日清食品「カップヌードル ナイス 濃厚! ポークしょうゆ」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ロッテの新商品「パイの実<PABLO監修プレミアムチーズケーキ>」です。チーズタルト専門店「PABLO」が監修したパイの実で、PABLOの「プレミアムチーズタルト」をパイの実で表現したとのこと。お店の名前は自分でも知ってたんですけど、パブロのプレミアムチーズタルトは食べたことがありません。ってことで、再現度なんかは分かりませんが、パイの実としては中々面白い仕上がりですね。思っていたよりも甘さは控えめで、チーズのクセも控えめだったんですけど、ブリュレ感をイメージして表面をカラメリゼしたパイ生地には拘りを感じたし、カラメリゼらしいの芳ばしさとホロ苦い風味が印象的なチョコパイでした。ただ、もうちょっとチーズが強いと嬉しかったかなー。割とサッパリ食べられる感じだったので、もうちょいチーズにもプレミアム感が欲しかったのですが、カラメリゼ風の焼き目にはインパクトを感じたし、上下逆さまに引っ繰り返して表面のカラメリゼ部分を舌に直接当てるようにして食べると、より美味しい感じでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロッテ パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ (69g)
価格:183円(税込 / 送料別)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル ナイス 濃厚! ポークしょうゆ」です。先日、明星食品の「はじめ屋」や、エースコックの「麺ごこち」を紹介したところですが、なんとカップヌードルまで低糖質市場に参戦ですよ。いやはや、なんかもう低糖質のカップ麺というジャンルにも違和感が無くなってきましたよねw ちなみにカップヌードルには、もともとカロリーオフを意識した「カップヌードルライト」シリーズと、そこから更に食べ応えに対する満足度を飛躍的に向上させた「カップヌードルライトプラス」というブランドが存在しているのですが、今回の「ナイス」は、カップヌードル1食当たりに対して、脂質50%OFF,糖質40%OFF,カロリーは178kcalと控えめで、「こってりなのに」という濃厚さを売りにしている模様。テイストが「ポークしょうゆ(豚骨醤油)」という部分や、「こってりなのに」という謳い文句から、「はじめ屋 こってり醤油豚骨味」のカップヌードルバージョン的な雰囲気を感じている実食前の現在なんですけど、コンセプトとしてはオリジナルのカップヌードルがベースになっている模様。8ビット調(1980年代に流行ったテレビゲーム画面のようなドット調)のユニークなデザインも店頭で目を引くポイントとなっていたのですが、「カップヌードル×FF30周年記念商品」と題して、スクエアエニックスのファイナルファンタジーとコラボした商品なんかが開発されていた為、その影響を受けてのデザインなのかもしれませんね。さぁ、いろいろカットしちゃったカップヌードルですが、 “こってりなのに” と素直に思える濃度を打ち出せているのか、そこに注目しながら食べてみたいと思います。




ぬぉっ…! 麺が見えない…


よっこらせ…っとw

スープは、「カップヌードルならではのペッパーをきかせたオリジナルしょうゆスープに、ポークエキスを加えてコク深い味わいに仕上げた濃厚なスープ」とのこと。たしかにオリジナルのスープに通じるペッパーの効いた洋風しょうゆ味で、ポークエキスの含有量を増やすことで濃厚さを演出しています。スープの色もオリジナルより濁っていて、なるほどポークしょうゆ(豚骨醤油)ですね。で、なかなかの濃い味。ちょっと自分には濃過ぎたので、お湯を足しましたw ベースはカップヌードルのレギュラーなんですけど、より動物系のコクが増していて、機能系のカップ麺に有り勝ちな(最近そうでもないから有り勝ちとは言えないかもしれませんがw)味の物足りなさは皆無に等しいかと思います。ただ、今回は具材に海老が入っていなかったこともあり、オリジナルの秀逸なバランス感に期待していると、少し手応えが違うかもしれません。ちなみにスープだけのカロリーは、通常のカップヌードルで18kcalなんですけど、こちらは26kcalなので、スープだけのカロリーで言えば、オリジナルよりも高くなっています。それでも全体のカロリーは、オリジナルの353kcalと比較して、こちらは178kcalなので、いかに全体のカロリーに対する油揚げ麺の影響力が大きいか、ということが一目で分かりますよね。でもってスープの食塩相当量は、レギュラーサイズにしては高めの3.3g(全体では5.3g)だったので、減塩などは意識されていませんでした。なるほど自分には濃いはずだw

