プライムワン「まるぎん商店 豚骨醤油ラーメン」



今年は雪が降らないなぁ、と思っていたら昨日から降り始めました。やっぱり寒さが段違いですね…なんて言ってたら北海道の人に蹴られそうですがw 2月くらいに大雪が来るのかな。あーやだやだ。雪が積もって、うわー真っ白ダヨー!なんてはしゃげなくなったとき、何かを失ってしまったような気がます。あーやだやだw

さて、本日の一杯は、プライムワンの『まるぎん商店 豚骨醤油ラーメン』製造は東洋水産です。サークルKサンクスのオリジナルカップ麺として発売されていた商品ですね。さらに発売地区も静岡県を除く東海地区限定と絞られていました。「まるぎん商店」自分は初めて聞く名前のお店ですが、愛知県岡崎市の有名店だそうです。岡崎市には縁があって、年に1回は行ったり行かなかったりな感じなのですが、有名なラーメン屋さんも多いみたいですね。っていうのをカップ麺で知ったっていうw パッケージには監修者である店主の似顔絵が描かれているのですが、よくある偉そうな腕組み写真ではなく、そのなんとも微笑ましい柔らかいタッチの似顔絵に思わず綻びました。さてさて、テイストは豚骨醤油味とのことですが、豚骨醤油って難しいジャンルだと思うんですよね。豚骨醤油と言われると、あんまり豚骨に振ってないイメージが強いんですけど、このカップ麺のパッケージには「豚の旨味が広がる」と書いてあるので、ちょっと期待しちゃったりなんかしちゃったりして。





は、『なめらかでコシのあるノンフライ麺』とのこと。5分もかけて大丈夫?ってくらい細めの麺ですが、きちんと5分待っても大丈夫。フライングしないほうがいいです。湯戻し5分の段階でかなり強いコシと弾力があり、その食感は食べ終わる頃になっても持続していました。自分の中で東洋水産は多加水系の麺に強く、低加水系の麺に弱いようなイメージがあるのですが、その傾向が功を奏してか、この細さなのに力強いコシと弾力が生み出せていたような気がします。あまりに湯伸びしないというのも、いかにもカップ麺のノンフライ麺だなーって感じではあるんですけどw 細麺でも濃厚なスープに押し殺されることなく、程よい小麦感もきちんと感じられて、取り合わせとしてはバッチリだったと思います。後半にかけてしっとりと馴染んでくるような質感が自分好みでした。

スープは、『背脂のコクを合わせた豚骨醤油風スープが特徴』とのこと。とんこつ由来のまったりとしたコクのあるスープで、醤油ダレの主張もわりと強めなのですが、とんこつのマイルドさによって醤油の角は取れているような印象。豚脂が豚の要素をさらに掻き立て、後味にはアジ節とカツオ節による節系の魚介テイストがほんのりと漂い、奥床しさを感じます。その魚介の風味も嫌味な感じではなく、あくまで奥行きを生み出すことに徹底している感じ。しっかりとしたとんこつのコクと、しっかりとした醤油ダレの風味が喧嘩することなく互いを刺激し合い、さらに相反的とも思える上品な魚介の要素によって多層的なスープに仕上がっていました。和歌山ラーメン系の豚骨醤油に、ほんのり魚介のテイストを加えた感じと言えば伝わり易いでしょうか。印象に残る味わいでした。

かやくは、『たまねぎ、焼豚、めんま、ねぎ』とのこと。タマネギがかなり効果的です。シャリシャリとしたフレッシュな食感で、その風味は生タマネギ特有の辛味を少し感じるほど。まるでついさっき刻んだかのような本物っぽさがあって、ものすごくリアル。よくある乾燥タマネギとは一線を画していました。その鮮度のある風味が濃厚なスープでまったりとしている口内をリフレッシュしてくれて、明確なアクセントになっており、とても印象に残る具材でした。薄っぺらい焼豚に関しては、麺とスープの作り込みから許容範囲内だし、メンマはコリコリとしていて量もたくさん入っていたのが好印象。何と言ってもタマネギの存在感が抜群だったので、具材に関しても大きな不満はありませんでした。

(標準は★3です)

具材のタマネギがかなり印象に残りましたね。価格帯からこのクオリティで当たり前みたいなところはありますが、全体的なバランスも良く、リアルなタマネギのインパクトによって突き抜けた要素があったので、★6でも差し支えないと判断しました。定価で買ったら250円オーバーですが、それだけの価値はあると思います。しっかり豚骨、しっかり醤油、そこに香る嫌味のない魚介の風味によって、なかなかありそうでないバランスだったテイストの豚骨醤油味も印象に残りました。麺とスープの相性も良かったし、どちらもハイエンドカップ麺らしいクオリティの高さで、具材のタマネギが明確な個性となり、お店の雰囲気をきちんと感じることができました。自分は元来、とんこつラーメンは好んで食べても、豚骨醤油にはあまり手を出さないのですが、これは実際に行って食べてみたいと思わされた一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:まるぎん商店 豚骨醤油ラーメン
製造者:東洋水産
内容量:130g (めん70g)
発売日:2014年10月14日 (火)
発売地区: 東海限定 (静岡県除くUGHD.系列店舗)
希望小売価格:248円 (税別)
JANコード:4901990332316

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく2袋)

~標準栄養成分表~

1食 (130g) あたり

エネルギー:431kcal
たん白質:12.4g
脂質:13.4g
炭水化物:65.1g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:2.2g)
ビタミンB1:0.68mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:329mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:431kcal (めん・かやく:277kca / スープ:154kcal)
食塩相当量:7.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:5.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、食物繊維、卵粉)、添付調味料(ポークエキス、醤油、豚脂、チキンエキス、発酵調味料、植物油、でん粉、野菜エキス、砂糖、ゼラチン、香味油脂、たん白加水分解物、粉末あじぶし、粉末かつおぶし)、かやく(たまねぎ、焼豚、めんま、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、酒精、カラメル色素、レシチン、かんすい、炭酸カルシウム、増粘多糖類、香料、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香辛料抽出物、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

( ╹ਊ╹){呼んだ?

( ╹ਊ╹){雪にバフってしたいの☆
No title
カリメロwww

今日の記事ですが、まるぎん。
なかなかの店です。
結構うまいんですわー。
岡崎住みなもんですから
たまにはいきたいと思いながら
既に何年もいってないと言うw

ところでなぜハンターライフ?w
No title
一見、味噌ラーメンのようなビジュアルですね。
そしてやっぱり玉ねぎ!
玉ねぎってラーメンにすごく合いますよね。
とくに賽の目カットの玉ねぎ大好きです。
スープもとてもおいしくなりますし\(^o^)/
全国区にしてもらって一度は食べてみたいです。
No title
美味しそうに見えるように
かやくを並べて...いつも感心しますわ...

カップによっては、底に沈んでしまう
かやくもあるじゃないですか...

僕も見習わないといけませんね...
Re:カリメロ
呼んでねぇし名前コロコロ変えんなうっとうしいw
雪にバフってしてやるからそのまま埋もれてしまえw
Re:カブトムシさん
いつもカリメロへの反応ありがとうございます!
とても阿呆な奴ですが、生あたたかく見守ってやってください(ぺこり)

カブトムシさんは実店舗で食べられましたか!
うらやましいです。やっぱり美味しいのですね^^

このラーメン店も行きたいのですが、
本場の台湾ラーメンや他にも行きたい店があるので、
とても1日2日じゃまわれそうにありません^^;

> ところでなぜハンターライフ?w
絶賛モンハン(モンスターハンター)プレイ中なのでw
Re:たういさん
> 一見、味噌ラーメンのようなビジュアルですね。
それ自分も写真を撮りながら思いましたw

玉ねぎはかなり効果的でした!
しかも生っぽいというか、かなりリアルな玉ねぎだったので、
とても強く印象に残ったんですよね。かなりのインパクトでした。

玉ねぎとラーメンといえば、燕三条が真っ先に思い浮かびますが、
スープが豚骨醤油だったので、また違った新鮮な印象を受けました^^

全国区で再販してもらいたいですね!その時はたういさんも是非!
Re:ハシダ・メンさん
もう渾身のヤラセ写真ですよねw

こうやって几帳面に並べて、撮影もして、湯戻し時間も守る。
なかなか大変ですが、こだわりだしたら徹底的なタイプなので^^;

> カップによっては、底に沈んでしまう
> かやくもあるじゃないですか...
自分の場合、手前の麺は形状を見せるために残し、
奥の麺を中央に盛って、それを土台にして沈没を防いでます。b

管理者のみに表示

トラックバック