明星食品「トナリ 辛激タンメン」(ローソン限定商品)



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、三万石の「エキソンパイ」です。またまた しつこく(待てぃw) 連日で登場しておりますechoes氏プレゼンツで、前回記事の「ままどおる」と詰め合わせになったセットを贈ってくださっていました。で、パイは分かる。エキソンってナンゾ? ということで調べてみると、フランス語で「盾」を意味するそうです。外側のパイ生地は 攻撃されたら一瞬で貫かれそうなw しっとりとしたタイプで、中に白生餡をベースにした餡が包まれているんですけど、たくさん胡桃(くるみ)が入っていて、こちらも昭和モダンな面持ち。パイ生地の芳醇なバターの香りに、たっぷり胡桃の和洋折衷な白生餡…これも間違いない子だぁー!w いやいや、これですよ、うん…こういうことなんですよ。方向性としては、かなり親しみ易いタイプだったんですが、しっとりパイ生地&たっぷり胡桃の白生餡という組み合わせは初めてだったので、まったく違和感ないのに新鮮でした。で、ちょっと面白かったのが…まずはこちらの画像をご覧ください。私、上の切り口から開けちゃったんですけど…よ、よかったんですかね?w 間違ってませんよね?w それは扨置き、「エキソンパイ」と「ままどおる」の詰め合わせは、何処へ嫁に出しても恥ずかしくない娘さん達でした。echoesさん、また素敵な見合いの提案お待ちしてm(ry

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ままどおる 3パックセット (1パック=5個入り)【お土産ショップ人気1位】
価格:1,800円(税込 / 送料別)
@宮城うまいもの屋 (「エキソンパイ」のリンクが見付からなかったので…)


さて、本日の一杯は、明星食品の「トナリ 辛激タンメン」です。ローソン限定発売のカップ麺で、監修店の「東京タンメン トナリ」は初耳の店だったんですが、つけ麺の名店として名高い「六厘舎」系列のタンメン専門店なんですね。激辛系のタンメンと言えば、ご存知の方も多い「蒙古タンメン中本」が有名ですけど、7&iにて日清食品製造のカップ麺が通年で絶賛発売中なので、子会社の明星食品がローソン専売品として激辛タンメンをリリースしたとなると、やはり対抗意識は感じざるを得ません…あ、これ商品名は「激辛」じゃなくて「辛激」(しんげき)なんですねw でも一応、パッケージには「小さなお子様や辛味が苦手な方は十分ご注意ください」とのコーションもありますし、それなりの刺激にも期待したいと思います。





スープは、「ポークと魚介のきいたスープに、ニンニク、赤唐辛子、赤・白味噌、豆板醤、生姜を加え」たとのこと。エへへへエクスペリエンスw(思わず笑ってしまった体験w)すいません…自分の好みということもあって、文句無しに美味しいです。まず刺激の強さですが、個人的には激辛未満。とは言え、一般的に辛口以上のラインには余裕で喰い込んでいると思います。辣味のタイプは瞬発力のある即効タイプで、口に含んだ瞬間、シャープで爽やかな刺激が駆け抜けて、割と引き際のいい刺激。でもって特筆すべきは、甘味。引き際がいいとは言え、強めに効かされた唐辛子の辣味から、余韻にピリピリとした刺激が残ります。それと同時に強めの甘味も余韻として響き、そんな辣味と甘味の兼ね合いが織り成す甘辛刺激ワールドが、私のハートをググッ、と漏れ無くイーグルキャッチですよ。さらにラードや豚・鶏エキスを中心とした動物系のコクがスープの重心を低い位置に落とし、唐辛子の刺激に負けない重厚感を演出。味噌はカドを立たせることなく、それでいて深みの感じられる輪郭のある風味に、ニンニクや生姜などによる香味野菜のアクセントが味を広げ、補足的に魚介が下支え。さらに醤油醪(もろみ)やXO醤、豆板醤などの隠し味が味に奥行きを生み、力強く刺激の強いスープでありながら、全く単調さを感じさせない奥行きと複雑味が得られたことに完成度の高さを感じました。中でもXO醤の旨味、結構これが後味に響いていて、ジャンクな刺激強い系なのに、高級感すら漂っていたんですよね…まず前提として、唐辛子の刺激に対する一定の耐性値がないと厳しいスープになりますが、刺激的でありながらも味わい深く、甘味と刺激のクセになる味わいにヤバげな中毒性が見えた、完成度の高いスープです。

