統一企業(股)公司「來一客杯麵 京燉肉骨風味」



あけましておめでとうございます。今年も例年通り、三ヶ日はダラダラゴロゴロ過ごす予定なんですけど、1年を振り返ってみると、今年もそれなりに色々あったなぁ…って、あれ、その割に何も変わってないじゃん、俺…わぁぁー深く考えるのやめとこーw 本年度も宜しくお願い致します(ぺこっ)

さて、さすがに元日くらい御節を肴に昼間から飲みたいのでw 今日の記事は過去に記録したものをアップすることにしました。新年一発目となる今回の記事は「一生涯カップ麺しか食いません。」とのコラボ企画!関西・関東という別々の地域に住んでいる我々なので、せっかくだから普段入手しづらい地域性の高いカップ麺を送り合おうじゃないか、と実現した企画。自分は関西圏で馴染みのあるカップ麺を、チリチリさんとねんごろさんからは関東圏で発売されているカップ麺を送っていただきました。たくさん送っていただいたのに、自分はまだ全然記事にできていないのですが、お二人は既にきちんと記事にしてくれてます…(アセアセ) で、送っていただいたカップ麺の中に何が書いてあるのかさっぱり分かんないカップ麺があってですね(笑) 聞くとチリチリさんが台湾に行かれた際、現地で売られていたカップ麺をゲットされたそうで、台湾土産だと一緒に入れてくれたようです。激レア!当ブログ初の台湾製カップ麺、台湾の現地で売られているカップ麺を食べるのは初めてなので、軽くビビってますw そんな本日の一杯は、統一企業(股)公司の『來一客杯麵 京燉肉骨風味』。とりあえず「肉」って書いてあるから美味しそう(単純な発想)





紅蔥頭經大火爆炒,再以醬油嗆出香味,鑊氣十足,醬香四溢,搭配高麗菜、胡蘿蔔、蛋片等豐富配料,香醇味濃。』とのこと。・・・はい、なんのこっちゃ分からないので、コピーして翻訳サイトで変換してみたのですが、『赤タマネギは、キャベツ、ニンジン、卵のスライスおよびその他のリッチ成分と共に、醤油をオーバーフロー、空気の完全な中華鍋、さわやかなソーヴィニヨンを火の中をかき混ぜ、その後、醤油の風味をチョークする。』・・・なんのこっちゃ分かりませんでした。

は、いわゆるヌードル麺ですね。ただ、まさかのクオリティの高さに驚きを隠せません。ヌードル麺なので、コシはそこそこなんですけど、食感はプリッとしていて、湯伸びしにくく、最後まで小気味好い歯切れのよさが持続していました。風味にもクセがなく、油揚げ麺臭も驚くほど控えめで、意識して感じ取ろうとしてみてもほんのり。スープとの相性も良好、柔軟性の高さも感じます。日本のヌードル麺と言えば、代表的なのは日清食品のカップヌードルですが、それに匹敵する、いや、それ以上のクオリティとポテンシャルの高さを感じました。おい台湾マジかw

スープは、ポークベースのしょうゆ味で、結構あっさりとしたテイスト。もっと油っこいのかと思っていました。そこまでガツンとはしていなかったものの、調味油によってちょっとこってり感もあります。スープ自体があっさりテイストだったため、具材のワカメの影響力は凄かったですね。そんなに複雑なスープではなかったので、意外にすんなりと受け入れられる感じでした。で、食べている最中はそうでもないんですけど、食べ終わった後、口の中に居座るカップ麺らしい香味とエキス的な旨味が、なんというか、こう、とってもジャンクでしたw

かやくは、豚肉(多分…)、わかめ、キャベツ、にんじん、ほうれん草、卵らしき黄色い何か(←w)、確認できたのはこの6種類だったんですけど、統一性ないなーw とりあえずぶち込んだぜ(前歯キラン)、みたいなw 地域性というか、国境というか、海の向こう側的な何かを感じました。豚肉?は胡椒が効いていたんですけど、これ本当に豚肉?って感じの肉具材(苦笑) 食感も戻りきってない高野豆腐みたいな感じでビミョーw わかめは意外と合っていて、スープの項目でも書きましたが、なかなか効果的で良かったです。これで結構イメージが掴みやすい味になっていますね。キャベツ小さ過ぎて意識してもよく分からない感じ。人参はコリコリとした食感で、割と目立っています。ほうれん草はクタッとしていたものの、それなりに風味のあるほうれん草でした。卵らしき黄色い何かはあんまり美味しくなかったです。しかしこの四角いやつほんとに肉か?w 食感が怪しすぎるw

(標準は★3です)

