東洋水産「マルちゃん 麺屋武蔵×ゴーゴーカレー 黒カリー麺」



今日からハーゲンダッツ初の餅入りアイス、「華もち」シリーズ発売ですねー。こういうテイストにめちゃくちゃ弱いっw「きなこ黒みつ」と「みたらし胡桃」の2種類あるみたいなんですけど、これは両方とも買いですな!(鼻息)

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 麺屋武蔵×ゴーゴーカレー 黒カリー麺』です。これなかなか面白そうだったので、結構期待してました。「麺屋武蔵」にも「ゴーゴーカレー」にも行ったことがないので、素直にひとつのカップ麺として食べたいと思います。別添の海老油がめちゃくちゃ気になってるんですよねー。これはひとクセもふたクセもありそうで楽しみですw





は、『なめらかでコシのある、太めの角麺』とのこと。本気盛の麺とそっくりですね。まず雰囲気や質感からしてそうなのですが、原材料を見ても粉末野菜やチキンエキス、香辛料が練り込まれているあたりも同じなので、おそらく本気盛シリーズからの汎用だと思われます。厚みのある主張の強いタイプの油揚げ麺ですが、今回はスープにインパクトがあるため、取り合わせ的には問題なかったです。後入れ特製油が麺の表面をコーティングして、芳ばしい海老の風味が口内に広がるため、油揚げ麺特有のニオイもほとんど気にならず、主張の強い油揚げ麺に見られがちな野暮ったさも感じませんでした。本気盛系の麺なので、がっつりとした食べ応えがあったのも良かったです。

スープは、『ポーク・チキンをベースに、魚介と野菜の旨味を加え、香辛料を利かせた豚骨カレー味』で、『えび風味の特製油付き』とのこと。豚骨に魚介にカレーに海老油…と、かなり構成は混沌としていますがw 基本はカレースープに海老油です。カレーの風味はそこまで強くはなくて、きちんとカレーらしい香辛料のスパイス感はあるのですが、スパイシーってほどではないですね。砂糖の甘味と野菜の旨味、豚骨のまろやかさによって、スパイス感がありながらも全体的には丸みを帯びているような印象。そこに魚介がふわっと香り、実食前の混沌としたイメージに反し、意外にもソツなくというか、キレイまとまっていました。そこに多めの特製油が加わることによって、桜海老のような芳ばしい海老の香りが漂い、製品に明確な個性が生まれます。しかし、それでも違いが喧嘩することなく、兼ね合いがとれていたのがおもしろかったですね。もっとしっちゃかめっちゃかな仕上がりかと思いきや、バランス調整に抜かりがなく、尖ったインパクトがるようで、口当たりはやわらかかったり。なんていうか、個性的なんだけど、意外とバランス重視?みたいな。レビューへたくそかw 丸みを帯びたベースラインから、最初はちょっとぼんやりとした印象を受けたんですけど、追ってジワジワくるというか、これはちょっとクセになるような味かもしれません。表面に浮いていた海老油は、タテ型カップという口径の狭さも相俟って、食べ進めていく内に早い段階から量が減ってくるので、最後らへんはあまり気にならない感じでした。スープの粘度は高く、かなりドロッとしてるんですけど、そのトロミも不自然ではなかったし、麺との一体感を高めていたのが良かったです。やや砂糖による甘味が後口に残りますが、後引く味わいに一役買っている感じで、自分的には好感の持てる甘味でした。

かやくは、『味付挽肉 2 種類(普通・辛口)、ねぎ』とのこと。まずお湯を入れる前の段階から、麺が見えないほど一面に挽肉が広がっていて、おおっ、と思いました。意識的に食べなくても麺やスープと一緒にどんどん口の中に入ってくるし、食感も挽肉らしく、味付けもわりとしっかり目で存在感があって、麺を食べ終わる頃になって結構ニク入ってたなー、と思ってたらまだカップのそこにもゴロゴロ溜まっててw 量も質も兼ね備えている感じでとても好印象でした。挽肉とネギのみというシンプルな具材構成ですが、タテ型カップの製品には、存在感の薄い細々とした具材が少量ゴチャゴチャ入ってるよりも、今回のように肉!肉!ネギ!と量も多くシンプルに入ってる方が潔くて自分は好みです。

(標準は★3です)

