東洋水産「マルちゃん 焼そば大盛り」



段ボールの買い置きカップ麺消化促進のため、本日2度目の更新ですw

さて、本日の二杯目は、東洋水産の『マルちゃん 焼そば大盛り』です。スーパーで見かけない日はない、そのくらいポピュラーな東洋水産のチルド焼そば、「マルちゃん 焼そば 3人前」の味をモデルに開発されたのがこのカップ麺。ちなみにチルド麺の焼そば、今年で発売40年目だそうです。おめでとー。こちらのカップ麺バージョンは、過去にも2011年、2012年と発売されていたようですが、自分は今回が初めて。あのチルド麺の味わいや雰囲気の再現度に注目です。





は、『なめらかでモチモチとした食感の、丸刃で切った麺』とのこと。もっちりとした弾力のある中太麺です。油揚げ麺臭は意識すると後から追ってくるようにジワジワと感じるのですが、野暮ったくなるほどではありません。あくまで油揚げ麺なので、それなりの限界はありますが、中身もしっかりと詰まっている感じだったし、その質感からオリジナルの蒸し麺に近づけようとしている姿勢がきっちりと窺えたのが好印象。そして、特筆すべきポイントは調味油。チルドバージョンの焼そばの風味と、その調理感を再現する効果が非常に高く、調味油によってコーティングされた麺はより滑らかになり、それ故に口当たりはちょっとオイリーなんですけど、そのオイル感はいい方向に作用しています。サラダ油で肉や野菜を炒め、その旨味と芳ばしい風味を麺に移したような、そんな味わいを彷彿とさせ、まるでフライパンで炒めたかのような調理感をダイレクトに感じました。これすごい。

ソースは、『香り立ちの良いソースをベースに、程よくスパイスを利かせた甘めの粉末ソース』で、『隠し味に醤油を加え、コクを出し』たとのこと。チルド麺のソースの味わいがきちんと再現されていますね。これぞ粉末ソース、って感じの王道的な路線で、余計な手は加えず直球勝負。酸味は控えめで角はなく、フルーティで甘味のたったコクのあるソースに仕上がっているのですが、程く効かされた香辛料の要素があるので、甘めなソースでもきちんと締めるとこは締めてます。調味油によってそれなりの油脂感はあるのですが、麺の項目でも書いた通り、そのオイル感が明確な調理感を演出していて良かったです。それに、あのチルドバージョンの味わいが再現されているので、そうそうこれこれ、みたいな。どこか懐かしさのようなものを感じました。奇を衒ったような尖った部分はありませんが、このバランスの良さこそがこのソースの個性と言えるでしょう。

かやくは、『味付豚肉、キャベツ、にんじん。(ふりかけ)あおさ、紅生姜』とのこと。キャベツやニンジンは汎用だと思うので、取り立てて書くこともないのですが、味付豚肉はリアルで美味しかったです。本物っぽい肉らしい食感で、味も豚肉らしい風味を感じることができました。ただ、赤身の部分が中心って感じだったので、欲を言えばもうちょっと脂身的な部分も欲しかったかな。あおさによるほんのりとした磯の香りは心地よく、オーソドックスなソースとの相性もバッチリ。雰囲気もグッと高めてくれています。時折感じる紅生姜の酸味がいいアクセントになっていたので、もうちょっと入っててもよかったかな。このへんは個体差ですかね。

(標準は★3です)

さすが焼そばに強いマルちゃん、東洋水産の本気を見せてもらいました。今までに自分が食べてきたスタンダードなソース味のカップ焼そばの中で堂々の首位獲得。ダントツで1位です。まさに王道な路線を極めてきたというか、その仕上がりに思わず唸ってしまいました。特筆すべきは何と言っても調理感。調味油による調理感が凄まじく、まるでフライパンで調理したかのような、そんな調理感をダイレクトに感じたこと。カップ焼そばでここまで再現できるなんて、ほんと思ってもみませんでした。まさに一頭地を抜いていましたね。自分は今までに様々なカップ焼そばを食べてきましたが、ここまで調理感を明確に感じたのは初めてです。そんなカップ焼そばらしからぬ調理感、同社のチルド焼そばの雰囲気や味の再現性、どれをとってもハイレベルで、印象に残る納得の一杯でした。しかも麺量は130gという大盛仕様で、メーカーの希望小売価格は190円。ほんと最強なんじゃないですかねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載、二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。


【製品情報】

商品名:マルちゃん 焼そば大盛り
製造者:東洋水産
内容量:158g (めん130g)
発売日:2011年07月25日 (月)
Renewal:2014年08月25日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:190円 (税別)
JANコード:4901990331852

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:660㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (特製油・粉末ソース(ふりかけ付)・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (158g) あたり

エネルギー:769kcal
たん白質:11.9g
脂質:36.7g
炭水化物:97.7g
ナトリウム:2.1g
ビタミンB1:0.52mg
ビタミンB2:0.55mg
カルシウム:319mg

(食塩相当量:5.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、醤油、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料及びふりかけ(植物油、砂糖、食塩、ソース、香辛料、醤油、あおさ、紅生姜)、かやく(味付豚肉、キャベツ、にんじん)、加工でん粉、トレハロース、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、りんごを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・大豆・豚肉・りんご

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
これって、自記事
http://blogs.yahoo.co.jp/taui_3_var2/18476468.html
とベースは同じの大盛りバージョン??

それなら地味でオーソドックスですすが、
正統派のひじょうにいい製品だと自分も思います。
No title
takaさん、こんばんわ^^

思わず爽快さがしましたがありませんでしたw

そういえば麺リフトは、たういさんにも煽られたwのですが、もともと誰がやり始めたんでしょうねw
すごい気になります。
No title
お久しぶりにやってきましたが、相変わらず写真綺麗ですねw
そんでこの評価の高さ!!近くの業務用スーパーに売っていたので早速買いに行こうと思います!

そして評価項目のところにラーメン、焼きそば、唐辛子のマークが出来てたんですね!凝ってるなあ~
Re:たういさん
セブンイレブンで発売されていたカップ麺ですよね^^
そちらは未食なのですが、コンセプトは似てそうです。
あくまで憶測なのですが、この記事のカップ麺をベースにして、
PB化できないかどうか試験的に販売したのではないのかな、と。
「正統派」その表現がぴったりとハマるカップ麺でした!
Re:カブトムシさん
Amazonならまだ取り扱っていますが、箱買いになっちゃいますね^^;
麺リフト、たういさんにも煽られたんですかw たしかに根源気になります!
Re:チリチリさん
お久しぶりでーす。お、写真への褒め言葉、ありがとうございます。
チリチリさんも最近綺麗に撮れてますよね^^ 対抗意識が芽生えたかw ←
ぜひぜひ!これ結構オススメですよー。なんかこう、極まってましたb
絵文字はラーメン、うどん、そば、焼そば、唐辛子etc...
なんか作ってたらハマってしまいましたw こういうの凝っちゃうほうでw

管理者のみに表示

トラックバック