東洋水産「マルちゃん ハリガネ 辛ダレとんこつ味」



今日は勤労感謝の日、我が家では毎年おはぎを作ります。テイストは黄な粉で、ちょっぴり甘め。今宵はこいつを肴に芋焼酎を飲む予定。羊羹とか、団子とか、自分は和菓子を芋焼酎のアテにすることが多いのですが、意外と合うんですよ(笑)

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん ハリガネ 辛ダレとんこつ味』です。ハリガネ久しぶりだなー。この製品で第10段になるみたいなんですけど、けっこう息の長いシリーズですね。ハリガネシリーズは好きで何度も食べているのですが、当ブログでの登場は初めてです。そういえば最近「ピリ辛高菜とんこつ味」が出たばかりですが…あははは。はい、というわけで当ブログは気にせずマイウェイをひた走りますよw このカップ麺の特徴は、商品名にもなっている通り、ずばり麺。博多ラーメンを提供する店でよく耳にする「バリカタ」という言葉。麺の硬さを表す単語で、読んで字の如く茹で時間が短めな硬めの麺のことなんですけど、ハリガネはさらにそれの上をいく硬さランクになります。そんな芯の残っているような硬め食感、ハリガネらしさを表現したというのがこのカップ麺の特徴ですね。麺はいつものようにハリガネを意識した極細麺、スープはクリーミーな豚骨スープに豆板醤と唐辛子の辛さを利かせた特製辛ダレを合わせ、やみつきになる味わいを目指したとのこと。ハリガネは個人的に好きなシリーズのひとつなんですけど、こいつは我々カップ麺ブロガーにとって大きな壁となる要素がひとつあってですね…。そう、湯戻し時間1minuteという短さw 自分がカップ麺を記事にするにあたって避けては通れない写真撮影という行程、もう完全に時間との闘いですよ。モタついてしまったらせっかくの湯戻し1分の恩恵をふいにしてしまいます。そこで自分的対策は、フタは序盤から完全に引っぺがし、タイマーをスタートしてからお湯を入れ(指定の線まで入れるのに大体15秒)、タイマーが30秒に差し掛かったあたりで半ば強引に麺をほぐし(意外とほぐれるw)、45秒に差し掛かったあたりで後入れスープを投入してサクッと撮影一発勝負。で、1分過ぎくらいからちょうど食べ始めることができる、みたいな感じなのですが、もうね、ほんとバタバタ(苦笑) 待ち時間1分とか早いしラッキー♪みたいな余裕なんてないわけですよ。カップ麺相手に臨戦態勢とらなきゃいけないわけですよ。というわけで、呼吸を整え、いざ。Ready, Steady…Go!w





は、『ハリガネをイメージさせる、硬く歯ごたえのある極細の丸麺』とのこと。極細と呼べるかどうかは微妙なところですが、それなりに細い麺ですね。そして湯戻し1分ちょうどで食べ始めることによって、やや芯の残るような食感がハリガネらしさをきちんと演出。細めの麺なら湯戻し3分のカップ麺でも1分で食べ始めれば同じなんじゃ?と、思われるかもしれませんが、この麺の芯の残るような歯ごたえは、ただ戻りきっていない麺のそれとは違うんですよね。きちんと1分で程よく戻るよう計算されて開発されているのがよく分かります。で、数十秒経つとバリカタ〜カタくらいになっちゃうんですけど(笑) 自分はどちらかというと硬麺派なんですが、この麺は2〜3分くらいして馴染んできたくらいが美味しかったです。最初はバリカタ感を味わい、少しゆっくりめに食べてジワジワと馴染んでくる感じを楽しむ、みたいな。後半はカタ〜並くらいにはなってくるのですが、硬麺の状態から食べ始めているということと、細い割に意外と耐久性がある麺なので、のんびりと食べてもヤワにはなりませんでした。ただ、ガチガチに縮れのある麺なので、あんまりとんこつラーメンの麺っぽくはないですね。東洋水産って頑なにウェーブをかけてくる傾向にあるのですが、何故なんでしょう(笑) ちなみに油揚げ麺特有の風味はけっこうあって、いかにもスナック的というか、そんな風味を感じる麺なんですけど、これはこれでいいと思います。厭味な風味ではなかったし、サクッと食べられる感じ。スープとの相性もよかったし、取り合わせ的にも問題ないと思いました。

スープは、『豚骨の旨味を利かせた、濃厚なスープ』『豆板醤を使用した辛ダレ風の特製スープ付』とのこと。ベースは豚らしい旨味のあるスープで、驚いたのが予想以上にとんこつ感がしっかりとあったこと。このシリーズのとんこつ感はスナック的というか、いかにもカップ麺らしいとんこつ味なんですけど、今回は意識的に味わうとやや舌の上にザラつきを感じるというか、そのくらい濃厚なとんこつの風味を感じました。そして後口にほんのりと獣臭が漂い、その鼻を抜けるような風味がなんとも…。豚脂はそこまで効かされていなかったんですけど、カップ麺らしいとんこつ味なのに本格さを感じるような濃厚なとんこつ感と、ほのかな獣臭があったのには驚きました。適度なとろみが濃厚さを加速させ、なかなか飲ませるスープに仕上がっています。そこに別添の辛ダレが加わることによって、味にコクと変化をもたらしてくれるのですが、辛味は想像通りピリ辛にも満たないレベル。かなり弱い。お前が辛ダレを名乗るな、せいぜい赤ダレだろ、みたいな(笑) 豆板醤特有の味噌感や風味や香りはけっこう効いてますね。でも、全体の雰囲気を食ってしまうほどではなく、元の味が大幅に変わってしまうことのない程よい主張具合。辛ダレを全投入しても元のとんこつ感やほのかな獣臭を感じられたので、そういった部分に非常に好感が持てました。辛味も弱かったとはいえ、唐辛子のピリッとした刺激もいいアクセントになっていたし、なかなか上手くまとまっていたと思います。このとんこつ感、いい意味で意外だったなぁ。

かやくは、『ごま、ねぎ、味付鶏挽肉』とのこと。胡麻の芳ばしい風味がとんこつ感のあるスープととても相性がよくて、そうそうこれこれ、って感じ。ねぎも風味があって、意識せずとも麺とともに口の中に入ってきて己の存在を主張。きちんと仕事をこなしていました。鶏挽肉はちょっとスナック的だったんですけど、スパイシーな味付で普通に美味しかったです。それぞれ量もそれなりに入っていたし、シンプルながらも不足感を感じさせない具材構成でした。

(標準は★3です)

全体的に見ると仕上がりはスナック的というか、カップ麺らしい感じだったのですが、そこがいいなーと思えるようなカップ麺です。スープもカップ麺らしいとんこつ味なんですけど、その中でやや獣臭を感じるほどの濃厚なとんこつ感があったのには驚いたし、自分的にはかなり嬉しかったですね。それでいてカップ麺らしい路線だったので、油揚げ麺特有の風味とも相性がよく、なかなかやるな、と。縮れまくっていた麺はどうかとも思うのですが、まぁ東洋水産ですしw こういうものだと思って食べれば違和感を感じないというか、自分を誤魔化せるというかw これはこれでありかなと思いました。あーカップ麺だなぁって感じの味わいなのに濃厚なとんこつ感があって、それでいて全体的に整っている。★は4が妥当かなーとも思ったのですが、ややザラつきを感じるような濃厚なとんこつ感、辛ダレの絶妙な主張具合、全体的に調和のとれた雰囲気、そういった部分に強く好感が持てたので、ちょっとおまけ的な部分もありますが、思い切って5にしました。自分的に再食アリな一杯でしたね。美味しかったです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:マルちゃん ハリガネ 辛ダレとんこつ味
製造者:東洋水産
内容量:95g (めん70g)
発売日:2014年08月04日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:175円 (税別)
JANコード:4901990331821

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:370㎖
調理時間:熱湯1分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (95g) あたり

エネルギー:445kcal
たん白質:13.5g
脂質:23.1g
炭水化物:45.8g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:209mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:445kcal (めん・かやく:352kca / スープ:93kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵白、醤油)、添付調味料(ポークエキス、醤油、植物油、食塩、砂糖、豚脂、豆板醤、香辛料、香味油脂、たん白加水分解物、発酵調味料)、かやく(味付鶏挽肉、ごま、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、トレハロース、かんすい、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酒精、pH調整剤、クチナシ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
こんばんわ^^

ハリガネ食べたことないんですよー。一回食べてみたい。気になるとこです。

話は変わるんですが・・・
実は、1分戻しのエントリでやり直ししたのがあるんですわー。1分だと最初思わずに4分待ってて、あけたらぶよんぶよんwwwもう最悪でした。買ってきてもらってやり直ししました。この世界、結構厳しいですね。見えない努力も大切。takaさんの努力もタイマーセットに見ましたよw

さて、ぬこに餌でもやってきます。
Re:カブトムシさん
どうもです^^ ハリガネけっこうオススメですよー。湯戻し1分指定のカップ麺を4分放置は致命的なミスですねw そうそう、見せない努力が大切です。って自分の場合けっこう頑張ってんだぞアピールしちゃってますがww 猫ちゃんあれから少しはよくなりました?
No title
ぬこの方は完治には1~2か月かかるようです。自然に血漿を体に吸い込むまで時間がかかるようで、とてもかわいそうで見てられません。なので、ストレスないように、いつも膝の上で寝かせたり耳掃除をきもちよい程度にしてあげたり、色々気を使います。

ほんと、今大事な子はこの子なんです・・・(´・ω・`)
Re:カブトムシさん
完治までけっこう時間がかかってしまうんですね…。それまでしっかりとサポートしてあげてください!って、カブトムシさんなら自分に言われるまでもないですよね^^ 本当に早く完治されることを祈ってます!
No title
写真撮影の苦労、痛いほど分かりますwww
ちょっと油断すると湯戻し時間過ぎていて、焦りますよね~。
ハリガネシリーズは以前ぼくも挑戦しましたが大忙しでしたw

カブトムシさんのネコちゃんよくなるといいですね!
Re:ねんごろさん
共感ありがとうございますwww チョッパヤとか、ハリガネとか、もうほんと時間との格闘w 普段は湯戻し5分だとまだかなーって暇を持て余しますが、 このときばかりは湯戻し5分が恋しいですね(笑) カブトムシさんの猫ちゃん、ほんと早くよくなってほしいです!

管理者のみに表示

トラックバック