日清食品「行列のできる店のラーメン 麻辣担々麺」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、勝手に47都道府県の一番搾り企画、「一番搾り 神戸づくり」です。我らが兵庫県を代表する一番搾りで、兵庫県産山田錦を使用しているのがポイント。もう何度も飲んでいるので、あんまり感動は無いけどw 膨よかな米の旨味と少しフルーティなホップの香りが印象的で、米の旨味から日本らしさ、そしてホップの香りからはハイカラな印象を受ける、華やかなイメージのある神戸の雰囲気を思わせるビールです。まぁ個人的には神戸=華やかというイメージよりも、路地裏や高架下のディープな雰囲気の方が好きなんですけどねw なんかこう、そのイメージよりも、どちらかというとポートアイランド的な一杯です(伝わりますかねw)

進行状況:「北海道」「岡山」「福岡」「神戸」



さて、本日の一杯は、日清食品の「行列のできる店のラーメン 麻辣担々麺」です。希望小売価格が290円のハイエンドブランド「行列のできる店のラーメン」シリーズの担担麺といえば、2016年の9月に「特濃担々麺」がリリースされ、現在では通年商品としてレギュラー入りを果たし、何度かリニューアルされているのですが、それとは別に「麻辣」バージョンが登場しました。当ブログの記事では、頻繁に「麻味」「辣味」という単語を使用しているんですけど、「麻」は主に「花椒」のビリビリとした痺れ系の刺激を指し、「辣」は「唐辛子」などによるヒリヒリとしたカプサイシン系の辛さを指します。既存の「特濃担々麺」では総評★6+という高得点を叩き出しているので、それがベースとなっているのであれば、かなり期待できそうですね。無論、「麻辣」の刺激レベルにも注目しながら評価したいと思います。





スープは、「練りごまをふんだんに使用し、花椒と唐辛子で仕上げた深みのある濃厚な担々スープ」とのこと。激しく濃いw まずスープの方向性なんですが、既存の「特濃担々麺」の延長線上にあると思います。兎にも角にも芝麻醤(ねりごま)の存在感が圧倒的な担担で、「液体スープ」とは別に「ねりごま」だけの小袋が入っているんですけど、その量も尋常ではありません。担担麺には芝麻醤だろ! このイメージが強い人にとっては、後述するカロリーや脂質の高さを差し置いて飲み干したくなってしまうような魅力を感じるスープだと思います。そして「麻辣」ですが、これが予想以上に硬派なタイプで驚きました。激辛とは言いませんが、少なくともピリ辛の範疇は優に超えています。人によっては、辛口以上と感じる方もいらっしゃるかもしれません。まず花椒の麻味なんですけど、あくまで常識の範囲内とは言え、慣れていない人には厳しいレベルだと思います。かやく入り粉末スープにも花椒は仕込まれていたのですが、どうやら液体スープにも花椒系のオイルが添加されているようですね。次に唐辛子の辣味なんですけど、これも骨がありますよ。主に液体スープの辣油成分による部分が強かったのですが、赤いオイルは決して見た目の飾りではありませんでした。まず芝麻醤を筆頭に、ずっしり胃にくるほど濃度の高い「特濃系」の名に恥じない濃さでありながら、辣油の辛さと花椒の清涼感が加わることで、きちんとバランスが取れているんですよね。かなり粘度の高いスープですが、そのトロミを不自然に思わせない芝麻醤と動物系のコクが好印象な、濃厚の指標を履き違えていない濃度の高さに好感が持てた担担スープでした。ちなみに小袋の投入順は、熱湯を注ぐ前に「かやく入り粉末スープ」を入れ、熱湯を注いでから4分後に「ねりごま」「液体スープ」の順に入れるよう指示があるので、それぞれ入れるタイミングと順番に気を付けてください。

