明星食品「明星 低糖質麺 はじめ屋 こってり味噌味」(2回目)



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、おやつカンパニーの新商品「ドトール こんがり薄焼トースト カフェラテ味」です。同時発売品の「クロックムッシュ味」と同じく、ベースの生地はラスク系で、味は想像通りの “ザ・カフェラテ” w だったんですけど、甘~いミルク推しのカフェラテではなく、カフェラテらしいマイルドで柔らかいミルクの雰囲気を演出しつつ、どちらかというと比率はコーヒーが優勢。という仕上がりに、コーヒー専門店であるドトール監修の拘りが感じられました。ミルクのコク、シュガーの甘味、そこに重なる芳醇な珈琲の香りとホロ苦さが絶妙で、予想以上に本格的なカフェラテ味でした。クロックムッシュも個性的で面白い仕上がりでしたが、珈琲の存在感に拘りの感じられたコチラのほうがドトールらしいというか、うん…いや、これかなり美味しいですw 買い置き決定!(おススメだったから商品リンクを貼りたかったのに楽天アフィリエイトで出品しているショップが無かった…orz)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AGFブレンディ&ドトール 珈琲ギフトセット
価格:1,296円(税込 / 送料別)
@ギフトのラムビット (とりあえず関連商品?w)


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 低糖質麺 はじめ屋 こってり味噌味」です。「醤油豚骨味」がリニューアルされるタイミングで、てっきり相方はテイストチェンジすると思ってたんですけど、引き続き味噌味が継続となりました。こちらも同じく塩分25%offがコンセプトに追加されているのですが、醤油豚骨味の変化が嬉しい改良だったので、ちょっと期待しちゃいますよね。今回も前作と比較しながらの評価になる為、リニューアル前の感想にも目を通して頂ければと思います。





スープは、「ポークエキスと濃厚な味噌ペーストに、ジンジャー、ガーリック、一味唐辛子などのスパイスを加えたパンチと濃厚感のある味噌スープ」とのこと。相方の醤油豚骨味は、ガーリックのインパクトで減塩の物足りなさを払拭する、という手法を取り入れて、減塩のネガティブさを完全にカバーしていましたが、こちらはジンジャーのキレと山椒のアクセントが強くなってますね。で、こってりとは少しニュアンスが違うんですけど、しっかりとした太い味です。味噌のコクと風味にも輪郭があって、きっちり喫水線を守りましたが、とても減塩を意識したカップ麺のスープとは思えません。むしろ、これでも自分には濃い味だと感じたくらいw だったので、減塩だから後味にキレがないんでしょ? とか、減塩だから味噌汁っぽいシャバシャバ系なんじゃないの? とか、そのような不満は皆無に等しいと言っても過言ではないでしょう。あわよくばカロリー制限の枷を外し、こってりの指標を動物性の油脂成分に任せて演出して欲しい…という希望はあるものの、機能性を意識したカップ麺に対する一般的に抱かれがちな “味が物足りない” …というようなマイナス因子は、ほとんど感じられないと思います。ちなみにリニューアル前のスープと原材料を見比べてみると、構成に著しい変化は見られないものの、食塩の含有量が圧倒的に下がり、前作には入っていなかった難消化性デキストリンが新たに加わっていました。そして味噌の含有量を減らすのではなく、味噌の存在感はそのままに、香味野菜や山椒の主張を少し手前に再配置して、単純に食塩をカットした、というのが勝因だったと思います。兎にも角にも、減塩だから…カロリーオフだから…みたいな物足りなさを感じることはないでしょう。こってりとは少し違う、というのが目下のハードルですが、味は「しっかり」しているので、そこは心配なさらくても大丈夫ですよ。しっかり減塩してたのに、スープの基本的な構成に大きな変化は見られなかったので、感想の詳細は過去記事を読んで頂ければと思います。

