東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ)豚しおタンメン」



本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 本気盛(マジモリ)豚しおタンメン』です。「大盛」「濃い系」「がっつり」がコンセプトの筆者大好き「本気盛」シリーズ。良くも悪くもインスタントらしさ全開のシリーズですね(笑) 兎にも角にも主張の強い油揚げ麺がどう転ぶか、そこに全てがかかっているようなシリーズです。今回は豚しおタンメンというフレーバーですが、イメージ的にはけっこう本気盛向けなテイストなんじゃないですかね。





は、『なめらかでコシのある、太めの角麺』とのこと。いつもの本気盛の麺だと思います。存在感大。しかし今回はスープがきちんと濃い味だったので、浮いてしまうというような印象は受けませんでした。これ重要。厚みのある平打ち麺で、食べ応えもばっちりです。この麺は食感が独特なんですよね。ふかふかとしているんだけれど、適度にコシや弾力もある、みたいな。個人的に大好きな油揚げ麺です。湯伸びしにくいのも特徴のひとつですね。ほんとこの麺好き(笑) 湯戻し時間は気持ち少しだけ長めに(10秒〜20秒ほど)待ったほうがしっとりしてくるというか、この麺の良さを引き出せるような気がします。

スープは、『ポークをベースに、野菜の旨味とにんにくなどの香辛料でバランスを調えた、塩豚骨スープ』とのこと。想像していたよりもずっととんこつ感がありました。無条件に好感度アップw ポークエキスによる動物系の要素と、ラードによるコクと風味が相俟って、なかなかこってり系のスープです。粉末野菜とラードによるほのかな甘味も感じますね。ニンニクもガツンと強めに効いていて、シンプルに塩豚骨というのを表現し、まったりとしたまろやかな印象を与えつつ、ニンニクのパンチで飽きさせない仕上がり。ホワイトペッパー系のスパイス感もあって、これもなかなか効果的だったと思います。主張の強い本気盛の麺にも負けない濃さだったし、適度なとろみも効果的で、がっつり感と濃厚さを加速させている感じ。特製油による油脂感は強く、比較的オイリーな仕上がりだったので、がっつりいきたいときにはもってこいですね。本気盛らしい。それ故、人によってはクドいと感じてしまうかも(苦笑) 自分的にはハッキリとコンセプトが打ち出せている感じで好印象でした。野菜を炒めたときに使用した油の調理感というか、調味油はそういった要素を感じさせてくれるような役割も担っていたと思うし、具材のもやしの風味がけっこう滲み出していたので、タンメンらしさは醸し出せていたと思います。

かやくは、『FD もやしブロック、キャベツ、味付挽肉、にんじん』とのこと。もやしにシャキシャキ感はそれほどなく、どちらかというとしな〜っとヘタッた食感だったのですが、フリーズドライ具材だけあって、もやしらしい風味がきちんと感じられたのが好印象。スープを飲んだときにもその存在を感じるほどでした。(ちなみに自分ラーメンにもやしは要らない派なんですけどね…w) キャベツは塩豚骨スープによって甘味が引き立ち、とても美味しかったのですが、それ故にもうちょっと入っててほしかったかな。もやしよりもキャベツをメイン具材にしてほしかったw 味付挽肉はスパイシーな濃いめの味付けで美味しかったのですが、量が少なく混ぜてしまうと意識的に食べない限り存在感はなかったです。にんじんも最初こそ見た目的要因として彩りを添えてくれていたんですけど、混ぜると「まじでどこ行った…?」ってくらい見事に消えちゃいました(笑)

(標準は★3です)

意外としっかりめのとんこつ感と、ガツんと効かされたニンニクの主張に好感が持てる一杯でした。分かり易くがっつり系。食べ応えもあったし、“the 本気盛”って感じの仕上がりでしたね。今回のスープは懸念していた麺の主張の強さもしっかりとカバーできていたし、本気盛らしさを演出しつつって感じで上手く纏められていたと思います。もやしの食感はともかく、風味はとても効果的でしたしね。ただ、食べ応えのある油揚げ麺に油脂感の強いスープという組み合わせは、ちょっと人を選ぶかもしれません。が、本気盛のコンセプトを考慮すると、仕上がりとしてはバッチリなんじゃないでしょうか。ゆっくり食べると後半にかけてモタついてくるような印象を受けたため、空腹感に任せてザザッと食べてしまうのがいいかも。自分は食べた時間帯や体調的なこともあって、⅔くらい食べたあたりでちょっと持て余しそうになったので、ジョロキアで味変(?)して最後まで美味しくいただきました(笑) 今回は塩豚骨スープだったので、いつもよりジョロキア特有の柑橘系の風味が目立っていたのですが、その風味がけっこう相性よくて美味しかったです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ)豚しおタンメン
製造者:東洋水産
内容量:105g (めん80g)
発売日:2014年07月28日 (月)
発売地区:全国発売
希望小売価格:190円 (税別)
JANコード:4901990331647

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (105g) あたり

エネルギー:472kcal
たん白質:11.1g
脂質:20.9g
炭水化物:59.8g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:175mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:472kcal (めん・かやく:372kca / スープ:100kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(ポークエキス、植物油、食塩、ラード、砂糖、香辛料、香味油脂、たん白加水分解物、醤油、粉末野菜)、かやく(キャベツ、もやし、味付挽肉、にんじん、でん粉、ゼラチン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、香辛料抽出物、香料、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、クチナシ色素、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
あー、これ、非常に食べたい一杯です。今日は眠気に勝てずそろそろダウンしそうです。ゲームもほとんど消化できず・・・がくっ・・・
Re:カブトムシさん
the 本気盛って感じで自分好みなカップ麺でしたw とんこつ臭はなかったんですけど、豚脂を中心としたとんこつ感がきちんとあって美味しかったですよ^^ お、いまハマってるゲームとかあるんですか?PS3、3DS、PSVITAの中でオススメとかあったら教えてください♪ PCゲームにも手を出したいのですが、Macintoshに対応してなかったり、ノートしか持ってないので、なかなか…。
No title
本気盛はガッツリしていてええですよねえ~、個人的に大好きなシリーズです!
ちなみにチリチリはゲームではパワプロと桃鉄が好きです!w
Re:チリチリさん
このガッツリ感がいいんですよねぇ。たまに裏目に出ちゃうんですけどw 本気盛を食べるときは無条件にテンションが上がります。(きりっ) 桃鉄はたまに無性にやりたくなりますねw あの雰囲気を味わいたくてw パワプロも好きなんですけど、自分スポーツ系のゲームはヘタクソなんですよね…(涙) なので久しくやってないんでが、最近発売された20周年記念のパワプロがけっこう気合入ってそうなんで、買おうかどうしようか悩み中です。

管理者のみに表示

トラックバック