は、「しなやかでコシのある中細ストレート麺」とのこと。「特濃担々麺」のノンフライ麺と比較して、前作の麺よりも加水率が低く、見た目も白っぽくて、断面の四角い角刃の中細ノンフライ麺だったんですが、私が記事にしている「特濃担々麺」はリニューアル前の初版だけなので、現行のノンフライ麺は仕様が異なっているのかもしれません。もしかしたら、この麺と同じなのかな。担担麺に合わせる麺は、ちょっと柔らかめで、丸刃で切ったストレート状の低加水麺、みたいなイメージが強かったりするんですけど、スープの濃度が尋常じゃなかったので、角刃の口当たりが麺の存在感を埋没させない工夫として効果的だと感じました。それに、角刃でありながらもスープとの一体感は高く、ど濃厚なスープに埋没しない自己主張を放ちながら、決して孤立するような印象は与えません。ただ、スープと対峙させた場合、やや押され気味ではありました。とは言え、今回のカップ麺はスープ命と言っても過言ではない仕上がりなので、麺はスープを運ぶために尽力する、くらいの存在感が適切でしょうか。そう思うと、この麺の立ち位置は秀逸だと思います。個人的には、丸刃の低加水麺でも食べてみたくなっちゃったんですけどね。

具材は、「ミンチ肉、チンゲンサイ」とのこと。かやく入り粉末スープなので、そこまで盛大なボリュームには期待できませんが、ミンチ肉と青梗菜の質は申し分ありません。ミンチ肉は自然な食感で、味付けは濃いめ。かやく入り粉末スープに仕込まれていた花椒が具材にも影響しているので、ミンチ肉を食べているときにも花椒の麻味を感じます。これが濃厚なスープの中で効果的なアクセントになっていて、液体スープの辣油が薄れてくる後半、ミンチ肉を意識的に食べると嬉しい変化が得られました。青梗菜は厚みのある茎の部分が特に好印象で、麻辣担担スープと対比を描いているような特有の甘味が箸休めに良かったです。もうちょっと青梗菜が多いと嬉しかったんですけど、スープの濃度を思えば不満ではないでしょう。


(標準は★3です)

既存の「特濃担々麺」をベースに、辣油と花椒を増したような一杯だったので、もう当たり前のように美味しかったです。そんな麻辣の刺激が人を選ぶポイントになってくるかもしれませんが、「特濃担々麺」は芝麻醤が魅力的だけど、その芝麻醤が重すぎる…と、感じていた人にとっては、かなり理想的なバランスなのではないでしょうか。私は担担麺を食べる際、スープに辣味・麻味・芝麻醤のコクを求めているので、まさにドンピシャな仕上がりでした。欲を言えば、もっと刺激は強い方が嬉しかったんですけどね。でもトータルバランスを考慮すると、麻辣の効かせ方は適切だと素直に思えました。ちなみにノンフライ麺を採用したカップ麺なのに、全体のエネルギーは683kcal(調理直後に分別して分析した値によるスープのカロリーは規格外の359kcal…!)で、脂質は38.5gと意味不明な数値になっているのですがw そのくらいスープが濃厚で、本格的だということです。原材料名の順番を見ても面白くて、通常「めん」「スープ(添付調味料)」「かやく」の順に記載されているのですが、今回は「めん」を差し置いて「かやく入りスープ」の項目が手前にありますからね。で、唯一のネックとなるのが価格帯。コンビニで定価購入してしまうと、税込価格は “カップ麺のくせに” 310円ですよ。…は? って思いますよねw ただ、外食先で担担麺を食べようと思ったら、ワンコインの500円でも破格の値段設定とも思える時世ですよ。もちろん1,000円台の高くて美味しい本格的な担担麺には太刀打ちできませんが、こう言っちゃ失礼だけど、500円程度の担担麺なんて、たかが知れてます。それを思えば、こんなに本格的な担担麺が “たったの310円” で味わえる、そう私は感じました。ってか、生半可な店の担担麺よりも美味しいですよw 700円台の担担麺を提供している店でも、ヘタしたら正直これ以下のスープありますからね…w カップ麺としては限界に近い値段設定になりますが、モノサシの指標をカップ麺ではなく本格的な店の担担麺に匹敵する、というサイズにまで伸ばしてやれば、むしろコストパフォーマンスに優れた一杯と言えるのではないでしょうか。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:行列のできる店のラーメン 麻辣担々麺
製造者:日清食品
内容量:152g (めん70g)
発売日:2017年9月4日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ミニストップ
取得価格:310円 (税込)
希望小売価格:290円 (税別)
JANコード:4902105243251

