エースコック「一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、多胡本家酒造場の「作州津山ビール 宇宙ラベルシリーズ STOUT(スタウト)」です。昨日の「ITSUHA(イツハ)」に続く「作州津山ビール 宇宙ラベルシリーズ」なんですけど、いやぁ…これ、かなり秀逸ですよ。ビアスタイルはスタウトなので、エール(上面発酵)の黒ビールになるのですが、王道の「ギネス」で例えると、「ドラフトギネス」より明らかに重く、「ギネス エクストラスタウト(小瓶)」よりもマイルドで、後味に残る甘い余韻が印象的。エール麦芽,小麦麦芽,グリーンロースト麦芽,カラメル麦芽をローストしたスモーキーな香りが芳ばしく、それでいて苦味は上品で、そこに重なる配慮の行き届いた適度な酸味と、ビール酵母特有のエステルが複雑な世界観を醸し出しています。ビール好きは勿論、我こそは黒ビール党という方にも自信を持ってオススメできる、文句無しに美味しいスタウトでした。あ、ちなみに賞味期限は、前回記事の「ITSUHA(イツハ)」と同じく、製造から120日となっているのですが、私が飲んだのは製造から127日経っていて…冷蔵庫内でイイ感じに熟成しちゃってたんでw その上の感想であることを予めご理解いただけたらと思います。でもでも、これ美味しいですよ。マジで。製造直後、60日後、120日後…と、飲み比べてみたくなりました。宇宙ラベルシリーズは他にも2種類あるようなんですけど、残念ながら手元にあったのは紹介した「ITSUHA(イツハ)」と「STOUT(スタウト)」の2本だけだったので、これにて宇宙ラベルシリーズのレビューは打ち止め…もう4本セット買ってしまおうかw


さて、本日の一杯は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA」です。シリーズ前回の「麺巧 潮」では、タイトルから「行列必至の」が抜けていたんですけど、また復活していました。基準が謎w それにしてもエースコックは、このブランドに随分と力を入れていますね。平気で次の新商品をリリースするまでに1年ほど放置プレイかましてくることもザラなんですけど、この「一度は食べたい名店の味」シリーズは、最近だと約1ヶ月に1回のペースで新作が登場しています。ちなみに当ブログでは、もれなく第1弾から記事にしてきました(一度は食べたい名店の味シリーズ過去記事まとめ)今回で第8弾ですね。





スープは、「チキンをベースにオニオン・ジンジャーを加えた醤油スープ」に、「別添の液体スープを加えることで、さらにチキンの旨みと柚子のさわやかさが香る一杯に仕上げ」たとのこと。ベースのスープは醤油ダレのカドが控えめで、鶏の旨味と鰹の下支えが効果的な、筆者好みの(知らんw)旨味で喰わせるタイプです。醤油スープとの説明がなされていますが、どちらかと言うと味付けは塩で整えていて、醤油は香り付けに徹底しているような印象ですね。柚子のアクセントは軽めで大人しく、香味野菜の主張も程よくて、でも鶏油の芳ばしさとチキンの旨味、そして隠し味の鰹が物足りなさを感じさせない、このままでも充分に美味しいスープです。しかし、ふりかけを攪拌すると、一気にスープのテンションが上がりますよ。良い意味で大人しくてソツのない、でも物足りなくもないスープに揚げネギの芳ばしくてホロ苦いアクセントが映え、満足度が飛躍的に上昇。さらに柚子皮の清涼感が柚子の立ち位置を手前に引っ張り上げることで、より個性が明白になります。それでいて揚げネギや柚子のインパクトに任せっきりな浅はかさは感じられず、きちんとベースの鶏も活かされている、そんなバランスの取れた絶妙な力関係に好感が持てました。それぞれが適度な塩梅なんですけど、決して無難な纏め方でなく、緻密に計算していたからこそ打ち出せた、そう思えた味の組み立てが良かったです。

めんは、「歯切れの良い角刃の細めん」で、「めんに味付けを施し、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。加水率の低い角刃の細麺で、歯切れの良さにスポットを当てていますね。早めに食べると少し芯の残る歯応えが心地好かったので、麺に歯応えを求めている人は2分15秒~2分30秒くらいでフタを開けちゃっても大丈夫…というか、麺に歯応えを求めている人は言われなくてもフライングが基本ですよねw 中華そばチックな面持ちが今回のスープともベストマッチだったし、多加水麺には定評のあるエースコックですが、最近は加水率の低い麺にも積極的にトライしてくれているような印象が強くなってきたので、より麺の引き出しが広がってきたように思います。加水率が低い分、そこまで耐久性に優れた麺ではなかったので、歯応えが残っている内に楽しみましょう。あ、でも後半は後半でスープとの一体感が高く、伸びてフニャンフニャ~ン…ってほど頼りないダレ方ではなかったので、柔麺は柔麺でアリな感じでしたけどね。最初ちょっと油揚げ麺特有の風味が気になったんですけど、ふりかけを攪拌してからは、さほど目立っていませんでした。

