サンヨー食品「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ あさりバター風 タテビッグ」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、サントリーの新商品「ザ・モルツ サマードラフト」です。コンビニエンスストア限定発売のビールで、夏にぴったりの “爽快な飲みごたえ” がテーマ。これを「ザ・プレミアム・モルツ」でリリースしていたら、ちょっとイメージ的に懸念が強かったんですけど、「ザ・モルツ」なので、何というかハードルの低さがプラスに? 作用していますよねw シトラスの香りを思わせる「シトラホップ」と、独自のHHS(High temperature High pressure Steam:高温高圧蒸気)製法で加工した麦芽を一部使用することで、 “爽快な飲みごたえ” を演出しているそうです。まず甘味が控えめで、やや苦味が先行するタイプ。ビターってほどキツくはないんですが、旨味を意識している本家とは明らかに様子が違いますね。シトラホップを思わせる柑橘系のニュアンスも感じられるのですが、エール系のビールほど表立って主張してくるタイプではなく、こちらは控えめ。ちょっと苦いビールは…という人は、避けられたほうが賢明かもしれません。ただ、それが夏に嬉しい爽快感に寄与していたし、I.P.A.ほど人を選ぶような苦味ではなかったので、ザ・プレミアム・モルツのワンランク下にあるブランドの立ち位置的にも適切な着地点だと感じました。じっくりと舌で転がしながら吟味するように飲むよりも、スーパードライよろしく喉を鳴らすように飲むのが正攻法かもしれません。ただ、ひとつだけ気になるポイントが…と言うのも、先に触れたようにコンビニ限定のビールなので、価格が350ml缶で223円だったかな? つまりコンビニ以外の店舗だと、場合によっては…「ザ・プレミアム・モルツ」が買えちゃうんですよ…っていうw コンビニ限定発売じゃなかったら、もうちょい素直に楽しめたんですけど、これなら同じ値段でプレモルを買って、イメージの差し引き分じゃないけれど、あろうことかプレモル様をゴクゴク飲んでしまいたい…と、そんな風に思ってしまった庶民派の私でしたw


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ あさりバター風 タテビッグ」です。サンヨー食品の定番袋麺をアレンジした、「BESTレシピ」シリーズの新作で、第4弾に当たるんですが、前回もベースは塩らーめん、しかもテーマが同じ貝類の「ほたてバター風」だったんですよね。ただ、丸味を帯びた旨味が特徴のホタテと、やや攻撃的なアサリでは、同じ貝でも顔立ちが随分と異なるので、その差や仕上がりが気になるところ。身を食べるならアサリよりもホタテ派なんですけど、出汁ではホタテよりもアサリ派なのと、サンヨー食品は貝出汁に強いメーカーなので、ちょっぴりアサリ特有の癖にも期待したいと思います。





スープは、「袋めん『サッポロ一番 塩らーめん』の味わいをベースに、あさりとチキンのうまみ、調理感のあるバター風味と香辛料が合わさった、あさりバター風の塩らーめんスープ」とのこと。まずベースのスープは、紛うことなく「サッポロ一番 塩らーめん」の味です。あの形容し難い一種の中毒性を醸し出している独特の香味野菜が効いていて、一見して明白に “あの味わい” です。そこに今回はアサリとバターの風味が追加されているわけなんですけど、アサリが結構な勢いで目立っていますね。バターの風味は下支えに過ぎず、あくまでも引き立て役に徹しているような印象。そのバランスが功を奏していて、アサリの風味をマスキングする嫌いを見せません。一方その頃アサリちゃんは、伸び伸びと羽を伸ばして好き勝手に飛んだり跳ねたり踊ったりw とは言え、しっかりと塩らーめんの個性は尊重しつつ、ほんのりと舌の脇に特有のホロ苦さまで感じさせてくれる抜群の存在感。それでいて、オリジナルの塩スープとも相性はピッタリで、まさにBESTマッチです。ただ、食塩的な塩分濃度が高く、自分にはスープ単体だと塩っぱい味でした。でも麺を食べている時には程よい塩梅だったし、飲み過ぎ防止に繋がって良かったですw

