東洋水産「マルちゃん もち入りカレーうどん でか盛」



あー使えないなコイツ、と思ってから一度使ったきりお蔵入りしていた納豆箸。ふと存在を思い出して久々に使ってみたら、なんかすごく使いやすくて、それから毎日使ってますw いやー何事もダメだ、ポイッ、はよくないですねぇ。

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん もち入りカレーうどん でか盛』です。容器がデカいw 大盛サイズでしかも餅入り、これは食べ応えがありそうです。





は、『コシと弾力の強い、なめらかな太めのうどん』とのこと。「赤いきつね」と同じ麺ですかね。油揚げ麺特有の風味と縮れが強く、「日清のどん兵衛」とは違ったタイプのカップ麺らしいうどんです。もともとそんなにコシのない麺なので、大盛という麺量から後半はふやふやとした食感になってきますね。この麺自分は結構好きなんですけど、今回はカレーつゆの押しが弱かったため、麺を飼い馴らせていなかったというか、麺が勝ってしまっているような印象を受けました。

つゆは、『ポークと魚介の旨味をベースに、粉乳とラードでまろやかさを加えた、後味の優しいカレー風味のつゆ』とのこと。商品説明通り、まろやかで優しい味わいのカレーつゆだったのですが、これがまた想像以上にミルク感が強くて、粉乳の主張が凄まじかったです。で、ほんのり和風だしに、ほんのりカレー風味、みたいな。辛味も皆無で、兎にも角にも超ミルキー。たしかにこれはこれでアリだとは思うのですが、大盛の麺量と、さらに餅が加わってくるので、カレーらしい香辛料の要素がもっと強いほうがバランス的にはいいのでは、と思いました。なんだか麺類よりもカレーリゾットとかのほうが向いてそうな感じ。もうちょっと抑揚があったらなぁ。ちょっとまろやか過ぎだったし、さらに油揚げ麺の風味も相俟って、全体がのっぺりとボヤけてしまっているような感じでした。

かやくは、『もちもちのレトルト杵つきもち、きざみ揚げ、ねぎ』とのこと。杵つき餅は「白い力もちうどん」の汎用ですかね。伸びのいい粘り気のある餅で、とてもキメが細かく、口の中でとろけるような感じ。麺の量も相俟って、かなりのボリューム感があります。噛んでいると餅らしい甘味が感じられて、美味しいレトルト餅だったのですが、スープにパンチがない分、包容力が強すぎて優し過ぎるというか、埋もれてめり込んでしまっているというか、そんなメリハリに欠けるような印象を受けました。刻み揚げは「赤いきつね」の揚げを刻んだ感じ。結構甘めの味付で、ジューシーで普通に美味しかったのですが、まあ普通、みたいな(笑) どちらもカレーつゆを捻ればもっと活かせたのではないでしょうか。

(標準は★3です)

いやいや食べ応えのある一杯でしたw 大盛の麺量でしかも炭水化物に炭水化物が乗っかってるのがなんとも…まあ我々関西人の多くはお好み焼や焼そばをおかずに白飯いけちゃうんでね!(前歯キランッ) カレー味のカップ麺もたくさんありますし、その中でカレーうどんも定番のひとつとなっていますが、カレーうどんに餅を入れるというのはありそうでなかった発想だったので、結構斬新。数あるカレーうどんの中でも、他にはないような個性があったことには好感が持てたのですが、かなりやわらか〜い仕上がりだったので、ちょっと持て余しちゃうかなぁ…。組み合わせとしてはとても面白いんですけどね。カレーつゆも単体で飲む分には明確なクリーミー路線でアリだとは思ったのですが、でか盛り+餅というボリューム感を支えるには、もうちょっと尖った部分がないと厳しかったのでは、と思いました。満腹感という点ではコストパフォーマンスは高かったので、そこを大きく評価しての★3です。これが通常サイズだったら、また感じ方も変わってたのかな。

