エースコック「卍力(マンリキ) スパイス・ラー麺」(ローソン限定商品)



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、山芳製菓の新商品「ポテトチップス 私の燻製バター味」です。バター系に強い山芳製菓なので、美味しそうだなー、って何気なく手に取ったんですけど、マリンフードの燻製バター? なるものが流行っているんですかね。家に帰るまでコラボ系の商品だと気が付きませんでしたw「ミルクを食べる乳酪 私の燻製バター」というマリンフードの製品をそのまま使用したポテトチップスらしく、りんごチップとピート(泥炭)を使用して燻製した風味が特徴のバターなんだとか。いや、なにそれ気になるw 私はマリンフードの燻製バターを知らないので、再現度は分かりませんが、開封するとスモーキーな香りが漂ってきて、実際に味覚にも訴えかけてくる燻製特有の風味が非常に個性的ですね。しかも「北海道リッチバター味」でバターの濃厚さには定評のある山芳製菓ですから、期待を裏切りません。口に入れた瞬間、じゅわ~ん・・・っとバターが染み出てくるような感覚というか、くどいほどに濃厚w 燻製の香りがあるので、どこかスモークチーズっぽいニュアンスも含まれていたのですが、リッチなバターのコクと旨味がチーズではないことを決定付けていて、なるほど燻製バターの雰囲気は確かに感じられたような気がしました。かなり濃厚なテイストではあるものの、燻製バターのイメージを裏切らない仕上がりだと思います。うん、これは素晴らしい。バターが好き、燻製が好きなら素直に楽しめるポテトチップスになるでしょう。ちなみに発売日は8月21日から、販売期間は3ヶ月限定かつ売り切れ次第終了らしいので、気になった方はお早めにー。



さて、本日の一杯は、ローソン限定商品、エースコックの「卍力(マンリキ) スパイス・ラー麺」です。お、今回のローソン限定はカレー味か、美味しそうだなー。と、思いながら購入して、帰宅後にパッケージを確認してみたら…どこにも「カレー」の文字は無かった件w え、これカレー味だと思っていたの私だけですか?w 東京・西葛西にある人気店、「卍力」のスパイス・ラー麺をイメージした一杯だそうです。パッケージの側面に店主の大橋たかし氏の写真が載っているのですが、定番の「腕組み」写真ではなく、なんと珍しい「お辞儀」の写真…って、なかなかファンキーな髪型でいらっしゃるw(ある意味、腕組み写真よりも威圧的w)ちなみに店主の大橋たかし氏は、カップ麺で痺れが強烈だった、あの「鬼金棒」から独立された方らしいですね。基本、スパイスと名の付く食べ物には目がないので、今回も楽しみです。よろしくお願いします(ぺこり)あ、私の髪型は卍型じゃないですよw





スープは、「動物系と魚介系を合わせたスープに、10数種類のスパイスを配合した、辛いけどうまいクセになるスープ」とのこと。お、これは面白いですね。味のイメージを端的に表現するなら、「カレー風味の」という形容が最も適切な例えになると思うんですが、なかなか本格的なスパイス感から、一般家庭で作られるようなカレーとは異なっていて、もちろん欧風カレーテイストでもなければ、インド料理やネパール料理の専門店なんかで出てくるスパイス推しのカレーとも違う、そこへ動物系の旨味と魚介系の旨味が重なり、さらに発酵調味料やオイスターソース、シイタケパウダーの下支えで何処と無く中華風な面持ちも垣間見える、なんとも複雑な表情のスープです。さすが10数種類のスパイスを配合したというだけあって、スパイスの本格感は折り紙付きなんですけど、意外にも刺激は強くありません。たぶん、普通にピリ辛くらい。刺激に期待すると少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、強烈な刺激が先行しない分、何が入っているのか分からないようなw スパイスが織り成す複雑味を楽しめる仕上がりと言えるかもしれません。事実、そんなに辛くないのに体感的なスパイシーさは明白だったので、スパイスの複雑味に価値を感じる人には、とても魅力的なスープだと思います。反面、スパイス推しのカレーは苦手…という人には、ちょっと厳しい難解なスープになるかもしれません。私は完全に前者なので、非常に好印象でした。あと、そんなスパイスの複雑味を加速させていたのが、時折ふと香るパクチーの存在。でも全面からゴリゴリに押してくるような主張ではなかったので、1mmでも入ってたら無理! ってほど苦手じゃなければ、スパイスの一環として楽しめるアクセントだと思います。ちなみにスープの粘度は低く、かなりサラサラしていたんですけど、スパイスのシャープな印象がダイレクトに伝わってくるようで、とろみの無さが好印象でした。あ、それから意外に油脂成分が多くて、液体スープを入れてから、しっかり掻き混ぜた後でも軽く表面に油膜が張るくらい。おかげでスープが長時間アツかったですw(猫舌)

