日清食品「日清ラ王 Selection 鶏炊き白湯」



バレンタインデーですねー。ほんと日本人って宗教に寛大w もらう側の男性陣はいいとして、世の中の女性は大変ですなー。会社の付き合いで、とかっていうのもあるでしょうし。もらった人はホワイトデーでちゃんとお返ししましょうね。

さて、本日の一杯は、日清食品の『日清ラ王 Selection 鶏炊き白湯』です。ラ王というシリーズそのものが既にハイエンドなブランドですが、季節感や街のトレンドといった旬の味わいをスープに取り入れたワンランク上のシリーズ、というのが「日清ラ王 Selection」のコンセプト。今回で第2弾の駆け出しシリーズです。第1段はまさかの激辛路線でしたが(激辛じゃなかったけどw)、第2段のテーマはすっかりおなじみ鶏白湯。鶏白湯も随分と浸透してきましたよね。鶏の旨味がギュッと詰まった鶏白湯だったらいいなー。むむむ、〆にごはんで二度おいしいとな。ってことは濃厚ぽってりな鶏白湯スープを期待しちゃっていいんですかね!(鼻息)





は、『つるみ、コシ、もっちりとした食感が特徴の、食べ応えのある3層太ストレートノンフライ麺』とのこと。さすがラ王なノンフライ麺です。歯触り、喉越し、コシ、質感、どれをとっても一級品で、その主張バランスも絶妙。これといって文句の付け所がないノンフライ麺でした。今までラ王の麺はほぐれにくいという欠点もありましたが、最近は気にならないですね。湯伸びしにくいしっかりとしたノンフライ麺なので、敢えて時間をとってスープに馴染ませるというのもオツなんじゃないかなー、と。自分そのパターンが多いんですけどねw この麺は湯戻し6〜7分前後が食べ頃、というのが個人的見解です。スープの鶏油コーティングよって麺の風味は少し隠れてしまっていましたが、その鶏油のインパクトこそが長所だったし、麺の程よい主張具合から取り合わせとしても問題なかったと思います。

スープは、『鶏のうまみをたっぷりと利かせた、とろみのある濃厚な鶏白湯スープ』とのこと。調味オイルは量が多めで、鶏油特有のクセを感じるほどの主張具合だったんですけど、これが大きな決め手となっていて、けっこう突き抜けてます。ベースは「鶏炊き」の名に恥じない鶏の旨味がきちんとあって、鶏油との兼ね合いが絶妙。炊き出したような鶏のコクと鶏油のクセ、ぽってりとしたやわらかい口当たりが印象的です。スープがきちんと濃厚なので、とろみもわざとらしくありません。カップ麺で鶏白湯のスープだと、ポークエキスで底上げしていることもよくあるのですが、このスープは原材料は鶏を中心に固められていて、鶏白湯の名に恥じない構成ですね。雑味も無く、きっちり鶏推しで、重厚感がありながらも上品さを感じさせる、そんなSelectionなスープでした。

かやくは、『食べ応えのある厚切焼豚、青ネギ』とのこと。具材はかなりシンプルですが、ラ王の十八番である厚切スーパー焼豚が入っているので、それだけで物足りなさを感じないと思います。ほんと出来の良い乾燥焼豚ですよねー。下手なレトルト具材よりもおいしいです。あとはネギの他にチラホラと唐辛子かレッドベルらしき赤いものが漂ってました。細切りの唐辛子なんかが入ってたら華やかだったかなー。スープがぽってり濃厚な鶏白湯だったので、キャベツとか合いそう。ってちょっと発想がベタですねw

(標準は★3です)

炊き出したような濃厚な鶏の旨味が効いたスープに、絶妙な油脂感が臨場感を高め、麺も焼豚も高水準なラ王クオリティとなかなかの出来映え。なかでも鶏油の主張と鶏の一本勝負という潔さに好感が持てました。久々においしい鶏白湯を食べた気がします。調味オイルによる鶏油の主張が印象深く、鶏油特有のクセを感じるほどだったのですが、嫌味に思うほどガサツな主張ではなくて、突き抜けた要素がありながらも均衡が保たれている、そんな鶏白湯として完成度の高い逸品でした。上出来です。全体的に丸みを帯びた製品だったので、ガーリックやジンジャーの香味感や、黒胡椒系のアクセントがもう少しあっても良かったかなー、とも思ったのですが、総合力という点では非常に高い数値を叩き出していると思います。鶏白湯らしいまろやかな口当たりと鶏油に重点の置かれた仕上がりで、そこに価値を見出せる一杯ですね。ワンランク上の、というシリーズのコンセプトもしっかりと打ち出せていたと思います。Selection第3弾は何かなー。えびは行列シリーズから出てるし、うーん、なんだろう。個人的には牛骨あたりを攻めてほしいんですよねー。ちょっと牛脂のクセを残した牛骨ラーメンをラ王Selectionで食べてみたいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清ラ王 Selection 鶏炊き白湯
製造者:日清食品
内容量:107g (めん75g)
発売日:2014年11月04日 (火)
発売地区:全国
希望小売価格:230円 (税別)
JANコード:4902105224540

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・調味オイル・焼豚・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (107g) あたり

エネルギー:446kcal
たん白質:9.9g
脂質:16.4g
炭水化物:64.9g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:173mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:446kcal (めん・かやく:336kca / スープ:110kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.8g / スープ:3.0g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、卵粉、チキンエキス)、スープ(鶏脂、チキンエキス、食塩、糖類、チキン調味油、香味油、香辛料)、かやく(チャーシュー、ねぎ)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、乳化剤、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、豚肉を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
さすが拳王ですね(違)

まさに帝王の如くです。
まあ、カップ麺にしては
反則の域に達してます。
今日も明日もジャンキーに
ゆきますよん。
No title
taka様
こんばんわ、純野です。
毎回「何をどう写したいか?」
はっきりした『麺写』を見て
勉強させてもらってます。
 ただ、2月に入ってから、
湯戻し後の写真がホワイトアウトして
真っ白に見えてしまいます。
何かカメラとか、レンズの絞りとか
データ保存とか、変えられましたたか?
それとも純野の気のせいでしょか・・・
純野一益
Re:カブトムシさん
さすが拳王です!(右手を高らかにドーン)

帝王はホクロ(サウザー)ですねw

カブトムシさん残すは三男!
Re:純野一益さん
あれあれ・・・??

ホワイトアウト…なんででしょう。

カメラは相変わらずiPhoneですし、
撮影環境も手法も何も変えていないのですが…。

基本的にスマホのカメラで撮影→FC2アプリに投稿
パソコンでURLを拾って記事作成という流れです。

画面の輝度を下げてもホワイトアウトしてしまいますか?
No title
takaさん、こんばんは!

これはレベルが高かったですよね!

ラ王の新作はときどき期待外れのときもあったりしますが、
今回は鶏の旨味が十分で、かつ多めの鶏油も嫌味がなく、
鶏の良さをしっかり楽しめるスープになってましたね!

またラ王はあのチャーシューも大きな強みですよね!

あれのおかげで高級感が何割か増していますし!(=゚ω゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
この時の麺はまだ例の透明っぽい黄色い麺ですよね!
やっぱりこの麺がいいです。
この食感は絶妙、ラ王のラ王らしいところです。
今後はラ王の新製品はみんなあの次世代ラ王麺になっちゃうのかな?(^_^;)
Re:かーとさん
これはレベルが高かったです!
もうちょっと早く食べてたらリピしてましたね。

ラ王らしく本格的な仕上がりで、調味油の活躍が絶妙。
鶏油に関しては特に印象深く、満足度の高い一杯でした^^

具材の厚切焼豚もかなり強い武器ですね!
乾燥肉具材の中では最高峰の焼豚だと思います。
Re:たういさん
ラ王の麺、大幅にリニューアルされたみたいですね。

自分はまだ未食なのですが、見た目からして違うみたいで、
もちろんスープとの兼ね合いなども大きく関係してきますが、
基本のクオリティが下がっていたら元も子もありませんからね^^;

良くも悪くも今年のラ王シリーズの変わり種が楽しみです!w

管理者のみに表示

トラックバック