は、「レタス約4個分相当の食物繊維をたっぷりと練り込んだ『カップヌードル ナイス』専用のノンフライ麺」とのこと。チキンエキス,ポークエキス,醤油,香辛料などで味付けの施されたノンフライ麺で、スープの濃さも然る事乍ら、麺の下味も結構濃いめ。ノンフライ麺なんですが、カップ麺らしいスナック感も強く、機能性を意識したカップ麺でありながら、カップ麺ならではの背徳感? が、感じられたことに好感が持てましたw オリジナルの油揚げ麺よりも細く、しなやかさを意識しているような質感。カップヌードルらしく? 歯応えやコシは感じられないものの、明星食品の「ローカーボヌードル」ほど根性の無いヘタレ麺ではなかったし、麺の細さと濃いめの下味が功を奏していて、スープとの一体感などは申し分ありませんでした。食感的な食べ応えはイマイチかもしれませんが、味の面での満足度は高く、糖質をカットしたことによるビハインドなども特に感じられなかったです。

具材は、「キャベツ、味付け豚ミンチ、たまご、ネギ、レッドベル」とのこと。麺の項目でも触れましたが、カップヌードルの決め手とも言える海老は入っておらず、肉具材はダイスミンチのみ(謎肉のみでコロチャー無し)という構成で、オリジナルには入っていないキャベツとレッドベルが追加されています。で、ちょっと早くフタを開けすぎちゃって、写真では具材が沈んじゃってて申し訳ないんですけど…具材のボリュームは凄まじいですよ。やたら多いスクランブルエッグが気になるところではあるもののw 濃い味スープとタマゴの甘さはマッチしていたし、ポークの主張が強くなったスープとダイスミンチの相性も申し分なく、たっぷりキャベツが食べ応えに寄与していると共に、濃い味の緩和剤としても効果的。レッドベルは時折特有の風味がアクセントになっていたし、ネギも歯触りが食感に変化を与えてくれていたのが良かったです。海老が入っていないのが寂しいところではあるものの、今回は「ポークしょうゆ」なので、敢えてカットしたのかもしれませんね。


(標準は★3です)

麺の量的な食べ応えはオリジナルに引けを取ってしまうものの、下味の濃さにはインパクトを感じたし、スープも低カロリー系の製品とは思えない味の濃さで、具材も申し分のないボリューム感。しっかりと味が量の少なさをカバーしていたので、結果的な満足度は高かったです。別添で調味油が付属しているわけではないので、油脂成分的な「こってり」には期待できませんが、しっかりとした太い味には素直に満足できるのではないでしょうか。塩分の摂取量的に、当ブログとしては手放しにオススメできない手法なんですけど、がっつりスープまで残さず完飲すれば、それなりに胃袋的な満足感も得られると思います。ただ、オリジナルの雰囲気を踏襲しているとは言え、具材に海老が無いことや、あの秀逸なバランス感とはニュアンスが違う為、あくまでも “カップヌードルがベースの別物” として食べたほうがいいかもしれません。一応、タイトルを「ポークしょうゆ」としているので、こちらも予めポークにスポットを当てていることは一見して明白とは言え、 “あの” カップヌードルの味に期待していると、熱狂的なファンからすれば、似て非なる一杯と映ってしまう可能性が否めませんでした。然し乍ら、濃厚と銘打っているだけあって、味の満足度は高く、ライトな印象は皆無に等しかった為、それなりの手応えは得られることでしょう。油揚げ麺を使用しているオリジナルの雰囲気をノンフライ麺で完全に再現することは叶いませんが、カップヌードルライトよりも食べ応えがあって、カップヌードルライトプラスよりもカップ麺的なジャンクさが強い、なかなか面白い立ち位置の新人が登場しましたね。個人的に低糖質麺は「はじめ屋」を推したいところではあるものの、タテ型カップの低糖質麺シリーズ「ローカーボヌードル」との差別化も図られていたし、カップ麺と言えばカップヌードルでしょ、でも最近ちょっと糖質も気になるんだよね…という人にとっては嬉しい一杯になるのではないでしょうか。反面、コアなファンからすれば、糖質にビビってオリジナルの魅力を捨てられるかー! という声も聞こえてきそうですけどw でもタイトル通り、きちんと濃厚だったし、機能性も兼ね備えていて、きちんと楽しめた一杯でした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル ナイス 濃厚! ポークしょうゆ
製造者:日清食品
内容量:58g (めん40g)
発売日:2017年4月10日 (月)
発売地区:全国新発売 (全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:148円 (税込)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105237847