は、「コシのある中太めん」で、「ボリューム感があり、食べ応えがあ」るとのこと。袋麺と同じく、原材料に「やまいも粉」が練り込まれている白っぽい見た目の油揚げ麺で、しっとりとした口当たりと、優しいソフトな食感がノスタルジックな面持ち。製品説明に書かれているようなコシは目立って意識されておらず、サイズも相変わらず中太ではないと思いますw 中細かな? でも、さすが塩らーめんに合わせてあるだけのことはあって、スープとの相性は申し分ありません。ふんわり奥から上がってくる油揚げ麺特有の甘味と、ちょっぴりホロ苦いアサリの効いた塩スープの兼ね合いが抜群に美味しかったです。ボリューム感があるとのことでしたが、麺量は72gだったので、縦型カップの平均値(80g)よりも少し量は控えめですね。とは言え、目立って体感的に物足りないなぁ…という不満はないと思います。

具材は、「あさりから溢れ出すうまみが食欲をそそ」り、「いりごまの香ばしい風味とねぎの風味がスープにとてもよく合い、おいしさを引き立て」るとのこと。まずメインのアサリなんですが、貝特有の弾力性がリアルな歯触りは勿論、味はアサリの旨味だけでなく、しっかりと内蔵まで丸ごと入っているので、若干の苦味まで忠実に再現されていて、まさに文字通り “完璧” な具材です。一瞬、ほんのちょっと、ジャリッ…としたヤツが1匹紛れ込んでいたのですが、なんか…それすらもリアルで好印象でしたw ネギは歯触りと風味がアクセントに効果的だったし、塩らーめんのアイデンティティとも言える切り胡麻も搭載。切り胡麻は別添ではないので、ちょっと少なくも感じたんですけど、アサリ出汁が目立っていて良かったです。とてもシンプルな内容ですが、リアルなアサリによる満足感が非常に高かったので、シンプルイズベストの良さを素直に楽しめました。このシリーズは基本的に、一点集中型のシンプルな具材構成が多いですね。そのれだけに質が高く、存在感の強い具材をメインに持ってきてくれているので、とても印象が良いです。


(標準は★3です)

やや個人的に塩気の強さが気になる仕上がりではあったものの、しっかりとオリジナルの塩らーめんを踏襲しつつ、一見して明白なアサリの旨味が印象的で、尚且つ程よい主張のバター風味というスープのバランスも然る事乍ら、文句の付けようがないリアルな具材のアサリが素晴らしく、ほたてバター風に匹敵する完成度の高さでした。前回はホタテを軸に複合的な貝の旨味を効かせた仕上がりだったんですけど、今回はホタテよりもインパクトの強いアサリが軸だったので、より強い個性が感じられると思います。テーマは連続して貝という題材でしたが、同じような路線にありながらも全くの別物でしたから、サッポロ一番の塩らーめんが好き、アサリ系の出汁が好き、という人は間違いなく満足できること請け合いです。ただし、バターの濃さに期待してしまうと、やや物足りなさを感じてしまうでしょう。私としては下支え的なバターの立ち位置が好印象で、その効かせ加減こそが功を奏し、アサリを阻害することなく引き立て役に徹していたのが今回の勝因だと感じたのですが、あさりバターのバターに期待している人は、少し期待値を下げておいてください。次回のテーマが気になるところではあるものの、やはり総じて言えることは、基本的に塩らーめんのアレンジは外さない、という結論でしょうか。もともと各自でアレンジしてもらうことを前提に…とのコンセプトを基にして作られた製品だ、という開発背景を聞いたことがあるんですけど、それも納得ですね。そろそろ出番の少ない「しょうゆ」にもスポットを当ててもらいたいんですが、今のところBESTレシピシリーズは軒並み印象がいいので、次回作のテーマは何であれ楽しみです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ あさりバター風 タテビッグ (1コ入)
価格:210円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ あさりバター風 タテビッグ
販売者:サンヨー食品
内容量:91g (めん72g)
発売日:2017年6月19日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:ローソン
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901734031185

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:420㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (仕上げの小袋)

~標準栄養成分表~

1食 (91g) 当たり

エネルギー:427kcal
たん白質:6.9g
脂質:20.6g
炭水化物:53.6g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:225mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:427kcal (めん・かやく:358kcal / スープ:69kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.6g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、やまいも粉)、スープ(食塩、豚脂、香辛料、植物油脂、魚介エキス、糖類、でん粉、ごま、デキストリン、酵母エキス、バターオイル、味付豚肉、乳等を主要原料とする食品、鶏脂、鶏肉野菜調理品、チキンエキス)、かやく(あさり、ごま、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にえび、卵、いか、大豆を含む)

アレルゲン情報:えび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・やまいも

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0650.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
ほっほう~、貝自体はあまり得意ではないですが、貝の味は割と好きな僕が通りまーす(*´艸`*)

味は好きなんですけどね~、あの見た目(グロさ)と触感が苦手なのですよ…
あさりはまだ可愛らしいのであさりバターや味噌汁を食べますけどね!