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (かやく入り粉末スープ・液体スープ・ねりごま)

~標準栄養成分表~

1食 (152g) 当たり

エネルギー:683kcal
たん白質:16.2g
脂質:38.5g
炭水化物:67.9g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.47mg
カルシウム:389mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:683kcal (めん・かやく:324kcal / スープ:359kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.8g / スープ:4.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:かやく入りスープ(ねりごま、豚脂、植物油脂、味付肉そぼろ、醤油、ごま、糖類、香辛料、味噌、食塩、チンゲン菜、ポークエキス、香味油、酵母エキス、赤唐辛子、脱脂大豆粉)、めん(小麦粉、食塩、植物油脂、チキンエキス、醤油、卵粉、大豆食物繊維)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、かんすい、炭酸Ca、酒精、カラメル色素、pH調整剤、セルロース、香料、カロチノイド色素、香辛料抽出物、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6229

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
takaさん、こんにちは!

忙しさが少し緩和されたということで、
ちょっとひさしぶりにコメント欄に帰ってきました(●・ω・)

これはさすがの行列シリーズらしい内容だったというか、
最初はもっとすっきり系の麻辣路線で来るかと思いきや、
濃度が「特濃担担麺」そのものといったレベルで維持されていて、
行列シリーズの凄味をこれでもかと見せ付けてくれましたね!

行列シリーズが担担麺を出し始めた頃はまだ花椒も今ほどポピュラーでなく、
当時としては花椒も効いていると十分言えるぐらいではあったものの、
最近ではむしろ花椒<<練りごまの印象ばかりになっていましたが、
そうした時代の変化にも対応する一杯だったと言えるかもしれませんね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
この商品のtaka :aさんの評価はもっと高いかな?
と思っておりました。
同じシリーズの特濃担々麺よりスープにメリハリか付いていて
より好みかな?と予想してましたので・・・。
自分もこのメリハリガじつに心地よかったですし、
このスープで満腹感を得られるスタイルは
ほかにはなかなかないなという感じです。

しかしこれくらいの内容でこのカロリーなので
ラーメン屋さんの商品なんか軽く1000kcal超えとか
フツーなんでしょうね・・・、ちょっと怖いですww
高い評価ですね!
麻辣担々麺の中でも、ゴマ等のコクと香りが秀逸なのが、記事からも見てとれますね。
これなら辛いものが苦手な僕でも美味しく食べられそう。
No title
担々麺好きのナビ助が特濃系の表示を無視できずに一言!

いや〜これうまそぅ!担々麺自体を最近食べていないナビ助にとっては「おあずけ」状態。

「待てっ」「くぅーーん」。犬かっ!

しかし310円の価格設定とは・・・気合い入れて食べなきゃなりませぬな。
Re:かーとさん
こんにちは!

> 忙しさが少し緩和されたということで、
> ちょっとひさしぶりにコメント欄に帰ってきました(●・ω・)
見棄てられたのかと思っていた…( ノД`)シクシク ←マジでビビってたw

かなり濃厚な担担麺でしたよね! 思っていたよりも麻辣していたし_φ(. .*)
(おかげで「でかまる」の「辛担々ワンタン麺」が完全に霞んだ…w)

仰る通り、過去の日清食品が作っていた担担麺は
基本的にバランス型の路線で、特化型はエースコック…
みたいな印象が強くもありましたが、最近の日清食品は
担担麺に限らず攻めの姿勢にありますよね_φ(. .*)(たまに外すけど…w)

