東洋水産「マルちゃん 四季物語 秋味わう ソース焼そば 秋限定」



本日二杯目のカップ麺は、東洋水産の『マルちゃん 四季物語 秋味わう ソース焼そば 秋限定』です。紅葉かまぼこ…(ふるふる)





は、『なめらかで弾力のある、香味豊かな麺』とのこと。定価175円で100gは嬉しいですね。やや細めの中細麺で、精製ラード、食塩、醤油、粉末野菜、香辛料などによって味付が施されている味付麺です。精製ラードによる芳ばしさが特徴的で、「香味豊かな」というのが強く表現されていますね。それ故に油揚げ麺特有の風味は強めです。麺自体の風味の主張は強かったのですが、太さは中細ですし、食感なんかは優しめで、特に出しゃばっているような印象は受けませんでした。ソースも優しい感じだったんですけど、製品の雰囲気を壊してしまうような破壊力のある麺では無かったため、取り合わせとしては問題なかったと思います。夏限定の四季物語の焼そばの麺と非常によく似ている麺でした。

ソースは、『酸味と甘みがほどよく感じられる、ウスターソース仕立て』とのこと。商品名通り、酸味と甘味が程よく感じられるウスター仕上げのソースです。分かり易いシンプルな味付けで、原材料も驚くほどシンプルw 東洋水産のこの手のソースは、デーツ果汁と醸造酢が用いられていることが多いのですが、今回もそのパターン。ウスターソース仕上げなので、ちょっぴりスパイシーさもあって、デーツ果汁で甘味、醸造酢で酸味を添加、って感じですね。特に捻りのあるソースではないのですが、よくある濃い味のソースとは違うあっさりテイストで、その路線こそが四季物語シリーズの個性となっているような気がします。四季物語らしい上品なソースに仕上がっていました。これはこれで素直に美味しかったんですけど、今回は具材の秋鮭のつみれが明確な個性になっていたので、それをもっと活かせるような要素があったら、より印象的な製品になったんじゃないのかなとも思いました。バターの風味とか?っていう安直過ぎる発想w

かやくは、『秋鮭のつみれ、紅葉かまぼこ、キャベツ』とのこと。秋鮭のつみれと紅葉かまぼこは、2014年版四季物語秋限定の3商品に共通で入っている具材です。紅葉かまぼこに関しては泣きたくなるような秋らしさを感じさせてくれてますほんとに…(ほろり) 秋鮭のつみれは汁気がない分、やや塩気が強めに感じられたのですが、うえっ、ってほど塩っぱいわけではなかったし、ソースがあっさりとしていた分、箸休めになる感じで良かったです。キャベツは厚みがあって、ザクザクとした食感から予想以上の存在感。みずみずしくて美味しかったし、量もたっぷり入っていて良かったです。同時発売されていた「うどん」や、「味噌らーめん」ほど具材の種類の豊富さはありませんでしたが、特に不満には思いませんでした。

(標準は★3です)

連続で続いた紅葉かまぼこの天丼にサッカーボール型かまぼこの恐怖が蘇ったのですが…w 四季物語シリーズらしい上品さがあって、ソツなくまとまっていました。コンセプトになっている季節感も嫌ってほど感じることができたし、期待感を裏切らない変わり種としてのコンセプトと個性を兼ね備えている一杯だと思います。なんか過ぎ去った秋の再来?襲来?って感じで心境は微妙だったんですけどねw これはこれで普通に美味しかったし、四季物語らしい上品なソース焼そばだったのですが、具材の秋鮭のつみれがやはり今回のメインだと思うので、ソースは醤油とバターで和風に仕上げた方が具材をより活かせたんじゃないのかなー、とも思いました。秋は色々とテーマにできるネタも多いと思うので、また来年も期待したいです。ビールとの相性は普通でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:マルちゃん 四季物語 秋味わう ソース焼そば 秋限定
製造者:東洋水産
内容量:128g (めん100g)
発売日:2014年09月22日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:175円 (税別)
JANコード:4901990331975

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:690㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (液体ソース・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (128g) あたり

エネルギー:549kcal
たん白質:10.9g
脂質:24.1g
炭水化物:72.0g
ナトリウム:1.5g
ビタミンB1:0.42mg
ビタミンB2:0.45mg
カルシウム:224mg

(食塩相当量:3.8g)