いやいやーいいんじゃないですかね。カップ麺ならではの醍醐味を活かしてきたというか、まさに奇を衒った一品なのですが、意外にも受け入れやすかったです。もっと極端に、爆発的に尖らせてみてもおもしろかったんじゃないのかなー、とも思ったんですけど、カレーに海老油という組み合わせは十分に個性的だったし、それでいてそれぞれの要素が調和していたのは見事。定番商品にするには無理のあるテイストかもしれませんが、食べ慣れてくるとジワジワ虜になってしまうかも?と思わせてくれるような味でした。今回は良くも悪くも複合的な要素をバランスよく、といった路線に寄っていたので、海老油を殺さない程度にもう少しスパイシーさを強め、まろやかな口当たりながらもしっかりシャープ、みたいなほうが輪郭がハッキリしていいと思います。自分は唐辛子で調整しました。とは言え、複雑さがありながらもきちんとひとつの味として成立している、という絶妙なバランスには素直に好感が持てますね。こういう攻めの商品、どんどん開発していってほしいです。今回はスープが濃厚でドロッとしていたことと、最後にたっぷり挽肉が底に溜まっていると思うので、ごはん入れてキーマカレー的に〆るのがオススメですよ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a



【製品情報】

商品名:マルちゃん 麺屋武蔵×ゴーゴーカレー 黒カリー麺
製造者:東洋水産
内容量:103g (めん70g)
発売日:2014年11月17日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:195円 (税別)
JANコード:4901990332422

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (103g) あたり

エネルギー:475kcal
たん白質:11.9g
脂質:22.6g
炭水化物:56.0g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:177mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:475kcal (めん・かやく:342kca / スープ:133kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(砂糖、香辛料、香味油脂、野菜エキス、植物油、食塩、豚脂、ポークエキス、チキンエキス、粉末かつおぶし、酵母エキス)、かやく(味付挽肉、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、クチナシ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、えび、ごま、大豆、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・えび・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
ゴーゴーカレーは僕も未食ですわ...

でも...コラボ商品ということで、カレーは
影を潜めているような感じがするんですが...

豚骨とカレーを合わせると、どうしても
丸い感じになりますよね...
No title
具だくさんですね。
なんとなく好印象です。
すばらしい。

いや?
写真がいいんじゃないのかな?
と思う今日このごろでしたw
No title
この麺はホントに本気盛の麺ですね!
しかしこの製品は見たことないです。
なかなかのひき肉のボリュームでいい感じじゃないですか!
No title
takaさん、こんばんは!(●・ω・)

自分も食べて記事化したカップ麺ではあるのですが、
味をどう説明したらいいのか迷った印象が強いです!

・豚骨によるまったり感
・シャープですっきりしたタイプのカレー風味
・海老油による香ばしさと強烈な油脂感

3つのベクトルの方向性がけっこうバラバラで、
個性を出しながらも尖りを打ち消しあうような感じで、
不思議なバランス感を持っていたカップ麺でしたね!(=゚ω゚)

昨年出たカップ麺の中でも怪しさではトップクラスでした!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:ハシダ・メンさん
カレーらしい香辛料の香りはあったんですけど、
スパイシー!ってほどではなかったですね^^;

仰る通り豚骨を合わせると丸みを帯びますし、
今回は原材料の先頭に糖類の記載があるなど、
そのあたりも関係しているのかもしれません。
Re:カブトムシさん
このカップ麺の肉具材は食べ応えありましたよ!

いくらか沈んでて写真に写ってない分もあるので、
量の多さをきちんと体感できるくらい入ってると思います^^
Re:たういさん
おそらく本気盛の汎用麺だと思います!

去年の11月に発売されたカップ麺なので、
もう店頭からは姿を消しているかもしれません^^;

この挽肉はおいしい且つボリューミーでなかなかでした!
いろいろゴチャゴチャ入れるより、このくらい極端なのがいいです。
Re:かーとさん
たしかに怪しさトップクラスですねw

自分的には結果的に好感の持てるカップ麺でしたが、
味をどう説明したらいいのか、というのは迷いましたね^^;

> ・豚骨によるまったり感
> ・シャープですっきりしたタイプのカレー風味
> ・海老油による香ばしさと強烈な油脂感

まさにこの三本柱で形成されていましたね!
それぞれの個性がまったく違う方向を向いているのに、
それを敢えて組み合わせたという冒険心が良かったです(笑)

管理者のみに表示

トラックバック