めんは、幅と厚みのある縮れた平打ち麺で、もっちりとした粘り気のある弾力を意識した、加水率の高いタイプです。麺単体としての存在感は強いで賞を進呈したくなる部門に入りますが、今回はスープも太かったので、バランスはバッチリですね。そして、ここでも中毒性に寄与してくれたのが甘味。もちろんスープを纏ってのニュアンスを含めての話になりますけど、油揚げ麺特有の甘味が刺激の強いスープと対比を描くように重なって、なんだか異様に美味しかったですw 油揚げ麺特有の風味も控えめとは言えませんが、激辛系のスープに油揚げ麺を合わせると、ジャンクな魅力が加速する相乗効果が生まれるので、まさに最良の組み合わせでした。

かやくは、「6種の具材を使用」とのこと。6種の具材は、キャベツ、チャーシュー、人参、もやし、ニラ、キクラゲですね。ご覧の通り、なかなかのボリュームです。チャーシューはチップ状のヤツが2枚しか入っていなかったのでw(おそらく個体差)全く存在感は無かったんですけど、特筆すべきはニラ。風味が強く、また量もタップリと入っていて、甘辛くて刺激の強いスープとスタミナ感がベストマッチでした。キャベツは食べ応え、人参とキクラゲは食感、もやしは…雰囲気w を演出していて、チャーシューを除く具材は全て量が多かったので、途中途中で意識的に拾って食べても最後まで具材が残るくらいのボリュームだったのが良かったです。


(標準は★3です)

厳密に言えば、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本」とは別物になるんですけど、旨味と中毒性に関しては、それに匹敵するクオリティの高さだと感じました。私はセブンプレミアムの蒙古タンメン中本も大好きなんですが、スープの味だけで言えば、「トナリ」のほうが好みかもしれません。唐辛子の刺激も然る事乍ら、まず注目してもらいたいのが甘味。そもそも激辛を意識した食べ物って、総じて一般的ではないジャンクさが魅力になると思うんですが、唐辛子の刺激と甘味のコントラストがクセになる味わいで、珍しく(ほんと年に2~3回あるかないかw)今回はスープ残せませんでした。麺との相性も完璧だったし、具材も全く不足を感じなかったし、これといって落ち度らしい落ち度が全くと言っていいほど見当たらない、秀逸な一杯だったと思います。通年商品として取り扱ってもらうのは無理な願いかもしれませんが、せめて年に2回くらいのペースで定期的に発売して欲しいですね。ただ辛いだけじゃない、辛味と甘味の兼ね合いに、確かな旨味と深いコク。ジャンクな魅力と味わい深い複雑味を兼ね備え、難しいことを考えなくても単純に美味しい。唐辛子の刺激に対する耐性値だけがターニングポイントになりますけど、辛い食べ物が好きな人は是非とも探してみてください。刺激が物足りなかったら自前の一味唐辛子で何とでもなりますから! ちなみにココだけの話、途中からジョロキア100%の一味唐辛子で武装したんですが、強烈な辣味にも負けない旨味に製品のポテンシャルを再認識した次第です。ただ、強いてネックを挙げるとするならば、取り扱っている店舗が非常に少なかったこと。これは地域による差もあるとは思うんですけど、自分は行動 “圏外” のローソンにまで足を運び、やっとこさ5店舗目にて発見しました。捜索に難航するかもしれませんので、気合を入れて臨みましょう。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:トナリ 辛激タンメン
製造者:明星食品
内容量:112g (めん80g)
発売日:2017年6月13日 (火)
発売地区:ローソン限定
取得店舗:ローソン
取得価格:216円 (税込)
ローソン標準価格:216円 (税込)
JANコード:4902881470919

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:340㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (112g) 当たり

エネルギー:507kcal
たん白質:10.2g
脂質:20.5g
炭水化物:70.5g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.50mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:262mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:507kcal (めん・かやく:401kcal / スープ:106kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:1.8g / スープ:3.3g)

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、酵母エキス)、スープ(ラード、豚・鶏エキス、たん白加水分解物、糖類、香辛料、でん粉、小麦粉、みそ、食塩、香味調味料、魚介エキス、しょうゆ、香味油、ポークオイル、デキストリン、しょうゆもろみ、XO醤、豆板醤)、かやく(キャベツ、チャーシュー、人参、もやし、ニラ、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カロチノイド色素、炭酸カルシウム、かんすい、香料、カラメル色素、酒精、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カゼインナトリウム、リン酸塩(Na)、炭酸マグネシウム、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、いか、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・いか・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1301203_1996.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
六厘舎系のタンメン店ってあるんですね。
それだけで人気がありそうですね。
ここまで辛い系のラーメンが人気するなら、これはもう克服するしかないのか。。。
No title
takaさん、こんにちは!

渡辺製麺の影響か、ローソン専売商品は見つけにくいですよね;
そういえば「博多一双」はスルーされてしまってますしね;

この商品は自分としても非常に気に入った商品の一つでしたね!(●・ω・)

カップ麺における辛口系の中では最も好みと言えるかもです!