勝手に激辛アレンジ

途中から…というか一口目からワイルドな刺激を添加したくてたまらなくなっていたのでw 唐辛子くんの出番です。半分くらい食べたところでアレンジ開始。今回は福岡江久母の「魔蠍三兄弟」のうち「蠍モルガ」を使用。カプサイシンの含有量は、「蠍BT」と比べやや劣りますが、辛味に関してはブートジョロキアよりも上。辛味が強い唐辛子なので、量さえ増やせばきちんと激辛に持っていけます。「蠍BT」と比較すると、風味>>辛味。ですが、そのほのかな特有のクセを感じる風味が香辛料の弱かったカレーつゆにアクセントを加えてくれていて、いい変化をもたらしてくれていました。さらにトリニダードスコーピオンはチーズなど乳製品を使用した料理と相性のいい唐辛子なので、今回の粉乳の主張が目覚しかったカレーつゆにはもってこい。粉乳とトリニダードスコーピオンの風味が互いに良い方向へと作用し、激辛アレンジは大成功。★2から5になった感じw 和風な要素は辛味に食われてしまったものの、まろやかさを感じさせつつ、エッジのあるカレーうどんになって良かったです。ちなみに餅もまだ残ってたんですけど、粉末状の唐辛子が餅の粘り気のある表面に絡めとられ、とてつもなく凶暴な餅に変貌しやがりました。しかもねっとりと口の中に居座るしw 今までの人生でいちばん暴力的な餅だったw 激辛のみを求めるのであれば、アツアツの餅は面白い素材かもしれませんね(笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:マルちゃん もち入りカレーうどん でか盛
製造者:東洋水産
内容量:147g (めん90g)
発売日:2014年09月15日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:190円 (税別)
JANコード:4901990332019

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・後入れ粉末スープ・もち)

~標準栄養成分表~

1食 (147g) あたり

エネルギー:612kcal
たん白質:11.2g
脂質:25.3g
炭水化物:84.9g
ナトリウム:3.4g
(めん・かやく:1.5g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:3.94mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:206mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:612kcal (めん・かやく:512kca / スープ:100kcal)
食塩相当量:8.6g (めん・かやく:3.8g / スープ:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、卵白)、かやく(もち、味付油揚げ)、添付調味料(食塩、砂糖、香辛料、でん粉、粉乳、粉末野菜、豚脂、ポークエキス、醤油、たん白加水分解物、ねぎ、酵母エキス、粉末かつおぶし)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、レシチン、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・大豆・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
たしかにカレー味の餅入りは斬新なイメージですね。
コロッケそば作ったマルちゃんらしい発想が伝承されている気がしますww
でも餅入りだけにたしかにもうちょっとカレーに振ってほしかったか??
大盛りで味に飽きた時の激辛味変は効果大ですね!!
(限度ありますが・・ww)(^_^;)
No title
カレー濃厚でどろんどろんになったスープに熱くて溶けたもちが入ると判別不能になって楽しそうですねーw(ひとごと)

あ、なんか最近ネタにしか走ってないやw

今年の年始はもちたべまくりますよー。
No title
カレー濃厚で、どろんどろんになったスープに熱くて溶けたもちが入ると判別不能になって楽しそうですねーw(ひとごと)

あ、なんか最近ネタにしか走ってないやw

今年の年始はもちたべまくりますよー。
Re:たういさん
コロッケそばも斬新でしたよね!ちょっと感動でしたw

餅入りだけに、もうちょっとスパイシーさがほしかったですね。
メリハリがなかったので、全体的なのっぺり感が気になりました^^;

激辛味変は効果大でしたね!ここぞとばかりに粉乳がヒットでしたw
もちろん美味しく食べられるレベルにセーブしてますよ(笑)
ただ辛いだけではいけないのです!(真剣な眼差し)
Re:カブトムシさん
この餅はしっかりとしているので、デロンデロンにはならないんですよ^^
最後まで箸を付けなくても大丈夫な耐久性を兼ね備えています!
ちなみにお雑煮とかはデロンデロンになった判別不能状態が好きですw

> あ、なんか最近ネタにしか走ってないやw
カブトムシスタイルでいいと思います!(親指びしぃっ)

管理者のみに表示

トラックバック