ヤマダイ「凄麺 名古屋台湾ラーメン」



ブログの冒頭ネタどうしようかなーって考えてたんですけど、5分くらい考えても何も思い浮かばなかったのでさっさと本題に入りたいと思いますw

本日の一杯は、ヤマダイの『凄麺 名古屋台湾ラーメン』です。

台湾には無いのに“台湾ラーメン”…ナポリタンとかアメリカンコーヒーみたいですねw この商品も何度かリニューアルしていると思うんですが、なんせ詳しい記載がないのでよく分かりません(苦笑) 台湾ラーメンというのはよく耳にしていたし、辛いものは好きなので以前から気にはなってたんですけど、実際に食べたことは…多分ありません。年に1~2回は名古屋方面まで行っているのに何故w とにかく台湾ラーメン=名古屋発祥のラーメンで、今では名古屋めしの一種として定着しているようです。“激辛醤油味”と書かれているだけあってパッケージは真っ赤。今回が台湾ラーメン初体験なんですけど、凄麺の台湾ラーメンということで仕上がりが楽しみです :)




◆スープは『鶏ガラスープに炒めた挽肉の香りとニンニクのコクと旨みが合わさったスープ』『麻辣調味料を使用し、豆板醤を炒めた香ばし感と味噌のコクをプラス』『辛みの部分は唐辛子を主体に胡椒を合わせクセになる辛さ』に、別添で『特製辛ダレは豆板醤、コチュジャンを合わせフレッシュガーリックの香りと魚醤の旨みを特徴とし、スープ全体に深みを与えます』とのこと。かなり醤油の風味がたっていて、後口にほんのりと味噌の甘みが感じられます。塩気はけっこう強いですね。気になっていた辛味ですが、辛口と大辛の中間って感じでしょうか。食べ進めていくうちにじわじわと辛味が迫ってくるんですけど、激辛ってほどではないと思います。醤油ラーメンに豆板醤やコチュジャンを入れたって感じの分かり易い味付けで、具材のローストガーリックの主張もあってかガーリック感はけっこう強め。シャープな辛さの醤油ベーススープというのもアリだなとは思ったんですけど、ちょっと醤油の主張が強いかなぁ。

◆麺は『当社独自製法のノンフライ麺』『ツルツル、シコシコとした生麺の食感を再現』とのこと。湯戻し5分必要な麺なんですけど、そんなに必要か?と思うほど細めの麺です。しかし湯戻し5分でちょうど良い歯ごたえが感じられ、つるみのある舌触りと喉越しの良さが心地のいい麺でした。プリッと跳ねるような食感が特徴的で、凄麺らしくしっかりと小麦の風味も感じられ、孤立した感もなくちゃんとスープと馴染んでいたのが好印象。自分的にかなり好感触な麺でした。美味しかったです。

◆具は『味付肉そぼろ、ニラ、ローストガーリック、唐辛子チップ』とのこと。味付肉そぼろはたくさん入っていて、カップ麺にしては珍しくパッケージに偽りなしって感じですね。もうちょっとスパイシーな味付けだったらもっと良かったかな。ニラはちゃんとニラらしい香りと風味があって、ローストガーリックが程よいパンチを与えてくれるシンプルでバランスの良い具材構成だったと思います。


《今回のカップ麺》まず予想以上に醤油が強かったというのが第一印象。醤油ベース×豆板醤×コチュジャンって感じの分かり易い味付けだったんですけど、ちょっと主張の強い醤油の風味と塩気が自分の口には合わなかったかも。実際の台湾ラーメンはどうなんだろう?ガーリック感が強くてパンチがあったのは好印象でした。あと、今回の麺は凄麺シリーズの中でもクオリティが高いものだと思います。けっこう塩っぱかったのでスープをたくさん飲むと後から喉が乾きそう。というか、改めて見ると凄麺シリーズって食塩相当量モンスター級ですねw 台湾ラーメンは初体験ですが、あくまでカップ麺なので「本場の台湾ラーメンはこうだ!」って感じもあると思いますし、名古屋付近に行った際は今度こそ本場の台湾ラーメンを味わってみたいと思います :)


※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わりますのでご了承ください。


【製品情報】

商品名:凄麺 名古屋台湾ラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日:2013年10月28日 (月)
麺種類:ノンフライ麺
小袋構成:3袋 (特製タレ・液体スープ・かやく)
希望小売価格:210円 (税別)

内容量 (めん量):123g (60g)

~標準栄養成分表~

1食 (123g) あたり

エネルギー:365kcal
たんぱく質:14.7g
脂質:7.4g
炭水化物:59.9g
ナトリウム:4.2g
(めん・かやく 0.3g)
(スープ 3.9g)

(食塩相当量:10.7g)




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック