東洋水産「マルちゃん また食べたくなるラーメン 鶏しお味」



討鬼伝もさすがに飽きてきて、最近は今更ながら戦国無双4(VITA版)で遊んでいます。無双系は一通り遊んだらすぐに飽きてしまう、というイメージが自分の中では強かったのですが、戦国無双4には流浪演武というモードがあって、新たに武将を作成して全国を旅する的な内容なんですけど、やり込み要素もあるし現在メインストーリーそっちのけでプレイ中。さらに今作から神速アクションが導入され、爽快感が大幅に向上。VITAでも十分なバッサリ感が味わえます。しかし、そろそろ進行度もトロフィーも中盤に差し掛かってきたところ。あと何時間遊べるだろうか(苦笑)

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん また食べたくなるラーメン 鶏しお味』です。「また食べたくなるラーメン」シリーズ。このシリーズのコンセプトは、ずばり“無化調”。化学調味料を使用せず、素材・だし・味にこだわっているシリーズです。カップ麺なのにという違和感はとりあえずポイしましょう。ジャンクでインスタントらしいカップ麺も大好きですが、こういったヘルシーで健康志向なカップ麺にも魅力を感じますね。今回はシリーズ初の鶏しお味。濃い系・刺激系のフレーバーとは一線を画す、鶏と魚介のだしにこだわったあっさりとしたスープがクセになる味わいだそうです。シンプルながらも作りこんだ一杯で、「また食べたくなる 美味しいラーメン」を目指したとのこと。仕上がりが楽しみです。





は、『全粒粉を練り込んだ、細めのノンフライ麺』『全粒粉:小麦粉の一種で、小麦の胚乳だけを用いる通常の小麦粉と異なり、小麦の表皮、胚芽、胚乳を全て粉にしたもの』とのこと。まず見た目から一目瞭然ですが、麺の中には焦茶色の粒がたくさん入っていて、小麦を丸ごとすり潰したというのがよく分かります。意識的に味わって噛むと、小麦の甘味、全粒粉らしい芳ばしい風味がきちんと感じられました。食感はモチモチとした食感とは対照的というか、やや粉っぽい質感と舌触りで、ボソッとした感じ。これはちょっと好みが分かれるかも。自分は好みです。とんこつベースのスープにも合いそう。スープが繊細だったため、小麦本来の味わいがしっかりと感じられたことが強く印象に残りました。美味しかったです。

スープは、『チキン・魚介の旨味をベースに香辛料を利かせた、まろやかな鶏塩味スープ』『「赤穂の塩」を使用』とのこと。兎にも角にも強く印象に残ったのが甘味。おそらく鶏の甘味だと思うのですが、ある意味強烈でした。鶏白湯のようなポッテリとした口当たりで、ミルキーなクリーミーさと鶏の甘味が前面に押し出されています。化学調味料無添加というだけあって、さすがにインパクトはありません。しかし、決して薄っぺらいスープではなく、こんぶエキスによる旨味、香味油脂によるコク、鶏脂によるこってり感があって、じっくりと炊き出したような乳化感のある、まろやかでクリーミーな味わいのスープでした。なかでも鶏脂がけっこう効果的でしたね。塩気も程よく、でしゃばっていないのも好印象。こってり好き、濃い味好きの人にとっては物足りなさを感じるようなスープかもしれませんが、無化調でこれだけの出来なら十分なんじゃないでしょうか。よくやってくれたと思います。然し乍ら、仕上がりとしては角がなさすぎるというか、マイルドすぎるほど丸みを帯びたスープだったので、ペッパー系の刺激が欲しかったですね。

かやくは、『先入れ:キャベツ、たまねぎ』『後入れ:ねぎ、粗挽唐辛子』とのこと。キャベツがけっこう大振りで好印象。ありがちな“とりあえずキャベツ”ではなくて、しっかりキャベツ。しんなりとしていてみずみずしく、おいしいキャベツでした。たまねぎは特有の風味、香り、甘味があって、シャキッとした食感がいいアクセントに。小振りながら存在感がありました。後入れのねぎは風味豊かで、粗挽唐辛子も真っ白なスープの中に映えていて見た目にも鮮やか。あといれかやくの包装を開けたとき、唐辛子特有の香りがして、量もけっこう入っていたのですが、直接かじっても辛味は殆どありませんでした。むしろ甘い。何の品種だろう、韓国唐辛子とかかな。肉系の具材は全く入っていませんでしたが、この製品のヘルシーなイメージから特に不満は感じませんでした。ただ、キャベツの甘味、たまねぎの甘味、さらにスープの鶏の甘味が相俟って、種類は違えど甘味甘味と被ってしまっているような印象を受けたので、なにかエッジのある具材がひとつほしかったです。

