サンヨー食品「サッポロ一番 カップスター Green Line しょうゆ 塩分ひかえめ」



今朝方、足を滑らせて階段から落ちました。10段ほどw まさか我が人生において尾てい骨の存在が仇になる日が来ようとは…くっw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の『サッポロ一番 カップスター Green Line しょうゆ 塩分ひかえめ』です。サンヨー食品のカップスターシリーズに、「Green Line」という塩分30%カットの新しいシリーズが登場しました。なんか響きがシャレオツw カロリーオフはもちろん、減塩だとか、野菜たっぷりだとか、健康志向なコンセプトのカップ麺も増えてきましたね。カップ麺と健康って相反的なイメージですが、トクホのカップ麺も出てるくらいですし、カップ麺に対してのイメージも昔とは随分と変わってきたのではないでしょうか。ちなみにこのカップ麺、「減塩サミット2015in福岡推奨」だそうです。へー。減塩サミットとか全く興味ありませんが、普段からカップ麺を食べながらも塩分の摂取量には気をつけているので、こういったカップ麺は素直に嬉しいです。あとは塩分カットでも美味しいかどうか。




タテ型カップでも私の手にかかればこの通り!ぬははははw

は、『丸大豆しょうゆベースの味付けをしためんは香ばしく、スープとの一体感があり』『「カップスター しょうゆ」の特徴を残しつつ、減塩しためん』とのこと。しょうゆ味のスープに合わせ、丸大豆醤油を練り込んでスープとの一体感を高めるといった手法、まさにサッポロ一番らしいですね。麺も減塩しているようですが、だからって味気ないとか、頼りないとか、そういったマイナスな印象は全く受けませんでした。チキンラーメンばりに芳ばしく、味付はかなりしっかりめです。細めで平打ちのヌードル系の麺ですが、この手の麺にしてはしっかりとしていました。味付も減塩したとは思えないものだったし、違和感のない減塩味付麺でした。

スープは、『チキン、ビーフエキスに、ホタテ、えび、かつおの魚介エキス、香味野菜のうまみを合わせ、香ばしいしょうゆの風味が特徴の塩分を下げたスープに仕上げ』たとのこと。塩分を下げたとのことですが、それほど減塩の影響は感じないですね。塩気が控えめになった分、オリジナルよりも化学調味料の風味が前に出てきてしまっていたことと、ちょっと押しの弱さは否めませんが、その分エキス系の旨味がしっかりとあって、減塩によるネガティブな印象を与えないような配慮がきちんとなされていました。レギュラーバージョンの雰囲気もきちんと感じられたし、塩分カットでも大きく物足りなさを感じなかったのが良かったです。

かやくは、『ポークダイス、えび、スクランブルエッグ、ねぎ』とのこと。塩分カットの製品ですが、わりと具材はしっかり入ってます。ポークダイスは減塩の影響か気持ち薄味な気もしましたが、ヘタなスポンジ状のスカスカ挽肉具材よりもよっぽど美味しいです。焼き目が付いているのもいいですね。エビも普通に美味しかったし、スクランブルエッグは砂糖的な甘味が目立っていたものの、取り合わせとしては悪くないと思います。この手のテイストでは王道の具材がひと通り揃っており、さらにタテ型マジック(タテ型カップは具材が多く見えるw)も相俟って、減塩という制限を感じさせない具材構成でした。

(標準は★3です)

現行品の「カップスター しょうゆ」の食べ応えそのままに、塩分を30%カットしたというコンセプトはきちんと打ち出せていたと思います。麺やスープには物足りなさを感じなかったし、肉具材や海鮮具材を減らして食塩相当量を下げるような無粋な真似もせず、安定感のある味わいから味だけなら標準という意味で★3ですが、減塩でも美味しくて物足りなさを感じさせないという付加価値に「+」です。栄養成分表のナトリウムの項目が「g」ではなく「mg」で表記されていたり、「カリウム」という珍しい項目があったり、なんだか健康的なカップ麺でしたw ちなみに原材料に含まれている「ポリグルタミン酸」という見慣れない表記は、納豆の糸引き成分だそうです。ますます健康的w「Green Line」いいですね。同時リリースされた他テイストの商品が2品あるので、そちらも楽しみです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 カップスター Green Line しょうゆ 塩分ひかえめ
製造者:サンヨー食品
内容量:71g (めん60g)
発売日:2014年10月14日 (火)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734022800

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:330㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (71g) あたり

エネルギー:307kcal
たん白質:8.8g
脂質:10.5g
炭水化物:44.4g
ナトリウム:1330mg
(めん・かやく:540mg)
(スープ:790mg)
ビタミンB1:0.49mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg
カリウム:450mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:307kcal (めん・かやく:274kca / スープ:33kcal)
食塩相当量:3.4g (めん・かやく:1.4g / スープ:2.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、しょうゆ、食塩、チキンエキス、たん白加水分解物)、かやく(味付豚肉、味付卵、味付えび、ねぎ)、スープ(魚介エキス、香辛料、ポークエキス、食塩、糖類、豚脂、しょうゆ、ビーフエキス、チキンエキス、酵母エキス、イヌリン、ココアパウダー)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、増粘多糖類、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ウコン色素、ポリグルタミン酸、ビタミンB2、パプリカ色素、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルギー物質:えび・小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
グリーンライン、ありましたねえ。自分も爽快でみかけました。買おうかどうか迷ったんです。でも・・・でも・・・

まあ、色々思う所ありますが控えめに。

それよりも、尾てい骨大丈夫ですか?
No title
この製品はtaka :aさんのコメントにもあるように塩分カット製品のわりには
味がしっかりしていて美味しく食べられた製品だと思います。
具の貧弱感もないですしね!
(しかしきれいに具を集めましたね・・)(^_^;)
まぁ、カップ麺食べていて「塩分カット」とは本末転倒なのですが(^_^;)、
気休めになっていいです・・・。
No title
どうせ食べるなら、美味しく食べたいと...
いつも「ライト系」は避けてるんですが...

そんなに味が変わらないのなら
食べてみようかな...
Re:カブトムシさん
オリジナルと比べてしまうとどうしても差は出てきますが、
減塩という付加価値はそれを補っていたと思います^^

物足りなきゃコショウかけりゃいいんですよw

とりあえず尾てい骨は大丈夫なんですけど、
今朝方、背中のほうがダメージがデカかったことに気が付きました(苦笑)
Re:たういさん
具は毎度ながら頑張りました!(親指ビシィッ)

このカップ麺は塩分カットのネガティブなイメージを
そんなに感じさせない製品でしたよね!

オリジナルと比較するとどうしても、って部分はありますが、
ちゃんとオリジナルの雰囲気が感じられたのが良かったです。

たしかに毎日のように食べている我々にとって
こんなもん気休め程度にしかなりませんがww
「Green Line」には素直に好感が持てました^^
Re:ハシダ・メンさん
自分もライト系は基本的に避けるのですが、
これは新しいシリーズだったので食べてみました。

レギュラーサイズのカップ麺なので、
量的にハシダ・メンさんの胃袋は満たせないかもしれませんが(笑)
減塩商品のカップ麺の割にはしっかりしているほうだと思いますよ^^

もしも物足りないと感じてしまったら
ホワイトペッパーやラーメンコショウで解決です!

管理者のみに表示

トラックバック