めんは、「麺本来のおいしさを保ちながら、糖質を抑えた『低糖質麺』」で、「味噌スープにぴったりの中太麺」とのこと。こちらもリニューアル前から体感的に大幅な変化は感じられませんでしたが、昆布エキスや香辛料がカットされているので、意識的に(かなり意識的にw)味わうと、若干の味気なさは否めません。とは言え、一般的な咀嚼回数で普通に食べていれば、気になるほどのビハインドは感じられないでしょう。で、気持ち麺の耐久性が上がりましたね。これに関しては室温などに左右される部分もあるのですが、食べ終わるまで独特のクニッ、とした弾力を維持していました。で、またもや申し訳ないんですけど…詳しい感想のニュアンスが気になる人は、お手数ですが、過去記事を確認してやってくださいw

かやくは、「挽肉、メンマ、ネギ、スイートチリ」とのこと。リニューアル前と比較して、特に内容の変更は感じられませんね。挽肉は相変わらず自然な舌触りと肉の旨味が感じられる、良質な挽肉そぼろ系の肉具材で、しっかりとした味付けから…って、減塩なのに大丈夫なんですかねw まぁ塩辛いとか、そんなレベルではないんですけど、味気なさも皆無かと。メンマは少し小さめでしたが、サイズに関しては個体差の範囲内でした。あとはネギがニラに変わったら、もっと好感度アップかなー。で、スイートチリは相変わらず空気でしたw 遠慮せずに赤唐辛子を投入して欲しいのが個人的な希望なんですけど、やっぱコスト的にアレなんですかね。


(標準は★3です)

ガーリックのインパクトが顕著に主張していた醤油豚骨味ほどのインパクトは感じられなかったものの、ほぼ体感的な印象は前作と変わりなく、味の濃さに対する変化の無さは勿論、ジンジャーや山椒が前よりも強くなったかな、という程度のニュアンスだったので、良い意味で大幅な変更を感じさせずに、しっかりと新たなコンセプトの塩分25%offを実現させていたことに好感の持てるリニューアルでした。いや、むしろ味噌に関しては、前回よりも濃くなってるかも。最初は「減塩」と聞いて、なんだかなぁ…(機能系カップ麺を贔屓してるくせに思いっきり一般的なネガティブさ全開の思考ですよねw)だったんですけど、なんのなんの。減塩のビハインドは全くと言っていいほど感じられず、途中から味が濃くて自分は思わず熱湯を足したくらいw しっかり機能性を高めつつ、物足りなさは感じさせない、素晴らしいリニューアルでした。ちなみに全体の食塩相当量は6.6gから4.6gに減り、調理直後に分別した値では、めん・かやくが1.8gから1.3gに、スープは4.8gから3.3gに低下しています。それでいてカロリーは278kcalから290kcalに増え、脂質も12.7gから13.1gに増加。残念ながらコンセプトの糖質は21.2gから22.4gに増えてしまいましたが、この程度の誤差であれば許容範囲内でしょう。おそらく糖質が増えた原因は、前作には入っていなかった難消化性デキストリンの分だと思います。その効果あってか、食物繊維の量は20.0gから22.7gに増えていました。それからコチラも栄養成分表に「カリウム」の項目が追加されていたんですけど、カリウムには体内の食塩を体外に排出する効果が期待できる為、減塩がコンセプトのカップ麺らしい表記ですね。ちなみにカリウムの摂取目安量は、1日あたり成人男性で2500mg、成人女性で2000mgと言われていて、このカップ麺には1481mg含まれているので、結構な値だと思います。ただ、カップ麺ではスープまで飲み干したら得られる摂取量になってしまうので、カリウムの効能を得たい人は、アボカドやホウレン草、納豆やバナナなど、良質な食品からの摂取を心掛けましょうw とは言え、カリウムの含有量が多いと言われているアボカドでさえ、1個あたり720mgと言われている為、1481mgって意外とスゴいかもしれません。スープを半分ほど残したら、食塩の摂取量は約3gほどに抑えられると思うので、それでアボカド1個分と同等のカリウムが得られるのであれば、あながち気休めではないかも…と、何だか雲行きがディープな方向に向かってきたのでw このくらいで切り上げまして。新たなコンセプトとして減塩を掲げてのリニューアルでしたが、両者とも好印象な「改良」だと私は感じました。ただですね…この評価は、あくまでも「機能性という付加価値を持ったカップ麺に価値を見出すことのできる」人間の感想であって、「健康志向なカップ麺なんてナンセンスだ」という人にとっては、まぁ普通に美味しい一杯だと思います。ただ、この「まぁ普通に美味しい」って、結構なポイントだと思うんですよね。低カロリーだから、減塩だから、糖質オフだから、そんなイメージから連想されるようなネガティブさは皆無に等しく、一般的なユーザーでも「普通に」楽しめる、これが大きなメリットだと思います。もちろん思いっきりジャンクな気分でカップ麺に挑むのがデフォの人は、普通だと物足りないんじゃー! かもしれませんがw どうせカップ麺を食べるなら、まぁ気休めに糖質オフしとくかなー、くらいのスタンスで食べてもらえれば、なんだ意外と美味しいじゃん、って感じてもらえるんじゃないですかね。ちょっと今回は普段以上にダラダラと語ってしまいましたがw しっかり機能性を高め、尚且つ物足りなさは感じさせない、秀逸なリニューアルを果たしていると感じました。当ブログきっての推し麺ブランドです!(あくまでも個人的にw)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明星 低糖質麺 はじめ屋 こってり味噌味(1コ入)
価格:221円(税込 / 送料別)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 低糖質麺 はじめ屋 こってり味噌味
製造者:明星食品
内容量:89g (めん57g)
発売日:2017年3月20日 (月)
発売地区:全国リニューアル (全チャンネル)
取得店舗:爽快ドラッグ
取得価格:186円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881419802

