日清食品「麺屋一燈 芳醇香味塩そば」



今朝、高倉健さんと納谷六朗さんが亡くなったという訃報を耳にして驚きました。しかし、名俳優、名声優、お二方の作品はこれからもきっと生き続けることでしょう。自分もそんな人生を歩みたいです。いつか教科書にのるぞー。

さて、本日の一杯は、日清食品の『麺屋一燈 芳醇香味塩そば』です。ローソン限定で発売されていたカップ麺ですね。「麺屋一燈」のカップ麺は、以前タテ型でも再現されていたと思うのですが、自分は食べ損なっていたので、再び発売されると知ったときはテンションが上がりました。たしかチルドタイプのつけ麺も日清食品から発売されてましたね。どんぶり型の製品は、総じて本格さに重点を置いていることが多く、それも再現モノのカップ麺となると尚更。しかも麺屋一燈はクチコミでの評判が凄まじく、行列ができるのが当たり前な超有名店。自分もいつかは行ってみたいラーメン店のひとつです。そんな行列のできる有名店と日清食品のコラボ、しかもノンフライ麺でどんぶり型、これは期待せずにはいられませんね。





は、かなり細めのノンフライ麺で、歯切れの良さが特徴的。博多麺のようなパッツン系の麺です。とんこつ系のスープにも合いそうな加水率の低い麺なのですが、粉っぽさがありつつも博多麺ほどではなく、滑らかでしなやかな麺です。きちんとコシと歯応えがあって、食感も風味もまるで生麺。小麦感が強く、とても風味豊かな麺でした。またその麺の風味や質感が今回の塩スープと相性抜群で、全くスープの邪魔をしておらず、むしろ繊細な塩スープの中で活き活きと映えています。チキンエキスが練りこまれていることによって、スープとの一体感がより高まっているような印象も受けました。麺自体の品質もハイクオリティだったし、取り合わせとしても完璧だったと思います。素晴らしい。

スープは、『鶏と魚介の旨味の効いたコク深い鶏だし塩』とのこと。ベースはしっかりと鶏の旨味が軸になっていて、奥からほのかに魚介の風味が漂ってきます。中でもふわっと香る桜海老の芳ばしい香りが何とも印象的。とても奥深さを感じました。塩スープですが、決して塩っぱくはなく、他の要素を引き立てるという塩の強みを最大限に活かしているような効かせ方。いい塩梅とはまさにこのこと。後入れの調味油は鶏油がメインだったのですが、その表面に浮かぶ鶏油に厭味やクドさは全くなくて、全体をまろやかにまったりと包み込んでくれているような印象。塩によるものか、鶏によるものか、やや甘味を帯びています。慎ましくも決して弱々しくはなく、繊細で落ち着いた上品な雰囲気が漂っていました。カップ麺のスープとは思えませんね。さらに意識的にスープを味わうと、椎茸エキス・昆布エキスによる旨味と風味が感じられます。あっさりながらも深みがあり、まさに芳醇。複合的な要素のそれぞれが絶妙なバランスで、じわ〜っと身体の芯に染み込んでくるようなスープでした。しかも、こんなに本格的なのに液体スープは使用してないんですよね。粉末スープと調味油だけでここまでやるか…。

かやくは、『チャーシュー、ねぎ、味付メンマ、海苔』とのこと。チャーシューは、「ラ王」や「行列のできる店のラーメン」などの高価格帯シリーズで採用されているあの厚切焼豚ですね。言わずと知れたクオリティのチャーシューです。じわっと染み出してくる豚脂の甘味とジューシーさ、そして少し甘めの醤油の風味が今回の繊細なスープの中に映えていました。乾燥具材のチャーシューでは最高峰の肉具材でしょう。ねぎは大きめカットで、ねぎ特有の甘味と風味がきちんと感じられます。メンマも発酵感があって、塩スープとの相性もグッド。ラ王などで使用しているかやくに焼きのりをプラスしたような具材構成ですが、不足感は皆無です。

(標準は★3です)