原材料名:原材料:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、醤油、乾燥酵母、粉末野菜、香辛料、卵白)、添付調味料(ソース、植物油、砂糖、食塩、デーツ果汁、醸造酢)、かやく(キャベツ、鮭団子、かまぼこ)、加工でん粉、酒精、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、増粘多糖類、パプリカ色素、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、豚肉、りんごを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・大豆・豚肉・りんご・さけ・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
これは、ちょっとおとなしめでしたが、よくまとまっていましたね!
もう四季物語も侮れない・・と思わせた秋の製品たちでした。
しかし前から不思議なのは、このシリーだけ微妙に標準価格が5円高いこと・・。
その5円の違いがスーパーでは10円違いになるのが悔しかったですww
No title
手がかじかんでうまくタイピングできないカブトムシです。こんばんわ^^

気づきました。なんか左上の方で動いてましたwつぶやきが・・・

四季物語ってこのうどん、ラーメン、焼そばの3つがセットなんですか?なんか3つもあるなんて力入ってるなーと思ったんですが、真っ赤な紅葉をイメージしたパッケージなのかなと思いました。
にしても、秋だけにもう食べられない、今年の秋まで我慢しなければと言うのがつらいですねwあと入手しにくいと言うのもショックでした。奥が深すぎです。
No title
takaさん、こんばんは!

やはりtakaさんもマルちゃんの原材料にしばしば登場する
デーツ果汁の存在に着目されていたのですね!(●・ω・)

原材料までくまなく見るようなクセがついてくると、
各メーカーの特徴なんかも見えてきたりしますよね!

エースコックはオニオンパウダーをよく使うよなぁとか(=゚ω゚)

秋の焼きそばって初年度と2年目は醤油バターだったのですよね!

初期の頃はソース系の焼きそばはあまりなかったですが、
3年目ぐらいからソース系がずいぶん増えてきましたね!(=゚ω゚)

ソース系も上手く個性が出ているので好きですが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
これまた秋らしい商品ですね...
彩りも良くて、美味しそう...

僕なんて、カップ麺の記事がたまりすぎて
夏の終わりの商品が、まだUPできてない
状態ですわ...(苦笑)
Re:たういさん
そうですね!優しいソースが印象的でした^^

> その5円の違いがスーパーでは10円違いになるのが悔しかったですww
言われてみればたしかに!w たとえ5円、10円でも、塵も積もれば何とやら。
さらに2015年から値上げしてるので春限定の四季物語は定価180円かも?^^;
Re:カブトムシさん
> 気づきました。なんか左上の方で動いてましたwつぶやきが・・・
面白いかなーと思って付けてみました(笑) テキトーにボヤこうかとw
カブトムシさんってそういうのほんと敏感に気づいて触れてくれますよね。

四季物語は基本的に3セットで発売されます^^
うどん・らーめん・焼そばがデフォルトの設定でしたが、
昨年の春にはシリーズ初の蕎麦がラインナップに加わりました。
パッケージのデザインは共通して風呂敷がモチーフになっていて、
色も季節毎に合わせ、春=桜、夏=水、秋=紅葉、冬=雪、ですね。

季節モノの製品なので、季節がズレてきた頃に
スーパーなんかで叩き売りされる姿をよく見ていましたが、
そのせいか入荷する店が自分の周りでは非常に少なくなりました。
らーめんだけ見つからなかったり、うどんだけ見つからなかったり、
でも自分は3種まとめて記事にしたいので、カリメロ泣かせなブランドですw
Re:かーとさん
他社の製品の原材料にはあまり記載が見られないので、
しばしば登場するデーツ果汁の存在は気になってました(笑)
かーとさんも普段から原材料に深く着目されてますよね!

> 原材料までくまなく見るようなクセがついてくると、
> 各メーカーの特徴なんかも見えてきたりしますよね!
そうなんです。特徴やクセが見えてくるし、原材料の並びとか、
そういった部分にも最近は特に注目するようになってきました。
たしかにエースコックはオニオンパウダーをよく使ってますよね!

初年度と2年目の頃のような醤油バターのほうが
秋鮭のつみれが活きたかなーとも思ったんですけど、
かーとさんもおっしゃられていた通り、四季物語のソースは
数あるカップ焼そばの中でも個性になっていると思うので、
ソースはソースで美味しかったです^^
Re:ハシダ・メンさん
とても秋らしい商品でした(笑)
四季物語シリーズは安定して美味しいイメージです。

去年の夏の終わりの商品といえば汁なしとか冷やしとか
そういった変わり種のカップ麺が多かったですよね!

ぜひハシダ・メンさんの感想もお聞きしたいところです^^

管理者のみに表示

トラックバック