東洋水産「徳川町 如水 香そば塩」



残り3日間、7GB制限は何とかクリアできそうです。油断は禁物ですがw 急にネット環境が不便になると、普段からどれだけ頼っているのかよく分かりますね。これを機にもっと本を読もうとか、手紙を書いてみようとか、辞書を開いてみようとか、それらしいことをそれなりに考えてみたのですが、きっとネット環境が復活したらパソコンとスマホで手軽に片付けちゃうんだろうなぁ…ダメなオトナw

さて、本日の一杯は、東洋水産の『徳川町 如水 香そば塩』ファミリーマート限定発売のカップ麺です。「徳川町 如水」自分は初めて聞く名前の店なのですが、名古屋の名店なんですね。東洋水産の再現モノでタテ型カップのときって、どうもイマイチな印象が強いんですけど、最近は比較的安定してきているような気がします。あんまり構えずに食べよー。





は、けっこう細めの油揚げ麺です。低加水系の食感で、スパッとした歯切れの良さが特徴ですね。「香そば塩」というネーミングから想像できる通り、「ラーメン」というよりも「そば」という表現が似合う質感です。すすりあげる時の口当たりが印象的でした。東洋水産のタテ型製品の油揚げ麺ですが、スープ表面の特製油が麺の表面に纏わり付き、それによって油揚げ麺特有の風味も相殺されていたのか、意識しても特に気になりませんでした。麺量も70gで、なかなか食べ応えのある内容です。麺単体として見ても、美味しい油揚げ麺でした。

スープは、『チキンとポークベースのスープに、魚介ダシとにんにく風味の香り油を効かせたコクのある塩味』とのこと。まず後入れの特製油の主張が強く、にんにく風味の香り油が前面に押し出されています。とりわけ特製油のニンニク感が個性的で、ただ闇雲にパンチを与えるのではなく、じわっと沁み込んでくるというか、熟成したようなニンニク感だったのが印象に残りました。これおもしろいです。ベースは鶏を中心とした動物系のスープに魚介が加わり、重点はどちらに大きく傾くことはなく、バランス重視の淡麗系な仕上がり。そこに特製油の鶏油とニンニクでアクセントをつけている感じなんですけど、特製油の主張はアクセントの範疇を超えていて、一方でベースのスープはそのインパクトを支えられるだけの軸がないというか、ベースのスープが喰われているような気がしました。独特の香味感は個性的でとても印象に残ったのですが、ベースはもうちょっと頑張れたかなぁ。

かやくは、『味付け豚肉・メンマ・ネギ』とのこと。東洋水産のこの手の豚肉はリアルですよね。肉らしい食感と旨味があって、脂身の部分も甘味があって、満足のいく肉具材です。メンマの発酵感は其れ程でもなかったんですけど、コリコリとした食感はいい箸休めになったし、量もそこそこ入ってました。ネギは色も風味もちょっと微妙でした。なんか風化してる感じだったw

(標準は★3です)

動物系と魚介系のすっきりとした淡麗系のWスープに、多めの特製油を加えることによってこってり感を演出。「香そば塩」というネーミングから、「香」にこだわっていることが感じられたし、麺も「そば」な感じで良かったです。ただ、麺を食べているときは特製油の主張しか感じられなかったし、スープ単体で飲んでも最後まで足元の脆性は否めませんでした。調味油の他に尖った部分や軸が無かったので、ちょっと「香」一辺倒な感じ。ある意味これはこれで分かり易いというか、個性的だったのですが、ちょっと特製油に頼りきりな印象で、独特のニンニク感以外のものが見出せず、そんな個性的な特製油の主張を支えられていないというのは、バランス的にどうなのかな、と。でも熟成したような香味感は印象に残るものだったし、うーん…。というわけで★の数は2にするか、3にするかで最後まで迷ったのですが、せっかくの素晴らしい個性を活かしきれていないというマイナス面は大きいので、ちょっと厳しめに評価します。他に類を見ない独特のニンニク感は印象に残るものだったので、そこをしっかりと支えてほしかったですね。「+」マークはそんなニンニク感に対してのものです。

勝手に激辛アレンジ

途中から飽きてきたので、久々に激辛アレンジ。ブートジョロキアパウダーのみで激辛仕様にしてみたところ、独特のニンニク感がさらに浮き彫りになって、なんだか凄く個性的な一杯になりました。ある意味成功?w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:徳川町 如水 香そば塩
製造者:東洋水産
内容量:96g (めん70g)
発売日:2014年10月14日 (火)
発売地区:不明
希望小売価格:193円 (税別)
JANコード:4901990332477

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (96g) あたり

エネルギー:445kcal
たん白質:13.5g
脂質:22.5g
炭水化物:47.1g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.45mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:167mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:445kcal (めん・かやく:371kca / スープ:74kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:2.6g / スープ:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、食物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、醤油、粉末野菜、卵白)、添付調味料(チキンエキス、食塩、鶏脂、ゼラチン、魚介エキス、食物油、ポークエキス、香味油脂、砂糖、粉末野菜、香辛料、たん白加水分解)、かやく(味付豚肉、めんま、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香辛料抽出物、増粘多糖類、かんすい、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、さけ、さばを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・さば・さけ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
こんばんは!
この商品はあんまり印象に残っていなかったというか、あんまり覚えていないというか・・・(笑)
なんだっけな~なんて思いながら読んでいましたが、takaさんのレビューみて思い出すことができました!ww
No title
結構だめな品物ですねw

最近黒コショウと一味のミックスで
パスタ食べてるんですがおいしいです。
ちなみにたらこです。
ピリ辛でめっちゃうまいです。

あと、2月が楽しみです。
チーズ3兄弟が入荷されることを
切に祈っておりますw
頼むぞバイヤーって感じです。
No title
おはようございます。
7G制限耐えれそうですか!ヨカッタですね。
とても128kじゃ使い物にならんでしょうからね。
自分も11月に動画ばっか見て制限ヤバかったです。(自分は3Gですが)

ねんごろさんもおっしゃられているとおり、
自分もこの製品、印象薄いですね。
マルちゃんのわりにスープがイマイチだったイメージです。
Re:ねんごろさん
いまいちインパクトに欠ける内容でしたね^^;

いや、インパクトはあったんだけど、
それを存分に活かせていなかったというか、
きちんと個性があっただけに勿体無いなと思った一杯でした。
Re:カブトムシさん
土台さえしっかりしてれば…!って感じでしたね。

特製油はとても印象に残るものだったので、
それだけに残念な印象が否めませんでした。

黒胡椒が入るとカルボナーラの雰囲気も演出できますよね^^

「チーズ3兄弟」爽快に入るといいですね!
注目度の高いカップ麺になるので、おそらく入荷されますよ。b
Re:たういさん
制限に関してはなんとかギリギリって感じですね^^;
ほんとブログにコメントしに行けなくて申し訳ないです(涙)

ちょっと生活環境が変わりそうなので、
ネット環境復旧の見通しが立っていない状況で…。

> マルちゃんのわりにスープがイマイチだったイメージです。
東洋水産のタテ型カップの再現モノは、
どうしても他社と比べると劣るところがあるのですよね。

どんぶり型には強いのですが、タテ型=油揚げ麺というのも
ちょっと残念に思えてしまう要因のひとつなのかもしれません。

でもこの製品の油揚げ麺は、高品質だったと思います^^

管理者のみに表示

トラックバック