日清食品「日清ラ王 Selection 激辛旨味噌」



本日の一杯は、日清食品の『日清ラ王 Selection 激辛旨味噌』です。「日清ラ王 Selection」ラ王ブランドの新しいシリーズみたいですね。(え?今日からシリーズ第2弾が発売されてるって?…しーっ。←) メーカー曰く、「日清ラ王」ならではの「まるで、生めん。」のような麺の品質と「厚切焼豚」の食べ応えはそのままに、スープに季節感や街のトレンドといった「旬の味」を取り入れたワンランク上の新シリーズとのこと。ただでさえラ王というブランドは高級路線のカップ麺なのに、さらにワンランク上なんて言われたら、どんだけ高級やねんって感じですよねw そんな日清ラ王 Selectionという新しいシリーズから、第1弾として放たれたのが今回のカップ麺なんですけど、これがまさかの激辛系w ラ王というブランド自体、カップ麺らしからぬというか、本格感がモットーで真面目、みたいなイメージが強いので、激辛系というのは非常に意外でしたね。通常のラ王よりも更にワンランク上のシリーズが登場ってだけでも“おぉー”って感じなのに、まさかその第1弾から激辛路線で打ってくるなんてw 攻めたな日清w これは非常に楽しみです…ふんふんっ(鼻息)





は、『つるみ、コシ、もっちりとした食感が特徴の3層太ストレートノンフライ麺』とのこと。まるで、生めん。まさにです。滑らかな表面のストレート麺は口当たりがよく、辛口なスープにも負けない小麦っぽい風味や甘味なんかがしっかりと感じられました。食感はモチモチを通り越してムッチムチw やだもうなにこれ〜!って感じの麺ですねw 形状はやや平打ちで、スープの乗りも良く、今回のスープとも相性ばっちり。取り合わせとしても申し分のない麺でした。さすがラ王、裏切りませんねぇ。高価格帯のカップ麺でこういった本格的なノンフライ麺だった場合、麺の量は60gくらいがデフォなんですが、この子は麺量75g。よっ、太っ腹ー。まさに日々の培われてきたノウハウが活かされているような印象を受けました。ほんとインスタントとは思えないような麺で、後半になっても湯伸びしにくく…というか、湯伸びする気配が全くなかったのでw そう考えたらある意味インスタントらしいのかな…って、こんなふうに考えながらカップ麺を食ってる俺って…w

スープは、『炒めたジンジャーとガーリックの風味を利かせ、豆板醤と赤唐辛子で仕上げた、激辛でありながら豆味噌の旨みとコクが十分に感じられるスープ』とのこと。炒めたジンジャーとガーリックの風味、かなりしっかり効いてます。野性的というか、パンチがあって力強いスープに仕上がっていました。さらに豆板醤の発酵感や味噌の輪郭がハッキリとしていて、味噌特有の風味とコクが明確に感じられたのが好印象。ジンジャーとガーリックのパンチにも負けていません。そしてベースを支える豚を中心とした動物系の旨味、これによってスープに厚みが生まれています。そして、意外だったのが黒胡麻。黒胡麻特有の芳ばしさが程よいアクセントになっていて、なかなか効果的で面白かったです。ただ、「ラ王」というブランドから想像できていたことですが、辛味としてはピリ辛に毛が生えた程度ですね。激辛と呼べるレベルには到底及びません。激辛路線のカップ麺なのにこれってどうなんだ?とも思ったのですが、まぁラ王ですし…ねw とりあえず引っかかったのは「これ激辛か…?」という点だけで、濃厚で芳醇な味噌の風味と動物系の旨味、ジンジャー&ガーリックのパンチ、適度な辛味、それぞれが調和のとれたバランス感には素直に好感が持てました。突き抜けた辛さとはお世辞にも言えませんが、完成度の高さは秀逸。良くも悪くもラ王らしいスープと言えるのではないでしょうか。

かやくは、『食べ応えのある厚切焼豚、青ネギ、白ネギ、唐辛子』とのこと。厚切焼豚たまりませんねw ソフトでホロッとした食感で、脂がのっていて非常にジューシー。この時期の秋刀魚もビックリですわ。レトルトじゃない肉具材の中では、まさに最高峰と言っても過言ではないでしょう。高級感。ほのかに甘味を感じる味付で、辛口スープとの相性も良かったです。ネギは非常に香りがよくて、けっこう存在感がありました。唐辛子は輪切り状のものが入っていて見た目にはよかったのですが、今回の雰囲気だと個人的には粗挽きにしてほしかったです。チャーシューの存在感があまりに大きかったため、序盤に食べてしまうと後半ちょっと寂しくなりそうですね。自分は好きな物は最後に食べる派なので、後半の後半に食べましたw

(標準は★3です)

激辛と謳うならもっと気合い入れろー!と、言いたくなる感じではあったのですが、ほどよく辛口で、本格感があって、如何にもラ王らしいというか、「ラ王 Selection」というシリーズのコンセプトが垣間見えた気がしました。何と言っても辛味噌としての完成度が非常に高かったです。麺も美味しかったし、スープも本格的、チャーシュー最高。うん、さすが「ラ王」って感じですね。ちょっと★の数は悩みました。って、いつも悩んでるんですけどw 激辛とか言いながら激辛には程遠いかったし、でも辛味噌スープとしての完成度の高さは評価したい…しかし、この本格感のある仕上がりは「ラ王」という既に定評のあるブランドにとっては“当たり前”。で、結果このくらいが妥当かなーと。やはりラ王シリーズで暴走するのは厳しかったみたいですね(笑) でも、これは当たりのカップ麺のひとつだと思いました。商品名が「旨辛味噌ラーメン」とかだったら全然違和感なかったのになぁ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:日清ラ王 Selection 激辛旨味噌
製造者:日清食品
内容量:116g (めん75g)
発売日:2014年07月14日 (月)
発売地区:全国発売
希望小売価格:230円 (税別)
JANコード:4902105224533

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・焼豚・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (116g) あたり

エネルギー:469kcal
たん白質:11.6g
脂質:19.4g
炭水化物:62.2g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:157mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:469kcal (めん・かやく:334kca / スープ:135kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:2.3g / スープ:5.1g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、卵粉、チキンエキス)、スープ(豚脂、味噌、ポークエキス、香辛料、食塩、植物油脂、豆板醤、小麦粉、香味油、ごま、イカパウダー)、かやく(チャーシュー、ねぎ、赤唐辛子)、加工でん粉、調味油(アミノ酸等)、かんすい、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸Ca、酸味料、香辛料抽出物、乳化剤、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・いか、大豆、ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック