寿がきや食品「全国麺めぐり 飛騨高山中華そば」



昨夜は居酒屋でパーリナーイしてきました。家で飲むよりも間違いなく高くつきますが、居酒屋って雰囲気にお金を払う、みたいなところありますよね。

さて、本日の一杯は、寿がきや食品の『全国麺めぐり 飛騨高山中華そば』です。沖縄を除く全国発売の商品だったはずなのですが、現在メーカーのHPでは販売地域が中部・近畿に絞られています。全国麺めぐりのコンセプト投げたかw まあ、発売当初は全国区だったみたいなので、よしとしましょうか。今回の全国麺めぐりのテーマは、飛騨高山中華そば。岐阜県のご当地ラーメン、高山ラーメンを再現しているようですね。高山ラーメンの特徴は、加水率の低い縮れた低加水麺、濃口醤油と魚介だしの効いた素朴な味わいのスープ、具はチャーシュー・メンマ・ネギといったオーソドックスな具材構成。こんな感じでしょうか。具材のネギには飛騨ネギが使われていることも大きな特徴のひとつですが、今回そのような記載もないですし、具材が貧弱になりがちな寿がきや食品なので、そのあたりは見逃してやりましょうw ちなみに高山ラーメンは、スープとタレを一緒に混ぜて寸胴で煮込む、という一般的なラーメンの作り方とは一線を画した手法を用いているんですよ。豆知識。





は、『口当たり滑らかなノンフライ細めん』とのこと。いつもの寿がきや食品の麺ですかね。高山ラーメンの麺は、独特なぼそぼそとした食感が特徴なので、それとは対極にあるような麺です。麺の再現性なんかは、特に意識してないみたいですね。でも、いつものしっとりとした美味しいノンフライ麺には変わりありません。再現度に関してはちょっと待てですが、スープの邪魔をしない程度に小麦っぽい風味がきちんと感じられ、またその風味もスープと相性がよく、しっとりとした口当たりが心地のいい美味しいノンフライ麺でした。程よい主張のノンフライ麺なので、スープの邪魔をしないのもプラスポイント。今回は濃い味のスープだったので、麺とスープの馴染み具合もちょうどいい感じでした。

スープは、『鶏と野菜を炊きだし、カツオ、煮干等の魚介だしをきかせ、たまり醤油を合わせた醤油味スープ』とのこと。鶏ガラをベースにたまり醤油のコクと鰹の香りがとにかく明確で、とても太いスープに仕上がっています。油脂感は控えめなのですが、重厚感のあるスープですね。魚介しょうゆ味のカップ麺は、様々なものが数多くリリースされていますが、この手の正統派な味わいはありそうでないタイプなので、ちょっと新鮮味がありました。鰹を中心とした魚介だしの中に、煮干がスッと通っていて、後味に特有の渋味、と言っても嫌味のない煮干感があって、味わい深いスープです。麺を食べている時も、強い鰹の風味と輪郭のある醤油のくっきりとしたコクとキレを感じ、なかなか印象に残るスープでした。単体で飲むと塩気を強く感じるのですが、麺を食べる時にはちょうどよかったです。こういう塩気と醤油感の強い真っ黒なスープは自分の苦手系なのですが、今回は鰹の風味がとても印象的で、素直に美味しいと思えました。

かやくは、『 チャーシュー、メンマ、ネギ 』とのこと。高山ラーメンの基本的な具材は一通り揃ってはいますが、内容も量も相変わらずの寿がきやクオリティですね。チャーシューはいつものアレです。ペラペラなやつ。おまえ何世代前のチャーシューだよ、ってツッコミたくなるようなアレ。汎用でしょう。そして今回なぜかとってもケミカルな味がしましたw なんだったんだあの化学的な風味は…。ネギは気持ち程度ですね。当然、飛騨ネギでもないと思います。メンマは特有の風味も弱く、歯応えもクタッていて、とりあえずって感じでした。うぬぬ。

(標準は★3です)

麺はいつもの汎用麺っぽかったし、相変わらず具はショボいし、でもスープはきちんと特徴が出ていたと思います。具のショボさと高山ラーメンの対極にあるような麺にさえ目をつぶってしまえば、素直に美味しく食べられる感じ。って再現モノのカップ麺でこれってどうなのかとも思うんですけどw でも美味しかったかどうかと聞かれると、美味しかったです。スープに関しては「7+」。食べ終わった後にも鰹だしと煮干感がくっきりと舌の根に残っていて、後引く味わいのスープでした。そんなこんなで評価は迷ったのですが、完成度の高いスープの作り込みにはとても好感が持てたので、このあたりが妥当ですかね。もし麺の特徴も再現できていたら、具材のショボさを差し引いても、★6をつけたいと思いました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内で使用している画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:全国麺めぐり 飛騨高山中華そば
製造者:寿がきや食品
内容量:98g (めん65g)
発売日:2014年09月08日 (月)
発売地区:全国 (沖縄除く) → 中部・近畿
希望小売価格:199円 (税別)
JANコード:4901677081544

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:2袋 (かやく・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (98g) あたり

エネルギー:292kcal
たん白質:8.9g
脂質:5.3g
炭水化物:52.2g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.8g)
カルシウム:85mg

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、動植物油脂、チキンエキス、食塩、砂糖、香味油、魚介エキス、ローストしょうゆ調味液、ポークエキス、野菜エキス、たん白加水分解物、昆布エキス、魚醤、香辛料、ガーリックペースト)、かやく(チャーシュー、メンマ、ねぎ)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、クチナシ)、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、酸化防止剤(V.E、V.C、ローズマリー抽出物)、リン酸塩(Na)、カゼインNa、増粘剤(カラギナン)、(原材料の一部に卵、乳成分、牛、さばを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・牛肉・さば・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
ばんわ~^^

そうですか、このレビューを読んでいて評価は微妙かなと思っていたら、思ったより高評価でしたね。ただ、寿がきやは具材が本当にショボイw
もっと考えてくれたらなーと思います。まあ、よかったら、また探してみようっと。
No title
麺と具は安定の寿がきやクオリティだったんですね(^_^;)
とくにこのノンフライ麺はよく登場しますww
おっしゃるとおり、そこそこのクオリティがあるので
許せちゃうのもよくわかります!

まさにスープで得点稼いだ一品でしたか・・!
Re:カブトムシさん
そうなんですよ(笑) 麺に関して再現する気の無さが引っかかったのですが、
単純に美味しかったかどうかと聞かれた、結構イケたので。b

寿がきや食品の具材はほんと貧弱ですよねw
もうこれは仕方のないことだと自分は割り切ってますw
Re:たういさん
はい、どちらも“安定の”寿がきやクオリティでしたw

大体どの製品もこのノンフライ麺ですよね(笑)
でも美味しいし、柔軟性が高い麺だと思うので、よくできてると思います。
その分コストがかかるのか、具材が乏しくなるのかもしれませんね^^;

おっしゃる通りスープで得点稼いだって感じの一品でした!

管理者のみに表示

トラックバック