東洋水産「マルちゃん 麺づくり うまコク醤油味 冬期限定」



最近ふと気が付いて、ほほぉーと思ったことがあってですね。資源ゴミの分別についてとか、地域のゴミ出しの日とかが書いてある用紙があるんですけど、今までは「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」と記されていたのですが、それが「燃やすゴミ」「燃やさないゴミ」という表現に変わっていたんです。わざわざ「燃えない」ではなく、「燃やさない」という表現を用いていたことにゴミの分別に対する意識レベルの高まりを感じました。同時にそんなところに気が付いた俺って…!(前歯キラン)

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 麺づくり うまコク醤油味 冬期限定』です。東洋水産の「麺づくり」といえば、ノンフライ麺を使用したカップ麺の中では比較的リーズナブルな部類に入るブランドで、スーパーなんかだと100円前後で販売されていますね。ライバルは日清食品の「麺職人」シリーズでしょうか。そんな麺づくりシリーズから冬季限定のカップ麺がリリースされたんですけど、なんとか冬の間に食べることができホッとしてますw ちなみにメーカーの希望小売価格は170円から180円に値上がりしていて、現行の麺づくりシリーズ(カップ)も全て180円になっていました。この製品はまろやかな醤油感が特徴みたいなので、ちょっと安心です。(カプサイシンは好きだけど塩辛いのは苦手…でもイカの塩辛は好きw)





は、『なめらかな口当たりとコシをあわせ持つ、ナチュラルウェーブ製法のノンフライ麺』とのこと。出たなナチュラルウェーブ製法w 麺づくりは最近食べていないんですけど、レギュラー陣もこのくらいのクオリティなのかな。だとしたら、ストレート麺なら日清食品の麺職人、縮れ麺なら東洋水産の麺づくり、そう思わせるだけのクオリティの高さだと思います。今まではだいぶ差をつけられていたように感じていましたが、今回の麺であればストレートとウェーブという形状の違いも相俟って、麺職人の麺とも対等に渡り合えるのではないでしょうか。粘り気のあるもっちりとした食感に、しっかりとしたコシの強さ。湯伸びしにくく、最後まで粘り気のある食感が持続していました。きちんとした小麦っぽい風味もあって、なめらかな質感も自然な感じで、今回のスープとも相性が良く、この価格帯のノンフライ麺にしては価格以上の品質の高さだと思います。っていうかモノによっては東洋水産のハイエンド商品のノンフライ麺よりも美味しいかもw レベル高かったです。

スープは、『チキンとポークの旨味をベースに、野菜の􏰂味を加え、唐辛子などの香辛料でアクセントをつけたスープ』で、『背脂を使用した香味油をあわせ、すっきりとした中にもコクのある醤油味に仕上げ』たとのこと。まず背油効果すごいです。ベース自体にもきちんと動物系の旨味があって、そこに背脂が加わることにより、うまコク醤油味というネーミングに違わぬコクのあるスープに仕上がっていました。醤油の風味に角はなく、濃口醤油のコクや風味の良いところだけを抽出したような感じで、背脂の甘味とこってり感、トゲのない醤油感で全体的にまろやかな口当たり。それでいて生姜っぽい風味の香味感と、唐辛子などによる香辛料のアクセントによって、まろやかさの中にもピシッとした締まりがあります。基本あっさり上品に仕上げてくる麺職人に対し、こちらは厚みのある仕上がりで、対抗馬として成り立つポテンシャルの高さは十分に感じました。その味わいも冬季限定らしく、この価格帯でこのクオリティなら上等です。美味しかった。

かやくは、『焼豚、メンマ、ねぎ』とのこと。シンプル!w 焼豚はペラペラなやつで、飾りみたいなもんです。メンマに発酵感はそれほどなかったんですけど、厚みがあってコリコリとした食感がいい箸休めになりました。ネギはとりあえず、って感じですね。冬季限定商品なので、白菜とか入ってたら面白かったかなー。