めんは、縮れの施された厚みのある太麺で、熱湯5分で食べ始めたら、ちょっとゴワゴワした食感が目立つ無骨な麺です。これはこれでワイルドさが楽しい仕上がりではあるものの、スープの粘性が低かったので、スープとの一体感も重んじるのであれば、プラス2~3分ほど待った方がよいでしょう。その頃にはモチモチとした粘り気のある、密度の高い食感が自然に楽しめると思います。ただ、今回のシャープなスープには、もう少し細い麺の方が合うような気がしました。かなり経時劣化耐性に優れていたので、ゆっくりダラダラ食べていたら後半は結構いい感じに仕上がったんですけど…時計を見ると熱湯を注いでから軽く15分は経過していたw と、このように私が最も好印象だと感じた質感を得るまでの道程は、あまりにも現実的ではないと思うので、それに関するアドバイス的なコメントは割愛します。スープの粘性が高かったら、またイメージは違っていたかもしれません。でも今回はサラサラスープが功を奏していると感じたので、やはり麺が体勢を改めるべきですね。

かやくは、味付鶏肉そぼろ、もやし、ニラ、香菜となっているのですが…ハイ、出ましたよ。ご無沙汰しておりましたスポンジ野郎w しかも今回は白いです。エースコックの “白い悪魔” です。存在感は “ボール” ですけどねー。でもスッカスカな食感が邪魔になるほど入っていなかったので、良くも悪くも気になりませんでした。じゃあ最初から省いてくれていいよ、って感じなんですけどね、ええ。すいませんw もやしは細めの個体でしたが、意識しなくても麺に絡んで口の中に入ってきて、もやしらしいシャキシャキとした食感で自己アピール。ニラも風味がよく、今回のスパイシーなスープとマッチしていました。で、香菜(シャンツァイ)は、パクチー(コリアンダー)のことですね。先にスープの項目で触れちゃいましたけど、適度なアクセントがスパイスの複雑味を増幅させることに寄与していました。


(標準は★3です)

もうちょいベストマッチな麺が他にあるような気がしたのと、「辛いけどうまい」って割には刺激が弱かったなー、というのが少し不満だったんですけど、刺激の弱さに反してスパイス感は複雑で、ちょっと粉っぽさを感じるほどの個性だったり、パクチーのアクセントだったり、きちんと印象に残る一杯でした。癖のあるスパイス感や、パクチーのアクセントを含め、ちょっと人を選ぶカップ麺になるかもしれませんが、それなりの癖があるくらいの本格的なスパイス感に魅力を感じる人は、とりあえずローソンにGOです。ちなみに麺の項目で割愛したスープとの相性なんですけど、ちょっと今回は片手間に食べていたこともあって、ちゃんとカップ麺と真剣に向き合い始めたのは撮影を終えてから10分経過後くらいだったのでw その頃には麺とスープがイイ感じのバランスでマッチしていたし、さらにスープが私の好みにストラクということもあり、個人的な満足度は★5でも差し支えない美味しさでした。好みが割れるカップ麺になるかもしれませんが、スパイスの複雑味に価値の見出だせる人は試してみてください。その際、あまり刺激には期待しないようにw



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:卍力(マンリキ) スパイス・ラー麺
製造者:エースコック
内容量:96g (めん70g)
発売日:2017年8月22日 (火)
発売地区:全国新発売 (ローソン限定)
取得店舗:ローソン
取得価格:216円 (税込)
ローソン標準価格:216円 (税込)
JANコード:4901071269258