なのでこれはむしろ食べたいパターンですね(`・ω・´)
購入購入っとφ(..)メモメモ

ストックが増えすぎて全然減りませんがw
現在25個www

てか昨日は心配して頂きありがとうございました(;^ω^)
地図で見るとニュースに出ていた地域のほんと近くなので、複雑な気持ちですね。
今朝から自衛隊がどんどん現地に向かってます(-_-;)
Re:もりりんパパさん
なるほど見た目がダメですか…なら今回は…
って、あさりちゃんは大丈夫なのね(。´艸`。)(笑)

なら今回は素直に楽しめるかと( •̀ꙍ•́ )キリッ

> 現在25個www
え…それ私よりも多いジャマイカww(マジで)

とりあえず台風の直接的な被害が無かったとのことで安心しましたが、
隣地域で大きな被害があると、複雑な気持ちになりますよね…(;´・ω・)

引き続き何もないことを祈っています…!
No title
おぉ~、あさりがしっかりあさりしてるじゃぁありませんか。
なんて、本題にコメントするようなフリをして
我が家の近くにはコンビニがない。
コンビニ限定ビールやコンビニ限定カップ麺難民(;;)
Re:愚昧親爺さん
え…マジですか?! コンビニ難民はツラい( ノД`)シクシク
とか言いながら、自分も最寄りのコンビニまで車で20分なんですけどねw
今回のコンビニ限定ビールは…スーパーでプレモル買った方がいいかも(;ˊᗜˋ)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
takaさん、こんばんは!

「ほたてバター」に続いて味の良さも光ってましたが、
それと同時に具材の魅力も感じさせる一杯でしたよね!(●・ω・)

前回は貝柱風かまぼこがどっさりと入っていましたし、
今回はサンヨー食品が得意とするあさりがたっぷり入り、
「貝に強いサンヨー食品」の力が如何なく発揮されてましたね!

しかもベースのスープも安心の「塩らーめん」ですから、
貝と合わされたおいしいのも当然と言えるほどですしね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

テーマ的な二番煎じ感は否めなかったものの、
確かな個性の違いとリアルなアサリは特筆ものでしたね!

> 「貝に強いサンヨー食品」の力が如何なく発揮されてましたね!
特にタテ型ビッグでは東洋水産に近い水準になってきましたよね_φ(. .*)

ベースの塩スープともマッチしていたし、具材は本物、
奇抜な印象は皆無に等しい新作でしたけど、
無難には終わらない満足感でした٩(ˊωˋ*)و
No title
貝だしの商品では自分はあさりがいちばん好きですね。
たしかに旨みの方向性がはっきりしているのでスープにもアクセント!
独特のアクのある旨みがなんともたまりません。
このあさり具材も味が濃くて好き!

ただ同じような製品を続けたのだけが残念。
味噌味か醤油味アレンジの商品を挟んでほしかった!

もしくはまさかのごま味ラーメンアレンジとか!
サッポロ一番の袋麺ではダントツでごま味が好きなので・・・。
Re:たういパパ
> 貝だしの商品では自分はあさりがいちばん好きですね。
お、アサリがマイベストなのは意外だったかも_φ(. .*)
てっきりパパは「しじみ」派かと思っていましたw

連チャンして貝出汁というテーマの二番煎じ感こそ否めなかったものの、
ホタテとの差別化は明白だったし、アサリの個性が光っていて、
オリジナルとも相性が良く、大満足の一杯でした٩(ˊωˋ*)و

アサリもモノホンだったし( •̀ꙍ•́ )キリッ

> もしくはまさかのごま味ラーメンアレンジとか!
> サッポロ一番の袋麺ではダントツでごま味が好きなので・・・。
パパが「ごま味」らゔぁーなのは知ってますよ◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…
でもアレンジ系は出ないんですよね…しょうゆも(;´・ω・)
やっぱりアレンジが難しいんでしょうか・・・

管理者のみに表示

トラックバック