エースコック「CoCo壱番屋監修 トマ辛カレーラーメン 大盛り」



こんにちは :) 固形石鹸は牛乳石鹸赤箱派のtakaです。有名どころではTHE BODY SHOP、LUSH、BOTANICUSなんかも色々と試したんですけど、けっきょくカウブランドの赤箱にリターン(笑) あの匂いや泡の感じが小さい頃から使っているということもあってなんか落ち着くんですよね。

さて、本日の一杯は、エースコックの『CoCo壱番屋監修 トマ辛カレーラーメン 大盛り』です。

温かくなってきたということもあり、夏に向けてカップ麺業界もカレーテイストの商品が増えてきましたね。CoCo壱番屋×エースコックのコラボももはや定番化してきて、カレーに強いエースコックとカレー専門店のコラボには安定感を感じます。今回はトマ辛カレーラーメンということで、最近トマト系のカップ麺にハマっている自分としては“エースコック×CoCo壱番屋×トマ辛”なんてもう食べる前から期待がグンと膨らんでしまってですね…w とりあえず冷静になって食べてみたいと思います(笑)




◆スープは『数種類のポークをベースに、トマトやポテトの野菜の旨みを効かせたカレースープ』に、別添で『スパイスを加えることで、トマトの旨みが一層増し、更にとび辛スパイスの辛みが効き、メリハリのある一杯に』とのこと。原材料のどこを見ても“トマト”の文字はないのにトマトっぽい香りが…さ、さすがカップ麺w ややトロミがあるスープにはきっちりとスパイスが効かされていて、後口にフワッとくるトマトの旨みと酸味のアクセントがスープに良い変化を与えてくれています。フレッシュなトマトというよりもスナック的な風味で「カップヌードル チリトマトヌードル」のトマト感に近いですね。辛さ自体はピリ辛に毛が生えた程度ですが、ちゃんとスパイスが効いているので後半は身体がポカポカする感じ。CoCo壱番屋監修というだけあってカレーらしいスパイシーさがきっちりと感じられ、ベースも野菜と動物系の旨みがきちんと出されていたのが好印象でした。

◆麺は『適度な弾力とコシを併せ持っためん』『スープとの相性も良く食べ応え十分なめんに仕上げました』とのこと。なかなかしっかりとしていて大盛りらしいボリューミーな麺なんですけど、ガッシリ3D麺ほどの主張の強さはありません。それだけに油揚げ麺特有のニオイなんかも特に気にならず、スープのストレートなスパイシーさやトマト感が油の風味でボヤけてしまう心配がなかったのが好印象。縮れの少ないやや細めの麺で、今回は歯切れの良さが特徴的でしょうか。麺の味付けは動物系の旨みとほんのりとした甘さが感じられ、スパイシーなスープとの相性をよく考えて付けられた味だったと思います。

◆具は『程よく味付けした肉そぼろと、食感の良いキャベツに、彩りの良いねぎと唐辛子』とのこと。肉そぼろは食感がフカフカとしていて味付けも控えめ、拾って食べても存在感がなく完全にスープに埋没してました。なんか肉そぼろでハズレたの久しぶりな気がします(苦笑) キャベツはカレー味と合っていて普通に美味しかったです。


《今回のカップ麺》後口にフワッと香るスナック的なトマトの風味は良いアクセントになっていたんですけど、もう少しトマトを主張させていてもよかったかなといった印象も。せめて具材にトマトの欠片でも入っていればより個性が出たかもしれませんね。カレースープ自体はエースコックとCoCo壱番屋のコラボというだけあって抜群の安定感。さすがです。辛みもトマト感も飛び抜けてって感じてはありませんが、安定した間違いない美味しさが感じられる一杯でした :)


※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わりますのでご了承ください。


【製品情報】

商品名:CoCo壱番屋監修 トマ辛カレーラーメン 大盛り
メーカー:エースコック
発売日:2014年4月14日 (月)
麺種類:油揚げ麺
小袋構成:3袋 (粉末スープ・かやく・スパイス)
希望小売価格:190円 (税別)

内容量 (めん量):110g (90g)

~標準栄養成分表~

1食 (110g) あたり

エネルギー:468kcal
たんぱく質:10.5g
脂質:15.7g
炭水化物:71.2g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく 0.9g)
(スープ 1.8g)
ビタミンB1:0.67mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:231mg

(食塩相当量:6.9g)




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック