日清食品「日清のどん兵衛 鴨だしそば」



こんにちは :) 最近は何かとバタバタしていてブログの更新が疎かに…orz すみません。

本日の一杯は、日清食品の『日清のどん兵衛 鴨だしそば』です。

日にちが空いてた割に記事にするのは超ド定番商品w しょ、賞味期限が近いんです(苦笑) 以前から美味しいと評判の「日清のどん兵衛 鴨だしそば」リニューアルから具材に下仁田系ねぎが加わったようですね。九条“種”ねぎとか、下仁田“系”ねぎとか、この微妙なニュアンスはカップ麺なので仕方ないでしょう。さて、それでは実食いきたいと思います :)




◆つゆは『鴨のうまみを利かせてやや甘めに仕上げたそばつゆ』『具材の下仁田系ねぎの風味を生かす味わい』とのこと。ベースはやや甘めのそばつゆで、そこにもう思いっきり鴨の旨味や炙ったような鴨脂の独特の芳ばしい風味なんかが前面に押し出されています。その風味と後口に広がるダシの甘味で何とも複雑味があって、カップ麺でここまで鴨の要素が出せるんだなーと感心するほどしっかりと鴨推しでした。

◆麺は『まっすぐですすり心地の良いどん兵衛ならではのそば』とのこと。これはいつもの「ぴんそば」ですね。インスタントの油揚げ麺とは思えないような喉越しの良さと、しっかりとした蕎麦の香りと風味のある麺です。「ぶっとうどん」のときはコノヤロー何てことしてくれたんだと思いましたが「ぴんそば」に関してはリニューアルされて正解だと素直に思いました。今回はつゆに本格感があるので、麺の特徴がより引き立っていて良かったです。

◆具は『今回新たに採用した下仁田系ねぎ、鴨のうまみを利かせた鴨つくね、揚げ玉』とのこと。ネギは特有のトロッとした食感や甘味と香りがしっかりと感じられ、かなり気合の入った印象に残るネギでした。しっかりと漂う鴨の風味や香りと相俟って、つゆとの相性もバッチリです。鴨つくねはもう少し頑張って欲しいかなぁ…もっと味付けが強くてもいいかもしれません。揚げ玉ナイスです。好みです。何と言うか万能具材というか、揚げ玉が合わないものってないんじゃないですかねw


《今回のカップ麺》しっかりと鴨が前面に押し出されていて、つゆとネギの甘味がじんわりと後口に広がり実に奥深い味わいです。自分が今まで食べたカップ麺の中で、ここまで鴨が表に出ている製品は今のところ他には無いですね。もし定番商品のカップそばの中からオススメはと聞かれたら、自分は間違いなく「日清のどん兵衛 鴨だしそば」を推します。食べたことの無い方、味わってみる価値大だと思いますよ。定番商品ながら他社との差別化が図られていて、それでいて安定感がある。さすが日清食品だなって感じの一杯でした :)


※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わりますのでご了承ください。


【製品情報】

商品名:日清のどん兵衛 鴨だしそば
メーカー:日清食品
発売日:2013年08月26日 (月) (renewal)
麺種類:油揚げ麺
小袋構成:2袋 (液体つゆ・かやく)
希望小売価格:170円 (税別)

内容量 (めん量):105g (72g)

~標準栄養成分表~

1食 (105g) あたり

エネルギー:402kcal
たんぱく質:10.6g
脂質:17.1g
炭水化物:51.6g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく 0.8g)
(スープ 1.9g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.43mg
カルシウム:121mg

(食塩相当量:6.9g)




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック