サンヨー食品「サッポロ一番 アラビヤン スパイシー焼そば レギュラーカップ」



IH調理器の危険性について書かれた記事をたまたま読んだのですが、調理中にIH調理器から発せられる電磁波が人体に悪影響を及ぼすとのことで、ガン細胞の増殖、白血病や脳腫瘍のリスクの著しい増加、なんだか読んでいて怖くなりました。確かに便利だし、火災の危険性も減る。しかし、人体への悪影響を除いても、火で調理することを知らない子どもが増え、その子たちが大人になったら—なんて考えると、そういった意味でも怖いなぁ…って。カップ麺然り、やはり便利なものにはそれ相応のリスクが付きものなんですかね。そんなことを考えながら今日もカップにお湯を注ぐわけなんですけど…苦笑。

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の『サッポロ一番 アラビヤン スパイシー焼そば レギュラーカップ』です。おお、なんともレトロ感満載なパッケージ。そこから醸し出されているレトロな雰囲気によって新商品なのに賞味期限が切れt…(ry 7月7日に「サッポロ一番 アラビヤン スパイシー焼そば 大盛カップ」がリリースされ、その次の週にレギュラーサイズ版として発売されたのがこの商品。ちなみに大盛バージョンのほうは別添で特製スパイスが付いていたようですが、こっちには付いてないみたいです。うーん、残念。(一生涯カップ麺しか食いません。57個麺参照) 過去にもカップ麺化された「アラビヤン焼そば」を目にしたことはあったのですが、カップ麺バージョンを食べるのは今回が初めて。袋麺は何度か食べたことがあるんですけど、関西では滅多に見かけませんね。たまーに業務用スーパーなんかで見かけるくらい。そんな袋麺「アラビヤン焼そば」の独特な雰囲気を活かし、よりスパイシーな味わいに仕上げたレギュラーサイズのカップ焼そばというのが今回のカップ麺。その独特な雰囲気は既に記憶から薄れつつあるので、新鮮な気持ちでいただきたいと思います。で、中身とは関係ないんですけど、このパッケージのターバン巻いた人形をですね、じーっと見つめて目を合わせてたら何だか怖くなってきてですね、ふと我に返ったときにカップ麺をじーっと見つめている自分の姿を想像したらさらに怖くなってきてですね、複雑な気持ちになりましたw あーさっさと食べよw





は、『もっちりした食感の中細ちぢれめん』とのこと。弾力やコシがきちんとあって、食感は想像以上にもっちり。ちょっと別の作業をしていて食べ終わるのが遅くなってしまったんですけど、最後までもちもちでした。パッケージのレトロな雰囲気とは裏腹な、次世代系の油揚げ麺ですね。もっとチープな麺を想像していたので、ちょっと意外でした。それからサンヨー食品ということで、勝手に真っ白な麺を想像していたんですけど、白くなかったですw 油揚げ麺特有のニオイはそれほど強くなく、それでいて油揚げ麺らしい芳ばしさはきちんと感じられるような程よい具合。それから麺一本一本が独立しているというか、なんて書けば伝わり易いかなぁ…。こう、バラッとした感じ、です、はい(笑) これはサンヨー食品のカップ焼そばのときによく感じる感覚なんですけど、「サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば」の麺を想像していただけると近い感覚。でも、こっちのほうが芳ばしいというか、焼そばらしい麺でした。白くなかったしw

ソースは、『酸味のきいたウスターソースをベースにした袋めん「アラビヤン焼そば」の美味しさそのままに、香辛料を増量してスパイシーな味わいをさらに際立てたソースに仕上げ』たとのこと。ベースはウスターソースらしい酸味の効いたサラッとしたもので、ウスターソース特有の酸味と程よいフルーティさが印象的。パッケージの見た目からカレー味っぽいイメージが先行してしまいますが、紛れもなくソース焼そばです。そして香辛料によるスパイス感はガラムマサラっぽい感じで、刺激を付け加えるというよりも、あくまで香り付けが施されているような印象。シナモン・グローブ・ナツメグを中心とした主張が主に感じられました。独特の甘味、ほのかな渋味と苦味、鼻を抜けるような香りがメインのスパイス感、そのどれもが主張しすぎることなく絶妙なバランスで配合されており、ベースのシンプルなウスターソースの酸味と相俟って、意識的に食するとかなり複合的な風味を感じます。なるほど、これが“摩訶不思議な美味しさ”か、みたいな。カレー味のカップ焼そばほどのスパイス感はなく、そういった刺激を求めると物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、これはあくまでソース焼そば。意識することによって素朴さの中に深みを感じるというか、酸味とスパイスの一体感が絶妙で、食べるほどにクセになりそうな味わい。いい意味で異質なソースだなと思いました。

かやくは、『キャベツと肉そぼろがソースとよく合い、別添の青のりが焼そば全体の味と香りを引立て』るとのこと。キャベツは、普通においしいキャベツです(笑) 甘味があってみずみずしい。サンヨー食品のキャベツはこの甘味とみずみずしさが印象的ですね。量は多いわけではなかったのですが、今回のようにソースが粉末ソースのみの場合、キャベツの量が多いとソースをだいぶ持っていかれるので、このくらいの量でちょうどだったと思います。そこまで計算して量を調節したのであれば、サンヨー食品のユーザーへの想いと製品開発への姿勢を高く評価したいです。って考えすぎですかねw 肉そぼろはスパイシーな味付で、それほど主張してはいなかったのですが、やっぱり肉具材が入っているのは嬉しいし、意識的に食べると美味しかったです。青のりは見た目にも鮮やかで、あくまでソース焼そばであることを再認識させようとしているようにさえ思えました。って考えすぎですかねw

(標準は★3です)

スパイス感のあるソース焼そば、ってそのまんまなんですけどw まさにそんな仕上がりで、ただのソース味でもない、かといってカレー味でもない、意外にありそうでないようなフレーバーでした。ある意味どっち付かずな仕上がりでもあるため、他社が製品化すると商品名によっては物足りなさを感じてしまいそうというか、アラビヤン焼そばだからこそ許されたテイストというか、そんな印象を受けました。こういう食べ物なんだぞ、みたいな。液体ソースでは表現できないような、粉末ソースならではの味わいも印象に残りましたね。素朴でシンプルで、でも普通とは違っていて、いかにもコアなファンを獲得しそうな味というか、ほんとクセになりそうな感じ。ちょっと異質で個性があって、なかなか美味しかったです。今回は★を4にするか5にするかで迷ったのですが、兎にも角にも複雑味のある絶妙な味わいが印象的だったので、思い切って5にしました。で、中身とは関係ないんですけど、パッケージを破くときに人形がプリントされている部分が破けないよう慎重に慎重に開封しました…苦笑。だってなんか怖かったんだもんw ←

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 アラビヤン スパイシー焼そば レギュラーカップ
製造者:サンヨー食品
内容量:102g (めん90g)
発売日:2014年07月14日 (月)
発売地区:全国発売
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4901734022305

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:510㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (特製粉末ソース・青のり)

~標準栄養成分表~

1食 (102g) あたり

エネルギー:460kcal
たん白質:8.2g
脂質:17.4g
炭水化物:67.6g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

(食塩相当量:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、糖類、粉末卵)、ソース(糖類、食塩、粉末ソース、香辛料、粉末酢、植物油脂)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、青のり)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、酸味料、かんすい、結晶セルロース、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、大豆を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
粉末スープって珍しいですよね。なんか袋めんが食べたくなりました。

だが・・・この製品初めて見たんですwwwどこの国の製品かと思った自分はまだまだです。
Re:カブトムシさん
最近は液体ソースが主流ですからね。粉末ソースであっても調味油が付いてたり、液体ソース+粉末ソースだったり、ってことが多いですし。ちなみにアラビヤン焼そば(袋麺)は、1967年から発売されている地味に(って言い方も変ですがw)ロングセラー商品なんですけど、他地域では売れ行きが悪かった、という理由から千葉県北部から茨城県南部を中心に販売されていたみたいなので、全国的な知名度が低いんだと思います。自分もこの焼そばの存在を知ったのはほんの数年前ですよ^^
No title
こんばんは!
あんなに昔の記事なのに紹介、ありがとうございます!!食べた僕自身ですらすっかり忘れてましたwww
独特のクセのある味わい、コアですよね~(笑)
大盛りの方にはスパイス粉末がつくんですね!結構なアクセントになると思うので機会があれば食べてみてください!!
Re:ねんごろさん
こんにちは。見つけて「お!」ってなったので^^ コアでしたねぇ(笑) おそらく生産終了してると思うので、来年の夏あたりにまたリリースされないか期待してます!

管理者のみに表示

トラックバック