明星食品「明星 チャルメラどんぶり コク旨とんこつ」



12月も半分が終わり、忘年会シーズンに突入ですね。そんな予定が入っている人も多いのではないでしょうか。そこで、居酒屋なんかに行くとよく聞こえてくる言葉。ご存知お馴染み、「とりあえずビールで」。これねぇ、聞いてると毎回ビールに対して失礼なんじゃないかと思うわけですよ。自分はビールが(ビールもw)大好きなので、そんな愛すべきビールを“とりあえず”で注文しないであげてよ…と、かわいそうに。でも、寒くなってきたこの季節、そんなビールも捨てがたいけど、やっぱり燗酒が美味しい季節。大好きなビールも捨て難い、でもやっぱり日本酒かなー、身体の芯まで温まるしなー、お湯割りの芋焼酎ってのもまた…。そんなことを考えながら寒い寒いと夜道を歩き、白い息を吐きながら小さな居酒屋のドアを開ける筆者。カウンター席に座り、かじかんだ手でメニューを広げ、軽く目を通しながら(脳内:やっぱり外は寒かったし、今夜は日本酒にして燗を付けてもらおう。さーて、どの銘柄にしようかなぁ…。)「あ、大将。とりあえずビールで」←

さて、本日の一杯は、明星食品の『明星 チャルメラどんぶり コク旨とんこつ』です。チャルメラどんぶり、ラストはとんこつに飾ってもらいましょう。ところで、チャルメラおじさんの屋台の屋号は、「当たり屋」ですよね。的に矢が刺さっている図柄が描かれているところを見ると、“矢”と“屋”をかけているのだと思われますが…ちょ、ちょっと怖いw





は、『香ばしく味付けした細麺』とのこと。「コク旨しょうゆ」に採用されている麺と比べると、気持ち細めかな、といったところ。とんこつスープの麺にしては、やや太めでしょうか。今回はシンプルなとんこつ味のスープだったので、もうちょっと細くてもよかったかもしれませんね。こちらも味付が施されている麺で、麺自体の風味は今回3商品ともそっくり。ちょっとスナック的な感じで、素直に美味しいと思える油揚げ麺でした。3分ちょうどで食べてみると、やや芯が残っているような食感…というか、戻りきっていない感じだったのでw 一応、気持ち硬麺に調整されているような印象を受けました。途中からは馴染んでいい感じになっていたし、時間経過による劣化にも耐えうる麺で、次世代系の油揚げ麺。ノンフライ麺が幅を利かせるようになってきましたが、油揚げ麺も日進月歩しているんだなー、なんて思うとちょっと感慨深いものがあります(笑)

スープは、『グツグツと炊き込んだ豚骨と香味野菜を合わせ、ホタテの旨みを効かせたちょっと濃いめのスープ』とのこと。スープは粉末スープのみで、調味油などは入っていません。明星食品のとんこつ味なのに、調味油が別添で入っていないというのは珍しいですね。廉価版商品でもなかろうに(笑) しかし、スープは結構濃厚なテイスト。ちょっと濃いめの、というコンセプトがきちんと表現できています。ほんのちょっぴりトロミがあって、とんこつのクリーミーさを演出。調味油や液体スープは付属していないため、豚脂の風味とか、とんこつ特有のクセとか、油脂感なんかは控えめ。そんなクセのない万人受けするようなタイプのとんこつ味なんですけど、予想していたよりもしっかりとしていたのが好印象。シリーズが長年にわたって培ってきたホタテの旨味が効いていて、チャルメラシリーズのDNAもきちんと引き継がれています。ほんのりガーリックも効果的。とんこつ味のカップ麺の王道的スタイルというか、いい意味でインスタントらしいテイストのとんこつ味で、ポークエキスとホタテエキスがしっかりと効いたちょっと濃いめの味。明星食品の調味油はいい感じの獣臭があって、それが結構自分的好みなんですけど、今回はホタテの旨味とポークエキスによってきちんと軸があったので、調味油なしでも大きな物足りなさは感じませんでした。素直に美味しかったです。無論、とんこつ味なので、調味油はあったほうが嬉しかったんですけどね(笑)