まぁこれは完成度が高かった! 定価で300円を超えても価値があると感じました!
Re:たういパパ
これねぇ…最後まで★7にするかどうか悩んだんですよ(;ˊᗜˋ)

ただ、やはり価格帯のことがあるので、もう後いっぽ…かな?w
好みで言えば完全にオリジナルと匹敵するほど好印象でしたけどね!
(あの超マイルド路線も何気に結構好きなんですよw)

そうそう…カップ麺で、この程度…ですからね(;´・ω・)
こってり系のラーメンだと1000kcal超えは余裕でしょうし、
本場の「富山ブラック」や「燕三条系」は食塩もヤヴァいかと…(苦笑)
Re:バカワインさん
もれなく…お値段も…お高めですがw
でも、これ以下の担担麺に外出先で出会うこともあるので、
それを思ったら随分とコスパは高いと思いますよ。ギャンブル性ないしw

芝麻醤が濃厚でメリハリがある、まさに理想的なカタチにあったかと_φ(. .*)
Re:ナ〜〜〜ビ助さん
かなり値段設定は高めなんですけど…もし、
これがタイの屋台で出てきたら、ぶったまげるかも…?
(いや、屋台の相場が幾ら位なのかは存じ上げませんがww)

なんにせよ特濃の文字に嘘偽りない濃度でしたよ!
その代わり…地味に刺激的ですけどね◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…

> 「待てっ」「くぅーーん」。犬かっ!
じわじわキた…www
No title
うちの嫁さん、担々麺好きなんですよ~。
そんでシビレ系も辛いのも大好きなんですよね。

ほんっとにいつの間にか僕と辛さへの耐性が逆転してしまった(^_^;)

なのでこの記事の話を少ししたのですが、こんなに本格的な担担麺が “たったの310円” で味わえる…というフレーズに偉く唸っていました( ´艸`)

このフレーズは前にも僕はtakaさんからコメントで頂きましたが、確かにそう考えるとお得感バリバリですよね~!

これはちょっと嫁さんに是非食べさせたい一杯です(*^_^*)
でもカロリー見たら悲鳴あげそう(笑)


てかあの日は徹夜でしたか(°∇°;)
そして昨日も仮眠…仮眠!?

そ、そろそろ寝ないと…倒れる!!
馬肉会で途中うたた寝してしまう理由が分かりました(笑)
Re:も~~~~りりんパパ
長ぇw 今日は発音ニュアンス記号いっこ長ぇw

これ、奥さんなら余裕ですよ٩(ˊωˋ*)و
で、もりりんさんには…うーん、ちと厳しかも?(笑)
まぁでも激辛とかではないんで!(余裕で辛口だとは思うけど…w)

> こんなに本格的な担担麺が “たったの310円” で味わえる…
カップ麺=「安い」「手軽」「しょせん…」みたいな感覚だと、
300円とか意味不明だと思うんですけどw ちょっと視点を変えたら、
コンビニ弁当より安い値段で1食が大満足に補えるわけですからね( •̀ꙍ•́ )キリッ

しかもカロリーや脂質も原因は「芝麻醤」なので、
ラードや砂糖なんかとは質が違ってくるわけですし_φ(. .*)

っていうか…コンビニ弁当とか幕の内弁当とかのほうがエグいww

> そ、そろそろ寝ないと…倒れる!!
ちょっとヤバかったw でも今日は余裕〜٩(ˊωˋ*)و ←明日しんどいパターンw

> 馬肉会で途中うたた寝してしまう理由が分かりました(笑)
でしょ…( ノД`)シクシク もう気が抜ける+アルコールで夢の世界に…w
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
>ポートアイランド的な一杯

ポートアイランドは舐めたことないからなぁ・・・
Re:愚昧親爺さん
> ポートアイランドは舐めたことないからなぁ・・・
ぜひ舐めてみてくださいw 美味しいですよ〜◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…

管理者のみに表示

トラックバック