欄で仰られていますが、
あえてボソボソとした食感に仕上げているのだと思います^^

スーパーなんかだと100円前後で入手できるので
そういった部分が強みになってくる製品と言えますね!
Re:ハシダ・メンさん
このシリーズは廉価版(オープン価格)の製品ではありませんが
スーパーなんかだとかなりお手頃価格で入手することができますし
タテ型レギュラーサイズのカップ麺の中では頑張ってますよね!

去年の5月に発売されていた「あら炊き魚介塩ラーメン」
これめちゃくちゃおいしくて記憶にはっきりと残ってます。

タテ型ビッグ版の新式もクオリティが高いですし、
けっこう安定感のあるシリーズですよね^^

管理者のみに表示

トラックバック