味の方向性自体は「蒙古タンメン中本」と近くもありますが、
やはりXO醤の深みと甘みが大きな鍵になっていましたね!

これが特定のローソンにしかないなんてほんともったいないです!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:バカワインさん
今回、自分もカップ麺で知った情報でした_φ(. .*)
そもそも本物の「六厘舎」すら未体験な私ですけどもww

> ここまで辛い系のラーメンが人気するなら、これはもう克服するしか
もうちょっとビギナー向けの製品からトライしましょうね(;ˊᗜˋ)
Re:かーとさん
こんにちは!

ほんと見付かりませんでした…まさか他県の境目まで行く羽目になるとはw
で、その時に「博多一双」も見掛けたんですけど(ラスイチだった)
もう時期的にいいや…って。もう少し早く見付かれば( ノД`)シクシク

つまり、専売は2商品とも行動圏内で見付からなかったんですよ;

ちなみに自分も今回のカップ麺はツボど真ん中でして!

辣味と甘味の掛け合いに、XO醤の本格さなど、味だけで言えば
蒙古タンメン中本のカップ麺よりも自分好みでしたからね_φ(. .*)

マジで定期的に発売して欲しいと思いました!!
で、次こそは…もっと広範囲にわたって( ノД`)
エへへへエクスペリエンスw
なんですかその体験www

コメント欄の方はすみません(^^;)
もう症状が出たして1週間経つのでそろそろ回復傾向にあるんですけどね(^_^;)

中々万全にはなってないので、もうちょいストックしていた観光ネタ&コメ欄閉鎖でお送りします。
心配して頂いてありがとうございます_(._.)_


そして今回の麺…こんな書き方されたら探して買いたくなってしまう~( ´艸`)
これ絶対にうちの近所にはないパターンですよ(笑)

この感じの辛さであればなんだか食べられる気がしてきますね、勿論汗だくになること請けあいですが。
ただ辛いだけではなくて、甘みと旨みが絶妙な加減で混ざっているなんて素晴らしいですね!


最近嫁さんがスーパーで色んな新発売の麺を追加購入してくれるんですよ~
これも昨日のも是非買ってきて欲しいところです(*^_^*)
Re:もりりんパパさん
> なんですかその体験www
ふふふ…ちょっと切り口が新しかったでしょ◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…
マニアを納得させる身にもなってくださいよ〜( ノД`)シクシク ←知らんw

> こんな書き方されたら探して買いたくなってしまう~( ´艸`)
いや…これは、もりりんパパさん無理レベルかとw
でも甘味の兼ね合いに救われて虜になってしまうかも?
ちょっと試してみて欲しいですけどね◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ… ただ、
私は発見までに、かなりの労力とガソリン代を使いましたww

> 最近嫁さんがスーパーで色んな新発売の麺を追加購入してくれるんですよ~
ええ嫁さんじゃ〜٩(ˊωˋ*)و でも、野菜やキノコや海藻も食べてね( ノД`)

> コメント欄の方はすみません(^^;)
いやいや…くれぐれも “完全に” 回復するまでは、
閉じたままでお願いします…じゃないと心配だから(;´・ω・)
No title
辛さより甘さが美味しさのヒミツという感じの商品でしたね。
ガーリックが適度に利いたスープはほんとにやみつきになりますよ。

そしてそのスープにピッタリの麺、具も盛りだくさんで満足感が高いです。

たしかに中本とはまた別の美味しさを感じることができました。

それにしてもお湯の目安量340mlだけは絶対に違う!
これだけが大いに謎!ww
Re:たういパパ
まさに今回の立役者は甘味だと感じました!

しっかり唐辛子の刺激を打ち出しつつ、
それとは対極的な甘味で中毒性を演出して、
尚且つXO醤でジャンクには終わらせん…っていう。

特定のコンビニ専売で、しかも期間限定(しかも取扱店が少ないw)
というのが非常に勿体無いと感じるほどの逸材だと感じました_φ(. .*)

麺と具材の満足度も高かったし、
7&iの中本に匹敵する仕上がりでしたよね♪

> それにしてもお湯の目安量340mlだけは絶対に違う!
これ…自分も疑問に思って、久々にデジタルスケールを取り出してw
きっちり計ってみたら、珍しく喫水線ジャストで340mlだったんですよ_φ(. .*)

多分、濃い味に仕上げたかったのかな?

まぁ390mlだろうと420mlだろうと
どのメーカーも基本的に喫水線の位置は変わらないのでw
ある意味、今回の必要目安量の表記は正しい? のかもしれません(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
韓国の激辛ラーメンブルダク~取り上げて下されば参考になります。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re:蓮の花さん
「ブルダック炒め麺(ブルダックポックンミョン)」ですかね?
まだ実際に見かけたことはありませんが、発見次第レポートします٩( 'ω' )و

管理者のみに表示

トラックバック