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (89g) 当たり

エネルギー:290kcal
たん白質:12.8g
脂質:13.1g
糖質:22.4g
食物繊維:22.7g
ナトリウム:1.8g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.3g)
カリウム:1481mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:290kcal (めん・かやく:210kcal / スープ:80kcal)
食塩相当量:4.6g (めん・かやく:1.3g / スープ:3.3g)

名称:カップめん

原材料名:めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、卵粉、食塩、香味調味料)、スープ(みそ、ポークエキス、難消化性デキストリン、ラード、ごま、香辛料、香味油、香味調味料、食塩、たん白加水分解物、粉末油脂、酵母エキス、酵母粉末、植物油脂)、かやく(豚・鶏味付肉、メンマ、ねぎ、香辛料)、加工でん粉、調味料(無機塩等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、カラメル色素、環状オリゴ糖、酒精、かんすい、香料、セルロース、カロチノイド色素、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、チャ抽出物、酸味料、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、えび、さけ、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.myojofoods.co.jp/news/5813.html

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

こんにちわ!
今回も高評価ですね(*≧∀≦*)
カットしてるのを感じさせない一杯になりましたか?!^ - ^
読んで普通に美味しく食べれる!てのが一番ポイント高いと感じましたよ(*≧∀≦*)


No title
今日はいつもより、まとめ記事が長文な気が。それだけ気に入ったってことですね。
このシリーズは、パッケージがどれも同じに見えるので、間違えないように買わないと。
Re:shinさん
こんにちは!

今回も減塩を感じさせないリニューアルが好印象でした٩(ˊᗜˋ*)و

> 読んで普通に美味しく食べれる!
> てのが一番ポイント高いと感じましたよ(*≧∀≦*)
そこなんですよ! まさにココが今回の大きなポイントなんですよね_φ(. .*)
Re:バカワインさん
すいません…かなり、長文ですw
改行して小文字にするべきだったか…orz

> このシリーズは、パッケージがどれも同じに見えるので、間違えないように買わないと。
ですね( ノД`) 最新版には「塩分25%off」の文字があるので、それを目安に_φ(. .*)
No title
こ、今回分析がいつにも増して凄いことにΣ(・ω・ノ)ノ!

いやー流石年間360杯以上はじめ屋を食べていて、肌が美しく女装が似合いそうな男!!(ビー玉さんのブログ見てきましたw)

てかこの数値の分析なんかもう凄すぎますよ~。

そして麺自体の評価も前回より上がっている!
昨日も書きましたが、はじめ屋の企業努力が素晴らしい(*´艸`*)

…あ、昨日のは4回目のリニューアルでしたね(;^ω^)
そりゃそうだ、1回目は本家でしたw

今回の飲み会は寝なかったんですね(^▽^)
飲み会の途中でも普通に仮眠するって言ってましたもんね。
想像するとかなり笑えるのですがwww

今回もお疲れさまでした!!
コメント投稿先記事をミスるという凡ミス・・・(;゚ω゚)
takaさん、こんにちは!

