日清食品「カップヌードル レッドシーフードヌードル」



奥様A「あら、そういえば今日はポッキーの日ですわよ奥様。」奥様B「あら、ほんとね。平成11年11月11日に1が6個並ぶからってことでスタートしたらしいですわよ奥様。」奥様A「あらやだ、安易よねぇ〜(笑)」奥様B「捻りがないわよねぇ〜(笑)」奥様A「ちょっとちょっと、プリッツも忘れてはいけませんことよ奥様。」奥様B「あらやだ。そうなの?」奥様A「だって今日はポッキー&プリッツの日ですもの。」奥様B「あらもうやだわぁ〜、いっつもポッキーばっかり目立っちゃって。」(その後、奥様方の会話は各々の夫の愚痴へとシフトし、寒い寒いといいつつ焼芋を買って寒さを凌ぎ、また太るだの何だの言いながら立ち話は日暮れまで続いた…。)自分はポッキーもプリッツもあまり食べないんですけど、極細のポッキーだけは狂ったように食べていた時期がありました(笑) いやーしかし飲み屋のポッキーってなんであんなに高いんですかねww

さて、本日の一杯は、日清食品の『カップヌードル レッドシーフードヌードル』です。このレッドシーフードヌードル、去年「 SURVIVE!レッドシリーズ」の第一弾として発売されていましたが、自分はタイミングを逃して食べることができませんでした。そんなレッドシーフードヌードルが今年も発売されるということで、このカップ麺のニュースリリースを見たときは思わず「よっしゃ!」って声に出してしまいましたねw もう未練タラタラだったので(笑) なんかドキドキするなー。





は、『カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺』とのこと。いつものカップヌードルの麺ですね。ほんと一貫してくれます。この姿勢は是非とも貫いてください。ほぼどんなスープにも合ってしまうような柔軟性の高い万能麺ですし、今回はシーフードヌードルをベースとしたスープなので、相性が悪いわけがない。ロングセラー商品であるオリジナルのイメージも重なって、取り合わせは完璧と言っても過言ではないでしょう。カップヌードルの麺って偉大だなぁ。

スープは、『「シーフードヌードル」のスープのコクと風味はそのままに、赤唐辛子、粗びき黒こしょう、キムチで後引く辛さに仕上げ』たとのこと。そうそうこれこれ、って感じのあの慣れ親しんだクリーミーなシーフードヌードルのスープに、赤唐辛子とブラックペッパーによるピリッとした刺激、そしてほんのりとキムチの風味がプラスされた、って感じの商品紹介通りのスープです(笑) パケージにも「辛口」と書いてありますが、麺をすすっているときはそうでもないんですけど、スープを飲むとピリッとした刺激を感じます。辛味レベルはピリ辛くらいですかね。直接的に辛いというよりも、スープの熱によって唐辛子の辛味成分が増して、それで刺激を感じる、みたいな。ちょっと分かりづらいですかね(苦笑) つまりアツアツだとそれなりにピリッとくるけど、冷めてきたら殆ど辛くない、みたいな。このタイプの辛味であれば、そんなに免疫がない人でも美味しいと感じられる程よい辛さだと思います。そんなピリッとした心地のいい刺激が食欲を増進させてくれ、しっかりとシーフードヌードルらしい海鮮の風味と、あのミルキーな乳化感のあるコクと旨味が感じられました。これ重要ですね。そして後味に乾燥キムチっぽい風味と酸味がふわっと香り、じんわりと後引く味わいで、スープにさらに複雑味が生まれて思わず箸が進むような仕上がりでした。尚、オリジナルには入っていない豚脂によって、気持ち動物系のコクが深かったように思います。

かやくは、『イカ、キャベツ、スクランブルエッグ、カニ風味かまぼこ、ネギ』とのこと。オリジナルのシーフードヌードルと同じかと思ったのですが、貝柱が入っていませんね。それでも出来上がりはカップヌードルらしく、膨張した具材で一面を覆い尽くすほどに量はしっかりと入っていました。イカやカニ風味かまぼこによって、シーフードヌードルらしさ、海鮮っぽさはきちんと醸し出せていたと思います。今回はスープにピリッとした刺激があったので、みずみずしいキャベツと甘味のあるスクランブルエッグはオリジナルのシーフードヌードルのときよりも映えていたように感じました。あと、写真をご覧になってもらえれば一目で分かると思うのですが、明らかに通常の2倍以上の大きなイカが入っていて嬉しかったですw ちなみに筆者はブログを始める前、ずっとこいつはタコだと思ってました。←

(標準は★3です)

レッドシーフードヌードルという商品名の通り、ピリッと刺激的なシーフードヌードルでした。もう不味いわけないですよね。オリジナルのシーフードヌードルらしさがきちんと感じられるので、シーフードヌードルが好きな人に対してはまず外さないカップ麺と言えるでしょう。食べる前のイメージ通りの味だったとはいえ、ピリリとした辛さの中できちんとシーフードらしい海鮮の風味が感じられたし、特に大きく文句をつけるところは見当たりませんでした。強いて個人的な不満を挙げるとすれば、もうちょっと辛くてもよかったかな。この安定感で製品化できるなら、いっその事レギュラー化してほしいですね。欧風チーズカレーの横あたりにポストを設けてもいいんじゃないでしょうか。もしくは毎年恒例の準レギュラー商品的な立ち位置で、今後も存続させてほしいです。来年はBIGで出ないかなー。ちなみに★の数は4ですが、オリジナルのシーフードヌードルの要素を明確に感じられたことと、飽きのこない味わいから、シーフードヌードルが好き、ちょっとピリ辛なのも好き、って人は箱買いしてもいいレベルのカップ麺だと思います。美味しかった。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:カップヌードル レッドシーフードヌードル
製造者:日清食品
内容量:75g (めん60g)
発売日:2014年07月22日 (火)
発売地区:全国発売
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4902105222676

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:310㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (75g) あたり

エネルギー:337kcal
たん白質:9.2g
脂質:13.5g
炭水化物:44.9g
ナトリウム:1.9g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.1g)
ビタミンB1:1.06mg
ビタミンB2:0.19mg
カルシウム:91mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:337kcal (めん・かやく:294kca / スープ:43kcal)
食塩相当量:4.8g (めん・かやく:2.0g / スープ:2.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(ポークエキス、香辛料、チキンエキス、豚脂、香味調味料、魚介エキス、糖類、野菜エキス、乳等を主要原料とする食品、醤油)、かやく(いか、キャベツ、味付卵、魚肉練り製品、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、増粘多糖類、カラメル色素、乳化剤、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に落花生、かに、ごま、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・落花生・かに・豚肉・鶏肉・いか・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
これこれ!

うちの弟もおいしいって言ってました。

なぜか・・・自分のカップ麺貯蔵箱からこれがなくなってたんですよね(涙)

この商品のレビューを待ってたとも言いますwまた買おうかな~。
Re:カブトムシさん
弟さんにやられましたかw 自分は調子に乗って箱買いしたので、まだまだ在庫ありますし送りますよ?笑
No title
こんばんは~!
これ、結構美味しかったです~。また食べたい&準レギュラー化には同意です!!
実は今の今までタコだと思ってたクチです・・・ww
Re:ねんごろさん
こんばんは^^「また食べたい&準レギュラー化には同意」ですよねですよね!!いやーねんごろさんもタコだと思ってたクチですかw 一緒一緒ww

管理者のみに表示

トラックバック