日清食品「贅の逸品 厚切焼豚三枚入り 旨み醤油ラーメン」



本日、1月11日はノーパンツデー(ズボンやスカートを履かない日)だそうです。もともとは2002年にニューヨークでわずか7人によって行われたのがきっかけで、今では25ヶ国60都市で開催されているイベントだとか。こういった馬鹿げた行為は嫌いではありませんが、日本で流行りだしても絶対に自分は便乗しませんね。だって寒いじゃんw このクソ寒い時期にミニスカート履いて歩いてる女の子とか見たら感心します。っていうか何で平然と歩けるんだよw 俺いまステテコ買おうか真剣に迷ってんだぜ?w そういえば最近はステテコじゃなくて○○って言うんだよー、とかってカリメロ(当ブログ仕入担当員)が偉そうに言ってたっけ…えーっと、何だったかな。

さて、本日の一杯は、日清食品の『贅の逸品 厚切焼豚三枚入り 旨み醤油ラーメン』です。ÆON上場40周年特別感謝商品として開発された、なんとメーカー希望小売価格298円という超強気な価格設定のスーパーハイエンドカップ麺。パッケージも熨斗なんかついちゃって、おめでたさと豪華さ漂いまくりですね。期間限定商品のようですが、地元のマックスバリュでは年を明けてからも山積みで絶賛好評販売中でした。人気なのか、余っているのか(笑) 定価購入で300円オーバーということで、とりあえず美味しいに決まってるでしょう。でないと困りますw 後は価格と品質の兼ね合いがとれているかどうか、問題はそこだけですね。兎にも角にも「厚切焼豚三枚入り」の文字に興奮が抑えきれません!(鼻息)




見よ!この表面を覆い尽くさんばかりの焼豚を!(鼻息)

麺は、角のある中細麺で、日清食品らしいハイクオリティなノンフライ麺です。つるみのある滑らかな質感で、しっとりとした口当たりがわざとらしくなくていいですね。ほんと生麺に近いノンフライ麺で、麺の風味も申し分ないです。コシがありつつ主張は程よいもので、スープとの馴染みや相性といった点も問題なく、取り合わせとしても良かったと思います。完成度の高いノンフライ麺でした。

スープは、『濃厚醤油と鶏の旨みをあわせた香り高いスープ』とのこと。旨み醤油という表現がぴったりなスープですね。チルドタイプの醤油ラーメンとかによくありそうな感じ。見た目ほど醤油の角はなくて、あくまで醤油感は鶏の後ろに控え、鶏ガラのすっきりとした旨味を軸に醤油が香り付けを施し、豚脂によってパンチを与えた、って感じのスープです。清湯系のスープですが、多めの油分によってなかなかオイリーな表情も見せています。原材料でも豚脂が真っ先に表記されていますが、不思議とクドさを感じるような油脂感ではありませんでした。醤油の刺々しさはないんですけど、後口にキレを生むくらいの存在感はあって、きちんと醤油の風味とコクが感じられたのも好印象。よくある魚介系のテイストは含まれておらず、鶏ガラのすっきり感と豚脂のこってり感の2本柱で真っ向勝負してきた感じ。奇を衒った要素はありませんが、鶏ガラの風味はすっきりながらもコクがあり、豚脂の甘味がそれを包み込んでいて、優しくてまろやかな口当たりのスープに仕上がっていました。具材にメンマは入っていませんが、メンマパウダーによってそれっぽい風味があったのも良かったです。突き抜けた要素や異端なインパクトはありませんが、素直に美味しいと思える品のあるバランスの良いスープでした。甘味のたったスープだったので、おろし生姜とか胡椒とか入れて、すっきりとしたアクセントを付けてみても美味しそうです。

かやくは、『チャーシュー、ねぎ』とのこと。あくまで乾燥具材としての感想ですが、やはり日清食品のそれは一般的なペラペラ焼豚とは比べものにならないですね。圧倒的に抜きん出た存在です。今回使用されている焼豚は、「行列シリーズ」や「ラ王」で使用している焼豚と同じものだと思うのですが、なんとそれが3枚も入ってるんですよね。この焼豚のためだけにこのカップ麺を買ってもいい、と言っても過言ではないでしょう。2枚置いといて晩酌のアテに…なんて思っちゃいましたw この焼豚の評価できる点は、乾燥焼豚とは思えない厚みがあるのはもちろんの事、きちんと焼目が付いていることも大きなポイントなんですよね。これによって紛うことなき“焼豚”となるわけです。それからネギは大振りカットの斜め切りで、特有の香りと風味、甘味が強く長ネギっぽくて、ただのお飾りではない存在感がありました。薬味ではなく、きちんと具材です。あとは穂先メンマなんかが入ってたらパーフェクトなんですけど、分厚いスーパー焼豚が3枚も入っているのだから、そんなこと言ってたらバチが当たりますねw メンマパウダー入ってたからオッケー。

