エースコック「ぱくぱくパクチー 鶏しおヌードル」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、おやつカンパニーの新商品「ベビースタードデカイ焼そば(エースコックスーパーカップ大盛りいか焼そば味)」です。昨日の「スーパーカップ豚キムチ味」と同時発売品で、こちらも言わずと知れたエースコックの「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」がテーマ。豚キムチ味の再現度が何気に高くて驚いたんですけど、いやいやコッチも侮れんですよ…まずベースのソース味は、よくある一般的な “スナック菓子のソース味” とは少しベクトルが違っていて、 “カップ麺の粉末ソースっぽい” 雰囲気なんですよね。そんな粉末ソース系のソース味をベースに、調味油を思わせる動物系の旨味があって、いか焼そばらしく魚介の風味が香り、アオサのアクセントなんかも重なってくるんですが、何より再現度が高いと感じたのは、あの “めちゃうまふりかけ” っぽい香辛料のアクセントが感じられたこと。ソースのニュアンスや魚介の風味も然る事乍ら、あの病み付きの元凶、めちゃうまふりかけっぽさを感じられたのが大きな収穫でした。豚キムチ味で事前の期待値が上がっていたとは言え、なんのなんの。そのハードルも感じさせないくらい、大盛りいか焼そばってましたよ。もちろんソース味のスナック菓子が好きな人には問答無用でオススメできますし、エースコックの大盛りいか焼そばっぽさを感じたい人にも試してみてもらいたい、そう思える仕上がりでした。「豚キムチ味」「大盛りいか焼そば味」どっちも量は多いし、入手したスーパーでは取得価格が税込200円弱だったんですけど、それでも納得できる美味しさだったので、どちらもオススメです。



さて、本日の一杯は、前回記事の「トムヤムヌードル」に続きまして、エースコックの「ぱくぱくパクチー 鶏しおヌードル」です。おそらくパクチーペーストは、トムヤムヌードルと同じでしょう。ペーストの威力は確認済みですし、チキンとパクチーは相性がいいので、鶏しおヌードルも楽しみです。と、なんの抵抗もなく言い放っている自分自身が怖い…(数ヶ月前まで典型的なパクチー嫌いだったのにw)





スープは、「数種類のチキンに、ジンジャーやペッパーを利かせた旨み溢れる鶏しおスープ」で、「新開発の別添『パクチーペースト』で仕上げることで、パクチーの爽やかな風味が広がる本格的な味わいに仕上げ」たとのこと。まずパクチーペーストを溶かす前のスープなんですが、この段階からトムヤムヌードルよりもパクチーの香りが明白です。ベースのスープ自体に特筆すべき点はなく、あっさりとして鶏出汁ベースの塩味で、ほんのり魚醤のアクセントが下支え。ペーストを溶かす前の段階でも、値段相応に良い意味で普通に美味しい鶏しおスープでした。で、ご想像の通り、パクチーペーストを溶かした瞬間…イッツ・ア・パクチーワールドですよw もちろんベースの鶏しおスープとの相性は言わずもがなだったし、トムヤムと違ってオリジナルが最初から受け身だったので、ほんとキレイにハマっていました。パクチーを活かすという点で見ても、トムヤムより好相性だったと思います。

めんは、「滑らかで歯切れの良い、スープのりの良いめん」とのこと。製品説明がトムヤムヌードルと同じだったので、共通の油揚げ麺を使っているのかと思ったんですが、トムヤムヌードルの麺よりも若干ながら厚みがあって、こちらには麺の原材料に醤油と砂糖が練り込まれています。基本の印象は特筆すべき点のない、オーソドックスなタイプの油揚げ麺なんですけど、トムヤムヌードルの油揚げ麺よりも少し粘り気を意識しているような感じで、同時発売品でも同じ麺を使い回すのではなく、きちんとスープに合わせて採用していることに好感が持てました。実際、トムヤムヌードルに使われていた油揚げ麺よりも今回のスープに合うと思ったし、一見すると取るに足らないようで、こういった部分にこそメーカーの思い入れが現れるんじゃないのかな、と…いや、難しく考え過ぎですかねw

