エースコック「しょうゆバター味ラーメン」



2回目の更新です。このカップ麺はファミリーマート限定発売で、数量限定の商品だったので、もうおそらく店頭には置いてないと思われます。といういわけで自分の記録的な記事になるので、軽〜く読み流しちゃってくださいw

さて、本日二杯目のカップ麺は、エースコックの『しょうゆバター味ラーメン』です。特許製法のバター状ブロックが入ってるんですねー。これも珍しくなくなってきましたが、初めて食べたときは感動したなぁ。(しみじみ)





は、何の変哲もない油揚げ麺ですw 丸型の中細麺で、非常にオーソドックスな油揚げ麺ですね。縮れの少ない麺ですが、細身ということもあってスープはよく絡んでくれたし、プリプリとした歯切れの良さが印象的でした。油揚げ麺特有のスナック的な風味も結構あって、エースコックらしいなー、と自分は素直に楽しんでましたが、バターの油脂感が麺をコーティングしてくので、そのダブルパンチが人によっては気になってしまうかも。

スープは、『チキンやポークをベースにしたしょうゆ味のスープに、後入れのバター状ブロックを入れる事で、コクのあるスープに仕上げる』とのこと。鶏・豚エキスが中心になったあっさり系のしょうゆ味のスープで、軸はエースコックの商品によくあるタイプの味付。バターを入れる前からほんのりとバターの香りがあったのですが、これといって個性のないオーソドックスなスープです。そこに後入れのバター状ブロックを入れることによって、明確な個性とインパクトが生まれ、分かりやすーいバターしょうゆ味に早変わり。結構ゴロッとしてますが、ブロック状のバターではなく、バター状のブロックなので、量のわりにクドさはなく、バターらしい風味と香りをハッキリと添加しつつ、嫌味に感じるほどではありませんでした。100%バターってわけじゃないみたいですね。って100%バターじゃ常温保存できないから当たり前なんですけどw 分かりやすく自己を主張しつつ、幅を利かせ過ぎて一辺倒になっていなかったバランスが良かったです。

かやくは、『コーン、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、人参』とのこと。コーンの甘みとバターの風味が相性よくて、けっこう印象に残しました。肉そぼろはスカスカしてておいしくなかったので、その分コーンを増やして欲しかったです。とか言いながら肉っ気がないとそれはそれで文句言うんでしょうけどw このスッカスカな肉そぼろ、あーここにコストが大きくかかったんだろうなー、ってハッキリ分かる要素が製品の中にあるときに、エースコックがよく使ってくる廉価版肉そぼろ的なやつです。今回はバター状ブロックにコストを持ってかれたんでしょうね。

(標準は★3です)

オーソドックなしょうゆ味に後入れバターで、theしょうゆバター味って感じのカップ麺でした。かなり分かりやすい味です。固形バターが入っていることが大きな特徴ですが、他に特筆すべき点はありませんね。バターの風味さえウェルカムなら、そういった意味では受け入れやすい仕上がりと言えるでしょう。後入れ固形バターには大胆さがあるので、製品の個性とインパクトはきちんと打ち出せていたし、油揚げ麺特有の風味があるスナック的な麺と、さらにバターが合わさることでジャンクさが生まれ、なんともカップ麺らしい極端な一杯でした。それにしてもバター状ブロック、これ常温で長期保存できるってスゴいですよねー。なぜ常温で長期保存できるかは怖くて聞きたくありませんがw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:しょうゆバター味ラーメン
製造者:エースコック
内容量:84g (めん70g)
発売日:2014年11月11日 (火)
発売地区:- (Family Mart)
希望小売価格:184円 (税別)
JANコード:4901071282318

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (バター状ブロック)

~標準栄養成分表~

1食 (84g) あたり

エネルギー:384kcal
たん白質:8.0g
脂質:17.6g
炭水化物:48.4g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:177mg

(食塩相当量:6.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、食物油脂、食塩、植物性たん白)、スープ(食塩、豚脂、バターオイル、バターパウダー、香辛料、鶏・豚エキス、砂糖、しょうゆ、魚醤、酵母エキス、デキストリン、でん粉、たん白加水分解物、植物油脂、全卵粉)、かやく(コーン、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、増粘多糖類、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、ゼラチン、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
このバター、よく出来ていますよね!
ほんとに常温保存できる技術はスゴいです。
でもちょっと全体が油っぽくなるのがね・・(^_^;)
No title
最近、どの麺みても普通の麺ばかりでレビューに困るんですがどうしましょうねw

特徴も大してなく、ノンフライめんですらない。レビュアー殺しの普通麺w普通ってなんだろう?w
No title
うん...このバターはスゴイよなぁ...

って言うか、各社...特徴を出すために
必死感が漂ってますよね...

カップ麺の場合、袋麺と違って
定番を売り続けるってことは、難しいんで
しょうね...
Re:たういさん
後入れバター系の商品は、
必然的に油っぽくなってしまいますよね^^;

でも逆にサラッと仕上がったら拍子抜けしてしまいそうですw

固形バターは東洋水産の製品にもありますが、
油脂感や塩分は東洋水産のほうが強いように思います。
Re:カブトムシさん
やはり麺に関してはコスト上
汎用せざるを得ないところがあるのでしょう。

それでも各社マイナーチェンジを繰り返しながら
日進月歩していると思います!

> 普通ってなんだろう?w
聞こえ良く言えば「オーソドックス」ってやつですねw
Re:ハシダ・メンさん
固形バターの技術、スゴイですよねー。

カップ麺で数量限定となると、
やはり定番商品にはない個性やインパクトが必要なので、
各メーカーは製品開発ほんと大変だと思います。

それも毎週のようにリリースきますからね^^;

おかげでヘビーユーザーとしては楽しみのひとつですが、
自分の場合、在庫に追われているので、もう少し緩やかに…w

管理者のみに表示

トラックバック