かやくは、『味付豚肉、オニオン入り揚げ玉、ごま、キクラゲ』とのこと。味付豚肉はチップ状になっていて、おそらく「コク旨しょうゆ」のときと同じ肉具材だと思います。ただ、今回は存在感を控えめに感じました。スープの関係ですかね。ちょっと食感はスカスカとしているのですが、意識的に味わうとそれなりに旨味があって良かったです。オニオン入り揚げ玉はポイントですね。フライドオニオンのような甘みがきちんと感じられ、その甘みと揚げ玉の芳ばしさがオーソドックスなとんこつスープと絶妙にマッチ。これがあるのとないのとでは、製品の雰囲気がかなり大きく変わってくると思います。スープを吸い込んでふやふやになった食感もこれまたオツな感じでしたw もっと入ってたらよかったのになー。芳ばしい胡麻の風味はスープと相性がよく、時折感じるプチッとした食感が程よいアクセントに。焦げ目のついた部分がちらほらとあって、その風味や見た目からも煎り胡麻だということが分かります。キクラゲはたくさん入っていたし、食感もコリコリとしていて、意識的に食べるといい箸休めになりました。風味もキクラゲらしかったし、とんこつスープとの相性もバッチリです。

(標準は★3です)

そうですね、このカップ麺を簡潔にひとことで表すとすれば、まさにレトロ系ネクストジェネレーショ…(もういいw) とてもオーソドックスに仕上げてありました。懐かしさを感じるというか、安心できるというか、ポピュラーなとんこつ味のカップ麺と言えばこれ、って感じのインスタントらしいテイストで、誰もが素直に美味しいと思えるような安定感のある一杯だと思います。とりあえず家に買い置き1個あったら安心できる感じw 袋麺では味わえないちょっと濃いめの、というコンセプトもきちんと表現できていました。決して大きく目立っていたわけではありませんが、麺は地味にクオリティが高く、スープは粉末のみでもしっかりとしていたし、具材はあくまで及第点レベルだろうと思いきや、それぞれがきちんと役割を果たしていて、効果的なオニオン入り揚げ玉にキクラゲもたっぷり。もうちょっと麺が細ければ、別添で調味油がついていれば、そんな思いが無きにしも非ずでしたが、これにはこれの良さがある、そう素直に思えたのは、全体的に大きな物足りなさを感じなかったということでしょう。そういった印象に素直に好感が持てた一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:明星 チャルメラどんぶり コク旨とんこつ
製造者:明星食品
内容量:82g (めん65g)
発売日:2014年09月01日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4902881420464

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:360㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (粉末スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (82g) あたり

エネルギー:356kcal
たん白質:9.0g
脂質:12.8g
炭水化物:51.2g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.18mg
ビタミンB2:0.20mg
カルシウム:133mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:356kcal (めん・かやく:307kca / スープ:49kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:1.8g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、にんにく粉末、糖類、酵母エキス)、スープ(ポークエキス、糖類、食塩、たん白加水分解物、乳等を主要原料とする食品、ごま、ねぎ、香辛料、ホタテエキス、植物油脂、香味調味料)、かやく(味付豚肉、オニオン入り揚げ玉、ごま、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、香料、クチナシ色素、膨張剤、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カラメル色素、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、ゼラチン、えび、さけ、さばを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・さけ・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
まぁ、トータル的にはこのシリーズはすべて無難にまとまったシリーズと
いうことかな・・。
とんこつもおいしかったですね!
自分はわりと好きな味でした。
特徴はないんですが、万人受けする製品。
しかし、そろそろこのチャルメラどんぶり、店頭から見なくなってきましたネ。
Re:たういさん
そうですね、無難に手堅くソツなく纏められているなと感じました。
さすがチャルメラだけあって、どれも素直に美味しかったです^^
このとんこつ味は自分も好きテイストでした!
たしかに店頭では見かけなくなってきましたね。
一応、まだメーカーの製品情報の中には載っていますが、
ふっ、と知らない間に消えちゃうんでしょうか^^;

管理者のみに表示

トラックバック