明星食品「明星 すこびる辛麺 激辛魚介豚骨醤油味」



先日、赤ウインナーが無性に食べたいと冒頭で述べましたが、とあるブロ友さんの影響なんですよ…。(この記事のせいw) で、あれから赤ウインナーが無性に食べたくて食べたくて気が狂いそうになってます。 もうこうなっちゃうと実際に食べるまで気が済まないタチなんですよw 近所のスーパーにお弁当用のミニサイズのやつは売ってるんですけど…あれじゃダメなんだぁぁー!ぬぉぉー!!(叫)

さて、本日の一杯は、明星食品の『明星 すこびる辛麺 激辛魚介豚骨醤油味』です。明星食品の激辛系カップ麺シリーズとしてすっかりお馴染みのブランド、「すこびる辛麺」。マスコットキャラのスコデビルたちが相変わらずカワイイです。ほんと激しくグッズ化希望w 今回のテイストは激辛魚介豚骨醤油味で、スコヴィル値(カプサイシンの含有量から算出される辛味成分を数値化した値)は1300SHUとのこと。数値的に見るとタバスコくらいですね。ちなみに自分が普段愛用している唐辛子のスコヴィル値は、種類によっては100万〜140万SHUなので、1300SHUとか言われても言わずもがなw とりあえず、辛味・魚介・豚骨・醤油の兼ね合いに注目です。ちなみにメーカーの希望小売価格ですが、例の如く発売当初の値段(190円)から205円に値上がりしてました。15円の値上げって地味に大きいですよねぇ。←庶民派w





は、『しっかり味付けして、刺激的な味覚の激辛スープと一体感のある味わいに仕上げたスチームノンフライ麺』とのこと。前回のすこびる辛麺(激辛牛だしチゲラーメン)と同様の麺ですかね。しっかり味付けして、とのことですが、チキンエキスやらオニオンエキスやらソースやら香味調味料やらいろいろ練り込まれてます。ノンフライ麺なのにこれほど原材料が複雑なのも珍しいですね。ヌードルのようでヌードルじゃない感じの麺で、食感はちょっとやわらかめ。でもその分なめらかな口当たりと、しなやかさが目立っているような印象です。その質感としっかりとした味付が相俟って、スープとの一体感は高く、いい取り合わせだと思いました。植物油脂や粉末油脂も練りこまれているからか、ノンフライ麺なのにフライ麺っぽいジャンクさがあったのも面白かったです。

スープは、『魚介だしを効かせた旨みたっぷりの豚骨スープをベースに、魚醤とガーリックで味に厚みを加え、ハバネロと唐辛子で強烈な辛さに仕上げた激辛の魚介豚骨醤油スープ』で、『 突き抜けた辛さの中にもしっかりと旨みが詰まった激辛のコク旨スープ』とのこと。まず辛さですが、まあこんなもんでしょう。麺を食べているときはあんまり辛くないんですけど、スープ単体で飲むときちんとエッジの効いた辛味があったので、一般的に売られている市販の製品としては、激辛と謳っても差し支えないレベルだと思います。辛い食べ物が得意な人は普通に美味しく食べられる感じですね。自分にはちょっと物足りなかったです。一方とんこつの要素はおとなしめで、なぜかとんこつよりも目立っていたのはビーフエキスの風味でした。激辛魚介豚骨醤油味なのに、辛味・牛・カツオがメインになっていて、とんこつどこ?みたいなw 醤油の風味はもう少し控えめでもよかったかも。魚介の風味はカツオが担っていて、基本援護射撃的な主張だったのですが、後口にはけっこうカツオが居座るので、魚介系のラーメンが苦手な人は気になるかもしれません。原材料にハバネロ粉末が含まれていますが、特有のクセは気になりませんでした。でもやっぱりアレですよ、各社そろそろハバネロからジョロキアにシフトしt(ry

かやくは、『肉ダイスと彩りのネギを合わせ、たっぷりの輪切り唐辛子を取り合わせた具材』とのこと。肉・ねぎ・唐辛子で基本は押さえたぞ、って感じですね。輪切り唐辛子はこれでもかーってくらい遠慮なく入ってました。ちょっと食感が邪魔になるくらいw そのおかげでただのお飾り唐辛子ではなく、きちんと唐辛子としての役目を果たしていて好印象。ポークダイスも肉の旨味があって美味しかったし、食感も悪くなかったです。わりとネギは大振りで、ネギらしい甘味が辛味がメインの製品の中で映えていました。ネギの風味とカツオの風味が合っていたのも良かったです。シンプルな具材構成ですが、それぞれの存在感がきちんとあったので、大きな不足感はありませんでした。

(標準は★3です)

魚介豚骨醤油味なのにポークより目立ってたのがビーフってどうよw って感じだったんですけど、おいしかったかどうかと聞かれると、おいしかったです。どうしても途中から自分には辛味が物足りなく思えてしまって、唐辛子を追加投入しようかどうしようか迷ったのですが、今回は最後までオリジナルのままで食べました。えらい?(なにがw) 辛さが売りの製品なので、辛味に特化した仕上がりというのはいいのですが、魚介豚骨というネーミングから、もうちょっとポークにも力を入れてほしかったですね。スープが冷めてからも飲んでみましたが、化調っぽいカツオの風味と、やっぱりビーフが手前に出てきて、とんこつどこ?でした(笑) それからスコヴィル値ですが、2000SHUくらいまで引っ張ってもらっても一般的に市販できるレベルだと思いますよ。「激辛“究極型”」を謳うにはまだまだ精進が足りんぞー!w って感じではありますが、やっぱりこのシリーズは好きですね。これからも定期的な開発をお願いします。それからスコデビルのグッズ化をそろそろ真面目に検討しt(ry

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 すこびる辛麺 激辛魚介豚骨醤油味
製造者:明星食品
内容量:84g (めん65g)
発売日:2014年10月13日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427227

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (84g) あたり

エネルギー:315kcal
たん白質:10.3g
脂質:6.5g
炭水化物:53.9g
ナトリウム:3.1g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:2.1g)
ビタミンB1:0.21mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:189mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:315kcal (めん・かやく:266kca / スープ:49kcal)
食塩相当量:7.9g (めん・かやく:2.6g / スープ:5.3g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、チキンエキス、粉末油脂、たん白加水分解物、オニオンエキス、ソース、香味調味料、卵粉、乳たん白、酵母エキス)、スープ(ポークエキス、食塩、デキストリン、しょうゆ、動物油脂、たん白加水分解物、糖類、赤唐辛子、香味油、ハバネロ粉末、ビーフエキス、酵母エキス、かつおぶし粉末、にんにく粉末)、かやく(味付豚肉、ねぎ、赤唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、カロチノイド色素、かんすい、香料、乳化剤、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、ごま、さばを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・牛肉・さば・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
お久しく失礼します。
ちょっとここ最近忙しくしていて、、
何記事かにわたって連続コメントする予定ですのでよろしくですww

すこびるの激辛系をそんな辛くないといって食える人は見たことないですw
No title
こんばんは!
この商品、僕が食べましたがこれを辛くないというのは流石です(笑)
いや~やっぱり格が違いますねえ・・・。

takaさんの仰る通り、魚介の風味はなんだか弱かった気がします。
No title
自分もそっちの世界に旅立ちますw

って、食べてるのはノーマルな
製品ばかりなんですがw
前の方が辛いの食べてたなー。
まずはストック潰してからにしますかw

しっかし・・・つぶやきワロタwww
スチームノンフライ麺
takaさん、こんばんは!

すこびる辛麺は極力追っているつもりなのですが、
これはなぜか見過ごしてしまっていましたね;

単に見かけなかっただけなのかもしれませんが!

辛さは前回の牛だしが1800で今回が1300なので、
前回と比べてもけっこう抑えめになってるのですね!

むしろ前回がいつもよりも高かったみたいですが!(=゚ω゚)

ノンフライ麺って普通は乾麺状態では食べられないですが、
この明星のスチームノンフライ麺は油揚げ麺と同様に
乾燥した状態のままでもポリポリといけるのですよね!

これがノンフライ麺でありながら、どこか油揚げ麺にも
似た食感になる理由の一つでもあるのでしょうね!

takaさんも今度、細かい麺を少しつまんでみてくださいませ!(゚◇゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
僕も似たような感想ですわ…
辛さは物足りないけど、皆さんのコメントにも
あるように、一般的にはかなり辛いレベルなんでしょう…

本当に特別に超激辛の商品を、出してほしいと
思うんですが…美味しくいただくには
これぐらいがベストってことなんでしょうね…
Re:チリチリさん
気合の入った連続コメありがとうございます!
気合入れて返信していきます!w

すこびる辛麺は辛いけど美味しいって感じで好きですね^^
もっと辛くしてもらってもいいですがw
自分的に涙が出る=激辛というのが判断基準です。
Re:ねんごろさん
いや、きちんと辛かったですよ(笑)
でも自分的には激辛ってほどではなかったかなぁって感じです。

辛味が前にきていたことには好感が持てたのですが
もうちょっと魚介豚骨にも頑張って欲しかったですね!

そろそろすこびる辛麺から新作が出るみたいで楽しみなんですけど、
ニュースリリースを見るとスコヴィル値がまさかの3桁っていう^^;
Re:カブトムシさん
カモン!ファイヤーワールド!w

普通のカップ麺でもジョロキアぶちこんで
激辛仕様にしたら意外とハマるの多いですよ。b

いつもつぶやきへのコメントありがとうございます!
ちなみに生食用の定義はイマイチぱっとしないままですw
Re:かーとさん
すこびる辛麺は話題性のあるブランドなので、
新商品が出ると入荷する店も多いと思うのですが、
かーとさんの周辺では見かけられませんでしたか^^;

前回の牛だしは1800でしたね!あれは完成度が高かった!
日清食品との企画モノだったので、気合が入っていたんだと思います。

> この明星のスチームノンフライ麺は油揚げ麺と同様に
> 乾燥した状態のままでもポリポリといけるのですよね!
チキンラーメンの麺をそのまま食べる、みたいな感じでしょうか。
それはやったことがないのでいつか試してみたいと思います!
Re:名無しさん
一般的には激辛なのかもしれませんが、
やはり1300SHUぽっちだと物足りなさがありますよね^^;

一般受けは諦めたなコイツ…って思えるような
突き抜けたカップ麺をリリースしてもらいたいです!w

管理者のみに表示

トラックバック