(標準は★3です)

厚切焼豚3枚入りは反則ですってw「贅の逸品」なんて大層なネーミングですが、全く名前負けしてなかったです。あのハイクオリティな焼豚が惜しげもなく3枚も入っているなんて、それだけで値段以上の価値を体感できるのではないでしょうか。定価で買ったらたしかに高い、でもそれ以上の価値が充分に見出せるカップ麺だと思いました。しかも、ただ焼豚のインパクトに頼りきっていなかったというのもポイントだと思うんですよね、麺もスープも高価格帯のカップ麺らしく、それなりの基準をきちんと満たした丁寧な作り込みだったことに好感が持てました。で、圧巻のスーパー焼豚どどーんと3枚入りですよ。まさに自分へのご褒美に(何のご褒美か分かりませんがw)ぴったりなカップ麺だと思います。なんかこう、何にもしてないのに食べちゃっていいの?って感じでしたw もし焼豚1枚だったら定価はいくらになるのか、焼豚の原価が気になって仕方ないのですが、もしかしたら赤字覚悟な製品なのかもしれませんね。そう思わせてくれた仕上がりに拍手。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:贅の逸品 厚切焼豚三枚入り 旨み醤油ラーメン
製造者:日清食品
内容量:137g (めん70g)
発売日:2014年9月29日 (月)
発売地区:全国 (ÆON系列店舗)
希望小売価格:298円 (税別)
JANコード:4902105220627

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (液体スープ・焼豚・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (137g) あたり

エネルギー:597kcal
たん白質:15.4g
脂質:32.6g
炭水化物:60.6g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.45mg
ビタミンB2:0.54mg
カルシウム:142mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:597kcal (めん・かやく:334kca / スープ:263kcal)
食塩相当量:7.6g (めん・かやく:2.5g / スープ:5.1g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、食物油脂、大豆食物繊維、醤油、卵粉、チキンエキス)、スープ(豚脂、醤油、チキンエキス、たん白加水分解物、食塩、糖類、香辛料、メンマパウダー)、かやく(チャーシュー、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘多糖類、炭酸Ca、カラメル色素、酒精、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
takaさん、こんばんわ^^

焼豚は高いと言いますよね。普通のラーメン店では一番原価が高いと聞きましたが本当なんでしょうかねぇ。

今日の商品を見て無性に食べたくなりましたが、そっとラ王に手を伸ばしたのでしたw
No title
ついにこの製品のレポートが出ましたね!
自分の近所でも年明けに見て278円だったし、そちらも300円超え・・・、
これは「売り切り価格」じゃないような気がします。
ひょっとしたら正月向けに追加生産かけた可能性があるかもしれません。
しかしこの製品はホントにイオンと日清の気合が感じられる製品です。
おそらくどちらもこの製品ではあまり儲けがないでしょうね・・・(^_^;)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
takaさん、こんばんは!

この商品は非常によくできた商品でしたよね!
どこか反則ぽさすら感じさせるぐらいの仕様でしたし!

チャーシュー以外は実はそこまで派手ではないのですが、
高級系カップ麺が持っているべきいくつかのポイントを
どれもソツなく押さえてきたような印象がありましたね!

そして主役のチャーシューはやっぱり素晴らしかったですね!(=゚ω゚)

以前にラ王でも三枚焼豚系の商品が出てましたが、
チャーシューと全体のバランスではこちらが上でしたね!

チャーシューだけで★が1つ増える力がありましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
|電柱|ョД`*){ ウォームタイツ
Re:カブトムシさん
実際のラーメン店の原価の中で焼豚の占める割合は分かりませんが、
店によっては800円のラーメンで原価120円のラーメン屋とかありますからねw

「ラ王」醤油・味噌・塩の3品が1月19日にリニューアルされますよね^^
改めてレビューされるのでしょうか?っていうかしてください(笑)
Re:たういさん
満を持してのレポートですねw

期間的に売り切り価格で販売してもいいような気もしますが、
まだまだ強気に攻めてました^^;

「正月向けに追加生産をかけた可能性がある」
これは鋭い洞察です!たしかにそれもあり得ますね!
パッケージの見た目なんか見るからにお目出度いですし(笑)

おっしゃる通り、儲けはあまりなさそうと思えるくらいの気合いが
きちんと感じられたので、そこは素直に拍手を送りたいです^^
Re:かーとさん
具材に関しては完全に反則ですw
あの厚切焼豚を三枚なんてレッドカードですよ(笑)

> チャーシューだけで★が1つ増える力がありましたね!
まさにそんな感じです!

でもハイエンドカップ麺としての押さえるべきポイントは押さえていて、
具材の焼豚だけに頼りきっていないような部分に好感が持てました^^

三枚焼豚のプレミアラ王は食べ損なっていたので
このカップ麺でインパクトを味わうことが出来て嬉しかったです!
Re:カリメロ
うるせえwww

管理者のみに表示

トラックバック