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:330㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (58g) 当たり

エネルギー:178kcal
たん白質:9.0g
脂質:6.4g
糖質:19.9g
食物繊維:15.1
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.08mg
ビタミンB2:0.16mg
カルシウム:93mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:178kcal (めん・かやく:152kcal / スープ:26kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、食塩、でん粉、チキンエキス、ポークエキス、醤油、たん白加水分解物、香辛料)、スープ(ポークエキス、糖類、醤油、食塩、香味調味料、小麦粉、大豆粉、豚脂、香辛料、たん白加水分解物、野菜調味油、香味油、メンマパウダー、ポーク調味油)、かやく(キャベツ、味付豚ミンチ、味付卵、ねぎ、レッドベルペパー)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、炭酸Ca、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、炭酸Mg、香料、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5907

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
PABLOは金沢にできたばかりで、気になっていました。近所なので今度行ってみます♪
カップヌードルは濃い味なんですね。今回はパスかな。
No title
この商品はレギュラーのカップヌードルの機能系・・・
と思って食べるとスープの方向性がかなり違うので
違和感がありました(自分がそう)。

でも最初から承知の上で食べれば
なかなか満足感高い内容に仕上がっていましたね。

ただ麺は自分はダメでした・・・ (>_<)
もとからやわ麺好きの自分は長めに湯戻しさせすぎて
モロに麺のクタクタを感じてしまいました。

この麺はカップヌードルライトプラスよりも柔らかいので
早め湯戻しがいいですね。

具については言うことなしでしょう。
機能系でここまでできるなんて素晴らしいです。
他メーカーも巻き込んでさらなるクオリティアップ競争してほしいですね。
こんにちは!
糖質脂質 半分カットで味がしっかり 濃いのは嬉しいですね(*≧∀≦*)
178カロリーと優しいな^ - ^

パブロシリーズのお菓子やアイスは
毎年でて毎回期待ハズレなんですけどこれはずっと気になってます(笑)パイの実好きなんで(笑)
No title
はじめてこっちに失礼します^^

パイの実おいしそうですね!これは買いですね~確かにカラメル部分舌にのせるとダイレクトに風味を感じられていいですね♡新しい気づき感謝です!

そして、謎肉~~!!(笑)
具材モリモリでイイ感じですよね~

レタス4個分かぁ~ほぼ無いってことですね(笑)なんでレタスに例えるんだろう~最近かんじる謎のひとつです(;´・ω・)
Re:バカワインさん
なんと、お近くにパブロが…( ノД`)ウラヤマシイ

これパスですか? 結構おススメですよ〜٩( 'ω' )و
低糖質を意識しているなら候補に入れてもイイかと!
Re:たういパパ
一応、レギュラーの軸を踏襲していたとは言え、
仕上がりの方向性は違う路線に向かっていたので、
“あの味” に期待していると少しギャップがありますよね(;´・ω・)

でも、そこさえ許容できれば満足度の高い一杯かと!

ありゃ? 麺はダメでしたか; 湯戻し時間に問題があったようですね…
これ、1分15秒くらいでフタを開けても食べられそうな感じでしたよw

おそらくパパの再食は無いと思いますけど、もし新作が出たら、
いっそのこと熱湯0分調理でも大丈夫かもしれませんww

具材の満足度はバッチリでしたね٩(ˊᗜˋ*)و
エビは入ってなかったけど、妙に多いタマゴが幸せでしたww

ただ、相方のシーフードは…(明日の記事で)
Re:shinさん
こんにちは!

