東洋水産「マルちゃん でかまる 担々ワンタン麺」



ペヤングの虫混入、とうとうニュースになっちゃいましたね。我々カップ麺ブロガーにとっては死活問題ですよ。しかも関西圏ではまるか食品のカップ麺(新商品系)って手に入りにくくて、何件も店をまわるはめになったり、入手まで結構苦戦することが多いんですけど、これ余計に品薄になるのではなかろうか…。とりあえず、製造過程で混入した可能性はない、そう早く言い切ってほしいです。

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん でかまる 担々ワンタン麺』です。担担麺にワンタンという組み合わせ、イメージ的には馴染みがないというか、ちょっとイレギュラー。でも、美味しそうな組み合わせですね。「うまい大盛」が、コンセプトの「でかまる」シリーズ。今回の秘訣は、「1. 肉の旨味・皮の食感が絶妙な、なめらか肉入りワンタン」「2. すり胡麻の香ばしい風味と花椒のしびれる辛味を合わせた、旨辛い担々スープ」「3. スープによく絡み食べ応えのある、もちもち食感の“がっつり太麺”」だそうです。担担麺もワンタンも好きなので、けっこう楽しみ。旨さと辛さにしびれる、なんて書いてあるので、ちょっとだけ期待。





は、『なめらかでコシのある、丸刃で切った太めの油揚げ麺』とのこと。湯戻し4分のときに採用されている、いつもの「でかまる」シリーズの麺ですかね。これ、汎用麺なのかな。でかまるから湯戻し4分のラーメン系のカップ麺がリリースされる際、毎回この麺が採用されている気がします。ちょっと太めの中太麺で、もっちりとした粘り気のある弾力と歯応えが特徴的。表面は滑らかでつるみがあり、とても口当たりがいいです。それでいてスープ乗りは悪くないんですよね。なかなか優秀。食べ始めはもちもちとした強い弾力やコシが感じられるのですが、割に早い段階から湯伸びしてきて、厚みのある油揚げ麺に見られがちなフカフカとした食感に変わってしまいます。麺の食感を損なう前に、食欲と勢いに任せてガツガツと食べてしまったほうが、食べ応えが感じられるかもしれません。自分はこのフカフカとした食感も嫌いではないので、マイペースに食べたんですけどね。油揚げ麺臭は皆無とは言えませんが、というか太めの麺なので、むしろスナック的な風味はけっこう強いほうだと思うんですけど、スープをぼかしてしまうほどの破壊力はなくて、むしろ油揚げ麺臭は控えめなほうです。スナック的なんだけど、麺の存在感と比例してないというか、それほど油っぽくない、みたいな。ちょっと不思議。

スープは、『すりごまの香ばしい風味と花椒のしびれる辛味をあわせた、醤油ベースの担々スープ』『唐辛子のピリッとした辛さで味を引き締め』『ねぎ・粗挽 唐辛子入り』とのこと。すりごまの香ばしい風味というのは分かるのですが、花椒のしびれる辛味というのはそれほど感じませんでした。スーッと鼻を抜けていくような花椒の香りはとても効果的だったんですけどね。それからすり胡麻の風味や胡麻のプチプチとした食感は映えていたのですが、練り胡麻の風味とか、コクとか、そういった要素は控えめでした。辛味は…うん、辛くないですよ。大丈夫です。辛い食べ物が苦手な人でも余裕なんじゃないですかね。あと、何らかの甘味を感じたのですが、なんだろう、砂糖が入ってるからそれか?いや、別に厭味な甘さではなかったんですけど、ちょっと不思議な感じでした。辣味(辛味)や麻味(痺れ感)なんかに期待すると、全く以て肩透かしを食らうレベルで、担担感はかなり控えめ。味噌ベースじゃなくて醤油ベースというのも、そう感じた要因のひとつかもしれません。味噌の風味もあるのですが、豆板醤とかそっち系の風味ではなく、日本の味噌の風味でした。醤油の方が勝っていたことと、花椒の爽やかな風味が相俟って、すっきりとした印象ですね。これはこれで悪くないんですけど、本格的な担担スープとはちょっと違う、ある意味でかまるらしなーと思えるスープでした。

かやくは、『ワンタン(6個)、味付鶏挽肉』とのこと。つるんと滑り込んでくるような口当たりは良かったのですが、皮は薄く序盤からクタッてしまっていたので、厚みのあるモチッとした食感なんかを期待すると裏切られます。肉入りとのことですが、ワンタンの中にはスカスカとしたスナック的な食感の何かが入っていて、これ必要?って感じでしたw 味付鶏挽肉が入っているので、これならワンタンの中身のコストを差し引いた分、ワンタンの皮に力を入れるとか、青梗菜なんかの野菜具材を入れてほしかったですね。味付鶏挽肉の味付は控えめだったのですが、食感はきちんと挽肉っぽくて、量も結構入っていて好印象でした。美味しかったです。

(標準は★3です)

仕上がりの雰囲気としては、「坦々ワンタン麺」というよりも、「担々風ワンタン麺」って感じでした。自分は担担麺にこだわりがあるので、ちょっと評価は辛口ですが、ある意味でかまるらしかったというか(注:褒め言葉ですw)、これはこれで、って感じですかね。辛味に関しては敢えて触れないとして(苦笑) 練り胡麻のコクとか、豆板醤系の味噌の風味とか、酸味を効かせてみるとか、商品説明に違わぬ花椒の痺れ感なんかがあったら、もっと担担麺っぽくなったのになーと思いました。あ、でも花椒の香りと風味はけっこう効果的でしたよ。これはけっこう明確だったので、なかなか好感が持てました。すっきりとしたスープだったからこそ、花椒が映えていたのかもしれませんね。でもやっぱり味噌ベースの濃厚な担担麺のほうが好きだなー。担担麺+ワンタンの相性も悪くはなかったのですが、如何せんワンタンのクオリティがギリ及第点…いや、やっぱりお前落第w って感じだったので、もうちょっと頑張ってほしかったです。あのワンタンの中に入ってたサクサク?スカスカ?って感じの如何にもスナック的な謎の物体は一体何だったんだろうw

勝手に激辛コーナー

「冷やし中華、はじめました。」くらいのノリで始まりました、新コーナー。その名もtakaの「勝手に激辛コーナー」(そのまんまw) はい拍手ー。ぱちぱちぱち。当ブログで文字に色をつけることを頑なに拒んできた筆者ですが(知らん知らんw)、“激辛”の文字だけは特別です(はぁと) 今回は後半ちょっと飽きてしまい、どうしても持て余し気味になったので、絶賛taka仕様にアレンジすることに。こんなとき、このコーナーが登場します。あと、新しい辛味調味料を入手した際、その感想なんかも軽くレビューしていこうかなー、と。そんな感じで主に唐辛子にスポットを当てた不定期更新のコーナーになるんですけど、あまりブログの本編とは関係のない内容になると思うので、興味の無い方はスルーしてくださいw さて、今回アレンジに使用した辛味調味料は、現在の自分的御三家「ブートジョロキアパウダー」「朝天辣椒面(四川唐辛子)」「ハウス 唐がらし族」。醤油ベースのすっきりとした担担スープだったので、中でもジョロキアのフルーティさが目立っているような印象でした。ハウスの唐がらし族は比較的スーパーなんかで容易に手に入る一味唐辛子で、大辛と書いてありますが、まぁ辛味は大したことありません。普通の一味よりはちょっと辛いかな?くらい。ですが、唐辛子特有の風味が豊かなので、愛用している一味唐辛子のひとつです。キャップも結構広口なので、バッサバッサかけて食べるのにちょうどいいんですよね。カップ麺に使用する際、唐がらし族は麺をリフトして、そこへ10振〜15振ずつ集中的にまぶしながら食べてます。箸と唐辛子の二刀流です(キラッ) それから最近ドラッグストアで見つけた「Hachi 激辛一味」という一味唐辛子をついでに試してみたのですが、辛味は弱く(普通の一味よりは辛い)、ハバネロ特有の風味と甘味が結構目立っていたので、ちょっと使い道を選びそう。唐辛子をホールで買って、いちからブレンドして自分で一味唐辛子を作ってみようかなー。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:マルちゃん でかまる 担々ワンタン麺
製造者:東洋水産
内容量:133g (めん90g)
発売日:2014年08月11日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:190円 (税別)
JANコード:4901990331845

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:530㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:2袋 (粉末スープ・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (133g) あたり

エネルギー:615kcal
たん白質:13.6g
脂質:30.9g
炭水化物:70.5g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:3.69mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:286mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:615kcal (めん・かやく:470kca / スープ:145kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料(醤油、ラード、ねりごま、食塩、ごま、香辛料、みそ、チキンエキス、香味油脂、りんご酢、砂糖、たん白加水分解物、粉末野菜、植物油、ねぎ)、かやく(ワンタン、味付鶏挽肉)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、酒精、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、乳化剤、パプリカ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、豚肉、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
こんばんは!
むむっ、こやつは僕の記憶違いでなければ最強ランキングの方にランクインしていたはず・・・(笑)
まあ食べたのチリチリなんで気にしませんwww
ペヤング、心配ですねえ。回収するとかしないとか・・・。早く原因究明してほしいものです。

あ、遅くなりましたがカップ麺が届いたようです(まだチリチリに会ってません)。ありがとうございます!!!!そして四季物語全種GETしましたので送りますね(ニヤリ
Re:ねんごろさん
こんばんは!チリチリさん的には評価が高かったようですが、
自分は担担麺だと無条件に厳しくなってしまう傾向にあるので、
今回こういった評価になったんだと思います^^;
チリチリさんのレビューでは、見た目とコスパが90ptだったので、
そういった部分も大きく評価に影響していたのかもしれませんね。
ペヤング、ちょっと不安になりました。まぁ大丈夫でしょう、多分w
四季物語全種!ありがとうございます!あ、荷物には気持ち程度ですが、
おまけも入れといたんですけど、ちゃんとねんごろさんに伝わってるのかな(笑)
No title
ペヤング、そんなことあったんですか・・。
なんかとばっちりっぽい気もするのですが、どうなんでしょう。
たしかにペヤング新商品の入手はもとからキツイ上に
こんなことでいっそうキツくなるのはツラいです。

マルちゃんの「でかまる」と「ごつ盛り」・・・似ているわりに
なんで値段があんなに変わるのでしょうね??(^_^;)
No title
担担麺だと厳しくなるんですかー。なるほどー。なんか今日のレビューは後半が・・・w厳しいです。
新コーナーがすごく楽しかったんですが何故でしょうねw
No title
ああああ、takaさんのお口には合わなかったでしょうか。。
コスパ大好き人間のチリチリはもう少し味について言及できるようにしないと汗

ちなみに激辛コーナー見てるだけで怖いですw
Re:たういさん
そうなんですよ…ニュースを見て驚きました。
たしかにとばっちりっぽい気もしますね…苦笑。
こんなことで品薄に拍車がかかったらたまりません^^;
マルちゃんの「でかまる」と「ごつ盛り」たしかに似てますねw
一応、「ごつ盛り」はオープン価格の廉価版製品なので、
それなりに差別化は図られていますが、たまにごっちゃになりますw
Re:カブトムシさん
担担麺だと厳しくなっちゃいますねぇ^^;
練り胡麻の風味とか、花椒の存在感とか無かったら特に(苦笑)
「その程度で担担麺を名乗るなー!」ってなっちゃいますw
新コーナー気に入っていただけましたか!また不定期に更新します!
Re:チリチリさん
いや、決して不味くはなかったんですよ^^;
それに口に合わなかったわけでもなかったんですけど、
お前もっと頑張れるだろ!みたいなw あと二捻りほしかったかな。
チリチリさんのコスパ重視な意見、自分は需要があると思ってますよ^^
キャラクターが出てますし、食べ盛りらしいと思える感想が個性的で。b
激辛コーナー、チリチリさん的には参考にならないかもしれませんねw
へーそうなんだー、くらいに読み流しちゃってくださいw
もしくはこれを機に激辛道を共に極めt(ry

管理者のみに表示

トラックバック