具材に関しては「ちょぉっと待てぇーw」と、思うような気になる部分がいくつかありましたが、スープはそこそこだったし、割と普通に美味しかったです。中でも麺には驚きましたね。麺だけに関して言えば、日清食品に対して脅威的な存在になるのでは、と思わされました。ポテンシャル高過ぎ。部屋の温度的な問題で、調味油が恐ろしい風貌だったため、食べる前は恐る恐るだったのですが(笑) 意外とすんなり受け入れられました。海外製ということもあって、日本のカップ麺の技術力の高さが浮き彫りになるのではいか、と食べる前は懸念していたのですが、全然そんなことなかったです。NONGSHIMのラインナップとかにありそう。ただ、このカップ麺、日本のカップ麺みたいにカップの内側に線とかなくてですね、調理方法と思われるところに八分目的なことが書いてあったので、お湯はなんとなく入れましたw (多分320㎖だろう的な記載はあり) あと今回の追記は頑張ったw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:來一客杯麵 京燉肉骨風味
製造者:統一企業(股)公司
内容量:71g
発売日:不明
発売地区:台湾
希望小売価格:不明
JANコード:4710088411570

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:320㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (調味粉包・調味油包)

~營養表示~

熱量:332大卡
蛋白質:7.6公克
脂肪:14.8公克
(飽和脂肪:6.6公克)
(反式脂肪:0公克)
碳水化合物:42.2公克
糖:2.6公克
鈉:1517公克

~原料~

麵‥麵粉、精製棕櫚油、粘稠劑(醋酸澱粉、海藻酸鈉)、食鹽、品質改良用劑(甘油、無水碳酸鈉、碳酸鉀、偏磷酸鈉、多磷酸鈉)、精製大豆油、芝麻油、味精、β-胡蘿蔔素(含水、果糖、精製葵花油、甘油、辛烯基丁二酸鈉澱粉、阿拉伯膠)、脂肪酸聚合甘油酯、大豆卵磷脂、調味劑(琥珀酸二鈉、5’-次黃嘌呤核苷磷酸二鈉、5’-鳥嘌呤核苷磷酸二鈉)、精製豬油、抗氧化劑[混合濃縮生育醇(含精製芥花油)]。

調味粉包‥脫水高麗菜(含葡萄糖)、食鹽、葡萄糖、脫水胡蘿蔔(含葡萄糖)、脫水豬肉片(含豬肉、玉米澱粉、食鹽、味精、醬油、蔗糖)、味精、脫水蛋片(含雞蛋、米油、甜味劑D-山梨醇、玉米糖膠、β-胡蘿蔔素)、脫水菠菜(含菠菜、明膠、葡萄糖、食鹽、蔗糖)、脫水海帶苗、豬肉風味粉〔含麥芽糊精、蛋白質水解物(植物)、食鹽、調味劑(味精、5’-次黃嘌呤核苷磷酸二鈉、5’-鳥嘌呤核苷磷酸二鈉、琥珀酸二鈉、DL-胺基丙酸、胺基乙酸)、豬抽出物、氫化棕櫚油、菜籽油、酵母抽出物、洋蔥抽出粉、葡萄糖、香料、D-木糖〕、胡椒粉、柴魚粉、蒜粉、複方香料粉(含香料、大蒜粉、玉米澱粉、麥芽糊精、食鹽)、調味劑(5’-次黃嘌呤核苷磷酸二鈉、5'-鳥嘌呤核苷磷酸二鈉、胺基乙酸、琥珀酸二鈉)、麥芽糊精。

調味油包‥精製豬油(含抗氧化劑混合濃縮生育醇)、醬油、紅蔥、辣豆瓣醬(含辣椒、蠶豆、食鹽)、蔗糖、複方香料(含香料、味精、焦糖色素、麥芽糊精、5’-次黃嘌呤核苷磷酸二鈉、5’-鳥嘌呤核苷磷酸二鈉、羥丙基磷酸二澱粉)、酵素轉化油〔精製食用油-芥花油與中鏈食用油(精煉自棕櫚仁油與椰子油)之酵素轉化油、脂肪酸甘油酯、抗氧化劑(混合濃縮生育醇)〕。

※以下、翻訳サイトにて変換したもの。

麵‥小麦粉、精製パーム油、品質改良剤(グリセリン、無水炭酸ナトリウム、炭酸カリウム、メタリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム)と増粘剤(酢酸デンプン、アルギン酸ナトリウム)、塩、精製大豆油、ごま油MSG、β-カロテン(水、フルクトース、精製されたヒマワリ油、グリセロール、コハクオクテン酸ナトリウムデンプン、アラビアゴム)、ポリマー脂肪酸グリセリド、大豆レシチン、香料(コハク酸二ナトリウム、5' - 二ナトリウムイノシン、グアノシン5'-リン酸二ナトリウム)、洗練されたラード、酸化防止剤[洗練されたキャノーラ油を含む混合トコフェロール濃縮物)]。