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (96g) 当たり

エネルギー:397kcal
たん白質:8.9g
脂質:14.4g
炭水化物:58.0g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:202mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:397kcal (めん・かやく:285kcal / スープ:112kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.6g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(糖類、動物油脂、植物油脂、鶏・豚エキス、食塩、野菜エキス、香辛料、カレー粉、しょうゆ、大豆たん白、香味油、魚介エキス、発酵調味料、オイスターソース、たん白加水分解物、香味調味料、シイタケパウダー、全卵粉)、かやく(味付鶏肉そぼろ、もやし、ニラ、香菜)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、増粘多糖類、酒精、かんすい、香料、酸味料、微粒二酸化ケイ素、甘味料(カンゾウ)、紅麹色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1307994_1996.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

カレーじゃなかったんですね。笑)
なかなか辛そうなカップ麺ですねー。てか、スポンジ野郎の登場はウケましたよ。たまに出てきますが、邪魔もしないんであればいっか。
No title
この商品は自分よりかーとさんが先に記事アップされていて
そこでカレー味ってわかっていたので驚きませんでしたが、
そうじゃなければ間違いなくブッたまげていたと思いますww

まぁ、パッケージのセロファン剥がした時にすでにカレーの風味が漂ったので
そこでわかるでしょうが、
ぜったいそこまで気づかない人いる(いや多い)と思いますよ。

商品的には麺はたしかにちょっと浮いていましたよね・・・。
まぁ、お店の麺に近づけたのだと思いますが。

ってか、これはやはり自分的にはラーメンのスープよりも
海鮮系か鶏系の煮込みのほうが合うと思いますね (ーー)
No title
カレー好きのナビ助には無視できない商品がまたまたやって来ましたな!しかもほんのりパクチーとは誘ってるとしか言いようがない・・・

しかも複雑なスパイスの味!コレやろ!純日本カレーも好きやけど、スパイスたっぷり辛刺激少なめでしたらナビ助のために作ってくれたとしか・・・

と思い込み激しいお年頃です。
Re:バカワインさん
カレーじゃなかったですww

で、言うほど刺激は強くないんですよ(拍子抜けした)
ちょっとクセのあるカレー風味? みたいな_φ(. .*)

スポンジ野郎…今回は邪魔じゃなかったけど、
これならカットしてスパイスの含有量を増やして欲しいw
Re:たう〜〜〜いパパ
なんかもう漠然とイメージ的に「カレー!」って思いますよねw
まぁ実際にカレー粉なんかも含まれていたわけなんですけども…(;ˊᗜˋ)

そうそう、外装フィルムを剥がした瞬間から、
香りもカレーっぽい香辛料の漢字だったし(笑)

で、実際に食べてもカレーっぽかったんだけど、
でも厳密にはカレー味ちゃうし…はっ(; •̀д•́) みたいなw

もうちょっと麺が細めで主張の弱い方が…と、
思ったんですが、銀座デリーのイメージが強かったのかもw

本格的なスパイス系には細麺の方が合うような気がして(笑)

> 海鮮系か鶏系の煮込みのほうが合うと思いますね (ーー)
かなり異国情緒あふれたアテ系の一品メニューになりそうな予感がww
Re:ナ〜〜〜ビ助さん
ふふふ…刺激控えめスパイス本格派、ほんのりパクチーのカレーっぽい味…
うん、まさにナ〜〜〜ビ助さ〜〜〜んの為に開発された一杯と言えるかも♡

ちょっと麺が浮いちゃってるような感じだったんだけど、
スープの雰囲気は、きっと好みに合うと思いますよ٩( 'ω' )و

素敵な、お・と・し・ご・ろ♡キャッ ←なんやねん
No title
●拝啓お父さんお母さん。

僕は膝によく効く成分があると知ったばかりでしたが、まさかのジェネリックだということが分かりました。

つまり僕の本物が何処かにいるということです。
僕は自分の本物に会うために旅に出ることにしました。


●拝啓お父さんお母さん。

旅に出て分かったことは、僕の正体は執拗なる粘りをかもし出す菌だったということです。
本物の僕の菌が配合された【すごい納豆・しかも番号はMの3DS】、絶賛発売中です!