(標準は★3です)

特筆すべきは化学調味料無添加というコンセプト。カップ麺なのに無化調、それだけで需要と価値のある製品だと感じました。そして全粒粉14%使用のノンフライ麺。スープが非常に繊細だったため、小麦の風味がしっかりと活きている感じ。無化調というだけあって、総じて仕上がりは繊細。やや物足りなさを感じてしまうかもしれませんし、ところどころもう一歩、もう一捻り、という印象は否めませんでしたが、無化調でここまでやってくれたなら上等。化学調味料無添加というイメージと、その繊細な仕上がりから、とても優しい印象を与えてくれるような一杯でした。全粒粉を使用した麺の風味と、スープのじっくりと炊き出したような鶏の甘味を意識して味わって食べるカップ麺、そう思えばこれはこれでありですね。鶏の甘味とクリーミーさが前面に押し出されていたので、ブラックペッパーなんかでアクセントを加えると、より一層美味しく食べられると思います。無化調だとか、野菜たっぷりだとか、健康志向のカップ麺なんてナンセンスだと思っていた時期が自分にもあったんですけど、こういうカップ麺もいいもんですね。歳なんでしょうかw もちろん、これからもインスタントらしいジャンキーなカップ麺はウェルカムですが、健康志向な製品もどんどん出していって欲しいですね。今回の仕上がりだと通常であれば評価は3、といったところですが、化学調味料無添加というところに大きな需要と価値を感じたため、★1個プラスしました。尚、カロリーや脂質は控えめですが、無化調と言えど食塩相当量はカップ麺らしく一丁前にあるので、スープ完飲は自己責任でw カップ麺は健康上よろしくないと叩かれることが多い食品ですが、こういったコンセプトの製品が増えると世間のイメージも変わってくるかもしれませんね。またこのシリーズからリリースされる次なる製品が楽しみです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:マルちゃん また食べたくなるラーメン 鶏しお味
製造者:東洋水産
内容量:113g (めん70g)
発売日:2014年07月21日 (月)
発売地区:全国発売
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901990331661

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (液体スープ・かやく・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (113g) あたり

エネルギー:362kcal
たん白質:10.8g
脂質:9.0g
炭水化物:59.5g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:170mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:362kcal (めん・かやく:302kca / スープ:60kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.1g)

原材料名:めん(小麦粉(全粒粉14%)、食塩、卵白)、添付調味料(チキンエキス、鶏脂、食塩、植物油、香味油脂、醤油、香辛料、こんぶエキス、砂糖、魚介エキス、酵母エキス)、かやく(キャベツ、たまねぎ、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、酒精、かんすい、炭酸カルシウム、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、増粘多糖類、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、豚肉、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
takaさん御無沙汰です!
そのカップ麺僕も食いましたよ!インパクトはないけど、カップ麺らしいジャンキーさがない割にしっかりとあっさりと上手いので高評価出しましたなあ~
懐かしい感じで見てました!!
No title
あらら、結構皆さん食べてる・・・買ってみたいけど、多分時期遅れで、またレビューするんですよね、これが・・・(苦笑)
そういえば、無双ですが、かれこれ数年以上はしていません。PSが恋しいです。PS2の時代が懐かしいです。処理落ち・・・
Re:チリチリさん
チリチリさんのレビューも見ましたよ^^ このコンセプトは良いですよね!こういった路線のカップ麺が増えたら、カップ麺に対しての世間のマイナスな印象も少なからず減りそうなのになー。
Re:カブトムシさん
このカップ麺はオススメですよ^^ カップ麺を食べてるのに罪悪感がそんなにないっていうw お、カブトムシさんもゲームされるんですね。無双シリーズの初代は随分と昔のように思えますが、PS2の処理落ちw 派手な技を使ったら一発でしたもんねww

管理者のみに表示

トラックバック