かやくは、「程良く味付けした鶏肉そぼろ、メンマ、色調の良いねぎを入れ、風味のアクセントに揚げねぎ、柚子を加え」たとのこと。まず程良く味付けした鶏肉そぼろなんですが、そこそこの量が入っているのにも関わらず、なんと例の “白い悪魔”(スポンジ野郎)ではありません。舌触りも自然で、ちゃんと程良く味がありますw ええ、そうなんです…ヤレばデキる子なんですエースコックw そしてエースコックの場合、タテ型だとメンマは小さい個体が採用される傾向にあるんですけど、どんぶり型に入っているような大きめサイズで、きちんと歯応えがあります。でもってスープの項目で先に触れてしまいましたが、ふりかけが秀逸なんですよね。たっぷりの揚げネギがスープの一部となって個性を演出し、特有のホロ苦い芳ばしさと、またフライド具材ならではの甘味が味わい深く、スープの核と言っても過言ではない存在感を放ちながら、幅を利かせ過ぎて一辺倒になるほど不躾ではありません。そして同時に柚子皮の存在感も顕著にあって、ふと口の中に入ってきた時の爆発力は中々のもの。柚子特有の香りも然る事乍ら、若干のホロ苦さがリアリティの演出に寄与していて、揚げネギと共に全体を華やかに盛り上げてくれていたのが良かったです。それにしても季節の関係か、柚子を使ったカップ麺が多いですねー。


(標準は★3です)

しっかり鶏の効いた旨味で喰わせるタイプの丁寧なスープに、揚げネギと柚子のアクセントが個性とインパクトを演出し、さらにスープとの相性に配慮の感じられた加水率の低い細麺と、ちゃんと程良く味付けされたw 鶏肉そぼろなど、実に完成度の高い一杯でした。明白な鶏の旨味に柑橘系の素材、そして揚げネギのアクセントと言えば、寿がきや食品の「ドゥエイタリアン監修 レモンらぁ麺」を思い出しますが、あんなに強烈な歌舞伎者ではないのでw 幅広い層の方々が楽しめるカップ麺だと思います。柚子が気になる人は勿論、揚げネギの個性が印象に残ったので、揚げネギ系のトッピングが好きな人にもオススメ。っていうか、パッケージに鶏の旨味と柚子の香りについての説明はあるんですが、揚げネギに関しての説明は、これといって書かれていないんですよね(一応、写真には映っていますが…)割と主役級の存在だったんですけどw いやいや、美味しかったです。男性も女性も楽しめて、オリジナリティも感じられる、個性的かつアクの感じられない一杯でした。

余談:なんと…今回の「一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA」から、エースコックのカップ麺にも「参考値」(調理直後に分別した値)が記載されるようになったようです! と言うのも、これまでエースコックは汁あり汁なしに関わらず、食塩相当量のみ書かれていたんですよね。それが今回のカップ麺と、その翌週に発売されたカップ麺も確認してみたところ、「めん・かやく」と「スープ」を分別して分析した値が記載されていました。ずっと気になっていたのでw やっとこさ分別して分析してくれた…と、個人的に嬉しかったし、これ地味に大きな変化なんじゃないですかね。はい、マニアの戯言でしたw


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA (1コ入)
価格:221円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
製造者:エースコック
内容量:93g (めん70g)
発売日:2017年6月26日 (月)
発売地区:全国新発売 (コンビニ・スーパー等)
取得店舗:ローソン
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071239268

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (液体スープ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) 当たり

エネルギー:418kcal
たん白質:10.8g
脂質:19.4g
炭水化物:50.0g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:196mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:418kcal (めん・かやく:324kcal / スープ:94kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:1.6g / スープ:4.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、砂糖)、スープ(鶏・豚エキス、植物油脂、動物油脂、食塩、砂糖、たん白加水分解物、でん粉、しょうゆ、発酵調味料、香辛料、オニオンパウダー、酵母エキス、カツオエキス)、かやく(味付鶏肉そぼろ、ねぎ、メンマ、揚げねぎ、柚子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、香料、カラメル色素、かんすい、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、増粘多糖類、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1705_TLES.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
開発秘話のTV番組を見ていただけに興味津々で食べました。

シリーズの中でも出来栄えがとても良かった商品だったと思います。
やはりTV番組のモデルだったという側面も感じ、
力が入っていたなと思える内容でした。

店主さんはお店の商品は「揚げネギとカイワレ具材」がポイント
と言っておられたので、カイワレを入れれなかったのは残念だったと思います。
No title
>2分15秒~2分30秒くらいでフタを開けちゃっても大丈夫

はい(`・ω・´)ゞ
待ってましたそういうの!!これは僕の得意分野w
とにかく待てないので(/ω\)

しかし柚子だったり柑橘系が確かに多いですね~、やはり後味さっぱりしたものを皆さん求めているのでしょうか(`・ω・´)

レモンらぁ麺程ではない…のならば、いけるかもしれません!
…いけるかしらw


あと余談ですが、すみません。
僕完全に勘違いしていたのですが、うちの嫁さんパクチーだめでしたw

先日買ったパクチー野郎を一緒に食べようと提案したところ、『あんなカ〇ムシ私は無理!!』と一蹴されてしまいましたw
1人で完食する羽目になってしまった~( ノД`)
No title
takaさん、こんにちは!