今回は猫山風太郎氏への呟きかと思ったら、後から僕がちゃっかりと現れた件www


こ、今回は書きたい事が多すぎるんですがw
とりあえずざっくりと纏めると…

あの結構なシビレが僕を襲った鬼金棒から独立した方が卍ファンキーな髪型だったという事よりも、
この麺がカレー味と見せかけて実はカレー風味だったという事よりも、
こう見えてそこまで刺激が強くないという事よりも、
昨日の塩ラーメンが実は塩らーめんで…しかもアレンジを前提に開発をされていた、ということよりも衝撃的だったのが今回の呟きでした(笑)

最早僕が何のコメントをしたいのか自分でも分かりませんねこれは(^_^;)

でもこの麺、多少のパクチー+鬼金棒よりも弱いであろう刺激…
ひょっとして僕にちょうどいい感じの麺なのではないかしら!!

僕実は多少のパクチーならもう大丈夫みたいなんですよね、先日チキンパクチー食べたらまさかの途中から物足りなくなったので( ´艸`)
ふふふ…進化しているんです。

それでは早速ローソンへGO!!!ですね(*^。^*)
No title
:~~~ a<あ、トンボだ

こんばんは!

一言で言ってしまうならカレーラーメンに近いんだけど、
もっと味わうとカレーの枠だけに入らない要素も多くある、
なんとも不思議な立ち位置にあるラーメンでしたね!(●・ω・)

このところエースコックの太麺は異様に強いときがありますよね!
「ぜんや」のときもそうでしたが、5分では明らかに戻ってないですし!

カップ麺ブロガーの場合、写真の撮影時間などもあったりするので、
食べ始めるまでの時間に多少のブレが出ることが多いですが、
それでもやわめに感じるなんてことがまずない麺ですからね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:も~~~りりんパパ
●拝啓もりりんさんの、お父さんお母さん。
息子さんをジェネリック医薬品や納豆菌にしてゴメンなさいw
しかも息子さん…私のせいで自分捜しの旅に出たようです( ノД`)シクシク

旅先から送られてきた、息子さんからの手紙は読まれましたか?

とうとう彼は自らが菌であることを悟ったようですが、お父様
お母様に於かれましては、紛うことなくヒトであると存じております。

くれぐれも気に病まぬよう、そろそろ御夫婦そろって
3DSデビューを果たされては如何でしょうk(ry

・・・って、変なことになってきたw(無論、私のテンションがw)

実は、この呟きは「膝に効く」ネタを投稿した瞬間から
次はコレ! って決めていたので、風太郎さんの記事には
心底ビビったんですよ(; ꒪д꒪) まさかの先回りっていう…ww

と、とりあえず返信が大変だから途中は割愛するけどw
(お父様お母様への手紙に時間を要した俺の責任w)

> 最早僕が何のコメントをしたいのか自分でも分かりませんねこれは(^_^;)
いやいや、ちゃんと分かっていますよ٩(ˊωˋ*)و そこは伝わっているので!

少なくとも今回のカップ麺は鬼金棒みたいに凶暴じゃなかったし、
っていうか別物に近いんでw 刺激に関してはセーフかもしれません!

あとはパクチーのアクセントが…ん?

> 僕実は多少のパクチーならもう大丈夫みたいなんですよね、
> 先日チキンパクチー食べたらまさかの途中から物足りなくなったので( ´艸`)
やべぇよコレは私の二の舞になるフラグ確定ww とりあえずローソンにGO!◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…
Re:かと〜〜〜さん
> :~~~ a<あ、トンボだ
いや、言われてみたらトンボに見えなくもないですけどもw

あ、こんばんは(笑)

今回、ざっくりジャンル分けするとカレー系なんだけど、
でも「カレー味」とは少し違うというか、不思議な味でしたよね_φ(. .*)

あ、でも言われてみたら、なるほどスパイス・ラー麺ね、みたいな。

そうそう! 麺は「ぜんや」に近かったと思います!

これ時間が経つと美味しんだけど、熱湯5分だと
かつての凄麺ばりに孤立しますからね(;ˊᗜˋ)

逆にダラダラ撮影が許されるのでw

我々としては、ありがたい麺だったりもするんですけど、
一般ユーザー的には「5分以上も待てるか!」でしょうし;

あとカレー寄りのスパイス系は銀座デリーのイメージが強くて、
なおさら麺の太さが今回は気になってしまったのかもしれません(;´・ω・)

スープは非常に面白かったんですけどね!

管理者のみに表示

トラックバック