醤油がにんにくなら、味噌は生姜でアクセントかな、
と予想していたのですが、おおむね当たっていたようですね!

やはり香辛料や香味野菜でアクセントをつけるのは減塩の基本ですね!

>焼そばは酸味がポイントになっていると自分は感じました_φ(. .*)

これ、自分も全く同じ感想でしたね!
「酸味が強いなぁ・・・あぁ、なるほど」と思いましたし!

もう記事はとっくにできていていつアップするかなのですが、
おそらく明日か明後日の夜なので、明日の昼にアップするであろう
takaさんのほうが自分よりも一歩早く更新ということになりそうですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:もりりんパパさん
> こ、今回分析がいつにも増して凄いことにΣ(・ω・ノ)ノ!
バカワインさんにも指摘されてしまいましたww

あ、ビー玉ちゃんのブログも読んでくれたんだね〜٩(ˊᗜˋ*)و
っていうか年間360杯以上という記録をよくぞ覚えていてくれました!

やはり今回も麺の味付けに若干の物足りなさを感じてしまったものの、
その不満を上回る付加価値が得られたので、前回から評価アップです( •̀ꙍ•́ )キリッ

> …あ、昨日のは4回目のリニューアルでしたね(;^ω^)
> そりゃそうだ、1回目は本家でしたw
こういう思い違いは自分も頻繁にあるので気を付けなければと思っています(笑)

そうそう、珍しく寝なかったんですよ〜٩(ˊᗜˋ*)و
めっちゃ話が盛り上がりまして! 普段なら後半、コテン…と、
なに喰わぬ顔で落ちるのですが…w いっぱい喋りました!(内容は覚えていないw)

早く、もりりんパパさんとも呑みたいなぁ〜♪
Re:かーとさん
こんにちは!

> コメント投稿先記事をミスるという凡ミス・・・(;゚ω゚)
いえいえ(笑)いつも管理画面からチェックしてるので、
多分、自己申告なかったら気が付いていませんでしたよww

こちらも香味野菜のアクセントで物足りなさを払拭だったんですけど、
減塩されているのに、むしろ味噌の風味なんかは強めに感じたりして、
ちょっと不思議な一杯でした_φ(. .*) ←舌がバカになったのかとw

お、やはり、かーとさんも酸味に注目されていましたか( •̀ꙍ•́ )

> おそらく明日か明後日の夜なので、明日の昼にアップするであろう
> takaさんのほうが自分よりも一歩早く更新ということになりそうですね!
ですね! かーとさんの感想も楽しみにしてますよ〜٩(ˊᗜˋ*)و
No title
おそらく前回バージョンとおもわれる去年秋製品はいただきましたが、
機能系カップ麺とは思えないクオリティでした。

今顔バージョンはさらに塩分カットを加えたにもかかわらず
そのビハインド感を背負っていないのは素晴らしいですね!

まぁ、自分はカップ麺では機能系は追求しないタイプですが、
この出来栄えには納得しそうな感じがします。
Re:たういパパ
今回は減塩を新コンセプトに加えてのリニューアルでしたが、
醤油豚骨味と同じく、こちらも減塩とは思えない味付けでしたよ_φ(. .*)

たしかにパパは自分ほどカップ麺に機能性を求めていませんが
これなら素直に「おいしい」と言ってもらえると思います!

気休め程度かもしれませんけど、たしかな付加価値は得られますし、
味噌の風味にも輪郭があるので、味気ないなぁ…みたいな印象は皆無かと٩( 'ω' )و

> ってか、うまく文章作れないときってありませんか?
> なんか書きかけてはボツを繰り返す→でもいい表現・文章にならない・・・
コレめっちゃ分かりますよ! 上手くノリが合わないというか、
気分的なコトもあるのかもしれませんが、 “書けない” 時ありますよね(;´・ω・)

管理者のみに表示

トラックバック