日清食品「カップヌードル ミルクシーフードヌードル」



バレンタインでSK-Ⅱのメンズ用化粧水をいただいたのですが、さすがSK-Ⅱ、なんかそれだけで肌が綺麗になったような気がしますw にしても噂によるとかなりお高いみたいで、値段が調べられずに—な状態なんですけど、こういった場合ホワイトデーで何を返せばいいんですかね。やっぱりSK-Ⅱの化粧水?あ、でもそしたらこの化粧水の値段を必然的に見てしまうことに…マ、マシュマロじゃだめ?w

さて、本日の一杯は、日清食品の『カップヌードル ミルクシーフードヌードル』です。ネット上の噂を元に開発された製品で、2007年から冬の定番商品として発売されているそうですが、自分は今回が初めての実食になります。毎年なぜか逃しちゃってたんですよねー。ブログを始めてからカップ麺の入手は仕入れ担当員が頑張ってくれてるので、やっと初のミルクシーフードヌードルです。





は、『カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺』とのこと。いつものカップヌードルの麺だと思います。このヌードル麺はスープが洋風であれば、ほんとどんなテイストにもマッチしちゃいますよね。ほんと万能麺、優秀優秀。今回もスープとの相性は問題ありませんでした。

スープは、『シーフードのうま味にミルクを加えた、まろやかでコクのある冬にぴったりなクリーミースープ』とのこと。今回はミルクを従来よりも増量し、よりまろやかで濃厚なスープに改良したらしいのですが、こーれは好み別れるんじゃないですかね。スキムミルク的な脱脂粉乳の主張がかなり前面に押し出されていて、やや粉っぽさを感じるほど。相当ミルク感の強いスープです。シーフードの旨味というのはスープ自体からはあまり感じられませんでした。自分はこういったミルク路線のカップ麺は好きなほうですが、溶けきっていないような不自然な粉乳の主張がちょっとイヤらしかったです。いやでもこのくらいミルクミルクしてるほうがいいんだよ、って人もいると思いますよ。うん。ただ、表面に浮かぶ乳脂肪系の油脂感が若干スープをマスクしていたので、それが少し気になりました。麺から出た油分なら仕方ありませんが、もしもこれが故意的につけられたものならちょっと野暮ったいですね。たまに黒胡椒が顔を覗かせるのですが、かなりマイルドさに振り切ったようなスープだったので、もう少しピシッと効いててもよかったかなー。でも良い意味で極端というか、カップヌードルだからこそ出来るようなスープだったので、そういった部分には素直に好感が持てました。

かやくは、『彩り鮮やかなイカ、キャベツ、スクランブルエッグ、カニ風味かまぼこ、ネギ』とのこと。オリジナルから貝柱を抜いた具材構成です。スープからはシーフードの旨味があまり感じられませんでしたが、きちんと海鮮系の具材が入っているので、これでなんとか許せそうな感じでしたw クリームシチューっぽいスープだったので、ポテトとかベーコンとかめちゃくちゃ合いそうだなー、っていうコンセプトを無視した発想w

(標準は★3です)

あからさまな粉乳の主張がちょっと気になったんですけど、ある意味ここまで振り切れるのもカップヌードルならではの強みなのかなと。具材のおかげで何とか海鮮の要素は感じられましたが、スープ自体にもシーフードヌードルらしい海鮮の旨味がもっと欲しかったです。もともとシーフードヌードルはまろやかですし、ここまで粉乳を効かせなくても成立するんじゃないのかなー、と思いました。なんていうんですかね、こう、自分でシーフードヌードルをアレンジしようとして、うわースキムミルク入れすぎたーw みたいな(笑) 軽くヤっちゃった感のある一杯でしたw でもこれはこれで極端で分かりやすかったし、自分的にはおいしかったです。とりあえず海鮮具材の入ったミルクヌードルとして手に取らないと、シーフードヌードルのノリでイくと、うおっ、おい、ミルクッw ってなりそうな仕上がりでしたw もうほんのちょっと粉乳の主張を控えるか、スープ自体の海鮮系の旨味が強かったらより自然に楽しめそうですね。ホワイトペッパーで風味を引き立てたり、黒胡椒を追加して表情を変えてみてもいいかもと思いました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル ミルクシーフードヌードル
製造者:日清食品
内容量:83g (めん60g)
発売日:2014年11月04日 (火)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105225905

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:300㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (83g) あたり

エネルギー:389kcal
たん白質:9.7g
脂質:17.8g
炭水化物:47.6g
ナトリウム:1.7g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:0.8g)
ビタミンB1:1.07mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:134mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:389kcal (めん・かやく:311kca / スープ:78kcal)
食塩相当量:4.3g (めん・かやく:2.3g / スープ:2.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(粉乳、乳等を主要原料とする食品、加工油脂、でん粉、植物油脂、小麦粉、ポークエキス、チーズパウダー、チキンエキス、香辛料、糖類、食塩、醤油、野菜調味油、野菜エキス、たん白加水分解物、魚介エキス、香味油、オニオンパウダー、魚醤、ポーク調味油)、かやく(いか、キャベツ、味付卵、魚肉練り製品、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、香辛料抽出物、乳化剤、ベニコウジ色素、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、カロチノイド色素、炭酸Mg、pH調整剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に落花生、かに、ごま、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・落花生・かに・豚肉・鶏肉・いか・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
この製品はもうすっかり半定番商品ですね。
毎年何かしらのリニューアルでお味も安定していますよね。
はじめはミルクってアンマッチと思いましたが、
いまはすっかり市民権も得てなんのためらいもなく食べてますww
No title
二本立てお疲れ様です。

今日はなにかしら疲れました。
早めに寝ようかと思います。

そういえば自分はもう6年も外で
ラーメン食べてないんですが
寿がきやで食べたいです。
あの安っぽさがいいんですよね。
なんでだろうw
Re:たういさん
脱脂粉乳の主張が人を選びそうですが、
コンセプトが明確でアリだなと思いました^^

もうちょっとスープにも海鮮がんばってほしいですね!
Re:カブトムシさん
最近2本立て頑張ってます!(鼻息)

> 今日はなにかしら疲れました。
大丈夫ですか?あまり無理なさらないように。

> あの安っぽさがいいんですよね。
カップ麺にも言えますよね!良い意味でチープというかw

自分は去年、徳島で食べて以来ラーメン屋さんに行ってないです><

管理者のみに表示

トラックバック