日清食品「得正カレーうどん」



本日2回目の更新です。いやー新しいパソコンが快適で快適でw 画面の小ささにも半日で慣れました。でもひとつだけ気になるのが、液晶保護フィルムと液晶の間に入ってしまった小さなホコリ。ほんと小さいのがひとつ入っちゃっただけなんですけど、気になって気になって…w 貼り直すか、いや、でも、あーもうっw

さて、本日二杯目のカップ麺は、日清食品の『得正カレーうどん』です。「得正カレーうどん」神戸にある支店で食べたことがあるんですけど、ちょっとうろ覚えです。本店は大阪ですね。この商品は近畿地区限定発売のカップ麺で、2006年の販売以来、毎年寒くなる季節に近畿地区限定で発売している冬の定番商品だとか。いっかいも見た事なかったーw というわけで初体験。激辛カレーも好きですが、甘くて辛いカレーも好きですよ。





は、『コシとつるみを兼ね備えた、のどごしの良い "生タイプ" のうどん』とのこと。「ごんぶと」で培われてきたノウハウが活かされているのでしょう。しっかりとコシのある麺で、生タイプらしくどっしり。こちらは電子レンジ調理できないんですね。昔は気になって仕方がなかった生タイプ麺特有の強烈な防腐剤のニオイなんかも特に気にならず…っていうかスープの強烈な甘味でそんなこと言ってられない感じでしたw 小麦の風味もクソもなかったですw

つゆは、『「得正カレーうどん」の特徴である "口当たりの甘さと後追う辛さ" を再現した、おいしさの余韻が残るとろみのあるつゆ』とのこと。なんていうんですかね、こう、まず湯気からして甘いw ちょっと面食らってしまいました。ほんっとに甘いw その甘味の付け方ももあまりに人工的というか、とても手放しにおいしいと思えるような甘味ではありませんでした。ハチミツですかね。甘味の質とか、ニオイとか、喉の奥で感じる感覚からそんな気がしました。え、罰ゲーム?ってくらいハチミツどばーって入れた感じで、リンゴとハチミツで有名なアレも真っ青ですわw 辛味は大したことないです。スパイス感もほとんど甘味に飲み込まれてました。とにかく甘い甘いの一辺倒で、あらかじめ甘口であることを念頭に置いてはいましたが、こんなに暴力的な甘味だったとは…。正直おいしくなかったです。

かやくは、『牛肉、あげ玉、ネギ』とのこと。牛肉は旨味のある肉具材で、量もそこそこ入っていました。ネギは非常に少ないですね。揚げ玉も食べている最中はそんなに存在感なかったです。甘味を強調するのであれば、玉ねぎなんかが合うんじゃないのかなー、とも思ったのですが、これ以上甘味を強調されると…w

(標準は★3です)

このカップ麺のファンの方がいらっしゃったら申し訳ないです。あまりに凄まじい甘味にノックアウト…甘いという一見やさしそうな印象を与えておきながら、えらい暴力的なやつでした…w 甘くて辛いということだったので、オニオンなんかの野菜の甘味が特徴なのかなーと思ってたんですけど、ハチミツを大量投入したような態とらしい甘味に幻滅。かといって捨てるわけにはいかないので、とりあえず唐辛子かけまくりましたが、それでもハチミツを彷彿とさせるネットリとした甘味は幅を利かせたままで、自分は完全に持て余してしまいました。実際のお店はこんな異様な甘さではなかったと思うのですが…。もしこんな不自然な味だったら、悪い意味で印象に残っていたでしょうし。分かり易いといえば分かり易いですけど、正直おいしくなかったです。ごめんなさい。当ブログ初の★1…(苦笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:得正カレーうどん
製造者:日清食品
内容量:256g (めん200g)
発売日:2014年11月10日 (月)
発売地区:近畿地区
希望小売価格:270円 (税別)
JANコード:4902105227312

麺種類:生タイプ
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:600㎖
調理時間:熱湯0分
小袋構成:4袋 (めん・かやく・粉末スープ・カレーペースト)

~標準栄養成分表~

1食 (256g) あたり

エネルギー:562kcal
たん白質:9.5g
脂質:16.1g
炭水化物:95.0g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.6g)

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:562kcal (めん・かやく:303kca / スープ:259kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.1g)

原材料名:めん(小麦粉、加工油脂、糖類)、スープ(糖類、豚脂、カレー粉、ポテトフレーク、小麦粉、食塩、チキンエキス、野菜調味油、香辛料、魚介エキス、酵母エキス、香味油、醤油、昆布エキス)、かやく(味付牛肉、揚げ玉、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、カラメル色素、環状オリゴ糖、リン酸塩(Na)、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、チャ抽出物、香辛料抽出物、ベニコウジ色素、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・牛肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
あわわわわわwww

これ、爽快で次に買おうかと
思っていた品ですw
スルーさせて頂くことに決定しましたwww

あ、保護フィルムは貼り直すべきですw
自分もそういうタイプなのでよくわかりますwほこり・・・w
No title
まぁ、味の感じ方は人それぞれ・・・
得正もカップ麺のほかにチルドカップ麺、チルド麺も
発売されているのでそれなりの需要があるのでしょう

実際のお店も流行ってますからね
(いつも行くラウンドワンの横にお店があります)
takaさん、こんにちは!

自分も数年前にこれを食べたことがあったので、
自分の過去記事を読み返してみたのですが、
>スープですがこれは思った以上の甘さ
>これだけ甘さが来るカレーうどんは初めて
と、やはり甘さが大きな特徴のようですね!

自分もスパイシーなほうが好きなタイプなのですが、
良くも悪くもこういった個性のある味は
固定ファンをつかむ力もあるのでしょうね!(=゚ω゚)

万人受けするタイプの味ではないと思いますが、
大阪人はけっこう甘めの味付けが好きな人も多いですし、
そういった層から強い支持を受けてるのかもですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:カブトムシさん
たまたま自分の感じ方がアレだったなら申し訳ないのですが^^;
実際のお店はおいしかったような気がします!

やっぱり保護フィルムは貼り直すべきですかねー。
でもまた新たなホコリが付着する危険性が怖くて…w
Re:たういさん
味の感じ方は人それぞれですよね^^;
どうも自分には異様なハチミツ的な甘みが…><

実際のお店はかなり人気みたいですね!

自分も得正に対するマイナスなイメージはないので、
今回たまたま当たりが悪かったんだと思いますw
Re:かーとさん
製造過程による個体差で分量を間違えたのかと思うほど、
強烈な甘み一辺倒のつゆに打ちのめされました…(苦笑)

自分も結構甘めの味付が好きで、
料理するときもミリンや砂糖はかなり使うのですが、
その甘みとは違った違和感のある甘みだったので^^;

ほんとファンの方にはごめんなさいな記事になってしまいました。
大阪に行った時は実店舗の味を再確認したいと思います!

管理者のみに表示

トラックバック