日清食品「日清 若鯱家カレーうどん」



以前から★の数について「5ってどのくらい?」「標準は3って言われてもねぇ…」「イメージ掴みづらいねん!」といった声があったため(実際にはオブラートで二重にも三重にも包んだかの如く丁寧で温みのある文体でご意見をいただいておりますw)、ザックリと(ほんと超ザックリとw)説明したページを設けました。「総評」の下にリンクを貼っておきますので、どんなもんなんや?くらいの気持ちで見てください。少しでも雰囲気が伝わると幸いです。いやもうほんと表現アバウトですよw 半分ネタみたいなもんですw (おいw)

さて、本日の一杯は、日清食品の『日清 若鯱家カレーうどん』です。この商品はこれまでに何度も発売されていますね。「若鯱家」といえば、名古屋市を中心に展開しているカレーうどんで有名なお店です。この商品はサークルKサンクスのオリジナルカップ麺として販売されていますが、若鯱家のHPからも購入可能なようですね。ずーっと前にどこぞの店舗で食べたことがあるような、ないような…。若鯱家のHPでは「一度食べたら忘れられない味」とありますが、うろ覚えですごめんなさいw 同じく日清食品から冷凍タイプのカレーうどんも発売されているようです。カレーうどんに限らず、カップ麺でカレー系の製品を食べる度に書いているような気もしますが、自分はカレーらしいピリッとしたスパイス感があって、ドロッとした粘度の高いものを好みます。昔、CoCo壱番屋で売られていた持ち帰り用の冷凍カレーうどんを食べたとき、その濃厚なカレーつゆを飲み干したときに感じた至福なひととき…それを味わってしまってからカレーは飲み物だと認識するようになりましたw (注:筆者はスリムですw) 今回はパッケージに「旨みがつまったとろみのあるピリ辛ルゥ」と書かれていて、写真を見た感じからも伝わってくる濃厚感から、これは自分好みのドロッとスパイシーなカレーうどんなんじゃないかと期待で胸を膨らませている所存でございます。故に期待し過ぎないように気をつけなければならないパターンですw このカップ麺は生タイプのうどんが採用されているのですが、当ブログで生タイプのカップうどんを紹介するのは初めてですね。それもそのはず、生タイプのカップうどんを食べるのは随分と久しぶり。(もしかしたら数年ぶりかも) 日清食品で生タイプのうどんといえば、既に定評のある「ごんぶと」が有名ですが、きっとその技術が応用されていることでしょう。楽しみだなー。





は、これちょっと感動しました。風味、食感ともに申し分ないです。インスタントという檻の中で、よくここまでやってくれたもんだな、と。昔の生タイプうどんのイメージは、たしかにそれなりに本物っぽくはあるんだけど、どうしてもぶちぶちとすぐに千切れてしまうし、コシや弾力も言うほどなくて、兎にも角にも茹で過ぎてしまったうどんといったような印象が強かったのですが、いやぁー進化してるんですね。さすがにお店で出てくるような手打ちうどんや、冷凍うどんなんかには及びませんが、想像以上にコシや弾力があって驚きました。喉越しもとても良かったです。ちょっと別の作業をしながら食べていたので、途中軽く放置してしまったのですが、後半になっても湯伸びしたような印象は全く与えられませんでしたね。何なんだコイツはw それにこういう生タイプの製品だと、昔のイメージから特有のケミカルなニオイがしたら嫌だなぁ…と心配していたのですが、そういった変なニオイや風味なんかは殆ど感じられませんでした。ほんと本物さながらですね。すごい。うどんらしい食感と風味がきちんとあって、とても美味しかったです。

つゆは、『野菜の甘み、肉の旨みが利いたとろみのあるスープが特長』『一味唐辛子付き』とのこと。まろやかでコクがあり、その中でピリッと鼻を抜けるようなほどよいスパイス感が何とも心地のいいカレーつゆです。このまろやかさは、おそらくフルーツペーストとココナッツミルクによるものでしょう。ふわっと香る玉ねぎの甘味と、チキン、ポークを中心とした動物系の旨味が感じられ、じっくりと炊き込んだようなとても深みのあるカレーつゆに仕上がっていました。鰹だしがしっかりと効いていて、和の要素も明確に感じられるのですが、決してカレーをだしで伸ばしたような仕上がりではなく、最初からだしを効かせて作ったカレーといった感じですね。taka的好み。粘度は非常に高く、まとわりつくように麺に絡み付いてきて、意識的につゆを飲まなくても麺を食べ終わった頃には殆どつゆは残らないと思います。コツコツコツコツ、煮込んで煮込んで…って感じのとろみで最高でした。カレーつゆがきちんと濃厚だったので、その強烈なとろみも全く不自然に感じさせないというのが素晴らしいですね。さらに一味唐辛子が効果的で、ピリッとしたアクセントで後味にキレを生み、尚且つ全体をピシッと引き締めてくれます。いやーこれは的確にツボを突かれました。さすがカレーうどんで有名な若鯱家と共同開発しただけのことはありますね。もはやカップ麺のレベルじゃないです。

かやくは、『味付豚肉、味付油揚げ、ねぎ、かまぼこ』とのこと。今回は熱湯でさっと麺をほぐすだけだったので、味付豚肉は食べ始めのときには戻り切っておらず、ちょっと固かったです。時間経過とともに徐々に戻ってきて、後半は肉らしい食感と風味が感じられました。もうちょっと大振りだと言うことなしなんですけどね。味付油揚げは甘辛い味付で、スパイス感のあるカレーつゆと相性抜群。量もそこそこ入っていたし、さすがどん兵衛のきつねで定評のある日清食品だけあって、ふっくらジューシーで美味しい油揚げでした。かまぼこも見た目に鮮やかでいいですね。具材としての量はそれほど多くはなかったのですが、それぞれの自己主張はきちんと感じられたし、カップ麺らしからぬ麺とつゆに惚れ込んでいたので、具材に対しての不満は何等感じませんでした。

(標準は★3です)

生タイプうどん、想像以上に美味しくて驚きました。生タイプということで、なんかもっと変な風味があるんじゃないかとか、茹で過ぎたような食感なんじゃないかとか懸念していたのですが、全然そんなことなかったです。久しぶりの生タイプうどんということもあって、軽いカルチャーショックを受けた気分になりましたw 進化してるんですねぇ。なんだか感慨深いものがあります(笑) カレーつゆもしっかり濃厚だったし、生タイプうどんということも相俟って、カップ麺とは思えない本格的な仕上がりでした。定価268円と高価格帯のカップ麺ですが、それに見合った価値は充分にあると思います。これはオススメ。外食先で食べられるワンコインのカレーうどんなんかと比べても遜色なく、むしろ下手なカレーうどんより美味しかったですねw 価格相応の説得力があります。値段以上の価値があると自分は感じました。今回は思い切って★7をつけたかったのですが、定価で買ったら290円近い商品ということで、あと一歩及ばずといったところでしょうか。税込270円くらいだったら間違いなく7ですね。さらに個人的好みを評価対象に入れると8いっちゃうかもしれませんw そのくらい本格的で高級感があったし、陶器の丼で出されたら「え、これカップ麺?!」ってなるんじゃないですかね。実際、陶器の丼に移し替えて、店頭で480円くらいの価格設定で販売したら普通に売れそうですw ほんとにw きっと冷凍タイプはもっと美味しいんだろうなぁ。カップ麺でこのクオリティですからね。冷凍うどんなら更に麺の質も高いでしょうし。あー食べたいなぁ…。散売りしてたら買いたいんですけど、いま冷凍庫に空きがないんで泣く泣く諦めます(涙) いや待てよ、近所の友人の冷凍庫を借りればあるいは…。(ほんと待てよw)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。


【製品情報】

商品名:日清 若鯱家カレーうどん
販売者:UGHD.
製造者:日清食品
内容量:259g (めん200g)
発売日:2014年07月01日 (火)
発売地区:全国発売 (UGHD.系列店舗)
希望小売価格:268円 (税別)
JANコード:4902105227664

麺種類:生タイプ
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:610㎖
調理時間:熱湯0分
小袋構成:5袋 (めん・かやく・粉末スープ・液体スープ・一味唐辛子)

~標準栄養成分表~

1食 (259g) あたり

エネルギー:494kcal
たん白質:14.8g
脂質:10.8g
炭水化物:85.0g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.8g)

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:494kcal (めん・かやく:286kca / スープ:208kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.5g / スープ:4.6g)

原材料名:めん(小麦粉、加工油脂、糖類)、スープ(チキンエキス、カレー粉、ポークエキス、醤油、糖類、たん白加水分解物、野菜エキス、フルーツペースト、魚介エキス、食塩、香味油、香辛料、オニオンパウダー、ココナッツミルク、酵母エキス)、かやく(味付豚肉、味付油揚げ、ねぎ、かまぼこ)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、環状オリゴ糖、リン酸塩(Na)、カラメル色素、乳化剤、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、チャ抽出物、香辛料抽出物、ベニコウジ色素、クチナシ色素、パプリカ色素、アナトー色素、(原材料の一部に卵、乳成分、落花生、りんご、ごま、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳成分・落花生・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・りんご・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
コメントいただいていたのにここ最近お邪魔できなくてすんません!
これはかなりうまそうですね!
辛いのは苦手なチリチリもカレーうどんは好きなのでぜひ食ってみたいです!
量が多いのもええですな!
Re:チリチリさん
いえいえ、学生さんなんでお忙しいでしょう。お気になさらず^^ たしかこのカップ麺、ねんごろさんも記事にされてましたね。値は張りますが、それ相応の高級感があって美味しかったです。あ、10月19日の記事見ました?さりげなくチリチリさん登場してますよw

管理者のみに表示

トラックバック