かやくは、「風味の良いコリアンダー(パクチー)、程良く味付けした鶏肉そぼろ、もやし、ねぎ、唐辛子」とのこと。トムヤムヌードルの時は青梗菜と同化していて、あんまり具材のパクチーは分からなかったんですけど、明らかにネギとは違う緑色の物体が結構たくさん入っていました。でもって鶏肉具材はイメージ的に、ほぐし身なんかが入っているとベストだったんですが、なんと例の粗悪なスポンジそぼろではございません。きちんと程良く味付けされた鶏肉そぼろですw 100均に並べることも視野に入れた上で開発されたようなカップ麺にマトモな肉そぼろを使ってきたり、かと思えば200円オーバーのカップ麺でも容赦なくスポンジ野郎を忍ばせてきたり、もうエースコック意味わからんw 鶏肉そぼろはスパイシーな味付けで、意図せず口に入ってきたときにハッキリと自己主張していたし、スープの鶏を色濃くすることにも寄与していました。もやしも太めで、シャキシャキとした食感から存在感があり、特別に意識しなくても価値を見出せたのが良かったです。


(標準は★3です)

ベースのシンプルな鶏しおスープとパクチーペーストの相性や、当たり障りのない油揚げ麺に美味しい鶏肉そぼろなど、ひとつのカップ麺としての完成度は相方のトムヤムヌードルよりも上だと感じました。トムヤムヌードルではパクチーのインパクトでオリジナルのトムヤム感が少し弱くなっていたのがネックだったんですが、こちらのスープは最初から土台がパクチー受け入れ体勢だったので、それが功を奏していたと言えるでしょう。想像通り鶏とパクチーの相性は良好だったし、ほとんどイメージとのギャップも感じませんでした。あとはパクチーの威力に対する期待値の高さが勝敗を分ける項目になると思うんですけど、まず苦手な人は絶対にヤメとけレベルなのは間違いありませんし、生粋のパクチニストでも100均なんかで入手された場合であれば、まぁ100円前後のカップ麺にしては頑張っていると素直に思ってもらえるのではないでしょうか。もちろん前述したように、パクチーが苦手な人には論外なカップ麺になりますがw パクチーに馴染みがない人でも手軽にパクチーの雰囲気を体験できる、そういった意味でも需要性を感じました。多分、それが狙いなんでしょうね。いまいちパクチーって言われてもピンとこないんだよなぁ…って人は、これを機会に試してみるといいかもしれません。尚、それが原因でトラウマになったとしても当ブログは責任を負いかねますのでw よろしくお願いしますw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぱくぱくパクチー 鶏しおヌードル (1コ入)
価格:194円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぱくぱくパクチー 鶏しおヌードル 63g×12個
価格:1,671円(税込 / 送料別) (ケース販売)
大楠屋ストア


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ぱくぱくパクチー 鶏しおヌードル
製造者:エースコック
内容量:63g (めん50g)
発売日:2017年7月17日 (月)
発売地区:全国新発売 (コンビニ・スーパー等)
取得店舗:スーパー
取得価格:105円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071239282

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:290㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (パクチーペースト)

~標準栄養成分表~

1食 (63g) 当たり

エネルギー:256kcal
たん白質:5.5g
脂質:7.4g
炭水化物:41.8g
ナトリウム:1.4g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:0.9g)
ビタミンB1:0.21mg
ビタミンB2:0.20mg
カルシウム:133mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:256kcal (めん・かやく:214kcal / スープ:42kcal)
食塩相当量:3.6g (めん・かやく:1.3g / スープ:2.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖)、スープ(食塩、鶏・豚エキス、砂糖、デキストリン、でん粉、香辛料、コリアンダー(パクチー)、魚醤、たん白加水分解物、全卵粉)、かやく(コリアンダー(パクチー)、味付鶏肉そぼろ、もやし、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、ソルビット、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、香料、微粒二酸化ケイ素、かんすい、着色料(カロチノイド、フラボノイド、クチナシ、カラメル)、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1706_PTA.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
ちょうど職場の隣の人が、美味しそうに食べてるのを見ながらのコメントです。
彼女曰く、パクチーの威力をもっとくださいとのこと。笑)
人の味覚って、色々あって面白いですね♪
No title
takaさん、こんにちは!

