東洋水産「マルちゃん 縦型ビッグ 愚直 豚骨ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、YBCの新商品「エアリアル こだわりスパイスのホットチリ味」です。皆さんエアリアルは好きですか? 私? もちろん大好きです(照)いや、この流れに意味や含みなどは全くないんですけどもw さっそく感想の結論を述べると、今回のホットチリ味めちゃくちゃ美味しいですよ。サクッと香ばしい4層構造の生地は、相変わらずサクサクマニアには堪らない最強の食感。そして今回は15種類のスパイス使用とのことで、きちんと “ホット” なチリ味となっています。決して激辛とかではないんですが、ほんのり顔が汗ばむ感じで、少なくともカラムーチョより刺激的です。さらにチキン・ビーフ・ポークの畜肉エキス御三家が織り成す動物系の旨味を中心に、トマトパウダーの風味がチリっぽいメキシカンなイメージを加速させ、チーズパウダーのコクが味に深みをもたらしている、こんなもん美味しいに決まっているジャマイカw メキシカンテイストのスナック菓子が好きな人にはマストアイテムになること必至ですし、濃いめの味付けとチリのホットなアクセントがビールの相棒にもピッタリで、私なんぞは好みの味ど真ん中でした。リピート決定。ちなみにネットで販売しているショップは発見したんですけど、発売日はコンビニ先行で8月7日から、その他のチャンネルでは9月4日から発売開始だそうです。


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 愚直 豚骨ラーメン」です。実は私、東洋水産のタテ型とんこつ系には無条件でポジティブな印象が強くてですねw その理由として「田中商店」や「黄色い博多ラーメン」のイメージがあるからなんですけど、今回は雰囲気的に「田中商店」っぽいので、何気に期待しちゃってます。で、毎度お馴染み? 自称w 業界最高権威「TRY(Tokyo Ramen of the Year)」が関わっている製品ですね。「TRY ラーメン大賞 2015-16 / 2016-17」の「名店部門 とんこつ」(これまた「部門」の種類が多いのなんのって…)で1位に輝き、見事2連覇を達成した「愚直」とのタイアップ商品だそうです。「愚直」は2007年に東京都板橋区にオープンして、基本メニューの「とんこつラーメン」はクリーミーで濃厚な味わいが特徴とのこと。ちなみに店の外観には、店名を記すような看板などを掲げていないそうです。クリーミー系の豚骨スープは当たりハズレがあるので、ちょっと不安が否めなくはないものの…それを上回っている期待値w





スープは、「ポークの旨味をベースにした、濃厚でクリーミーな味わいの豚骨味のスープ」に、「フライドオニオン入り」で、「別添特製スープ」付とのこと。おっと…キてますね、これはキてますよ、うん。想像通り豚骨臭などの癖こそ鳴りを潜めてはいたものの、適度な獣臭が漂う骨の太い豚骨スープで、マイルドながらも芯にブレが見られません。じっくり丁寧に炊き出したような骨っぽい旨味が確かにあって、ギミック的な旨味成分ではない、きちんと豚骨の骨っぽさが感じられるスープです。「田中商店」ほどアグレッシブな内容ではありませんが、ストレートな豚骨味のカップ麺が好きな人であれば、ほぼ手放しに楽しめる味なんじゃないですかね。それなりに粘性は高く、とろみのある豚骨スープだったんですけど、軸の旨味が硬派だったので、とろみも不自然ではありません。さらに脱脂大豆粉がザラつきのある舌触りを演出しているのですが、きちんと骨っぽさの漂う味わいだったので、この演出も蛇足的ではなく、むしろ濃度を高めることに於いて効果的に作用しています。そして時折ふと感じるフライドオニオンの芳ばしい甘味を帯びたアクセントが味を広げてくれていて、硬派でありながら少し捻りが感じられる、でも決してインパクトに任せたり、小細工なんかに頼るような仕上がりではなく、「濃厚」の指標を履き違えていない、まず豚骨の旨味で喰わせようとしている姿勢が素晴らしかったです。最近のタテ型カップ麺の中では、かなり満足度の高い豚骨でした。

めんは、「なめらかで硬さのある、丸刃で切った麺」とのこと。プリプリとした歯切れのよさが印象的な平打ち状の細麺で、かなりスナック的な油揚げ麺です。丸刃で切ったと書かれていますが、カップヌードルの麺を頑丈にしたような感じで、断面は四角いですね。かなりスープが本格的だったので、可能であればノンフライ麺…もっと欲を言えば明星食品の本格的な低加水麺で食べたいところではあったものの、単純にスープとの相性は悪くなかったです。ちょっとスナック的な風味が鼻に付くかもしれませんが、スープを蹴散らすような麺ではなかったし、多分お店の麺とも懸け離れている、もろカップ麺な油揚げ麺なんですけど、まぁ東洋水産の縦型ビッグ製品なんでね。許容してやってくださいw いや、お前は誰なんだって話なんですけども、私は東洋水産の油揚げ麺が好きなんで…擁護する傾向にありますw

具材は、「味付豚肉、メンマ、ねぎ」とのこと。うん、文句なし。まず味付豚肉ですが、相変わらずリアルな質感が印象的な肉具材で、今回は赤身がメイン。で、スープとの関係か、ちょっと豚肉くさい? と、感じるほどリアルでした。私としては非常に高く評価している肉具材ではあるものの、こちらの人間さん * のように、東洋水産のリアルな味付豚肉が苦手な方もいらっしゃるようです…人間さん、気を付けてください。そしてメンマはサイズが大きく、乾燥メンマにありがちな食感重視のコリコリタイプではなく、適度な歯応えの自然な食感で、特有の発酵感が好印象。で、ネギは大きめにカットされていたのですが、豚骨ラーメンで大きいネギって少し珍しいですよね。大抵は細かい薬味系なので、ちょっと新鮮でした。

(*)人間さんは、「虎ノ介アルバム」というブログの管理人で、とっても賢い先住猫の「虎ノ介」くんと、新入りの チンピラw「春太」くんの温かい日々の日常をブログに綴っておられます。秀逸なカメラワークのテクニックも然る事乍ら、記事の構成も独特で、思わず引き込まれてしまうこと請け合い。猫好きさんには有無を言わせませんがw 是非とも多くの方にご覧になっていただきたいブログです。上記の文章では東洋水産の味付豚肉が苦手な人…みたいな感じでディスってるみたいに見えますけどw そんなつもりないですからねww


(標準は★3です)

まず骨っぽい旨味を中心に据えた濃厚な豚骨スープという時点で、私のハートは絶賛もれなくイーグルキャッチされちゃったわけなんですけど…w 濃厚でクリーミーな高粘度スープは濃厚の指標を履き違えていなかったので、粘度の高さやザラついた舌触りなんかも不自然な演出とは感じさせず、癖を抑えながらも漂っていた若干の獣臭と確かな骨っぽさが好印象でした。麺は東洋水産の縦型ビッグらしいインスタントエクスペリエンスな油揚げ麺ではあったものの、結果的にスープとのバランスは悪くなかったし、具材も 人間さんが苦手なw 味付豚肉たっぷりで、メンマも同じく量・質ともに文句の付け所が見当たらない、東洋水産が手掛ける縦型ビッグの濃厚とんこつジャンルに於いて、ある種の完成系にあると感じたほど。豚骨味のカップ麺が好きな人であれば、安心して手に取っていただいて大丈夫です。もちろんカップ麺らしさに理解のある人限定の話ですが、私と同じくツボにハマった人は、販売期間中に何度かリピート必至だと思いますよ。濃厚な “豚骨味のカップ麺” が食べたい気分の時、こいつを選んでおけば間違いないとオススメできる一杯です。

余談:今回なぜかカルシウムの値が700mgと異様に高かったんですけど…表記ミスとかじゃないですよね?w


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 縦型ビッグ 愚直 豚骨ラーメン
製造者:東洋水産
内容量:111g (めん80g)
発売日:2017年7月31日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS・量販店・一般小売店 他)
取得店舗:ローソン
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990338578

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙+プラ
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (111g) 当たり

エネルギー:493kcal
たん白質:14.8g
脂質:22.3g
炭水化物:58.2g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:700mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:493kcal (めん・かやく:396kcal / スープ:97kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.8g / スープ:4.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、卵白、香辛料)、添付調味料(ポークエキス、豚脂、食塩、脱脂大豆粉、砂糖、たん白加水分解物、ゼラチン、香辛料、フライドオニオン、醤油、植物油)、かやく(味付豚肉、めんま、ねぎ)、加工でん粉、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、酒精、レシチン、カラメル色素、pH調整剤、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2017/07/post_1400.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

はーい!濃厚な豚骨ラーメンが好きですよ!ここ金沢では、魚介系やら豚骨醤油系に押されがちではあるものの、無性に食べたくなるときがあるもんです。
これ、美味しそうですね♪スープを堪能したいです~
No title
takaさん、こんにちは!

東洋水産ってどんぶり型ノンフライでは豚骨スープについて
やや滑りがちになるという印象がけっこう強いのですが、
不思議と縦型ではスナック系から本格系まで強いですよね!(●・ω・)

今回も「田中商店」ほどの本格路線とまではいかないものの、
クリーミー路線ながらも骨っぽさも十分に感じさせるなど、
「質の高いクリーミー豚骨」の再現が実によくできていて、
このタイプの豚骨ラーメンの良さを上手く伝えてくれましたね!

これなら豚骨好きならおおよそ安心して手に取れると思いました!

麺も「ハリガネ」のものほどスナック感一辺倒ではなかったですしね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
TRYって7人で審査しているんですね~。
これは袖の下でなんとかなるかもしれませんww(冗談です)

なんかこのスープは中毒性あるスープでした。
まったり系なのですが妙にハマるのがいい!
具はさすがマルちゃん状態ですし。

でもこのシリーズ自体はあまり好きになれないんですゥ~ww
Re:バカワインさん
魚介豚骨やら豚骨醤油も美味しいけど、
やっぱり純豚骨がイチバンですよね(。´艸`。)

これはバカワインさんにも素直に楽しんでもらえるんじゃないかと!
Re:かーとさん
こんにちは!

かーとさんの場合、どんぶり型ノンフライ麺の豚骨は
割とポジティブな印象が強かったんですけど、どうも自分は
あの人工的な旨味過多がちの仕上がりに馴染めなくて…(;ˊᗜˋ)

(「やみつき屋」とか特に…)

ただ、タテ型の場合は潔い部分があるのでw
良いのか悪いのか自分は好印象に寄りがちな傾向にあります(苦笑)

個人的には「ハリガネ」系の麺でもイケそうな気はしたんですが、
バランスを思うと今回のサイズで正解でしょう_φ(. .*)

にしても…これ系の豚骨は気を付けないと評価が…ww
Re:たういパパ
> TRYって7人で審査しているんですね~。
審査員は7人じゃなくて8人ですよ٩( 'ω' )و
http://ent.kodansha.co.jp/try

まさに今回のスープは東洋水産のタテ型とんこつでしたね!
方向性はマイルド豚骨なのに、きちんと骨があったことに好感が持てました♪

> でもこのシリーズ自体はあまり好きになれないんですゥ~ww
ですよねェ〜ww やっぱり本気盛の印象が強いからかな(;ˊᗜˋ)
でも最近は随分とネガティブな印象も減ってきたでしょ?
No title
ちょw
今回の呟き…格言なんてすが(゜Д゜)
めっちゃめちゃ共感出来てしまう…!!

この麺、きっと僕好きな気がするなぁ~
豚骨は当然ながら好きなので、これは是非とも買いたいです!
でも昨日今日と探した新商品の中にはなかったですね(^_^;)

そうそう、今日ファミマでニュータッチ鬼金棒のヤツ買って食べましたよ~!
辛さに強くなってしかも山椒対好きな嫁さんは絶賛してましたよ( ´艸`)

僕は大汗かきながら美味しく頂きました(笑)
辛すぎっす(笑)
Re:もりりんパパさん
> 今回の呟き…格言なんてすが(゜Д゜)
共感あーざっす( ノД`)シクシク♡
ブロサーでは呟きを見て心配されてしまいましたが…(笑)

これ無かったですか?!
TRYは出現率高めのはずなんですけど…(;´・ω・)
豚骨系のカップ麺が好きなら押さえておくべきです!

お、鬼金棒は楽しめたようですね٩(ˊωˋ*)و
さすが嫁さん耐性値が高いw そして…もりりんさん案の定ww

よく頑張りました!( •̀ꙍ•́ )キリッ ←俺様何様w

管理者のみに表示

トラックバック