日清食品「焼出前一丁カップ」



ペヤングからゴキブリが出てきたとネット上で話題になっていて、どうせネタだろうと思って画像を開いてみると、ちょっとシャレにならない感じでした。普段からこのようにカップ麺を食べているので、捏造であってほしいのですが…。

さて、本日の一杯は、日清食品の『焼出前一丁カップ』です。あーらよっ出前一丁♪という軽快なフレーズでお馴染み、あの出前一丁がカップ焼そばになりました。いつしか自分の周りでは出前一丁の袋麺を全く見かけなくなったので、廃盤になったのかと思っていたのですが、絶賛販売中のようですね。よかったー。それにしても数年は見てない気がするんですけど、どこに売ってるんだろう(苦笑) というわけで、長い間オリジナルの出前一丁は食べてないんですけど、オーソドックスなしょうゆ味のスープに秘伝のごまラー油が効いたあの味わい、今でもハッキリと覚えています。そんな出前一丁の味をイメージしたというカップ焼そば、これは美味しそうですねぇ。あ、出前坊やが持ってる岡持も中身がラーメンから焼そばに変わってる。あれ?岡持って左手で持ってなかったっけ…。





は、『プリッとした食感のウェーブ麺』とのこと。やや細めの縮れた中細麺で、油揚げ麺臭は控えめ。説明通りブリッとした食感が特徴的で、これといって特筆すべき点はないのですが、安定して美味しいと思える焼そば麺です。今回はソースが粉末ソースなので、ややモサモサ感が目立っていたものの、ベタベタしないのは粉末ソースならではの利点ですね。細さもちょうどよかったし、主張具合も強すぎず、弱すぎず、ソースとの相性もバッチリだったと思います。よしよし。

ソースは、『「出前一丁」の味を表現したしょうゆ味の特製ソース』に、別添で『焙煎したごまの香ばしい風味が特徴の秘伝「ごまラー油」』とのこと。出前一丁といえば、この秘伝のごまラー油ですよ。でも、ベースの味が気になったので、ごまラー油投入前にちょっと味見。まさしく醤油ラーメンを彷彿とさせるようなオーソドックスな醤油ベースのソースで、よくある醤油ラーメンの粉末スープをかけたような感じです。素朴な味わいなのですが、土台はしっかりとしていますね。さて、真打ごまラー油投入。入れるときはちょっと量が少ないかなーと思ったんですけど、瞬く間に芳ばしい香りが漂い、あの独特な風味と味わいがフラッシュバック。少量ながらけっこうな威力w でも、きちんとベース自体がしっかりとしていたので、強烈なごまラー油の風味に負けることがなく、ごまラー油一辺倒になっていなかったのが好印象。ごまラー油の量、そしてベースのソースもきちんと計算されたものでした。そのバランスのおかげでごまラー油は最初から最後まで、自分の力を余すことなく発揮できています。一応、ラー油となっていますが、辣油の辛味は殆どないので、焙煎した胡麻の風味の際立った香り高い胡麻油、って感じですね。ソース味の焼そばと比べ、醤油ベースのソースはややコク不足な印象も受けてしまいますが、その分さっぱりと食べることができますし、コクに関してはごまラー油がきちんと補ってくれているので、全く問題ないでしょう。カップ焼そばですが、油脂感は控えめで、さらに芳ばしいごまラー油の風味が食欲を増進させてくれるので、一気にサラッと食べちゃえます。ごまラー油のアクセントを際立たせ、尚且つ主張させ過ぎず、ソースとの兼ね合いがとれていていいコンビでした。

かやくは、『キャベツ、チャーシュー、ナルト、炒りごま、彩りを添えるネギ』とのこと。キャベツはけっこう大振りで、ザクザク食べられる感じがボリューミー。量も思っていたよりたっぷりと入っていて、みずみずしくて美味しいキャベツでした。チャーシューはチップ状のもので、食感はそこまで肉肉しくはなかったのですが、濃いめの甘辛い味付けで、噛んだらジュワッと旨味が染み出してくる感じでとても美味しかったです。小さくて可愛いナルトもラーメンっぽくていいですね。炒りごまは粉末スープと一緒に入っていたのですが、時折感じるプチッとした食感と、芳ばしい風味がごまラー油と相俟っていい感じ。キャベツは如何にも焼そば、チャーシューやナルトは如何にもラーメン、って感じで面白い組み合わせですね。

(標準は★3です)

汁無しラーメンでもない、まぜそばでもない、商品名の通り出前一丁味の焼そばです。味付然り、具材然り、見事にラーメンと焼そばの合いの子、って感じでしたね。それでいて何の違和感もなく受け入れられるような仕上がりで、なかなか上手にまとめてありました。やはり何と言っても秘伝のごまラー油ですよ。この存在は必要不可欠、大活躍でした。出前一丁は久しく食べていませんが、そうそうこれこれ!って。嗚呼、蘇る懐かしきあの日々の記憶…(暫し思い出に浸る筆者w) 麺もソースの雰囲気にピッタリだったし、具材もそれぞれに意味があって、完成度の高さを感じました。ほんと、上手にまとめてあります。欲を言えばメンマもほしかったなー。絶対に合う。でもでも、キャベツの他にもナルトとかチャーシューとか入ってたし、それぞれ量も満足のいくものだったし、昨今のキャベツオンリーなカップ焼そばが多い中、よく頑張ってくれたと思います。ちょっとリッチな気分になれたw メンマに関しては、ほんと欲を言えば、ですね。オリジナルの雰囲気も醸し出せていたと思うし、カップ焼そばとしても素直に美味しかったです。ありがとう出前坊や。夏の間に紹介できなくてごめんね(苦笑) 評価は4が妥当かなー、と思って付けたのですが、これは5でもよかったかもしれません。うーん…4.9ってことでw

Ps. 今回のように「5でもいいかなぁ…でも5にはほんのちょっと足らないかなぁ…5って付けたいんだけどなぁ…いや、でも、あと一歩及ばずな感じもするし…うーん」と、至極優柔不断な筆者が評価に悩んで困ったとき、数字の横に「+」を付けることにし、これを解決策とします。「3+」となっていたら、4でもいいと思ったけど、あと一歩及ばずか、いや、でも、個人的には4を付けたい、いや、でも…って悩んだなーと思ってくださいw あくまで個人的な感想としての評価ですし、「+」の意味も直感的に、シンプルに受け取ってもらえればと思います。内容は前述と被りますが、総評の基準についてのページにも追記しておきます。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:焼出前一丁カップ
製造者:日清食品
内容量:104g (めん90g)
発売日:2014年08月11日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4902105223406

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:510㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末ソース・ごまラー油・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (104g) あたり

エネルギー:495kcal
たん白質:10.3g
脂質:22.4g
炭水化物:63.2g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.44mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:143mg

(食塩相当量:4.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、香辛料)、添付調味料(糖類、植物油脂、ごま、醤油、デキストリン、食塩、香味調味料、香辛料、たん白加水分解物、ポークエキス、香味油、ねぎ)、かやく(キャベツ、味付豚肉、ナルト)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、かんすい、炭酸Ca、グリセリン、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、アナトー色素、香辛料抽出物、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(原材料の一部に卵、乳成分、鶏肉を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
うんうん・・・難しいところですよね。
自分なんか5つの☆だけにしとけばいいのに、優柔不断なんで結局★も含めた10段階になっちゃったんですよねえ。

さて、今日は夜ラーメン発注中です。
このコメント終わったら思いっきり見回ってみます。いろいろ探して珍しいのがあればいいなあと思います。いってきまーす。
Re:カブトムシさん
ほんと優柔不断なんで、評価のときはいつも悩みますw
やっぱり10段階くらいがちょうどですよ。うん。
あ、でも「+」を入れたら20段階に、なる…のか…な。ヤバい←
ラーメン発注中ですか!そういうの探すのって楽しいですよね^^
自分は専ら最近は通販サイトで唐辛子を見ながらニヤニヤしてますw
No title
この製品はすごくよく出来ていたと思います。
いちばんいいところは、
「しっかり出前一丁を焼そばで再現できていた点」ですね!
しょうゆ味とラー油のバランスが絶妙でした。

しかし出前一丁のラー油ってなんであんなにインパクトを出せるのでしょう?(^_^;)
まさに「魔法の油」ですよね!!
Re:たういさん
「しっかり出前一丁を焼そばで再現できていた点」
そうなんです。この点がとても大きかったんですよね。
ほんと自分的にも素直に美味しかったし、評価の数字は迷いましたw
おかげで当ブログにまさかの「+」策が生まれようとはwww
出前一丁のラー油、ただの胡麻油とは全然違いますよね。
あの芳ばしい風味とインパクトの強さは大きいですし、
「魔法の油」という表現、ぴったりだと思います^^

管理者のみに表示

トラックバック