(標準は★3です)

醤油味のカップ麺としての完成度が高く、丁寧に作りこまれているような印象を受けました。冬季限定ということで、味付もちょっぴり濃い目で厚みがあって、背脂のコクと甘味、生姜の風味が良かったです。けっこう好みの味でした。具材の焼豚のチープさは否めませんが、オーソドックスに基本の具材はきちんと押さえてあったし、この価格帯とは思えない麺とスープの出来の良さから、具材に関しては十分に許容範囲内です。そんな麺とスープの作り込みから、価格以上の価値が見出せると思います。おそらく今頃の時期であれば、スーパーやディスカウントストアなんかだと、ワゴン入りで80円〜90円くらいで販売されているでしょうし、コストパフォーマンスはかなりの高さだと思いますよ。麺づくりシリーズは久々に食べましたが、日清食品の麺職人シリーズにも引けをとらない、レベルの高いブランドだと改めて感じさせられました。美味しかったです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 麺づくり うまコク醤油味 冬期限定
製造者:東洋水産
内容量:101g (めん65g)
発売日:2014年10月13日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990332163

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:2袋 (液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (101g) あたり

エネルギー:330kcal
たん白質:7.8g
脂質:9.9g
炭水化物:52.5g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:271mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:330kcal (めん・かやく:247kca / スープ:83kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:1.5g / スープ:4.3g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、食物繊維、卵粉)、添付調味料(醤油、豚脂、植物油、チキンエキス、ポークエキス、食塩、香辛料、野菜エキス、香味油脂、酵母エキス、デーツ果汁)、かやく(焼豚、めんま、ねぎ)、加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、酒精、レシチン、かんすい、炭酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、カラメル色素、香料、増粘多糖類、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
takaさん、写真を撮るのが上手いから
廉価版のカップ麺でも、本当に美味しそうに
見えるんですよね…

手持ちの僕とは、大違いですわ…f^_^;)
Re:ハシダ・メンさん
この写真を見ると200円オーバーのカップ麺に見えなくもないのでは?
なんて自分でも思ったり(笑) ほんとヤラセ感満載な写真ですけどねw

これiPhoneのカメラなんですよ^^ スマホのカメラも侮れません。

ハシダ・メンさんの写真ですが
いつもブログを拝見しながら綺麗で丁寧な写真だなぁ
って思いながら見ています!自分より上手いですよw
No title
写真上手が一番いいんですよ。
ビジュアルにきて、説明をよみ
感想で夜食テロwww

そして探すの繰り返しですwww

普通にうれしい・・・
うーん、日本語の不自由な自分が言うのも何ですがみんなが使うと不思議と普通なんだと思ってしまいます。
ん?普通ってなんだろう?普通の定義とは?自分は普通なんでしょうか?
むむむ・・・
No title
こんばんは!
>なんとか冬の間に食べることができホッとしてますw
良かったですwww来月になるとぼちぼち春シリーズになるんじゃないかなと思って在庫が大変なことになるんじゃないかと心配ですw

この商品は醤油ラーメンの正しい方向の進化系ですねえ。美味しかったです。
Re:カブトムシさん
自分のブログがカブトムシさんにジワジワきてるみたいで良かったですw

「普通に嬉しい」って言われると、所詮普通止まりというか、
あーそうでもなかったんだなぁ、って感じになるんですよね(笑)

仰る通り、普通の定義は難しいですね。
ちなみに自分は普通でいたくない異端に憧れるタイプですw
Re:ねんごろさん
相変わらず在庫に追われていますw
やっとこさ10月中旬に差し掛かりました!(鼻穴)

おそらく送っていただいた四季物語の冬限定を食べる頃には、
春限定の四季物語が絶賛発売されていることでしょう(笑)

このカップ麺はなかなかハイクオリティでしたね。
うまコク醤油味というのが巧みに表現されていたと思います!

管理者のみに表示

トラックバック