プライムワン「札幌すすきの けやき 味噌ラーメン」



うまい棒のシュガーラスク味にどハマりしてます。ちょっぴりバターがジューシーで、砂糖の甘味も絶妙で、うまい棒なのに穴は空いてないんですけど、それによってソフトながらもラスクっぽい食感が演出できているし、うまい棒とシュガーラスク、まさに出会うべくして出会ったかのような仕上がり。箱で大人買いしましたw やおきんさん、よくぞ開発してくれた。駄菓子を箱で買ったりなんかすると、駄菓子屋さんになったみたいでちょっと嬉しいですね(笑) 小さい頃、駄菓子屋さんは駄菓子食べ放題でいいなー、なんて思ってたんですけど、大人の事情を知ってから、なんだ食べ放題じゃないんだ…って。夢が壊れたというか、なんかちょっと悲しかったんですよね。過去の自分よ、将来の君は今、うまい棒に囲まれてるぞ。

さて、本日の一杯は、プライムワンの『札幌すすきの けやき 味噌ラーメン』製造は日清食品です。サークルKサンクスのオリジナルカップ麺として発売されていた商品ですね。今回のようなプライムワンのハイエンド製品で、製造が日清食品だとなんだかホッとしますw「にとりのけやき」と言われると、自分は某家具屋が真っ先に思い浮かぶのですが(笑) 札幌にある有名なラーメン屋さんですね。過去にも何度かカップ麺化されていました。サークルKサンクスのオリジナルカップ麺は、基本的にハイエンドなカップ麺が多いのですが、その価格帯に釣り合った出来かどうか、というのが大きな課題のひとつですね。果たして今回はどうでしょうか。





は、『コシのある麺』とのこと。フタを開けた時、麺にオブラート状のものが付着していて、一瞬「凄麺」の麺かと思いましたw 加水率の高めな縮れ麺で、色合いは黄色。札幌の味噌ラーメンらしい雰囲気を感じます。噛むと程よいもちもち感があって、勢いよくすするとスープがピンッと跳ねるような弾力のある麺です。太さは中太くらいですが、今回の味噌スープは荒々しいものではなかったし、角ばった形状と質感で自己を主張させつつ、でも出しゃばらず、って感じだったので、ちょうどいい取り合わせに思えました。麺の小麦らしい風味もスープと合っていたし、表面はつるつるとしていてとても滑らか。ですが、適度な縮れによってスープの絡みも問題なし。麺を食べている最中は特に意識せずとも、麺のいいところ、スープのいいところをちょうどいいバランスで味わえたのが良かったです。

スープは、『香味野菜が効いた、絶妙なバランスの味噌味スープ』とのこと。味噌の風味がしっかりとしていて、濃厚でコク深く、その中にマイルドな甘味を感じるスープなのですが、ほんのりと味噌のエッジが効いていて、後味には程よいキレがあります。依って締まりのなさは感じさせません。それでいて味噌の要素に刺々しい角はなく、コクや深み、風味などのいいところだけを抽出した感じ。生姜やニンニクによる香味野菜の風味も効いていたし、まるで野菜を炒めたような芳ばしい調理感があって、それがとても印象に残りました。野菜の旨味や甘味がスープに滲み出ている感じで、これがお店の特徴なのかな、って。カップ麺でここまで本格的な味噌スープに出会えたのは久々な気がします。動物系の要素もきっちりと感じることができたし、豚脂によって厚みがあり、それでいてクドさや厭味な印象を与えない主張の塩梅が好印象。ラードで覆い尽くされたこってりな札幌の味噌ラーメンとはまた異なったテイストで、でも決して物足りなさは感じさせず、かなり本格的な味噌スープでした。好み、美味しい。食べ終わった後にも旨味が口の中にじんわりと残っていて、その余韻で白飯いけそうな感じでしたw

かやくは、『キャベツ、味付肉そぼろ、人参、味付メンマ、ねぎ』とのこと。写真ではだいぶ沈んでますが、キャベツは大きめカットで、量もどっさりと入っていて好印象。特有の甘みが強く、調理感のあるスープとその甘みが相性よくて美味しかったです。味付肉そぼろは味付もしっかりめで、肉具材としての役割をきちんと果たしていました。人参で彩りもよく、メンマも歯応えがあって良かったです。

(標準は★3です)

かなり本格的な一杯でした。美味しいノンフライ麺、野菜の旨味と調理感が印象的な特徴のある味噌スープ、多めの具材、ハイエンド商品ですが、それだけの価値を見出すことのできるカップ麺だと思います。しっかりと丁寧に作り込んであって、クオリティの高さを感じました。お店のラーメンもこんな感じなのかなー、と感じながら食べることができたのも大きかったし、ちょっと贅沢したいときなんかに手にとっても、実際その期待を裏切らないような出来だと思います。決してあっさりではありませんが、こってりが苦手な人でも素直に美味しいと思えるのではないでしょうか。味噌味のカップ麺は激辛アレンジに向いているので、ついつい唐辛子を入れたくなりましたが、これはそれが勿体無いと思えるようなカップ麺でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:札幌すすきの けやき 味噌ラーメン
製造者:日清食品
内容量:116g (めん65g)
発売日:2014年09月02日 (火)
発売地区: 全国 (UGHD.系列店舗)
希望小売価格:255円 (税別)
JANコード:4902105223840

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:470㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (116g) あたり

エネルギー:413kcal
たん白質:12.4g
脂質:13.4g
炭水化物:60.9g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:177mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:413kcal (めん・かやく:294kca / スープ:119kcal)
食塩相当量:7.6g (めん・かやく:2.5g / スープ:5.1g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、でん粉、植物油脂、植物性たん白、卵粉、大豆食物繊維、チキンエキス)、スープ(味噌、ポークエキス、豚脂、魚醤、香辛料、ごま、食塩、ポーク調味油、酵母エキス、加工油脂、香味油、糖類、オニオンパウダー、植物油脂、チキン調味油)、かやく(キャベツ、味付肉そぼろ、人参、味付メンマ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、トレハロース、炭酸Ca、乳化剤、セルロース、焼成Ca、カロチノイド色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、炭酸Mg、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルギー物質:卵・乳成分・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
こんばんわ^^

写真見たときはラ王かと思いましたw
ハイエンドな製品なんですねー。サークルKと・・・。ネットで売ってくれればなーw

そういえば、今日のは思った通りのコメントで笑いましたwやっぱりってw
No title
サークルKサンクスさんのオリジナルカップ麺は以前はとかめんさんでしたが、
それを日清さんが引き継いだ格好になっているのでしょうか?

黄色い麺って、ホントに味噌ラーメン!ッて感じですごくいいです。
Re:カブトムシさん
カブトムシさん、こんにちは^^

ラ王は厚切り焼豚が入ってないと(笑)
ハイエンドな製品でしたが、それだけの価値があったと思います。
サークルKサンクスのオリジナルカップ麺は店頭限定ですよね多分^^;

お、笑っていただけましたかw なによりです^^
Re:たういさん
たういさん、こんにちは^^

とかち麺工房、無くなっちゃいましたよね…。
サークルKサンクスさんのオリジナルカップ麺は、
様々なメーカーが受け持っているので、何とも言えないところですが、
とかち麺工房が無くなったのは大きな痛手だと自分は感じています。

今回の麺、味、質感、見た目、どれもハイクオリティでした。
特に黄色いその見た目からは雰囲気が強く感じられて良かったです!

管理者のみに表示

トラックバック