明星食品「明星 チャルメラどんぶり コク旨みそ」



歳を重ねるごとに、月日の流れを早く感じるようになっていくのは何故なんでしょうね。もう師走なんだなぁ…。早いなぁ…。昔はのんびり車でドライブ、みたいな感じだったのに、今じゃ新幹線並みのスピードで月日が流れて、気が付いたらもう年明けですよ。 おかしいな、この前お節食べたばっかりなのに。←

さて、本日の一杯は、明星食品の『明星 チャルメラどんぶり コク旨みそ』です。今回のチャルメラどんぶりはコク旨をコンセプトに、しょうゆ、みそ、とんこつと3種類リリースされていたので、次はみそ味をチョイス。おじさんスープによって服装や暖簾の色なんかも変えてるんですね。意外とオシャレ。あれ?髭剃った?w





は、『しっかりとした食感の中太麺』とのこと。「コク旨しょうゆ」の麺よりも幅が広く、やや厚みのある平打ち型の麺です。自分は味噌スープには太麺のほうが合うと思っているのですが、今回の麺は味噌スープにちょうどマッチする感じ。こうやってきちんとスープとの相性を考慮して、3品同時リリース商品でも麺を使い回していないというのには好感が持てます。油揚げ麺らしいちょっとジャンキーな印象を受ける麺なのに、油揚げ麺臭は比較的控えめに感じたのですが、これはスープとの兼ね合いによる関係でしょう。スープのニンニク感がそう思わせたのかもしれません。原材料を見ても分かる通り、麺には味付が施されていて、麺自体の風味は「コク旨しょうゆ」の麺と似ていますね。麺単体として見ても素直に美味しい油揚げ麺で、今回は濃いめのスープだったんですけど、スープに押されてしまうこともなく、主張のバランスもとれていました。味付が功を奏してか、スープとの一体感も高かったです。味付麺なので、油揚げ麺らしいスナック的な感じもあるんですけど、旧世代の麺とは一味違った歯応えを感じる弾力のある麺で、食べる前の見た目から感じるような安っぽさやチープな印象を全く与えません。3分ちょうどで食べ始めると、ムチムチとした食感が楽しめます。湯伸びしてきても決してヘタレてしまうことなく、ある程度ふやけてもスープと馴染んでいく感じで、ゆっくり食べても後半まで持て余すことはありませんでした。そして油揚げ麺特有の適度なスナック感も感じられ、まさにレトロ系ネクストジェネレーションな…(以下略)

スープは、『数種類の味噌(赤・ 白・麦)に肉と野菜を炒めた風味とホタテの旨みを加え、七味唐辛子、ローストガーリックでパンチを 効かせた、ちょっと濃いめのスープ』とのこと。味噌の風味には輪郭があり、鋭さがあって主張は強め。シリーズ通してのコンセプトであるホタテの旨みは、ちょっと味噌の存在感に圧倒されちゃっていました。今回のスープで自分がいちばん効果的だと感じたのはニンニクの風味で、製品説明ではローストガーリックとのことですが、どちらかというとすりおろした生のニンニクの風味に近く、意識するとニンニク特有の辛味をかすかに感じたほどで、ガツンとパンチが効いています。ニンニクマシマシってほどではありませんでしたが、一瞬そんなイメージを彷彿とさせるようなジャンクな感じが良かったです。スープ単体で飲むと自分は少し味噌の角や塩気が気になったのですが、麺を食べる分にはちょうどいい感じでした。動物系の厚みはそこまで表立っていなかったのですが、きちんとコクはあって、ダイレクトに感じられるような調理感はないんですけど、意識すると感じる肉と野菜を炒めた風味は効果的だと思います。七味唐辛子のアクセントはそんなに目立っていなかったんですけど、ニンニクのパンチが効いていたし、予想していたよりもガツンとした味噌スープに仕上がっていました。ちょっと濃いめの、というコンセプトにも沿っていたと思います。ただ、食べながら何度も思ったのが、スープの雰囲気が「チャルメラ」よりも「サッポロ一番」の味噌スープに近い感じで、お湯少なめで作って生ニンニクでアクセントを付けました、みたいなw そんなイメージが終始拭えませんでした(笑)

かやくは、『キャベツ、味付豚肉、コーン、人参』とのこと。「コク旨しょうゆ」ほどのボリュームはありませんでしたが、キャベツは結構入っていて好印象。食感もザクザクとしていて、食べ応えがありました。同じキャベツが使われているのだと思いますが、今回はスープのニンニク感とキャベツの相性が抜群によくて、なんかかなり美味しかったですw カップ麺のキャベツで「おー!」と思ったのは久しぶりでした。味付豚肉はダイス状で、肉具材が入っているという雰囲気は感じられますが、味付は控えめ、食感はスカスカ、そんなに美味しくなかったです(苦笑) コーンは味噌スープとの相性がよく、輪郭のある味噌の風味によって甘味も映えていました。人参はコリッとした食感がとてもいいアクセントになっていたので、それを無意識に感じられるくらい入れてあったら尚良かったです。

(標準は★3です)

そうですね、このカップ麺を簡潔にひとことで表すとすれば、まさにレトロ系ネクストジェネレーション的な一杯だったと——(頑張っても流行らないからw それ連用しても流行らないからw) 全体的な仕上がりの雰囲気としては、全然ネクストジェネレーションな感じではなかったし、どちらかというとオールドスタイル色が強かったんですけど(笑) チープな印象を与えない油揚げ麺には素直に好感が持てたし、ちょっと濃いめのスープもコク旨というコンセプト通り。たっぷりキャベツもニンニクがそれを引き立てていて、なんだか妙に美味しかったし、予想以上にニンニクがガツンと効いていたのが好印象でした。この明確なニンニク感が他の要素を引き立てていて、ジャンクな感じが良かったです。気になったとことといえば、サッポロ一番の味噌味っぽかった、ということくらいでしょうか(笑)

勝手に激辛アレンジ

角のある濃いめの味噌スープと明確なニンニク感にヤられましたw 今回は唐辛子を3種類使用。バングラディシュ産の「ブートジョロキアパウダー」を辛味のメインにして、香り付けに「蠍BT」を軽く3振りほど。輪郭のある味噌スープだったので、日本の唐辛子の風味が欲しくなり、「ハウス 唐がらし族」を振りかけながら食べ進めました。予想通り、結果は良好。やや辛味を感じるほどのリアルなニンニク感が唐辛子の風味と混ざり合い、パンチのある味噌スープも唐辛子の辛味に負けることなく、なんともジャンキーな一杯に仕上がりましたw 唐辛子の辛味が先行するので、その分スープの角が取れたかのような錯覚を起こし、スープの塩気が気になっていた自分的には食べやすくなった感じ。その塩気があったからこそ、辛味に食い殺されなかったんだと思うと、やっぱり激辛アレンジして正解、って感じでした。兎にも角にも、ニンニクのパンチが功を奏していて、また唐辛子特有の風味と合わせ味噌の相性も良く、安定して美味しかったです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:明星 チャルメラどんぶり コク旨みそ
製造者:明星食品
内容量:88g (めん65g)
発売日:2014年09月01日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4902881420440

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:360㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (かやく入り粉末スープ・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (88g) あたり

エネルギー:380kcal
たん白質:8.9g
脂質:14.6g
炭水化物:53.2g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.17mg
ビタミンB2:0.21mg
カルシウム:147mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:380kcal (めん・かやく:336kca / スープ:44kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:1.5g / スープ:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、にんにく粉末、糖類、酵母エキス)、スープ(みそ、動物油脂、食塩、糖類、豚・鶏エキス、香辛料、たん白加水分解物、香味油、酵母エキス、とろみ粉末(でん粉、デキストリン、植物油脂)、ねぎ、香味調味料、ホタテエキス、植物油脂)、かやく(キャベツ、味付豚肉、コーン、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、クチナシ色素、増粘剤(キサンタンガム)、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、炭酸マグネシウム、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、卵、ごま、さば、ゼラチン、えび、さけを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
takaさん、こんばんわ^^

最近レビューの日本語がビューティホーな感じになってきたと思うのですが、やはり流行になりそうですねw色々な方を引きずりましょうw

さて、この激辛コーナーですがw
七味ドサァでも結構やられる自分ですので、厳しいもんがあるんですが、ペヤングの激辛はどのレベルですか?このコーナーでマシマシを見てみたいですwww
No title
>おじさんスープによって服装や暖簾の色なんかも変えてる・・
お~っ!、チェックが細かい!さすがです。
自分は味噌だけ食べたことないのですが、
ほんとに麺が醤油味と違いますね。
味噌味はやっぱり太麺系じゃないとね!、自分も同じ考えです。
ニンニクと味噌味との相性もいいでしょうね。
味噌味も食べておかなければ・・・(^_^;)
Re:カブトムシさん
まずはカブトムシさんを中心に侵食していきますw
もっと純粋に美しい日本語を使いたいんですけどね(笑)
最近ちょっと自分のボキャブラリーが手詰まってる感が否めません…^^;
激辛ペヤングのレベル…うーん、言葉で説明するのは難しいですね(苦笑)
自分的には辛いけど普通に美味しく食べられるレベル、くらいでしょうか。
ジョロキアを小さじ1/8入れたらあのくらいに持っていけると思います。b
多分、カブトムシさんの想像以上に威力のある唐辛子ですよw 奴はwww
Re:たういさん
そういう変化は思わずチェックしてしまいます(笑)
彼女の髪型の変化には気が付かないようなタイプのくせにw
お、味噌はまだ未食でしたか。この麺は結構おいしかったですよ^^
比較的リアルなニンニク感も味噌とマッチしていて良かったです!
やっぱり味噌ラーメンは太麺ですよね!多加水麺だと尚。b

管理者のみに表示

トラックバック