明星食品「明星 ソラノイロ 中華そば」



今日は2回目の更新です。やっぱり夜は冷え込みますねぇ…。こんな日はストーブ点けて、ゆっくりモンハンでもやりますかーw いまやっとセルレギオス倒したところです。4からの引き継ぎなしで初めから4Gしてるんですけど、ちょっとめんどくさくなってきましたw とりあえず大剣もって暴れてきます!おりゃー!!

さて、本日二杯目のカップ麺は、明星食品の『明星 ソラノイロ 中華そば』です。「一風堂」や「五行」でマネージャーを務めた方が創業されたそうで、多数メディアでも取り上げられており、2011年創業という新しいお店ですが、かなり注目されているラーメン店みたいですね。日本で初めて麺・スープ・具材の全てに野菜を使用したラーメン「ベジソバ」と、動物系の食材を一切使用していない「ビーガンベジソバ」が看板商品だそうです。カップ麺だと麺に野菜エキスが練り込まれていることがあるので、こちらが先駆者と言えるかもしれませんがw どうせなら看板メニューの「ベジソバ」か「ビーガンベジソバ」を再現してもらいたかったところですが、今回は「中華そば」だそうです。「新世代の名店」と謳われた新進気鋭の新鋭店、そんなお店が作る中華そば、週に一度は食べたくなるホッとする味わいが特徴とのことですが、これはハードル高いですよー。





は、『「ソラノイロ」の「中華そば」の麺をイメージし、表面は淡麗スープとマッチするようになめらかに仕上げ、食べ応えを感じるようにあえて中心部に芯を残したノンフライ太麺』とのこと。厚みのある平打ちの麺で、かなり粘り気のあるムチムチ食感です。コシが強く、まるでうどんを思わせるような麺ですね。小麦っぽい風味も程よくあって、湯伸びしにくく、むしろ時間経過によってしっとりと馴染んでくる感じ。存在感は大きくて、今回のような淡麗系のスープだと、麺の主張のほうが上回ってしまっているような印象も受けましたが、麺単体としておいしいと思えるノンフライ麺だったので、それを味わうという趣旨で食べれば、これはこれでアリかなーと思いました。スープの調味油が絡んでくるので、孤立してしまうほど浮いてるわけでもなかったですし。ただ漠然にスープとの相性を考慮するなら、中細麺のほうが取り合わせとしては良かったのかもしれませんけどね。

スープは、『お店で出される『中華そば』のスープをカップめん用にアレンジした「ソラノイロ」店主こだわりの野菜と魚の香りがやさしく香る淡麗系醤油味スープ』で、『鶏ガラベースにカツオ・昆布の旨みを加えたまろやかな旨みを感じる醤油スープに、キャベツ・オニオンなどの野菜のオイルと煮干しやカツオなどの魚のオイルを合わせた「ベジ魚 (ウオ) オイル」を加えた深みのあるスープに仕上げ』たとのこと。「ベジ魚オイル」という物珍しい調味油から、インパクトのある押しの強いスープを想像しましたが、奇を衒っているというよりも、むしろオーソドックスな路線のスープです。雑味のない淡麗系の醤油味で、すっきりとした鶏ガラベースに野菜の優しさが加わり、クセのない海産物系のだしで旨味を添加。そこにエシャロットを思わせる香味感と、生姜の風味が香ります。ベジ魚オイルはインパクトを与えるためでなく、あくまでアクセントとして用いられているようですね。あまり押しの強いスープではなかったので、どちらかというとバランスの良さが光るスープでした。角がなく、野菜の甘味とオイルのまろやかさでかなり丸みを帯びているので、ちょっと好みが分かれるかもしれません。かなり優しいテイストです。すいすい飲めちゃう感じなんですけど、あと引く味わいもきちんとあって、自分は好きなスープでした。麺を食べているとき、調味油が麺の表面をコーティングして、生姜の風味を強めに感じたのが印象深かったです。

かやくは、『大きめのチャーシューとダイス肉の2種類の肉、斜め切りと輪切りの2種類のネギに、メンマ、ナルト』とのこと。ハイエンド商品として手落ち感のない具材構成ですね。チャーシューはバラ肉っぽい風味とジューシーさがあって、さすがに日清食品のスーパー乾燥焼豚には敵わないものの、ハイエンドカップ麺の肉具材としては十分に合格レベルでしょう。さらにダイスミンチも入っていて、味付も程よく、おいしいダイスミンチだったし、2種類の肉具材が入っているのは嬉しかったです。どんぶり型の再現モノなのに、肉具材がダイスミンチっておもしろいですねw ネギも2種類入っていて、特有の甘味が感じられる風味のいいネギでした。メンマはちょっとやわらかかったです。ナルトは視覚的にも華やかで、きちんと練り製品らしい風味があったのが好印象。最近のカマボコ系の具材もレベルが上がってきましたよねー。

(標準は★3です)

雑味のない淡麗系のスープに質の高いノンフライ麺、ソツなく揃えられた具材とクオリティは高かったです。ふわっと香る魚介と生姜の風味に、野菜の優しさやが印象的な全体的に丸みを帯びたやわらかい仕上がりから、なるほどホッとするような味わいでした。麺がけっこう主張の強いノンフライ麺だったので、もうちょっと香味油の主張や尖った部分があってもよかったかなー、とも思ったのですが、麺そのものはおいしいノンフライ麺だったし、スープの奥床しい繊細さも印象的で、今回はそれぞれの質の高さを評価しての総評です。食塩相当量のわりに感じる塩気は控えめで、じわーっと染み込んでくるようなやわらかい味わいは、ヘビーなカップ麺にはない優しさがあって、いい感じのブレイクタイムになりましたw 週一とまではいきませんが、たまにはこういう優しいカップ麺もいいもんだなぁ、と。うん。この中華そばの再現度がどれほどなのかは分かりませんが、実際のお店のラーメンもホッとするような優しい味わいなんだろうなー。「ベジソバ」や「ビーガンベジソバ」も食べてみたいですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 ソラノイロ 中華そば
製造者:明星食品
内容量:114g (めん70g)
発売日:2014年11月03日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:248円 (税別)
JANコード:4902881412544

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:520㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (114g) あたり

エネルギー:388kcal
たん白質:11.0g
脂質:12.1g
炭水化物:58.8g
ナトリウム:3.3g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:2.6g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:141mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:388kcal (めん・かやく:276kca / スープ:112kcal)
食塩相当量:8.4g (めん・かやく:1.8g / スープ:6.6g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、卵粉)、スープ(しょうゆ、チキンエキス、動物油脂、香味油、糖類、食塩、たん白加水分解物、香味調味料、香辛料、かつおエキス、昆布エキス)、かやく(チャーシュー、味付豚肉、ねぎ、ナルト、味付メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、酒精、かんすい、カラメル色素、炭酸カルシウム、乳化剤、ソルビット、リン酸塩(Na)、香料、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、酸味料、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
こんばんわ^~^

もう少し伸びが欲しかったですねー。
期待していただけあって・・・。

最近寒いですから風邪には気を付けたいですね。さーラーメンたべよ。
Re:カブトムシさん
優しいながらも後引く味わいで、
自分はけっこうおいしく食べられました^^

ベジのほうも再現してもらいたいですねー。

お互い体調管理には気をつけましょう!

管理者のみに表示

トラックバック