このところ魚介をメインに据えたスープが多かったですが、
今回は現代的ながらも王道を感じさせる一杯になってましたね!(●・ω・)

ベースの鶏がしっかりしていて、柚子がふわっとさわやかな香りを運び、
なおかつ多めの香味油と揚げねぎによってアクセントと厚みを加える、
それほど魚介に頼らないスタイルは王道を思わせるスタイルながら、
変化球をちょくちょく入れているあたりは新しくもありましたね!

また、最近のエースコックの油揚げ麺の低加水麺はいいですね!
歯切れの良さと麺の風味が上手く両立されていますしね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
今日は遅いコメ失礼します!
マニアの戯言、面白かったですよ。
いや、本当カップ麺を愛してますね。
このカップ麺は、見た目は素朴ですが、コスパが高そうですね~
今回は、その前のビールが気になりましたよ。なんて素敵なビールなんでしょう。ちなみにビールの保存期間での、熟成の違いって意識したことなかったかも。是非レビュー下さい!
Re:たういパパ
あ! そういえばコレでしたね! 開発秘話のTV番組!
もう完全に忘れてしまっていたꉂ(ˊᗜˋ;)‘`,、’`,、

> 店主さんはお店の商品は「揚げネギとカイワレ具材」がポイント
揚げネギはバッチリでしたよね! ただ、カイワレかぁ…
フリーズドライとかなら再現可能かな? 具材に強い東洋水産だったり、
最近はサンヨー食品も具材が楽しくなってきたので、何とかなる…かも_φ(. .*)?
Re:もりりんパパさん
> とにかく待てないので(/ω\)
いやもう3分くらい待ちなさいってww
と、言いつつ…こいつはフライングしても大丈夫〜◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…

ほら、待ち時間に腕立て伏せをするとか、ちょっと腹筋をするとか、
そしたら3分なんて、アッという間に経っていますよ٩( 'ω' )و

でもって今回の酸味であれば、果実ダイレクト系ではなかったので、
柚子ポンくらいならヘッチャラさ、くらいの耐性値があれば余裕かと_φ(. .*)

なんと嫁さんパクチーがダメでしたかww
数ヶ月前の私もヤツのことをカメムシ野郎と貶していましたからね(;ˊᗜˋ)

独りパクチーお疲れ様ですww

ちなみに、もうすぐ…エースコックから「ぱくぱくパクチー」
というフザケたカップ麺がリリースされますよ◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…
Re:かーとさん
こんばんは٩(ˊωˋ*)و

今回はベーシックな「中華そば」らしさを軸に、
「中華SOBA」を感じる現代的なアレンジが光っていましたね!

仰る通り変化球的な要素が多かったんですけど、
軸が無くてバラバラにはならず、きちんと互いを尊重し合い、
インパクトがありながらも一辺倒ではなかったのが良かったです。

強めの鶏も印象が良かったですよね!
これによって軸が明白に固まっていたので(。-`ꙍ-)

でもって、油揚げ麺。これもポイントでしたよね_φ(. .*)

もうちょっと油揚げ麺特有のスナック感を丸め込めたら、
日清食品や明星食品の低加水系に近付けると思いました。

で、ここまで拘っていたにも関わらず、スポンジ野郎じゃなかった件w
毎度このくらい安定したクオリティを維持してくれるとベストなんですが(笑)
Re:バカワインさん
マニアの戯言に反応ありがとうございます٩(ˊωˋ*)و

> いや、本当カップ麺を愛してますね。
いや、どうなんだろう…これよく言われるんですけど、
そないに言うほど…っていうのが本音だったりもするんですよねw

ブログを通して自分の意見を発信できる、そのアウトプットに
誂え向きな題材だったのがカップ麺で、いわば媒体的な。

ただ、記事の投稿を繰り返しているからこそ、
愛に気が付けていないだけなのかもしれませんww

でもって、今回のカップ麺は出来が良かったですよ_φ(. .*)
インパクト然り、総合力の高さも光っていましたからね♪

> ビールの保存期間での、熟成の違い
かなり違いますよ_φ(. .*) しかも、常温保存していた場合と、
冷蔵保存していた場合。加熱処理ビールか、生ビールかなど、
特に今回のようにビール酵母なんか入っていると、なおさらですね。

比較レビューする余裕があるだろうか…(;ˊᗜˋ)

あ、ちなみにベルギービールのシメイ(ブルー)を
買ってから保存状態のいい環境で、2年ほど熟成させてみてください。

で、2年後に製造された新しい個体と飲み比べてみてください。

言葉を失うレベルで感動しますよ(マジ)

管理者のみに表示

トラックバック