サンヨー食品「サッポロ一番 青森 十和田バラ焼き風焼そば」



本日2回目の更新です。恵方巻いけるか…?w

さて、本日二杯目のカップ麺は、サンヨー食品の『サッポロ一番 青森 十和田バラ焼き風焼そば』です。こちらもB-1グランプリ関連のカップ麺ですね。昨年のB-1グランプリにてゴールドグランプリを獲得した、「十和田バラ焼き」を焼そばアレンジしたカップ麺なのですが、まさにタイムリーな時期での販売を可能にしていたサンヨー食品の先見性には驚かされました。ちなみに十和田バラ焼きとは、牛バラ肉と玉ねぎを醤油ベースの甘辛いたれで味を付け、鉄板で焼く料理とのこと。ってことはアレですかね、焼肉のタレで味付した焼そば的な感じなんですかね。バラ肉と薔薇をかけているみたいなので、これ食べてバラ色の人生を(ry





は、『もっちりした食感が特徴の中細麺』とのこと。これはかなり印象に残る油揚げ麺でした。特筆すべきはその食感。ギュッと詰まったような弾力があって、粘り気のあるもっちりとした質感で、ブリッと跳ねるような食感が印象的。そこまで太い麺ではないのですが、しっかりとした歯応えがあって、角ばった断面のかなり強烈な麺でした。自己主張の強い麺ですが、ソースを蹴散らすようなほど暴力的な麺じゃなかったのも好印象。今回のカップ麺の中で、最も印象に残ったのはこの麺でした。かなりのポテンシャルの高さを秘めていると思います。この太さでこの食感の麺は非常に珍しいですね。サンヨー食品の今後の動向に期待。

ソースは、『しょうゆをベースにビーフのうまみ、オニオンのコクを合わせた甘辛ダレを、唐辛子、ブラックペッパーで味を引き締め「十和田バラ焼き」をイメージした焼そばソース』に、別添の『七味唐辛子とにんにくパウダーを使用した特製ふりかけの風味が、おいしさをいっそう引き立て』るとのこと。醤油とみりんを合わせて煮詰めたような、甘味のたった醤油ダレが特徴的な甘辛いソースです。醤油ダレですが甘味によって角はなく、全体的に丸みを帯びていました。バラ焼き風とのことで、湯気からは牛っぽい動物系の香りが漂っていたものの、実際に食べてみると牛のインパクトは控えめです。そこそこの油脂感はあるものの、コクのある甘辛さが特徴ってだけで、牛バラというネーミングからもっと強烈な牛の風味を想像していただけに、ちょっと肩透かしを喰らった気分。それもそのはず、原材料を見ると真っ先に書かれていたのは糖類と醤油で、牛脂とビーフエキスは末端に表記されていました。「ビーフエキス(青森県産)」とのことですが、そこにこだわったが故にコストが嵩んでしまったのでしょうか。青森県産じゃなくてもよかったから、もっときちんと牛の風味を強調してほしかったです。ふりかけは効果的で、甘みのたったソースをピシッと引き締めてくれていました。ただ、けっこう甘みの強いこってり系のソースだったので、もっと唐辛子の含有量を増やしたほうがより引き締まったと思います。これは自分が激辛党というのは抜きにしての意見ですw

かやくは、『牛肉のうまみと玉ねぎの甘みがソースによく合い、キャベツのシャキシャキ食感が食欲をそそ』るとのこと。具材は残念ですね。定評のある(?)私のやらせ力をもってしても写真はこれが限界でしたw ひとつひとつのクオリティは決して低くはないのですが、如何せん量が少なすぎますね。個体差なのかもしれませんが、主役の牛肉なんて写真の手前に写っている小さい欠片で全部でした。これはいくらなんでも…(悲) もうひとつの主役である玉ねぎも意識的に食べるとたしかに甘味があってソースと合っていたのですが、これも量が少ないので、意識しないとほとんど分かりません。キャベツのシャキシャキ食感が食欲をそそるのかどうかは知りませんが、汎用性の高いキャベツですら存在感は薄かったです。喝!w

(標準は★3です)

自分はこの手の甘辛いテイストは大好きなので、素直に美味しく食べることができましたが、商品としてはインパクト不足だと思います。もっと尖った部分がないと、受けるイメージとしては焼肉のタレ風の甘辛い焼そばってだけで、ネーミングに助けられているような製品に感じました。これが十和田バラ焼きを焼そばの特徴なんだ、というのをもっとダイレクトに感じたかったです。カップ焼そばとしては普通においしかったんですけど、十和田バラ焼き風かと言われると疑問を感じるような内容ですね。でも牛って高いからなぁ…具材にもソースにも牛を使用しているので、いろいろとコストがかかったんでしょうし、コスト面を考慮すると及第点でしょう。物足りなさがあったとはいえ、頑張った感は伝わってきましたしね。それよりも麺に関しては目を見張るものがあったので、★4をつけてもいいと判断しました。サンヨー食品の焼そば系のカップ麺において、今後この油揚げ麺は力強い武器になりそうです。甘辛いテイストだったので、ビールとの相性は最高でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 青森 十和田バラ焼き風焼そば
製造者:サンヨー食品
内容量:129g (めん100g)
発売日:2014年10月20日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901734022862

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:590㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (液体ソース・特製ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (129g) あたり

エネルギー:566kcal
たん白質:10.1g
脂質:24.4g
炭水化物:76.5g
ナトリウム:1.9g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

(食塩相当量:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、糖類、粉末卵)、ソース(糖類、しょうゆ、豚脂、食塩、香辛料、植物油脂、たん白加水分解物、牛脂、ビーフエキス(青森県産))、かやく(味付牛肉、キャベツ、フライドオニオン、香辛料)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、香料、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、酸味料、甘味料(カンゾウ)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・豚肉・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
これはやばいですね。
多分見た目だけで☆4.5つけます。
既に確信しています(キュピーン)

最近2回が多いなぁ・・・w
No title
う~ん、美味しかったけどこれは自分も「なんだかな~」でしたね(^_^;)
なんといってもB-1出品が「焼そば」じゃなくて
「バラ焼き」だったことです。
バラ焼き焼そばって実際にあるのかな~??(^_^;)
そこに引っかかってしまいましたww
Re:カブトムシさん
このカップ麺は麺が秀逸でした^^
それ以外はこれといって・・・ですねw

> 最近2回が多いなぁ・・・w
頑張ってます!(鼻息)
Re:たういさん
バラ焼き風としては★2、カップ焼そばとしては★3、
今回は麺が秀逸だったから★4、って感じですね^^;

バラ焼きの焼そばバージョンがあるのかどうか、
たしかに引っかかりますが、似たようなものはありそうですよね^^

管理者のみに表示

トラックバック