この商品、自分の中ではいやにパクチーが物足りなく感じたのですよね;

パクチー系3商品の中で最後に食べたせいで慣れが出てたのか、
香りに関しては3商品の中で最もパンチが効いていたはずが、
食べてみると「普通だなぁ。攻めがあまりないなぁ」という、
その感覚が響いてしまうという不思議な結果になりました!

スープも完飲したのですが、パクチー感は平気でしたしね!(●・ω・)

もう少し具材としてのパクチーの主張も強めにあったら、
ガツンとあのクセを楽しむことができたのかもですが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
パクチーはやはりこういう鶏塩スープがいちばんマッチングが
いいように感じますね。
同時発売のサンヨー食品のものも同じ系列で大変美味しかったし!

このペーストの中になんかパクチーの細かいのを忍ばせていますよね。
ペーストを溶くとパクチーが顔を出す感じですね。

ところでサンヨー食品のほうは見つかりましたか?
あちらもとても美味しいですよ。

しかしすっかりパクチーを制覇されましたか・・・。
なんか傍から見てる立場ではおもしろくないなww
Re:バカワインさん
おお、なんというタイムリーなタイミングで(笑)
是非、私のブログを知らせてあげてくださいw(営業すなww)

そうそう、好きな人には物足りないかもしれませんね…
自分としては充分でしたけど(;ˊᗜˋ)
Re:かーとさん
こんにちは!

> この商品、自分の中ではいやにパクチーが物足りなく感じたのですよね;
かーとさんもパクチストでしたもんねぇ…(;ˊᗜˋ)

たしかに攻めの姿勢ほどではなかったかもしれませんが、
この程度で自分は充分に満足できましたよw

鶏との相性も良かったし、テーマの希薄さも感じられず、
個人的にはトムヤムよりも鶏しおが上だと思いました٩( 'ω' )و
Re:たういパパ
はい! 鶏しお+パクチーは想像通り印象が良かったです_φ(. .*)

> 同時発売のサンヨー食品のものも同じ系列で大変美味しかったし!
結局、これらは見付からなかったんですよね…
ぱくぱくパクチーは3店舗で見付かったんですけど、
それに押されてサンヨー食品の枠が外れてしまったようです;

っていうか面白くないとか言わないw
まぁでもアレですよ、まだペヤングのパクチーMAXは
無理な気がしています(;ˊᗜˋ) 挑戦してやろうとも思えないww

あ、時にペヤングのプラス納豆が7&i限定じゃなくなりましたね٩( 'ω' )و
パクチー2連チャンエクスペリエンスwww
なんてこったい…

パクチーペーストカップ麺の同時発売なんですね(;^_^A
こ…これもやめとこうw

僕のパクチー克服はきっとtakaさんよりもかかる…
というか、マジでtakaさん克服早すぎますって(*´∀`)


僕はですね…昨日夜にまた嫁さんを迎えに行った後スーパーに行きましてね

和ラー赤青黄色の3種をゲットしたので、それを平和に食べてます(笑)
うちの地元、あのラーメンまだ売ってたんです!いやもうビックリ( ´艸`)
Re:もりりんパパさん
> パクチー2連チャンエクスペリエンスwww
いやもうエクスペリエンスの使い方が「なんてこったい」ですよw

パクチーの克服はね…もう慣れですよ(;ˊᗜˋ)

自分はブログを書いているが故に “しかたなく”
食べていたら、強制的に慣れちゃったようなものですから(笑)

ただ、無理に慣れる必要は全くないのでw
苦手なままでも大丈夫ですよ٩(ˊωˋ*)و

え…和ラーの能登が未だに?!
ちょっと…それ超レアなんじゃないですかねww

しれっと製造ライン復活? いや、そんなまさか…
No title
実はナビ助もパクチーダメ人間でした。しかしタイに住んでますから、パクチー攻撃ハンパないんすよ。

結果、今では結構食べれるようになりました。昨日もパクチーカレー食べたし・・・
Re:ナビ助さん
タイでは辛い物とパクチーがオンパレードみたいですねww
前者は大歓迎なんですけど、後者は有っても無くても(苦笑)
でも、やっぱり慣れちゃうんですよね…ナビ助さんも克服組でしたか(;´・ω・)

管理者のみに表示

トラックバック