調味粉包‥脱水キャベツ(グルコースを含む)、塩、デキストロース、脱水ニンジン(グルコースを含む)、卵を含む、グルタミン酸ナトリウム、脱水卵スライス(豚肉、コーンスターチ、塩、MSG、醤油、砂糖を含む)を脱水豚肉スライスマルトデキストリンを含む、米油、D-ソルビトール甘味料、コーンシュガーガム、β-カロチン)、(ほうれん草、ゼラチン、グルコース、塩、砂糖などの脱水ほうれん草、脱水海藻の苗、豚肉の風味パウダー、[タンパク質加水分解物(植物)、塩、香味剤(グルタミン酸一ナトリウム、二ナトリウム、5'-イノシン、グアノシン5'-リン酸二ナトリウム、コハク酸二ナトリウム、DL-アミノ酸アミノ酸)、豚エキス、水添パーム油、ナタネ油、酵母エキス、香辛料を含むタマネギエキス粉末、デキストロース、スパイス、D-キシロース]、コショウ、木粉、ガーリックパウダー、複合スパイス粉末、(ガーリックパウダー、コーンスターチ、マルトデキストリン、塩)、香味剤(ナトリウム5'-イノシン、グアノシン5'-リン酸二ナトリウム、アミノ酸、コハク酸二ナトリウム)、マルトデキストリン

調味油包‥(混合濃厚抗酸化トコフェロールを含む)洗練されたラード風味油、醤油、赤玉ねぎ、砂糖、香辛料などのスパイス化合物、(グルタミン酸ナトリウム(ピーマン、豆、塩を含む)スパイシー味噌、キャラメル、麦芽デキストリン、二ナトリウム、5'-イノシン、グアノシン5'-二ナトリウム、ヒドロキシプロピル二デンプンホスフェート)、酵素変換洗練食用油[ - キャノーラ油と中鎖食用油油の転化酵素(ヤシ油およびパーム核油ので洗練)、脂肪酸グリセリド、抗酸化剤(混合トコフェロール濃縮物)]。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter

コメント

No title
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
いきなり珍しい製品の登場ですね!
記事下部の原料の欄みて笑いました!
(なんもわからんっw)
しかし東南アジア製カップ麺も侮れませんよね!
自分はタイ製の製品が大好きです。

今年もみんなで楽しく!
そして村を盛り上げていきましょう!
Re:たういさん
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくおねがいします(ぺこり)

新年早々珍記事です(笑)
でもこれ思ったよりも出来が良かったんですよ。

東南アジア製カップ麺もなかなか侮れません!
フォー系の製品って結構おいしいですよね^^

はい!今年もみんなで楽しく盛り上がっていきましょう!
No title
あけましておめでとうございます!!
昨年はお世話になりました、今年もよろしくお願いします!!

追記のところ、吹き出しました(笑)takaさんらしい丁寧さにあふれてますが、ここまで来るともう一種の狂気を感じました(失礼www)

意外と美味しかったみたいでよかったです!!
Re:ねんごろさん
あけましておめでとうございます!
こちらこそ物資提供を含め大変お世話になりました(ぺこり)

いやーもう追記は意地でしたねw 読めない漢字多過ぎですw
打ち終わった後は自分でも一種の狂気を感じました…(がくがく)

肉は怪しかったんですけど(ほんとにw)、麺のクオリティには驚かされたし、
とても貴重な経験をさせていただきました。感謝^^
No title
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

追記のところはまじでtakaさんやないと誰もやらんやろうなあと言わんばかりのつらさがにじみ出ていてお疲れ様ですとしか言えませんwww
手間のかかる商品を渡してしまってすいませんでしたww
No title
翻訳お疲れ様でしたw

調味油みたときにちょっと、えええってなったんですが、すんなりいったようですね。自分はタイのトムヤムクンヌードル食べる時にかなり躊躇しましたw
外国製の物ってやっぱり抵抗があったんですよねー。でも食べたっていうw
Re:チリチリさん
あけおめですねー!いい正月を過ごせてますか?

追記の部分、打ち終わった後の達成感は半端なかったんですけど、
さすがに自分でも「何してんねやろ…」と思わざるを得ませんでしたw

いやいやw 素敵なカップ麺をありがとうございました^^
またコラボしたいですねー。
Re:カブトムシさん
翻訳はコピーして貼り付けでオッケーだったので、
楽だったんですけど、その原文を打ち込むのが何より大変でした(苦笑)

油分が固まった調味油は抵抗ありましたが、
湯煎したら見た目は割と普通な感じになりましたw

タイのトムヤムクンヌードル気になります!
自分はカナダで買ったカップ焼そばが食べられず、
未だに手元にあるっていう…w 期限大丈夫なのかな…。

管理者のみに表示

トラックバック