ヤマダイ「凄麺 喜多方ラーメン」



昨日の予約投稿、きちんと投稿できていたみたいですね。って投稿できてなきゃ困るんですけどw これ便利だなー、もっと早く試してみるんだった。

さて、本日の一杯は、ヤマダイの『凄麺 喜多方ラーメン』です。日本三大ラーメンのひとつとして名高い喜多方ラーメンですが、凄麺ブランドから本格的な喜多方ラーメンがリリースされるのは今回が初めてですかね。遅きに失する感が無きにしも非ずですが、良く言えば満を持しての、といったところでしょうか。喜多方ラーメンの説明なんて最早不要かとも思いますが、一般的には太めの縮れた多加水麺、豚骨ベースに魚介の風味が加わったしょうゆ味のスープ、チャーシュー・メンマ・ねぎなどのオーソドックスな具材構成、って感じですかね。正統的なしょうゆ味のラーメンを想像すると、ここに行き着くようなイメージ(完全に自分的イメージ) 今回は麺の出来栄えが気になっているので、そこに注目しながら食べたいと思います。





は、『当社独自製法ノンフライ麺』で、『ツルツル、シコシコとした生麺のような食感で、喜多方ラーメンの「平打多加水麺」と呼ばれる食感を再現し』『時間が経っても麺伸びしにくいのが特徴』とのこと。喜多方ラーメンの特徴である平打多加水麺を再現したとのことですが、いやーこれかなり美味しいですw ちゅるんっと滑り込んでくるような舌触りと喉越しの良さ、シコシコとした生麺のような質感。かなり滑らかな表面なのに、適度な縮れによってスープの絡みは良好。小麦らし風味もきちんとあります。いつもの凄麺のゴリゴリとした歯応えとは違うむっちりとした食感で、麺自体の主張も程よく、素直に美味しいと思えるノンフライ麺でした。うわぁーこれ汎用して色々作ってほしいなーw

スープは、『豚骨をベースに煮干ダシの旨みを付与した澄んだ醤油味スープが特徴』で、『具材からくるチャーシューの雰囲気を演出するため、チャーシューダレとチャーシュー風味オイルを使用し、喜多方ラーメンらしさを表現し』たとのこと。とんこつがベースになっているのですが、とんこつラーメンのそれとは違う風味で、ベースはあっさりとしており、そこに煮干がスッと通っている感じ。煮干特有のえぐ味は無く、程よく香る煮干の風味が心地よくて、スーッと鼻を抜けた後は動物系の旨味と共に、ほんのちょっと渋みが口内に余韻として残るような煮干感。チャーシューダレの旨味とチャーシュー風味オイルによって適度なこってり感があり、これもなかなか絶妙な主張具合。もうちょっと押しの強さがあってもよかったのかもしれませんが、動物系の旨味と魚介の要素がバランスよく共存していて、まさに正統的な中華そばのイメージの模範を示しているかのようなスープでした。

かやくは、『チャーシュー2枚、メンマ、ネギ』とのこと。チャーシューは2枚入っていて、ブロック状の豚バラ肉をひたすら煮込んでカットしたような感じ(薄〜くw) 麺とスープのクオリティが高かったので、具材には全く期待していなかったのですが、チャーシューは豚の脂身らしい甘みがあって、割と結構ジューシーで、ちょっとびっくり。スープに入っていたチャーシューダレと、チャーシュー風味オイルがそのイメージを加速させていたのかもしれません。メンマは柔らかめだったんですけど、特有の風味と香りはきちんとありました。ネギは大きめカットで、意識的に食べるとネギの風味や甘味が感じられ、意外に存在感があります。チャーシューだけ別の袋に入っていたので、汎用ではなく、この製品のために作ったものなのかもしれませんね。薄くても2枚入っていたし、なかなか好印象です。

(標準は★3です)

一口に喜多方ラーメンと言っても、店舗によって様々なタイプのラーメンがあるため、食べる側のどのお店のイメージが強いかによって意見は分かれると思うのですが、喜多方ラーメンの基本はしっかりと押さえていたと思うので、再現度は高いのではないでしょうか。そして、再現度云々を抜きにしても、麺を始めしっかりと作り込まれていたので、カップ麺としての完成度、品質の高さを感じることができました。奇を衒ったユニークなカップ麺に慣れていると、ついつい面白味のないカップ麺に映ってしまうかもしれませんが、シンプルイズベストというか、素直に美味しかったです。味だけなら4〜4+ですが、麺やチャーシューが使い回しでないことに好感が持てたので、ちょっとサービス。麺おいしかったなー、「凄麺」だった。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:凄麺 喜多方ラーメン
製造者:ヤマダイ
内容量:114g (めん60g)
発売日:2014年09月15日 (月)
発売地区:不明
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4903088011097

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:袋 ()

~標準栄養成分表~

1食 (114g) あたり

エネルギー:351kcal
たん白質:11.7g
脂質:8.4g
炭水化物:57.2g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく:0.1g)
(スープ:2.9g)

(食塩相当量:7.7g)
(めん・かやく:0.3g)
(スープ:7.4g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(ポークエキス、しょうゆ、動物油脂、食塩、発酵調味料、蛋白加水分解物、糖類、チキンエキス、植物油脂、削り粉(煮干、鰹節)、香辛料)、かやく(味付豚肉、メンマ、ネギ、糖類)、加工でんぷん、調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、カラメル色素、酸味料、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
ばんわ~^^

いやあ、凄麺ですね。10番勝負思い出します。でもこれを食べたかどうか覚えてない。人間そんなもんなんでしょうかね。でも中身のないレビューじゃないレビューしてるポンポコラーメンを食べたのは記憶にありますw

さて、今日は辛味に目覚めつつある自分をいかに成長させるか記事を読みにきましたが、今日は残念ながらあのコーナーはありませんでしたw
なんか違う楽しみがあっていいなあ。
Re:カブトムシさん
自分もカブトムシさんの10番勝負思い出しながら食べてました(笑)

これ、カブトムシさんも食べて記事にされてましたよw
「ポンポコラーメン」気になってるんですよねー。

辛味に目覚めつつある自分…いいですねぇ(キュピーン)
さすがに喜多方ラーメンを激辛にするのはナンセンスかなってw

カップ麺&激辛というスタイルを確立できたことによって、
ようやく他ブログとの差別化が図れてこれたかのなー、と。
来年はもっと本格的に取り組んでいきたいです!

管理者のみに表示

トラックバック