文句無しの★7つですね。「芳醇香味塩そば」という商品名から受けたイメージを全く裏切らない仕上がりで、麺・スープ・具材のそれぞれが作り込まれており、各々の主張具合や取り合わせとしてのバランスも完璧。総じて上品で繊細な仕上がりで、特に文句の付けどころが見当たりませんでした。中でもほんのりと効かされた桜海老の風味と香りが自分的にツボでしたね。定価で買えば(ローソン限定なので定価購入しかできないと思いますがw)280円ちかい商品ですが、その値段以上の価値があると感じました。高価格帯のカップ麺の中でもトップクラスの出来だと思います。監修した麺屋一燈の店主である坂本幸彦さんは、フレンチシェフからの転身という異色の経歴の持ち主ですが、あなたカップ麺でも天才ですかとw カップ麺を食べてるんだけど、なるほどさすが元フレンチシェフ、って感じのオシャレな雰囲気すら感じました。そんな監修者である麺屋一燈に、またそれを見事に表現した日清食品にも賛美の拍手を送りたいです。ますます実際のお店のラーメンも食べてみたくなりました。いやーうまかったです。ごちそうさまでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:麺屋一燈 芳醇香味塩そば
製造者:日清食品
内容量:96g (めん70g)
発売日:2014年07月22日 (火)
発売地区:全国発売 (LAWSON限定)
希望小売価格:278円 (税込)
JANコード:4902105227855

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:470㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:5袋 (粉末スープ・調味油・焼豚・かやく・焼きのり)

~標準栄養成分表~

1食 (96g) あたり

エネルギー:377kcal
たん白質:11.9g
脂質:11.5g
炭水化物:56.5g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.46mg
カルシウム:158mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:377kcal (めん・かやく:318kca / スープ:59kcal)
食塩相当量:6.9g (めん・かやく:2.1g / スープ:4.8g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、食物油脂、大豆食物繊維、植物性たん白、卵粉、チキンエキス)、スープ(鶏脂、食塩、チキンエキス、魚介エキス、食物油脂、酵母エキス、糖類、椎茸エキス、昆布エキス、魚介調味料)、かやく(チャーシュー、ねぎ、味付メンマ、海苔)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘多糖類、炭酸Ca、香料、乳化剤、酸味料、焼成Ca、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、えび、豚肉、ごま、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
おおおお!★7つが出ました!

なんかテンションあがりますね。なんにしても新製品買いたいけど、色々とお外に出られない事情が・・・w

さて、これすごい気になったんですが、5袋もあるwwwお金かかってるんだろうなー。
Re:カブトムシさん
いつもコメント感謝です^^ FC2からコメント入りましたのメールが来るたびにモチベーションがグッと上がるんですよね。一生涯カップ麺しか食いません。のお二方だったり、カブトムシさんだったり、ブロ友には感謝感謝の日々です。出ましたよー★7つ!連日に渡って手応えありでした。 もう何よりテンションあがっていただけたことにテンションあがりましたねw 色々とお外に出られない事情、理由はともかく、自分も似たようなもんです…w せやから頑張れカリメロ!的なw ほんと世話んなっとります。さすがに5袋は多いですよねw 気合入ってました。b
No title
こんにちは!
これ、美味しかったですよね~。takaさんのレビュー読んでて、一燈に出会った時の感動を思い出していました・・・w
カブトムシさん、takaさんともにお忙しいみたいですが、寒くなってきたので体調には気を付けてください!うちの相方はやられてます(笑)
Re:ねんごろさん
こんばんは^^ これは美味しかったですねぇ。それなりにお高いんですけどw それだけの価値はあったと思います。一燈行きたーい!(切実) 風邪、気をつけないといけませんよね。優しいお言葉ありがとうございます^^ チリチリさんの記事を読んだとき「おいまたかよwww」ってなりましたw ねんごろさんは自分の中でなんか頼りがいあるイメージが強くてですね、アウトドアで鍛えられているという印象もあるので、ねんごろさんは大丈夫!みたいなw 逆にチリチリさんはほんとちょいちょい心配になるんですよね^^; そんなイメージもあって、名コンビだなぁっていつも思ってます(笑)

管理者のみに表示

トラックバック