オリジナルとは少し違う方向性にあったんですけど、
なかなかナイスなカップヌードルでしたよ( •̀ꙍ•́ )✧

> パブロシリーズのお菓子やアイスは
> 毎年でて毎回期待ハズレなんですけど
おっと…なら今回も少し期待外れかもしれない(;´・ω・)
パイの実的には美味しかったんだけど、チーズの濃厚さとか、
そっちに期待していると、ちょっと物足りないかもです;

でも明日のは…?(乞うご期待!)
Re:LOCOさん
おぉぉー! いらっしゃいませ〜٩(ˊᗜˋ*)و

パイの実は引っ繰り返して是非(笑)

ちょっとチーズの風味は物足りないかったんだけど、
こだわりの感じられる仕上がりには見所を感じました♪

謎肉ラヴァーとしては、機能系でもジャンクな背徳感を味わえる、
という部分は結構な加点要素になったりもするんですよねw

あと、やけにタマゴが多かったけど…(;ˊᗜˋ) 自分は幸せでした!w

> レタス4個分かぁ~ほぼ無いってことですね(笑)
> なんでレタスに例えるんだろう~最近かんじる謎のひとつです(;´・ω・)
その答えはココに_φ(. .*)
http://taka27cupmen.blog.fc2.com/blog-entry-1073.html
No title
takaさん、こんにちは!

「カップヌードルLight+」では、麺の内容と麺の量を工夫することで、
具材やスープを充実させながらカロリーオフを実現していましたが、
こちらはより麺のカロリー、糖質を抑えるという方向を採ることで、
スープのこってり度を高めつつ機能系として仕上げていましたね!(●・ω・)

個人的には「Light+」以外の、縦型機能系への関心が薄いのですが、
これまで機能系の味の弱さなどに不満を抱いていた層からすると、
けっこうな満足度を得られるシリーズになるかもしれませんね!

そう考えると機能系が好きな層をターゲットにした「Light+」と、
そうではない人にも訴求することを狙ったこの「ナイス」は、
似たようなものに見えて実はけっこう対極的なのかもですね!

>明星食品の「ローカーボヌードル」ほど根性の無いヘタレ麺ではなかった

ローカーボの麺のヘタレ度はただごとじゃないですからね・・・笑

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
はい、えー…酢のきいた麺でなくても、普通のラーメンでも湯気でむせることの多いわたくしです。こんばんは~( ´艸`)

昼間に職場でむせてよくスタッフ達に笑われます(;^_^A

そして今回のは久々に実食済みのカップ麺きたーーー(・∀・)
この手はうちの嫁さんが好きでよく買ってるんですよ。

先日1口だけ貰いました(笑)

僕的には美味しかったですねぇ~かなり!
エビがないのには1口では気づきませんでしたが(*´∀`)

カップヌードルシリーズにしては★4と低めですが、いやいやそこは平均以上の数値!
さすがはカップヌードルですね( ´艸`)
Re:かーとさん
こんばんは!

スープのカロリーと塩分に縛りがない分
しっかり既存品との差別化が図られていましたよね♪

ただ、ここから「はじめ屋」の如く、塩分オフ…
カロリーさらにオフ…と、ならないとは言い切れませんが(苦笑)

個人的には味の満足度が高くて好印象でした!

ただ、やはりSNSに寄せられたコメントを見るに、
ネガティブに感じられた人も居たようです(;´・ω・)

どうしてもオリジナルの “あの味” をイメージしちゃって、
なんかコレじゃない…みたいなパターンが要因だったようですね;

> ローカーボの麺のヘタレ度はただごとじゃないですからね・・・笑
これはもう本当にw まぁ…ある意味? アレはアレで個性ですけどもw
Re:もりりんパパさん
> 酢のきいた麺でなくても、普通のラーメンでも湯気でむせる
気管が弱いのでしょうか…(;´・ω・) それとも…やっぱりセッカチなだけ?w
ただ、ガチで噎せた時って…ほんと死にそうなほど苦しいですよね…(;°д°)

お、既にリピートまでされていたとは、奥さん流石♪
でもって実食済みって…1口だけかいww

これ、オリジナルが好きな人ほど評価が厳しくなると思います;
反面、割り切った時のポテンシャルは、かなり高いですね♪

というわけで、及第点に★ひとつプラスしました٩( 'ω' )و

個人的な満足度だけで言えば優に★5のラインでしたよ!
(ここらへんが当ブログの “ややこしい” ところですよね…)

管理者のみに表示

トラックバック